王朝秋夜ロマンセ 王朝春宵ロマンセ3

王朝秋夜ロマンセ 王朝春宵ロマンセ3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784199002601

あらすじ

秋の宮中行事「七夕」で、帝の御前で童舞を踊ることになった千寿丸。
恋人で、帝の信頼厚い蔵人の藤原諸兄は、内心ハラハラ。
万一、帝の目に留まれば、顔立ちから千寿の出生の秘密がバレてしまう!千寿を政争に巻き込みたくない!けれど諸兄の危惧をよそに、千寿はその才気煥発な機転や美貌で、帝だけでなく東宮殿下からも気に入られてしまい…!?策謀激化する宮中編。

表題作王朝秋夜ロマンセ 王朝春宵ロマンセ3

正六位上蔵人・藤原諸兄・極臈の蔵人
諸兄の小舎人童・千寿丸・実は先帝の皇子

評価・レビューする

レビュー投稿数1

陰謀渦巻く

平安朝を舞台にしたロマンスの第3段です。
ここへきて、やっと「春宵」「夏曙」「秋夜」と続いてきて四季を舞台にしているのだと気づきました(←遅い)。
次回はきっと冬だと思います。4巻で終わってしまうのがちょっともったいない気がしてきました。

今回も、またまた千寿丸は陰謀に巻き込まれてしまいます。
それは天皇の皇太子である東宮・道康親王が病弱であることと、千寿丸の出自がその東宮に匹敵する地位にある、先帝の息子であることから来るものでした。
些細な間違いから東宮付きの橘岳見の手のものの海賊によって、唐へ売られようとする千寿丸。
そしてその企みを知って、自らも負傷しながら千寿丸を助けようとする藤原諸兄。

二人の愛はまたまた引き裂かれそうになってしまいます。

そんな企みが進行する影で、いつものように行われる宮中の七夕の舞。
そこで舞を披露することになった在原業平と藤原国経。
童舞をすることになる千寿丸。

華やかな宮中行事と同時に進行する黒い企みが、とても恐ろしくてよかったです。
まだまだ黒幕がいそうな気配に、次の巻が楽しみです。

個人的には、在原業平続きに敵対する立場でありながら、どんどん惹かれていってしまう藤原国経が、よかったです。
2巻では悪いやつでしたが、どうもそうではない感じがしてきました。
千寿丸の父親と母親がやっとはっきりして、こちらはすっきりしました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ