30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(3)

30sai made ni dutei dato mahoutsukai ni narerurashii

30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神25
  • 萌×214
  • 萌11
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

292

レビュー数
8
得点
214
評価数
50
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
豊田悠 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
スクウェア・エニックス
レーベル
ガンガンコミックスpixiv
発売日
価格
¥818(税抜)  
ISBN
9784757563902

あらすじ

30歳童貞で「触れた人の心が読める」魔法使いの安達は、自分に恋する同期のイケメン・黒沢へ、ついに恋愛経験がないというコンプレックスを打ち明けた。「好きな人の初めてを全部貰えるなんて、俺だったら嬉しい」そう答えた黒沢の誠実さに、安達は彼への気持ちを自覚して…? そんな中、黒沢とルームシェアすることが決まり…!? 「2019年書店員が選んだおすすめコミックBL部門 1位」など数々の賞を獲得した話題作、第3巻! 60ページ以上の描き下ろしを収録。爽やかイケメン→→→拗らせ童貞による好意が丸見え純愛(ピュアラブ)BL。

表題作30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい(3)

黒沢優一・同期のモテメン会社員
安達 清・30歳・魔法使いになった会社員

その他の収録作品

  • 第12~15話
  • 第16~17話(描き下ろし)
  • 六角編(描き下ろし)
  • 第14.5話どこで寝るか問題(描き下ろし)
  • 柘植編その(3)(描き下ろし)
  • あとがき漫画

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

ついにこの時が来た

・本編
両片思い同士の甘酸っぱいルームシェア編かと思いきや。黒沢の六角への嫉妬、安達が気になる会社の女性藤崎さんの正体、誤解から黒沢への自分の気持ちを疑う安達、そこへ黒沢が安達に告白をする。ラストでぐぐっと進展して二人がついに!
安達が黒沢への気持ちを疑い始めた時はこれまで少しずつ少しずつ進展してきた関係が0に戻ったような気がしてハラハラしたけれど、もともと女性が恋愛対象で藤崎さんのこと気になってたことを考えれば一時的でもそちらへ気持ちが向いてしまうのも仕方ないのかと納得。それでも魔法で心の声を聞くまでは気付かなかった黒沢の内面に触れて少しずつ惹かれていって、黒沢の存在が大きくなって、これまで積み重ねてきたエピソード全てが空港での告白につながったんだなと思うと感慨深い。
まだまだ続くそうで次巻はデート(予告より)。今後日常にどう変化があるのかとても楽しみ。ぜひ致すところまで続いてほしい。

・六角編
六角から見た安達と黒沢の話。安達の名前を間違えるのはわざとじゃなく本当に名前覚えられていなかった。ポジティブな子の思考回路ってすごいなと感心したw

・14.5話どこで寝るか問題
本編14話と15話の幕間。安達の家に黒沢と六角が泊まるが客用の布団は一組のみ、さあどうする?という話。安達と黒沢それぞれの交錯する思惑とそれに気づかない六角。黒沢の考えてることが正直すぎて、安達のツッコミのキレも良くて笑った。

・柘植編
宅配員のことをほとんど知らないと思い悩む柘植。出先で偶然会って、思わぬ共通点からかけた言葉が彼に響く。宅配員の名前が判明してちょっとだけ進展?宅配員と六角につながりがあって、今後本編に絡んでくるのか?こちらの二人も気になる。

3

恋愛してぇ

チェリまほ、私には今作が一番良かった。
ツイッターの寄せ集め感で入り込めなかった1巻、面白くなってきた2巻、そして3巻はドラマだ…恋愛ドラマが動きだした…とウルウルしながら読みました。
もう書影からしてエモい。

同棲スタートしたものの黒沢と向き合うのが怖い安達。気持ちわかるよ…
つい六角を噛まして逃げようとするも流し台ドンで追い詰められる。笑
そして藤崎さんがめちゃくちゃ羨ましい私です。

今まで誰からも好かれた事のなかった陰キャで孤独な安達。
突然イケメンの同性と好みの異性から好かれていると分かったらパニクるよね。
好意を寄せられているだけで飛び上がる程嬉しいし混乱する。
黒沢は安達のことをよく見ていて、何等かの原因で心ここにあらずな安達にしっかりと自分の気持ちを伝え、負担にならないようサッと立ち去る。
黒沢、スパダリと称されるだけのことはある!!心の中までイケメンだ!

そしてこの黒沢の勇気が、安達を動かすのです…
恋愛ドラマを見ると、恋するキャラクターは走っていますが、安達も黒沢に会いに空港まで走る!
黒沢は空港に現れた安達を見てもなんか鈍い。え?何か仕事であったの?大丈夫?なんて質問してる。
そして…!!!
感動的シーンです。
(読んでください)

年中エロいBLに舌なめずりしている私ですが、こういうジリ、ジリ、と距離の縮まってゆく話は嫌いじゃないなと思いました。
私は去年一世を風靡した(?)『おっさんずラブ』にハマって商業BL沼に突入した人間なんですが、このOL(おっさんずラブ)の二人も最後までキスしかしません。
恋愛も始まっていないうちから同棲してるし。同棲してからデートしてるし。
そこら辺がすこし似てる…と思いました。
(この一緒に暮らしてる友達同士が恋人関係に移行する様がエモすぎて民になって投げ銭しまくりました‥)

デートしたりその先に進むときにドタバタする安達の姿を見るのが今から楽しみですし、チェリまほは商業BLなので(?)挿入まで見届けたい。

推したい男性がお互いを恋しいと思う気持ちに、我々も萌と生きるエネルギーをもらうんですよね。

10

次回は絶対外せない。こうして逃れられないチェリまほ。

思ったより3巻の発売が早くてビックリでした。
約半分の60ページが描き下ろしなので半年で実現したんでしょうね。
本編はツイで発表された第12~15話に、16~17話と14.5話の描き下ろし。
番外編の六角編、柘植編の描き下ろしが収録されています。

3巻では黒沢姉によってルームシェアに突入した黒沢と安達。
黒沢を意識し出した安達がバタバタし、
後輩の六角を間に挟んで気持ちを整理しようとすることで、
更にジレジレさせられる黒沢に、結局追い込まれる安達でした。

そして、同僚女性社員が自分を好きだと勘違いした安達、実は腐女子。
なかなか進展しない二人の関係が、腐女子の妄想によって映像化…
ネクタイで縛られオフィスプレイか?!
これがけっこうエロい安達の受け力を感じさせる画でございました。

心の声はピンク色の文字ですが、一定の文字数を超えると映像化するのはもちろん、
更には黒沢の理性と本能が葛藤する一人劇も登場し、
斬新で面白いですが、黒い吹き出しにピンクの文字が見難いのが難点。
そして、いたずら心で安達が仕掛けると、黒沢に倍返しされてしまうという展開にニンマリ。

六角の定番小ネタ、適当な安達の名前も未だ進行中で、
既に誰もツッコまないまま泳がせてるのも、段々味がでてきました。
次は安〇でくるのか?!

六角を牽制する黒沢の激しい嫉妬も、もう笑えない安達が、
洗い場ドンで黒沢に男を感じて少し引いてしまうのも、繊細な童貞らしい描写で良かったわ。
黒沢の切実な感じはずっと変わらずで、それもなかなかせつなくて、
そうかと思えば、一気に畳みかける展開がドラマティックで予想外で驚きました。
いやぁ~~~そうきたか…。

安達のモノローグ、黒沢の心に触れるために俺は魔法使いになったのかもしれない…
この言葉が黒沢に伝わったらと思うと、キュキュンとするわ。

1巻は心の声の片想いに笑い、2巻は意識しだして揺れ動く展開に萌え、3巻は両片想いのジレジレから…
何だかんだと進展しているんですが、今回はおでこキスも一緒にお風呂もなし。
黒沢と腐女子の妄想がエロ萌え担当だった…え~~~っ。

お気に入りは、第14.5話のどこで寝るか問題。
ルームシェアで六角お泊り、二つの布団でどう寝るか?
黒沢はすご~く頑張りました…が、そのせつなさもいいですよ。いい顔してる、爆笑した。

もう一人の魔法使い柘植編も着々と進行中ですが、やっと名前か!おいっ!
タイプの違う魔法使いですが奥手なのは一緒、
柘植はオッサン感があるから、このCPでグイグイいったらいいんじゃない?と思ってる私。

次回は絶対逃せない本編の展開ですが、どこまでかな?
来年夏の発売予定なので今度は少し待ちますが、それでも普通で考えると早い、楽しみにしてます。

紙本がワイド版なので値段が高くなるなら、普通サイズで発売したらいいのにね。←絶対ない。
電子購入なので、ワイド版とか意味がない。
お値段が少しでも安くなってくれたら、他にもおススメしやすいんですが…やっぱり高いわ。

5

スパダリ、、、

BLとしては劇的に進展の遅い作品でしたが、ようやく、ようやく、ここまでたどり着いたかと、、、
自分の心の中にある感情が、恋愛感情だとゆっくり自覚していくお話は好物なんですが、3巻目にしてようやくここまでたどり着いたって事は、この先も、きっとかなりすったもんだするんでしょうね。
私としては、なにがなんでもエロエロってよりは、ストーリーをみたいので、全くエロなしでも、それはそれでかまわないし、むしろこの絵柄でのエロは想像がつかないですしね。

4

黒沢くんに ♪(〃゚∀゚)ノ旦☆旦ヽ(゚∀゚*) カンパーイ♪

30歳までDTだったため、触れた人の心が読める魔法を使えるようになってしまった安達くんと安達くんを好きな同僚のイケメン黒沢くんのお話の続き。

皆様も叫んだのではないでしょうか?私は叫びました。
キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!!!

何故か、黒沢くんと同棲(ルームシェア)をする流れになった安達くん。
同棲2日目は安達くんのお部屋に後輩 六角くんも遊びに来て、3人でタコパをします。
六角くんが寝落ちしている時にちょっとシリアス(?)な雰囲気になり、黒沢くんのことを改めて「男」だと感じてしまいます。

翌日、会社に出勤した安達くんはたまたま事務の藤崎さんの心を読んでしまいます。
「好き」と一部分だけ読んでしまった安達くんは動揺します。
が、しかし、それは完全な誤解なのです。
藤崎さんは腐女子で黒沢くん(攻)×安達くん(受)の妄想をしていたのです!
聴き間違いかと思い、もう一度藤崎さんの心を読む安達くん。
が、また妄想中の一部分しか読んでいないので、自分のことが好きなのかと勘違い…。
藤崎さんの「好き」は黒沢くん×安達くんのCPのことなのですが(汗)
そして、安達くんは黒沢くんのことを「好き」だと思うのは、自分に好意があるから絆されているのではないかと考えます。
つまり、相手が自分のことが好きだから自分も好きなのかも知れないと錯覚しているのではないか?と感じたようです。

その日の夜、安達くんと黒沢くんは夕食を食べるため外を歩いています。
突然その時は訪れました。
黒沢くんが安達くんの手を握りながら伝えます。
「俺さ お前のこと好きなんだ」

…まだ、叫んじゃダメです!

今日は自分の部屋に帰ると言って去った黒沢くんを安達くんは追いかけられませんでした。
自分は黒沢くんを好きなのか?ただ絆されていただけなのか?

翌日、会社に出勤すると、黒沢くんは出張でいませんでした。
顔を合わせずに済むとホッとする安達くん。
夕方、藤崎さんの仕事を手伝うことになり、作業しながら黒沢くんのことを考えます。
「男同士だし、きっと付き合ったら面倒なことも大変なこともあるだろう 黒沢には悪いけど謝って今まで通り…」
安達くんは走り出していました。黒沢くんが出張先から飛行機で到着する羽田空港に。
そして、黒沢くんに会えた安達くんは伝えます。
「俺も黒沢のことが好きだ」

(照>Д<))))キャァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!))))))

黒沢くんに抱きしめられて次巻に続きます。
安達くんの心の声は「黒沢の心に触れるために俺は魔法使いになったのかもしれない」です。
いやん、素敵です。黒沢くんは本当に嬉しそうな顔でした。

まだまだこれからのデートやその後のイベントが目白押しの2人ですが、最後まで見届けたいです。
黒沢くん、おめでとう~!

個人的には、藤崎さんとお友達になりたいです。
もう1人のチェリまほ使い柘植くんの恋も応援します。

1

価格に見合う内容かな?

うーん
ちょっと展開が遅すぎませんか?
相変わらずページ数の割にお高いし……

前回の続きから、
黒沢と同居する事になった安達がグルグル悩む展開に……

このグルグルを引っ張る引っ張る……
ただ絆されているんじゃないか?とか、
男同士だし、付き合ったら面倒で大変なんじゃないか?とか、
この思いを巻末まで引きずってくれるもんだから……
本当にイライラさせられましたよ。

もう、待ち切れん!と思ったら、
黒沢が安達にちゃんと告白してくれました。
やっぱり、黒沢いいなぁ。
なんだかんだいって男らしいし、イケメンだし、
六角に嫉妬する姿には萌えるし。
心の声だって全然ウザくない!
むしろ、好きがあふれていてキュンとしちゃう♡

今回も進展なし?と思ったら、
最後の最後にやっと黒沢の気持ちを受け入れ、
両想いになりました。

長いわ……
この感じだと、まだまだ進みは遅いよね?
ていうか、どこがゴールなの?
童貞を捨てて、魔法が解かれるところ?
次はデートだって……先が見えない……

ちょっと飽きてきてしまったので、
次巻の購入は考えさせていただきます……

むしろ、描き下ろしの柘植編の方が良かったかな(^^;;

9

来た来た~~~!!

楽しみに待ってました、待望の第3巻です!
豊田さんの『パパと親父の~』に続いて、大好きなシリーズです。

2巻で同居する事になったので、どんなドキドキ同居ライフが待ってるのかと期待しながら読んだのですが…。

同居よりも、安達の心の変化にハラハラ&キュンキュンしました。
自分を好きなコの登場で(全くの勘違いなんですが)、黒沢への芽生えた恋心が無かったことになっちゃうの!?とハラハラしてたら、離れたことで(単なる出張ですが)想いを強くしてからの、熱い告白タイムに!
黒沢が気持ちを告げるとは思ってなかったので(心の声は駄々漏れでしたが(笑)、そこから安達がどうするのか本当にドキドキしてたので、もう萌えまくりました。
ただ、そこで終わっちゃったので、カップルになった2人のイチャイチャが見れなかったのが残念でしたが…。

なので、やっぱり既に、4巻が待ち遠しくなっています。柘植の方も、やっと相手の名前が分かったばかりで、まだまだ先は長そうですしね(苦笑)。
それにしても…イケメンの大好きが詰まった心の声の破壊力は3巻になっても衰えしらずで、今回もキュンキュンさせられました。

6

ポジティブ脳な六角もいいキャラしてる

 そんなに展開は早くありませんが、ゆっくり進んでいくこのペースが2人には合っていますよね。天使と悪魔が同居していて今のところなんとか理性が勝っている状態という黒沢の頭の中まで、はっきりと安達に見えてしまうのは少し可哀想にも思えてきました(笑)。安達が黒沢以外のキャラの心も能力を使って読み取ろうとする場面もあり、悪意のある使い方ではないけれど図太くなってきたなぁと感じます。彼の誠実な性格は変わらないから、安心して追えるんですよね。最後は自分から黒沢を追いかけて気持ちを伝えられたので、今までの相手の気持ちを知っている分、これからは安達も黒沢に気持ちを返していけるといいなと思います。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ