記憶を喪った霊獣・蒼獅子×健気な妖怪先生の中華恋愛譚。

蒼獅子と百年の恋

aojishi to hyakunen no koi

蒼獅子と百年の恋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
27
評価数
6件
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
シリーズ
角川ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784041048481

あらすじ

妖魔の研究をしている瑞芳は、妖魔に襲われかけたところを霊獣の蒼獅子に救われた。かわりに大怪我を負った蒼獅子・獅燎を治療するため自宅へと連れて帰った瑞芳だが、傷を治す為に精をよこせと組み敷かれてしまう。霊獣にとって人間の精は霊薬だと言う獅燎と、彼を父親と慕う幼い蒼獅子・桃乙と共同生活を送るうちに瑞芳は、十二年前の春に妖魔に殺されたかつての想い人が、蒼獅子になった姿が獅燎ではないかと思い始める。しかし獅燎には霊獣になる前の記憶がなくて…。

表題作蒼獅子と百年の恋

獅燎、瑞芳を助けて大けがを負う霊獣の蒼獅子
瑞芳、妖魔や霊獣の性質や弱点を調べる妖魔先生

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

中華モフモフファンタジー

中華風ファンタジーなので、少々漢字が読みにくいという難点はあれど『十二○記』っぽい世界観が好きな私は一気に引き込まれました。
頭の悪い私は最後まで瑞芳(ルイファン)のヨミを覚えられなかった・・・。ま、それはさておき。

12年前に想い人炬仁を妖魔に殺された瑞芳は、妻を娶ることもなく妖魔の研究をする傍ら私塾を開き生計を立てていた。あるとき、妖魔に囲まれた瑞芳を助けたのは幻の霊獣蒼獅子だった。怪我を負った蒼獅子をひとまず自宅へ連れ帰った瑞芳だが、彼が要求したのはなんと瑞芳の精液。それは霊獣にとっては特効薬だという。強引に精を絞られた瑞芳だったが、彼の言動などからやがて蒼獅子である獅燎の正体は炬仁ではないかと思い始める。

結構序盤からネタバレな感じがしたのは、私としては惜しかったかなぁ、と思います。蒼獅子の正体に関してはもっと終盤まで引っ張った方が盛り上がった気がするのです。
とはいえ、瑞芳の為に100年の苦痛に耐え戻ってきた炬仁には感動しました。瑞芳は瑞芳で、死んだ後もなお忘れられず「おれだけにしとけ」という炬仁の言葉に従い続けていたわけです。初恋を貫くストーリーとか大好きで続きす!

一応めでたしめでたしとはなってますが、なんとなく続きがありそうな終わり方だったような?もしあるのなら次巻も期待したいです。桃乙と緋香のエピソードもぜひ!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ