記憶を喪った霊獣・蒼獅子×健気な妖怪先生の中華恋愛譚。

蒼獅子と百年の恋

aojishi to hyakunen no koi

蒼獅子と百年の恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
34
評価数
8件
平均
4.3 / 5
神率
37.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
シリーズ
角川ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784041048481

あらすじ

妖魔の研究をしている瑞芳は、妖魔に襲われかけたところを霊獣の蒼獅子に救われた。かわりに大怪我を負った蒼獅子・獅燎を治療するため自宅へと連れて帰った瑞芳だが、傷を治す為に精をよこせと組み敷かれてしまう。霊獣にとって人間の精は霊薬だと言う獅燎と、彼を父親と慕う幼い蒼獅子・桃乙と共同生活を送るうちに瑞芳は、十二年前の春に妖魔に殺されたかつての想い人が、蒼獅子になった姿が獅燎ではないかと思い始める。しかし獅燎には霊獣になる前の記憶がなくて…。

表題作蒼獅子と百年の恋

獅燎、瑞芳を助けて大けがを負う霊獣の蒼獅子
瑞芳、妖魔や霊獣の性質や弱点を調べる妖魔先生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

壮大な中華ファンタジー

妖魔とは死後の魂が冥府への入り口泰山にだどりつくけず、死の苦痛に負けて堕ちてしまった人のなれの果て。

瑞芳(ルイファン)(受け)は妖魔は元が人であるということを知り、妖魔を助けるすべはないかと妖魔のことを研究していました。彼の傍にはいつも炬仁(ジュレン)という幼馴染がいて瑞芳を守ってくれていました。瑞芳が14歳の時に襲われた妖魔から瑞芳を救うため炬仁は命を落としてしまいます。
炬仁を亡くした失意の瑞芳は妖魔になった魂を泰山へ送る術をみつけるという二人の誓いを守るため、炬仁を想いながら妖魔の研究を続けています。
ある日の妖魔討伐で窮地に陥った瑞芳は霊獣の蒼獅子に助けられます。蒼獅子は瑞芳を助けるために大けがを負ってしまいます。看病する瑞芳にお腹が減ったという蒼獅子は霊獣にとって人間の血肉は霊薬だから、喰わない代わりに精をよこせと迫ります。

瑞芳は生まれ故郷を離れ、妖魔の研究をしながら私塾を開き、子供たちに勉強を教えながら畑仕事などをして生計をたてています。周りには妖魔先生と言われており、その噂は皇都にも妖魔たち果ては霊獣にまで知られています。そして、炬仁を喰らった妖魔・窮続き奇に餌を印を付けられておりずっと狙われています。

炬仁は、瑞芳を残したまま千年以上かけて転生することを拒み、妖魔になろうとするほど強靭な心を持った魂だったため、霊獣になるための試練を受けることを許されます。仙界で100年、人間界の10年の苦痛を耐え抜き蒼獅子になります。しかし、霊獣として生まれ落ちる時に記憶のすべてを失ってしまいます。
その為、蒼獅子・獅燎(シーリャオ)(攻め)に生まれ変わったときには瑞芳のことは覚えていません。ただただ妖魔への憎しみのみを覚えており、食べると成長を促すのもあり、苦痛を伴うのがわかっていても妖魔を退治し食べることをやめられません。記憶を取り戻すための条件は窮奇を泰山へ送ること。奇しくも二人が妖魔の魂を救おうとする誓いと同じです。
記憶を無くしていましたが、瑞芳が窮奇の餌として認識されているので囮にしようと近寄ります。

記憶を無くしている獅燎と獅燎が人型を取らないため炬仁だとは気づかない瑞芳。
お互い知らない者同士のはずなのに、惹かれあっていくのが魂レベルでつながっているからなのかなと思いました。人型になるのは背徳行為だからと変化しないので、俯瞰で見ているこちらには獅燎と炬仁が同一人物とわかるのですが、炬仁を想っている瑞芳が苦しむのが切ないです。

初めは泰山府君とか出てきていたので、晴明とか陰陽師関係の話だと思ったのですが、壮大な中華ファンタジーでした。
中華系の話は読んだことがなかったので、名前の読みになじみがなくて最後まで覚えられませんでした。頭の中で名前を呼ぶことができず、本が読みにくくなってしまいました。
また、お互い知らない人同志で想い人がいる状態で惹かれあう展開なので切なさの要素が多く、萌えは少なかったように思います。

獅燎が連れている仔蒼獅子の桃乙がかわいいです。本当の父親ではないのに獅燎を慕い、獅燎が危ない時は助けようとする姿は健気だし、なんだかんだ言って面倒見ている獅燎とは本当の親子のようでした。桃乙が成獣になったら本来の目的に旅立つので、あとほんの少しだろうけど、3人家族として仲良くたくさんの思い出を作ってほしいです。

0

公式あらすじがネタバレになってる…

ネタバレを気にされる方は、あらすじに目を通さずに読み始められたほうが良いかと思います。

というのもこのお話は、冒頭部が受けの幼馴染み視点(過去編)、本編か受け視点(現在編)、という書かれ方がされていまして。
そしてあらすじは本編(受け視点の現在編)の内容を基にしたもの。
なので本作のあらすじは、冒頭部(幼馴染み視点の過去編)の後の展開を思いっきり暴露してくれちゃっているんですよね……。
「あぁ、うん……あらすじに『十二年前の春に妖魔に殺されたかつての想い人が、蒼獅子になった姿が獅燎ではないかと思い始める。しかし獅燎には霊獣になる前の記憶がなくて…』って書いてあったもんね……」と。
どうなるんだろう?!みたいなわくわく感が目減りしてしまったのがもったいないなぁと思いました。

内容は、中華風ファンタジー。妖魔が跋扈する世界のお話です。
受けの幼馴染みは十二年前(冒頭部)で死んでしまうので、死ネタってことになるのかな。
亡き人を恋う受けが切なくてよかったです。
また、死んでしまう幼馴染みの方も大層かっこよくて。
守りきれなかったことへの無念、泣かせたことへの悔しさ続きなどの負の感情がたまらなかった。

そして十二年後に出会った蒼獅子に受けは、幼馴染みを重ねるわけですが、獅子には転生前の記憶はない。
記憶喪失モノでもあります。

受けも攻めも二人ともずっと思いを貫いていて、そこがとてもよかった。
モフモフを読もうと思って選んだ一冊でしたが(モフモフももちろんありましたが)、幼馴染みの純愛を描いた作品でした。

1

中華モフモフファンタジー

中華風ファンタジーなので、少々漢字が読みにくいという難点はあれど『十二○記』っぽい世界観が好きな私は一気に引き込まれました。
頭の悪い私は最後まで瑞芳(ルイファン)のヨミを覚えられなかった・・・。ま、それはさておき。

12年前に想い人炬仁を妖魔に殺された瑞芳は、妻を娶ることもなく妖魔の研究をする傍ら私塾を開き生計を立てていた。あるとき、妖魔に囲まれた瑞芳を助けたのは幻の霊獣蒼獅子だった。怪我を負った蒼獅子をひとまず自宅へ連れ帰った瑞芳だが、彼が要求したのはなんと瑞芳の精液。それは霊獣にとっては特効薬だという。強引に精を絞られた瑞芳だったが、彼の言動などからやがて蒼獅子である獅燎の正体は炬仁ではないかと思い始める。

結構序盤からネタバレな感じがしたのは、私としては惜しかったかなぁ、と思います。蒼獅子の正体に関してはもっと終盤まで引っ張った方が盛り上がった気がするのです。
とはいえ、瑞芳の為に100年の苦痛に耐え戻ってきた炬仁には感動しました。瑞芳は瑞芳で、死んだ後もなお忘れられず「おれだけにしとけ」という炬仁の言葉に従い続けていたわけです。初恋を貫くストーリーとか大好きで続きす!

一応めでたしめでたしとはなってますが、なんとなく続きがありそうな終わり方だったような?もしあるのなら次巻も期待したいです。桃乙と緋香のエピソードもぜひ!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ