初恋からずっと間違ってるんです

初恋不全モラトリアム

hatsukoi fuzen moratorium

初恋不全モラトリアム
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×25
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
52
評価数
16
平均
3.4 / 5
神率
18.8%
著者
黒井つむじ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(エンターブレイン)
レーベル
B's‐LOVEY COMICS
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784047358874

あらすじ

失くしてしまった初恋の人形に執着し捜し続ける伊勢哲也。人間に興味はないが、人形そっくりの佐久慧悟と知り合い、成り行きから同居することに。人形以外欲しいものはなかったはずが、佐久によこしまな想いを寄せる男たちに嫉妬し、独り占めしたい欲求が芽生え始め――!? いびつな愛に悩む青年の恋着と初体験。

表題作初恋不全モラトリアム

伊勢哲也,初恋の人形を探す大学生
佐久慧悟,初恋の人形そっくりの家出人

その他の収録作品

  • カバー下漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

人形に初恋。「悪いとは思わない」

子供の頃、祖父の日本人形を気に入って持ち出した伊勢はそのまま無くしてしまい、祖父にちゃんと返す為に大学生になった今も探し続けている。
ある日、落したスマホを拾ってくれた佐久と出会い無くした日本人形そっくりの佐久に出会いがしら「すごく好きな顔です」と言っちゃう伊勢(笑)


人形に恋をしている(?)伊勢が、きっかけは人形に似ているからだが一緒に暮らし過ごしていくうちに佐久に惹かれていき、ゲイの佐久が男とラブホ街に居ることや人形作家が佐久にあからさまに興味を持ったりした際にイラっとしちゃうのにはムフフッってなっちゃいました♪

結局人形は、伊勢の祖母に恋をしていた男が盗んでいたことがわかり祖父に返すことに成功。
しかし、見つかってみれば人形は祖母にも佐久にも似ていない。。。
じゃぁなんで盗まれたん?そして人形を返す条件で佐久に女性の着物を着てくるように頼む爺。若干キモイ(笑)

0

初恋の猶予期間(モラトリアム)とは何ぞや?

ちょっとホラーめいた設定である。
初恋の日本人形に似ている、というので佐久に執着する伊勢。日本人形は祖父の持ち物だった。幼ない伊勢はその人形を外へ持ち出した際、失くしたと言う。それ以来見ていないという、人形の顔にずっと恋を募らせているという。その事自体がとても不気味なんである。
伊勢を魅了するだけあって、佐久は出会う男たちに執着される。その事にイラつき執着する伊勢。佐久と日本人形との間に何か縁(えにし)はあるのか?祖父と佐久の間に何か遠く結ばれた因縁はあるのか?
…無いんです〜。え⁈ 無いの⁈ という驚愕。
テーマはすっごく分かりにくいんだけど。多分、例えどんな性癖でも。全てを受け入れるというのが愛だよ、なんて言いたいのか。
だとしたらモチーフが、何となく不気味なので。そこは何かドラマをご用意して頂きたかった、というのが本音です。だって、どんなミステリー展開なのかと息を詰めてハラハラしてたんですもん。
俺、日本人形に初恋してたんだ〜。でも、これからが本当の恋だから。というのがモラトリアム期間だとして。恋に落ちるきっかけなんて、人それぞれとはいえ、奇を衒い過ぎな気もしました。
お祖父さんと好みが同じくして、佐久の美しい顔が好きっていう。いや、顔ですら無い。大学で前髪をサイドに流しただけで、佐久だとは気付かない伊勢は、前髪を重く目の上に垂らしたスタイルだけが好きなのかも知れなくて。諸々モヤっとする感じが、拍子抜けです。何か深く結ばれている運命でいて欲しかったな。

0

現実と不思議な空気感が有るんですよね

黒井つむじ先生の作家買いでした。前作を最近読んで良かったので。

大学生の初恋の、歪さを経た現在の恋の話です。
過去に、無くしてしまった祖父の人形を追い求め、探し続ける伊勢。幼い頃に出会った人形の面影に魅せられて、ちょっと性的な興奮に向かうんですね。
なかなか、特殊です。だけど、子どもの頃に感じた好きな気持ちは正直なものだと思います。だから人形に似たビジュアルの佐久と出会ったこと、偶然ですが、運命的です。

人形探しを軸に、掴み所のない魅力がある佐久と過ごしていくところ。不思議な感覚に、読み手の私も陥ります。

伊勢も佐久も現実に生きているのに、どこか異空間的。唯一、伊勢のじいちゃんが現実と異空間を結ぶ存在ですが。

人形が現実の中で、ホントに「人形」となった時は、伊勢も初恋から解き放たれた感じかなぁと思いました。

恋の話だけど、不思議。独特な空気感を感じることが出来た作品です。
黒井つむじ先生の作画は、好みなので次作も楽しみです。

0

設定は好みだったけど

電子版で読みました。

初恋の人形に似た佐久に出会う事によって、子供の頃に無くした人形を見つける事になります。

実は人形は哲也の祖母がモデルなんですが、祖父が佐久に会った時に似てるって返事してるのがそっちの意味だったのかと…。

出会って早々に祖母の家から家出していた佐久を、哲也は自分のアパートに同居させます。

佐久はゲイで簡単に関係を結ぶらしく、男とのキスシーンを見て哲也はモヤモヤし出します。
でも自分は人形を好きだからと初めは傍観しています。佐久はノンケには手を出さない主義なのですが、気持ちはどうやら哲也にあるようでした。

哲也の無くした人形を探す為に、人形作家との取り引きも了承してモデルをしますが、友人達との会話から体の関係もある様子。

自分の気持ちに苛立って八つ当たりした佐久が居なくなって、そんな事になってようやく動き出す哲也に歯痒いです。そして自分を安売りしてる佐久にちょっと引きました。

そして無くした人形は実は祖母に懸想してた人物に盗難にあってました。この人物がかなり気持ち悪いです。

人形は祖母にも佐久にも実は似ていなかったのです。つまり佐久は哲也の好みの顔だったというオチは良かったです。

ようやく祖父に人形を返した途端に祖父が亡くなって、なんとも言えない気持ちになりました。


0

初恋を拗らせた無自覚攻めが良かったです

初恋を拗らせたノンケ生真面目くんと、
ニコニコ飄々とした雰囲気のゲイさんのお話。

BがLしてる部分は面白かったです。
ただ脇を固める展開にうーん?と首を傾げてしまってちょい萌え不足かな…。
ちなみにエロは2Pぐらいあるけど個人的にほぼないに等しい表現に感じました。


攻め:哲也の初恋は祖父が持っていた日本人形。
しかし子供の頃、家の外に持ち出して失くしてしまいます。
キチンと祖父に返したい一心で探し続ける日々。

その中で初恋の人形に対する気持ちは疚しさをまし、
哲也は自分は人形に恋する変態だと位置付けるように…。
そんな性嗜好は誰にも言えずにいます。

受け:佐久はゲイで、哲也と出会ったとき家出中でした。
そして初恋の人形そっくりの顔を持っていました。
なんやかやあって哲也の部屋に住むことになり、
流れで人形探しを手伝い始めるようになります。

哲也はどこまでも生真面目で頭が固い印象。
自分は人間に恋するまともな感情がないと思い込んでいる節がみられました。
だから佐久に惹かれてるのはバレバレな行動をするけどすべて無自覚…!

佐久が気になり、独占欲が湧き、嫉妬もする。
しかしそれらは顔が初恋の人形に似ているから混同してると解釈してて。
これがまぁ焦れったいのですよー。

その点、佐久の方は感情に聡い。
哲也が自分への好意をダダ漏れされるのにキュンとくるわけです。
けれど佐久は基本的にノンケは範疇外。
あまりときめいてしまうと今まで通りの同居ができなくなるので、
哲也に惚れない為に他の男と関係を持っているように感じました。

そして佐久は佐久で人には言えない恋の経験がありました。
人形に恋してる性癖に苦しんできた哲也の凝り固まった感情を、
佐久が解放してあげていく言葉が良かったです…!

そんなこんなで「人形」が軸になって進むのですが
個人的には最終的に人形があった場所が微妙でした。
ネットリした気持ち悪さをかなりライトにアッサリ描かれていて何とも言えない…;
あと哲也の祖父だけ時間軸が早すぎてこれまた感情をどう処理して良いのか…;

大枠は面白かったけど少し萌えきれなかったので残念です。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ