隣の嘘つき《小説版》

tonari no usotsuki shousetsu ban

隣の嘘つき《小説版》
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×25
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

30

レビュー数
3
得点
69
評価数
16
平均
4.4 / 5
神率
56.3%
著者
安西リカ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
須坂紫那 
媒体
小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
価格
ISBN

あらすじ

須坂紫那作画「隣の嘘つき」の原作小説! ハイスペックな頭脳と容姿を持ち、人生に概ね満足していた高瀬は、彼女との待ち合わせのカフェでよく一緒になる友一のことが気になっていた。なぜなら彼の待ち人が男だったから。嬉しそうに同性の恋人を迎える伊藤の笑顔が、男性に惹かれる己を押し殺している高瀬には眩しかったのだ。彼女と破局しカフェに通うこともなくなるが、とあるきっかけで伊藤と再会し……? 書き下ろし後日談SSつき!!

表題作隣の嘘つき《小説版》

高瀬、会計士、27
伊藤友一、IT関連サラリーマン

その他の収録作品

  • PRESENT FOR YOU(書き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

ド直球に描かれた「恋愛」に、めちゃくちゃ萌えました

「隣の嘘つき」の原作小説になります。
小説版では書き下ろしのSS付きで、超甘々な二人の後日談が読めたりします。


で、想像以上に甘酸っぱくて切なくてと、とても面白かったです。
これ、「恋愛」というものをド直球で描いた作品なんですよね。

恋に落ちて行く時の、ワクワクした楽しい気持ち。
相手が愛おしいと、心から欲する衝動。
そして、誰より幸せにしたいと願う、純粋な気持ちー。

好きだから臆病にもなっちゃうし、嫌われる事が怖くなって保身にも走ってしまう・・・。

安西先生と言うと、そんな結ばれるまでの「恋する気持ち」の描写が、毎回秀逸なんですよね。
いや、ページ数自体は59Pとそれほど長いお話では無いのに、とても読み応えがあって終始キュンキュンさせて貰えました。

内容としては、性的嗜好を偽る会計士・高瀬×ゲイのリーマン・友一による、両片想いものです。

ゲイと言う自分の嗜好を受け入れらなくはあるものの、順風満帆な人生を歩んできた高瀬。
そして、恋人から傷付けられ続けて来たゲイの友一。

たまたま待ち合わせ場所が同じと言うだけの二人が、ちょっとしたキッカケから、共に過ごすようになると言うのが始まりだったりします。
一緒に映画を見たり、ドライブしたり、食事をしたりー。
そんな二人の日常が優しく綴られ、彼等が距離を縮めて行く様をトキメキと共に楽しめるのでは無いでしょうか。

で、こちら、キモになるのが主人公である高瀬の「嘘」なんですよ。
彼は友一がゲイである事を知っていて、なおかつ自分が本当は男性の方に惹かれる事を隠して、ノンケのふりをし続けてしまったんですね。

友一は一見、自身がゲイだと受け入れ、自然に生きているように見えます。
そんな彼が隠していた、とても臆病な部分。
高瀬の嘘がですね、そんな彼の心の傷を、モロに抉っちゃうんですね。

何だろう・・・。
こちら、終始攻めである高瀬の視点で進むんですね。
彼はこれまで女性と付き合ってきましたが、自身の性的嗜好を隠してと、本当の意味では恋愛をしてこなかった。
そこに、初めて現れた、心から好きになった相手・友一。
初めての恋に浮きたち、喜びに満ち溢れた高瀬の心情がとても優しい気持ちにさせてくれるんですよ。

また、想いを告げたあとの、思いがけない拒絶。
前半の、始まったばかりの恋に浮き立つような甘酸っぱい部分も萌えましたが、ここからがとても読み応えがあって。

落ち込み、これまでの「嘘」や弱い自分に自己嫌悪する。
そして、立ち上がる!!
いやもう、ここからの高瀬の、男前な行動力に惚れ惚れしちゃうんですけど。
「今が、ここが俺の正念場だ!」みたいな。
「食らいつけ、全力で口説け!」みたいな!!(≧∀≦)

また、高瀬視点でありながら、友一の切ない心情が良く分かるように書かれているのにもキュンキュンきちゃって。
「女の人の方がいいって言わない?」
「子供が欲しくなった言わない?」
「待ち合わせには先に来てくれる?」

これ、普通にスネてワガママを言ってるように最初は思ったんですよね。
それが、この後に分かる、友一の本当の気持ち。
もう待つ事が嫌なんですね。
何故なら、本当に来てくれるか不安だからー。

序盤の、楽しそうに恋人を待っているように見えた友一の本当の気持ちに、もう切なくて切なくて。
そして、そんな彼を強く抱き締める高瀬に、萌えて萌えて。
いやもう、上手い!
安西先生、上手すぎるよ!!

と、普通に日常で出会った二人が、ごくごく普通に恋愛して結ばれるだけのお話でありながら、めちゃくちゃ萌えちゃいました。
こっちを読んで面白かったらコミック版を買おうと思ってたんですけど、早速ポチッとしちゃいましたよ~。
これはコミック版も楽しみです。

ついでに、書き下ろしのSSですが、こちらは友一視点。
バレンタインに高瀬からプレゼントを貰った友一ですが、お返しをどうしようか悩んで・・・と言うお話になります。
こちらは甘い・・・!
もうめちゃくちゃ甘い!!
幸せそのものの友一が読めた事も、とても嬉しかったりしました。

7

我を忘れての告白シーンが素晴らしい

コミックの原作だったのね。ここに来て初めて解りました。
なのでコミックは未読です。
どんな風にコミカライズされているのか、興味があるのでコミックも読んでみたいと思います。
というのも、このお話って『体面なんかどうでもいい』と思うくらい人を好きになる話だからなんです。
実際に起きている事象よりも、ある意味『普通の日々』を暮らす中で変化する高瀬の内面を描いているんですよね。だから、決して派手なお話ではないんです。
この『情緒』がどういう風に描かれるのかと考えると、期待が生まれるじゃないですか!

あ、こちらの感想を書かねば。
「マイノリティにはなりたくない。出来るならば、女性と恋愛し結婚したい」と思う高瀬の気持ち、よく解るんです。
そりゃあ、何も好き好んで茨の道を歩く必要はないですよ。
でも、好きになっちゃったら、どうしてもそれが欲しいと思っちゃったら、飛び込んじゃうんですよね。
高瀬が、打算とか体面とかを振り捨てて、って言うか、その瞬間はそれを忘れてしまうほどの必死さで、そこに飛び込んじゃうシーンで感動を覚えました。
これぞ、恋!
で、飛び込んじゃった後に、やっと頭が働き始めた高瀬が、オープンゲイとして生きてきた伊藤の『今までの辛さ』を一瞬で理解するシーンも感動したのよ。
その立場になって初めて理解できることってあると思うんです。その理解の仕方を書くのが上手い。
「ドーン!(感動の第一波)」「ドドーン(感動の第二波)」と、たたみかける様に続くこの2つのシーンが白眉です。

コンパクトなお話ながら、唸らせてくださった安西さんに拍手!
後日談はやたら可愛らしくて「2人に幸あれ」と思ったのも付け加えておきます。

4

心の声に急き立てられて

安西リカ先生作品の初読みです。コミックスの方は未読。

一読して、さすが人気の作者様の作品。とても読みやすく、心にすっと入り、それでいてグッと食い込むような。
自らの潜在ゲイ性に気付きつつもノンケ的ライフスタイルを送っていた高瀬。
そして、元々ノンケ男性の恋人と、女性との結婚を理由に別れて(捨てられて?)しまったゲイ男性の友一。
高瀬がどんどん友一に惹かれていきながらノンケの仮面を外せず、それでも抗い難く…という恋情の迸りに大いに萌えました…!
でも、高瀬はずるかったのかしら?
私はそうは思わなかった。
友一がもう女性と付き合える人とは付き合わない、と決心するのもわかるけど。
それでもね。
どんなに「自分はこれからこうするんだ」って決めててもさ。そういうもんじゃない…っていうか。
自分の恋人が、他の男性に惹かれて別れるのは許せて女性相手だと傷つくっていうのが、わかるようでわからない。「自分でない誰か」はいつだって「自分」より輝いて見えるもん。
ともかくも、高瀬はすぐに受け入れてくれるだろうと思い込んでいた友一から拒絶され、彼の抱えていた痛みを知り。
そして立ち上がり、勇気を持ってまた友一に向き合っていく…
ここがドラマチック展開でしたね。正に萌えどころ。
Hシーンでの攻め視点って少し珍しくて、本作でも同性との行為は初めてだったのに心も体も何もかもが疾って、相手への愛が溢れてほとばしる感覚、が新鮮。
さすが人気の作者様、やはり上手いな〜。これから少しずつ追っていこうと決めました。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ