フェロモン探偵 アイドルを追え!

pheromone tantei

フェロモン探偵 アイドルを追え!
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×22
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
74
評価数
16
平均
4.6 / 5
神率
75%
著者
丸木文華 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
相葉キョウコ 
媒体
小説
出版社
講談社
レーベル
X文庫ホワイトハート
発売日
ISBN
9784065197172

あらすじ

グループ脱退後、急に人気が出たアイドルの謎を探るため、探偵の映と助手の雪也は、付き人と俳優として芸能界に潜入した。この特殊な業界では、映のフェロモンが増大するようで、行く先々で役者たちが映に群がってきてしまう。怒った雪也は、撮影現場の控え室やロケバスで、独占欲丸出しのお仕置きエッチを敢行! 一方、調査が進むにつれ、マネージャーの特殊能力がその謎と関わっているらしいとわかるが……?

表題作フェロモン探偵 アイドルを追え!

如月雪也(白松龍一),34歳,実業家で映の探偵助手
夏川映,28歳,探偵事務所所長

レビュー投稿数2

フェロモンの謎が…

『フェロモン探偵』シリーズの9作目。

丸木先生って筆が早いですよね。数か月おきに新刊が出るってすごいことだと思います。が、もっとすごいのは、そのどれもが面白いこと。丸木先生の頭の中を一度拝見してみたい。どれだけのアイデアが先生の中に詰まってるのかな…。

ということでレビューを。
ネタバレ含んでいます。ご注意ください。






良家の子息で、他分野にわたり天才の名をほしいままにしてきた映。
が、そんな境遇に嫌気がさし、何の不自由もなく過ごしてきた実家を飛び出し探偵事務所を開いた。

そんな彼が記憶喪失の男を拾ったことで、その男性・雪也とセフレのような恋人のような関係になり、以来二人で事件を解決してきた。

という今シリーズ。

今日も今日とて閑古鳥が鳴く探偵事務所に一人の依頼人がやってくる。
その依頼人はかつてグラビアモデルとして活躍し、現在は銀座のクラブで売れっ子ホステスとして働いている佳苗。

彼女の依頼は、元アイドルグループに所属していた「桜庭ゆり」という芸能人の調査をしてほしい、というものだった。

ゆりはパッとしないビジュアルに華の無いアイドルだったが、アイドルグループ脱退後、あっという間に人気タレントになったという経歴の持ち主。が、現在も華があるわけでもなく、なぜそこまで人気が出たのかわからない。

彼女が人気タレントになった、その理由を知りたい。

という摩訶不思議な依頼だった。

ゆりが所属していたアイドルグループのメンバーは、全員、とある時期に同時にスキャンダルが発覚し、全員アイドルをやめ芸能界から引退している。そのことも関係あるのか。

その調査のために、雪也を新人俳優、映は雪也の付き人として、芸能界に潜入捜査することにするがー。

今回も映のフェロモン、ダダ洩れです。
映のフェロモンは男に、雪也のフェロモンは女性に、特に効果を発揮する。
まるで明かりに群がる虫のように、映は数多の男を惹きつけてしまう。

で、そんな映の姿に焦燥と嫉妬を覚える雪也のお仕置きプレイが行われるが…。

という今シリーズ通常運行の今巻ですが、今作品はそこに「ゆりの人気の謎」というバックボーンがプラスされます。

ゆりが人気タレントにのし上がったのには、彼女を支えるマネージャーの存在が大きく横たわっているのですが、このマネージャー・川越、という男性の謎がとにかく面白かった。

川越さんはフェロモンを…、

と詳細を描きたいのですが、壮大なネタバレになってしまうのでここでは書きません。ぜひともご自身で読んで確認してみてほしいです。が、ちょびっとだけ。

今シリーズにおいて映のフェロモン、は大きな因子となっていますが、実際に川越の存在を介して見えてくる映のフェロモンの数値はかなり大きいです。映はフェロモンが多く、そのフェロモンを巻き散らかしている、という構図は読者の頭の中で描かれていましたが、川越の存在によって、それがはっきり数値として読者に提示されました。フェロモンの謎、が、今巻によって解明されたと言っていいでしょう。

川越の存在によってゆりが人気タレントになった理由は早々に解明されますが、それだけにとどまりません。「なぜ」それがゆりだったのか、という謎に突入して行きます。

華もなく、地味で、アイドルグループの中でも人気が低かったゆり。
そのゆりを、川越に指示して人気タレントに「させた」、事務所の社長の意向とは―。

佳苗がゆりの謎の調査を依頼した理由。
川越という男性の存在。

そんなバックボーンに加え、雪也×映という、相も変わらずラブラブでエロ満載の恋人(今巻で映は雪也を「恋人」と呼ぶのです!)の描写はたっぷり。で、そこに謎が謎を呼び、二転三転するストーリーがプラスされていて、個人的な好みでいうと今シリーズの中で最も面白かった。

川越さんは、今後もぜひとも登場させていただきたい。魅力たっぷりな、ちょっぴりブラックさもはらんだ、そんな新キャラで、丸木作品の真骨頂と言えるキャラクターではないかと思われます。

ストーリーとしては同シリーズで目新しさはほぼなし。

映は無自覚に男を惹きつけ、それを雪也に嫉妬され、お仕置きエッチに突入。で、探偵事務所にやってきた依頼人の依頼を二人で解決する。
映に執着し、彼を激しく抱きつぶすことで、雪也は安心する。
快楽に弱く、超絶倫の雪也に抱かれることで少しずつ懐柔されていく映。

そんなある意味定番な流れの中で、これほどバラエティー豊かに、あれやこれやとストーリー展開できる丸木先生のすごさを、改めて感じることのできる。そんな神作品でした。

6

アイドル誕生に隠された闇

本シリーズは実業家兼探偵助と探偵事務所所長のお話です。

受様が元グラビアアイドルのホステスの依頼してきた元アイドルの身辺
調査が思いもかけない結果をもたらすまで。

受様は日本画の大家と琴の名手という両親の才を最も受け継いた子供で
したが、男を引き寄せる体質に悩み実家を出て探偵事務所を開きます。

攻様はヤクザの跡継ぎ候補でしたが、稼業を弟に継がせて実業家となり
実家とは無縁の生活を手に入れます。しかしながら友人である受様兄の
頼みで受様と知り会った事で、探偵事務所の押しかけ助手となり、影に
日向に受様を守る番犬と化します。

受様は攻様と過ごすうちに徐々に過去を払拭し、家族との関係も改善し
ていき、攻様も受様の恋人に収まります。受様は父親の代打で絵を描く
まで復縁しますが、相変わらず閑古鳥の無く探偵事務所を閉める様子は
見せません。

今回、銀座のママの紹介で元グラビアアイドルだったと言うホステスか
ら、ある女性の身辺調査を依頼されます。その人物は所属していたアイ
ドルグループを脱退してソロ活動を始めてからいきなり有名になった
現役アイドルでした。

依頼人は彼女を今最も有名な芸能人だと言いますが、攻様が端末で検索
して見せてくれた画像は丸顔のなんとも素朴な感じの若い女性の満面の
笑みでしたが、華もなく美しさでいえば依頼人のほうが数段上です。

彼女の所属していたアイドルグループは不祥事もなかったグループでし
たが、彼女の脱退以来、メンバーのスキャンダルが暴露され続けて次々
と辞めていき、結果的にグループは解散、今芸能界で生き残っているの
は件の彼女だけです。

メンバーのスキャンダルは全て一時期に集められたものであり、誰かが
意図的に計画したものではと噂もされながらも今なお謎のままであり、
依頼者は彼女の成功とメンバーの転落が無関係だとは思えないと言うの
です。

かなり奇妙な依頼ですが、受様にお断りする理由は有りません。問題は
どうやってターゲットに近づくかでしたが、攻様には付き合いのある
芸能事務所社長に口利きを依頼する事にします。

その芸能事務所社長によると調査対象である女性が売れているのは凄腕
のマネージャーのお陰であり、業界でも有名な話だと言います。そして
とりあえずは攻様はエキストラとして撮影現場に出て、調査対象に近づ
くきっかけを作ることにします。

受様は攻様の付き人として現場に入りますが、美貌を隠す変装をしてい
たにも拘わらず、受様のフェロモンで男優達が色めき立ち、攻様は気が
気ではありません。

果たして受様は依頼人の望んだ対象者の秘密に辿り着けるのか!?

シリーズ9作目となる本作は芸能界という華やかな世界で生き残れなかっ
た依頼者の私怨に近い依頼を引受けた事から、2人が芸能界で右往左往し
つつ潜入調査するお話になります。

今までも受様はそのフェロモン体質で男達を引き寄せてきましたが、恋
の相手には不自由していないだろうアイドルや男優達にも抜群の効果を
発揮する"お約束"は今回も有効で、攻様は受様に近づく男達にヤキモキし、
受様は嫉妬にかられた攻様に激しく求められて、結構散々な目に遭って
おります (^m^)

攻様は黙っていればすこぶるいい男なので、エキストラ参加した現場で
調査対象に目を付けられます。実は調査対象者は現場で気に入った男性
をお持ち帰りして食っちゃう事で有名でもあったのです。

そして彼女を売れっ子にしたと言われている敏腕マネージャーにも2人
に目を付けます。実はこの敏腕マネは受様同じフェロモン体質で、フェ
ロモンを使って仕事相手を篭絡し、有利な仕事を得たり、彼女の男関係
のスキャンダルを揉み消したりしていたのです。

本シリーズは毎回、事件や調査に関わる事で受様や攻様に関わる秘密が
明かされていくのも楽しみの1つなのですが、

今回は調査対象の敏腕マネが受様には及ばないもののフェロモン体質で、
しかもそれを制御している事を知った攻様は受様のフェロモン体質も
制御できるのでは!? と色めき立ちます。

攻様は調査とは別に敏腕マネと個人的な関りを持ち始めますが彼女の
今の地位に押し上げたのは敏腕マネの手腕である事は明らかですが、
なぜ彼女だったのかという疑問は拭えません。

受様は今は高級クラブで働く元アイドルグループのメンバーにも話を聞く
事になりますが、彼女はグループが解散したのは調査対象者の復讐だと
言うのです!!

グループの脱退から一気にブレイクした調査対象者、調査対象者のみに肩
入れする社長、調査対象者のみを売りこむ業界でも有名な敏腕マネージャー、
グループの解散を復讐だという元メンバー、そしてそもそも私怨で依頼し
てきたクラブホステスとそれぞれが隠している真実が明らかになるまで

迷走する受様達と一緒にハラハラ&ドキドキしながら楽しく読ませて頂き
ました (^O^)/

最初は華やかな芸能界の裏の実態の癒着とかを暴くのか!? 思ったのですが、
実態はかなり複雑で、全てを仕組んだ黒幕の手腕は実に見事で、事態を
二転三転させています。そしてたぶん彼が関わった当事者達には彼の真の
目的は明かされる事が無いのだろうなと思わせる巧妙さにゾッとさせられ
ました。

結局、受様のフェロモン体質は改善というか制御は出来ない模様ですので
2人の攻防はまだまだ続きそうので、まだまだ萌えさせて頂けそうです♪

1

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う