小説Chara vol.35 2017年 1月号(雑誌著者等複数)

shousetu chara

小説Chara vol.35 2017年 1月号(雑誌著者等複数)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
33.3%
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
発売日
価格
¥690(税抜)  ¥745(税込)
ISBN

あらすじ

《Chara Selection連動》
オリジナルQUOカード応募者全員サービス!!
(全10種)

POSTER:新藤まゆり

表題作小説Chara vol.35 2017年 1月号(雑誌著者等複数)

その他の収録作品

  • 樋口美沙緒・yoco パブリックスクール番外編「秘書の後悔と愛」
  • 沙野風結子・みずかねりょう「疵物の戀」
  • 西野花・穂波ゆきね「獣神の夜伽」
  • 犬飼のの・笠井あゆみ「人魚王を飼いならせ」
  • 原作:可南さらさ・作画:高星麻子「旦那様との新婚生活」
  • 菅野彰・二宮悦巳「竜頭町三丁目夏祭りの夜はいつも大変」
  • 松岡なつき ・彩「FLESH&BLOOD」番外編 「誰かが見てる」
  • 杉原理生・yoco「錬金術師と不肖の弟子」番外編 「錬金術師と愛玩動物」
  • 水原とほる・北沢きょう「あやかし恋人形」
  • 黒沢椎「あやかし恋奇譚 妖恋の章」
  • 藤峰式「初恋だから抱かせてください。」
  • 原作:秀香穂里・作画:高城リョウ「ウィークエンドは男の娘」
  • 青山十三・秋山みち花・小中大豆 神香うらら・文川じみ・見多ほむろ「私の依存度100%」

評価・レビューする

レビュー投稿数2

全サ目当てでしたが

全サのQUOカード応募のために購入しましたが、好きな作品の番外編がいくつかあってとてもお得感がありました。

・パブリックスクール番外編
エドの秘書であるロードリー視点のお話でした。
彼の生い立ちやエドとの出会い、そしてエドの秘書になるまでの経緯と彼の思い。
そしてロードリーの立ち位置から見る、エドと礼に対する気持ち、仕事への姿勢。色んなものが詰まっていて、そして物語のキーとなる「愛」に纏わる話でした。
ロードリーにとっての「愛」はエドに通じる部分があり、切なくも優しい話に心があたたかくなります。
本編ではあまり感情の読み取れないキャラでしたが、この番外編を読んでとても彼のことが好きになりました。そしてスピンオフ希望(笑) ぜひ、ロードリーが伴侶を見つけて幸せになる話が読みたい!!

・FLESH&BLOOD番外編
ジェフリーが釈放されてお祝いムードに湧くグローリア号の兄弟たちの中で、パーシーに焦点を当てたお話です。
荒くれ者で手が着けられなかったパーシーと、ルーファスの出会いや、彼に抱いていた兄弟や敬愛とは違う想い……そのあたりをキットと絡めることによって、あま続きり重たくならず楽しく読むことが出来ました。
そしてキットがグローリア号にいても、未だに「陸者」としての扱いだったことへの寂しさ、パーシーがそんなキットと話すことによって、ようやく彼のことを兄弟として受け入れることができた気持ち。短い話でありながらも、かなり充実していて満足感が得られます。
個人的に一番ずどっと腹の底に響いたのは「人生は短い」から続く言葉でした。
ぜひこの話も、番外編集として収録されたらいいなと思います。

1

兎が鰐に種つけ/逆さてるてる坊主/♡静岡で始まる生活を読み見たいです☆

犬飼のの先生の■暴君竜シリーズ【水竜王を飼いならせ】スピンオフ蛟編の【人魚王を飼いならせ】を読ませて頂きました!

※ネタバレ※↓

水竜王ではスピノサウルスの蛟が潤に想いを寄せて動き出すのですが叶わず…また、水竜人は20歳近くで絶えてしまう存在。蛟は命絶えてしまうわけではないのですが孤独に海中奥深くでの未来が待っていて。(詳しくは水竜王を飼いならせに詰め込まれております!)

あとがきに先生が報告して下さっておりましたが、想像していたページ数の何倍も掲載されていて蛟メインの番外編、読み応えたっぷりでした!!!
3巻・蛟が潤を手に入れる為の1つの手段として潤のクラスメイトを襲ったのですが、怪我を負わせた相手→篤弘とハワイの海で出会います(運命ですよね!)篤弘が蛟に惹かれていくのですが。。。篤弘の見た目と違ったギャップが最高で沢山萌えました。やはり平坦な道とはいかず……感動の終わり…だったのですが、彼らのその後を凄く読みたいです!!!まだ水竜人の未来、20年という短い命を延ばせるかもしれないというクリス博士の研究結果がどうなったか…見れてないので、是非是非いつか続きを読みた続きいです!静岡で暮らし始める彼らを見たいです^^♡

のの先生の綴られた言葉も笠井先生の挿絵も美しいです!

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ