深き恋の闇に乱れて

fukaki koi o yami ni midaarete

深き恋の闇に乱れて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リーフ出版
シリーズ
リーフノベルズ(小説・リーフ出版)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784434035715

あらすじ

全部、おまえにやるから──人々の欲望渦巻く歓楽街・新宿で起こった猟奇的な殺人事件。一見、粗暴にさえ見える精悍な容姿をした新宿署のはみだし刑事・矢吹は仲間と捜査を開始する。そんな折り、運命に導かれるように、矢吹は謎めいた密教宗門の高僧で妖しい雰囲気を持った美青年・天如と出会う。天如の穢れない無垢な姿とその中に潜む魔性にどうしようもなく惹かれていく矢吹。矢吹の追う犯人と天如が捜す男が同一人物だとわかるが、その時、さらなる殺人事件が──!? 矢吹たちは犯人を捕らえることができるか?

表題作深き恋の闇に乱れて

矢吹/新宿署の刑事 30歳
天如/天在日輪宗の座主 18歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ちょっと特殊な設定ですが…

矢吹(新宿署の刑事 30歳)×天如(天在日輪宗の座主(トップ)18歳)

主人公のひとりである天如が若き密教の天才僧侶という設定なので、話の中では真言を唱えるシーンが出て来たり、「鬼」(悪い気の塊のようなもの)による事件が発生したりと、BLの中ではなかなかめずらしいタイプの作品に分類されるのではないでしょうか。もちろんちゃんとラブ(とエロ)の部分はありますが、設定に癖があるため好き嫌いはくっきり分かれる作品かもしれません。ちなみに私は以前少年・青年マンガなどでそういう系の話を好んで読んでいたぐらいなので全然OK!の設定でしたし、最初からその世界観に対して違和感やとっつき難さも感じることはありませんでした。

「鬼」を封じるために動く天如と、「鬼」が引き起こした事件の捜査をする矢吹は共に行動するようになりますが、天如の妖しさと無垢なところに触れた矢吹は自分を抑えることができずついつい手を出してしまいます。女はもちろん男とも関係を持ちそこそこ遊んで来たという、ちょっとやさぐれていて粗暴な感じのオヤジキャラ・矢吹が、自分よりも12歳も年下でピチピチの美少年(でもかなりのVIP様)にど続きんどんハマっていく姿が良かったです。天如も初めての経験に戸惑うよりも好奇心が勝るようで、積極的に行為を受け入れたり誘ったりするのですが、その無自覚な天然振りがとても可愛かったです(しかも無駄に色気があるし)。

「鬼」関連の展開については、それをメインにしたマンガなどに比べればやはりあっけない解決になってしまいますが、BLだと思えば充分楽しめる範囲でしたし、ちゃんとラブとのバランスも取れていて良かったと思います。

2
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ