吸血鬼と愉快な仲間たち

kyuuketsuki to yukai na nakamatachi

吸血鬼と愉快な仲間たち
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神31
  • 萌×28
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
17
得点
214
評価数
48
平均
4.5 / 5
神率
64.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
蒼竜社
シリーズ
Holly Novels(小説・蒼竜社)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784883863105

あらすじ

ある夜、警察は真夜中に全裸で徘徊していた外国人の若い男を強制わいせつ罪で捕えた。入国した気配もない男は「強盗にあい、身ぐるみはがれた」というが、日本国内でそんな事件の前例はない。不審に思った警察は、男を一晩拘置所に入れることに。しかし、翌朝、男の姿はきれいに消えていた......。 待望の100%書き下ろし最新長編ノベルス。

表題作吸血鬼と愉快な仲間たち

半端な吸血鬼アルベルト・アーヴィング(受攻未確定)
エンバーマー 高塚暁 (受攻未確定)

評価・レビューする

レビュー投稿数17

ドジっ子アメリカンのヴァンパイア登場!

答姐でおすすめをいただき、手に取りました。
まず、表紙と口絵がとっても素敵!失礼ながら下村富美先生の事、存じ上げなかったのです。でも、タッチといい色使いといい、「良いなあ!素敵だなあ!」と一目惚れしました。
読み始めたら、思っていたよりコメディタッチなのですね。
アメリカ人吸血鬼アルが「冷凍蝙蝠」として牛肉の貨物にくっついて日本に輸入?されて、夜素っ裸で警察に捕まって。日本語も全く解らないまま朝になったらコウモリになって留置所から逃げ出して。そこに現れる刑事の忽滑谷。「蝙蝠好きの知人がいるから」と言って連れて行かれた先が、その知人高塚暁。
その暁がアメリカの葬儀大学で勉強をしたエンバーマーだったという、その流れるような展開。
暁と忽滑谷がアルの蝙蝠から人間に変化する瞬間を見て、アルの言う事を信じて暁の部屋に居候を許可してから、ググッと面白さが増して一気に読んでしまいました。
この巻ではラブ展開は無しで、暁とアルのBL物語であろう事は予想できますが、正直攻め受けも曖昧。暁はキッツい性格で心根はともかく口は悪いし。アルは日本語がまだまだだし、ヘタレ系ですし。(でも何にでも一生懸続き命)
また、アルは怪我をしても死なない、という設定のため、非常に痛〜いシーンが出てきます。もしや各巻にこんなシーンがあったら……と思うとちょっと怖い。

2

異色吸血鬼もの

~と愉快な仲間達、ってフレーズは割と良く聞く系なんですが、この作品ほどそのままピッタリなのもそうそうないな、と思いました。
表紙イラストから色々と期待しちゃいますが、桃色展開はありません。

アホで可愛い冷凍蝙蝠で日本にやってきた、米国産のアルと、人間嫌いな無口で無愛想、おまけに口は悪いけど情深いエンバーマーの暁を中心に、暁の数少ない友人で刑事の忽滑谷、葬祭センターの同僚や部下たちの、どたばたコメディ……いや、サスペンス?
いやいや、ちょっとホラーでスプラッタまじりもの……?
でもないな。そう思わせたシリアスストーリー……………。
兎に角、ふざけたタイトルに尻込みせずに読んで欲しいです。

BL未満な匂いの展開がひたすら続きますが、気になりません。
蝙蝠姿のアルが可愛くって可愛くって、にやにやします。
昼間は『ギャッ、ギャッ』としか鳴けないのに、心理描写が巧みです。
いやぁ…これは本当に良い話。
可笑しくてぷっと吹き出してたのに、次の瞬間にはせつなくなって、胸がきゅうきゅうして、気がつけばアルの心情を思ってホロリと涙してしまったり。
緩急が絶妙で、一気読み間違続きいなしです。

1

吸血鬼だってありなのよ!

はい、これ来たね。
世界観と説得力が凄い!

そんなバナナな世界を見事に描かれて
しかも出てくるキャラクターがみんな可愛いんだよちくしょー!
早よ続き読ませろやと
本当に待ってる作品です。

長い作品なので
物凄い浸れると思いますし、まだ続いてますので
波にも乗れると思います。

今ならまだ。

1

蝙蝠の可愛らしさがなんとも言えない

高評価だったので電子コミックで購入してみてみました。
この巻ではBLぽさは全然なく、タイトル通りの吸血鬼と愉快な仲間たちと言った感じでした。
蝙蝠の可愛らしさに癒されるとも言えます。
それにしてもアルは散々な目にあいますね。


1

コウモリに萌えます

私が初めてBLを読んだのがこの作品です。
生涯忘れられない感動の1冊となりました。
強引に「これなら初心者にお勧め!絶対読めるから」と
ドヤ顔の妻にこの作品を進められ 小説を手に取り 恐る恐る読んで見ると

どっぷり浸かりました。

私のBL人生 記念すべき最初の一歩。
まさか!コウモリに心を奪われてしまうとは・・・。思ってもみませんでした。
木原先生は登場人物の喜怒哀楽の感情表現がとても素晴らしいです。
BL初心者の中年親父をも引き付けてしまうとは完敗いたしました。
主人公のコウモリが我が子のように愛おしくなります。
コウモリの無邪気な姿にすごく癒されました。
この作品は本当に面白かったです。
「BL萌えについて」時間が有る限り私に語る妻の気持ちがイタイほど分かりました。






9

むぼち

jimmyさん、はじめまして。

私はむぼちと申します。
私が投稿を始めたのはここ数ヶ月のことで、jimmyさんとのやりとりは今回が初めてですが、jimmyさんの投稿はいつも楽しく拝読していました。

jimmyさんのお人柄や、暖いご家庭の様子がうかがわれるレビューやコメントのファンでしたから、一度退会されたあと、おっさんとして戻ってこられたときはとても嬉しく思いました。


「吸血鬼と愉快な仲間たち」は、jimmyさんのレビューがきっかけで読みはじめました。
だから、この本を見るたび、jimmyさんのコウモリ萌えを思い出します。

今夜は、もういちどこの本を読んでみたくなりました。

面白くて一気読み!!

改めて作品データベースを読み返せば、何故始めに手に取って読み始めたかわからないくらいいつもの自分の好みとは合わない作品でした。ファンタジー系、擬人化とか興味なかったし、エロなしだし、絵もそこまで好みじゃないし、、、でもその全てを吹き飛ばして夢中になれる作品でした。ほんとに面白い!!何度も読み返してしまいます!

1巻では、木原先生特有の元気な時にしか読めない「痛さ」というのはありません。なので、読了後も爽快感の溢れる作品でした。私の場合1巻〜4巻まで電子書籍で一気に読み終えてから次の日に書店に5巻を買いにすっ飛んでいくほどハマってしまいました。
キャラクターも攻め受け両方とても魅力的な作品です。

好みじゃないかもと思って迷っている方、是非とも手に取っ読んでみて下さい!!

2

エンバーミングってすごいです

実際の所、この本で読むまで、エンバーミングってお仕事のことはほとんど知らなかったのですが、現代の日本で吸血鬼の生存を可能にするための装置としてエンバーマーを相手に配する着眼点が、まず、すごい。
そして、エンバーミングって、実際に体験してみると、なかなか感動的でした。
日本では、ご遺体は火葬前提なので、エンバーミングといっても、火葬を待つ間ご遺体をきれいなままで置くための意味合いが大きいですが、この、きれいな姿のまま最後のお別れが出来るって、残された者の心情としてよかったです。

このシリーズは、死んでいるのに生きていて死ねないことで痛みに苦しむ中途半端な吸血鬼と、生きているのに心のどこかが死んでいて死者を生かす仕事に誇りを持っているエンバーマーがであって、「人として生きる」とは悩みながら成長していく物語。
所謂BL的なラブシーンは全く出てきませんが、この愛の物語のためには同性であることが不可欠と思えるので、やはりこれは立派なBL小説です。
かなり長いシリーズになりそうですが、木原初心者さんにもお勧めなので、是非最初から読んでいただきたいな。

2

傑作!痛い木原音瀬さんが苦手な方にも手に取ってもらいたいです

そして、ヘタレワンコと女王様が大好きな方にもオススメ。
この作品、自分がまだレビューしてなかったことに驚いてるむつこです。
なにをレビューしてなにをレビューしてないのか、把握しきれてないんだよね。一度ちゃんとチェックしなきゃだ。
数ある吸血鬼モノのなかで、一番好きです。
私、木原音瀬さんにハマって、怒涛のように過去作品を読んだ時期があったんですが、その時期でもこの作品は、タイトルや内容紹介にいまいち惹かれなくて、しばらく積み本にしてました。
いざ読んでみて、自分の見識のなさを改めて知ることになりました。なんでもっと早く読まなかったんだろう!と。

面 白 い

とにかく面白かったんです。
吸血鬼もののセオリーを踏襲しながらも、ありがちなラインへとストーリーを流れていかせない、木原音瀬さんの物語の作り方が、気持ち良くてたまらんかったです。
エッチなしでも、ここまで読ませられるし萌えさせることができるんだなーと。
キャラクター的にも私のド・ストライクなんですよね。
ヘタレワンコと女王様のコンビ。(ちなみに、まだどっちが攻めになるかは分からないです。が、読んでる最中、私の頭のなかではヘタレワ続きンコが攻めだ!と決め込んでましたwもちろん逆の可能性もありますが…はてさて)

あとこの作品、ドラマCDもオススメです。

3

期待に胸を弾ませる1巻

アメリカから冷凍牛肉と一緒に冷凍輸入されてしまった蝙蝠は
なんと吸血鬼だった。

昼は、蝙蝠
夜は、人間に変わるアル。

人間に戻ったときは、すっ裸になるので
わいせつブツ陳列罪で警察のお世話になるのだが
翌朝、蝙蝠になってしまったアルは
刑事の忽滑谷に連れられ暁のところへ連れられてくる。

自分が吸血鬼であることを受け入れてくれた
暁と忽滑谷、そしてアルのお話。

1巻は、まだ恋愛色は薄いですが
やっぱり木原作品だなと思わせる“痛い”場面もあり
なかなかに興味深いはじまりです。

暁と忽滑谷の関係も、まだはっきりしてない。
“エンバーマー”死体を修復する仕事をしている暁。
刑事の忽滑谷。
アルは、どんなポジションにおさまるのか?
この先に、どんなメイク・ラブが待ち受けているのか?
固唾を呑んで読み続けたい、期待に胸を弾ませるそんな1巻。

2

出来損ないの悲しさと可笑しさ

萌萌萌。(MAX:萌萌萌:神に近い)
受け攻め欄の苦肉(?)のor策に笑ってしまいました…。えっと、出来損ない吸血鬼・アルの、人付き合いの苦手なエンバーマ・暁とその友人の刑事・忽滑谷(ぬかりや)を交えた日本滞在記。違…笑
みなさん口を揃えてこれはBL?と言っていますが、私も言っておこう。笑
ボーイたちの胸きゅんラブはどこかしら~~。でもでも、それでも面白いと思わせる力は凄いです。

吸血鬼のアル(と暁のやり取り)のかわいさにベッドの上でのたうち回りました。
手のひらサイズのちんまり蝙蝠姿に悶絶キュン死寸前です。
本にサンドイッチされそうになりながら日本語を「ギャッギャッ」と発音練習する姿は、今すぐワシントン条約のリストに載せてもらわねば!というかわいさ。つまみたい…
でも彼、人間姿でもかわいいのです。

精肉工場でうっかり冷凍されてお肉と共に日本に出荷、解凍されて無事人間姿に戻ってみれば真っ裸なので変質者と間違われ警察に拘留という出だしから、どこのコントだよ!(笑)というお間抜けぶりを発揮。淫靡でダーティーな吸血鬼のイメージはどこへやらのお笑い体質。
つまりアルは続き、人間と吸血鬼その両方の世界から弾かれた半端者なんです。孤独者で出来損ないでお間抜けでアホで人懐っこいアル。
そしてそんなアルを笑いに変えてしまう木原筆。

そしてその笑いはふとした瞬間に裏返しになり、思い掛けない切なさとなってわたしの心に響きました。
半端な能力の悲しさや、はみ出し者の寂しさ。
そしてそれらが少しずつ少しずつ埋められていく小さな幸せ。
このへんの匙加減がとにかく絶妙でした。
居場所がなかったアルが、暁の元で自分の居場所を見つけていく様子に、読んでいて胸がほこほこしました。

他の木原作品に比べてエゴ色がほどんどない(あっても可愛い程度)キャラ作りになっているので、木原さんが苦手な方(にこそ?)でも読みやすいと思います。でも肉体的痛いシーンがあるのでそこだけ要注意。

とゆうかもうアルのコウモリ姿を愛でてほしい!!

2

可愛くて健気な吸血鬼はいかが?

面白いです!
はっきり言えば、これはBLではありません!今のところ。
この本のタイトルになっている「仲間たち」も含め
どこかで誰かと誰かがカップルになってる様子はありません。
でも、「ああ、この先この2人がいい感じになっていくのかな~」
という匂いはプンプンしてて
その辺のくすぐったいような雰囲気を味わいつつ読み進めると
すごくワクワクして楽しくなってきます。

吸血鬼のアルを居候させている暁(あきら)の職業がエンバーマーだったり
連続殺人事件がお話に絡んできてたりと
どんなおどろおどろしい話なんだ?って感じですが
物言いはきついけど実は優しい暁と
そんな暁の友人で、暁とは正反対の性格の刑事・忽滑谷(ぬかりや)
そして、暁に迷惑をかけないように必死で頑張るけどちょっと抜けてるアルの
一見チグハグだけど微笑ましい会話になんだかほのぼのします。

BL的なシーンも全くなく
しかも、現実では絶対にありえないトンデモ設定なのに
最初からすんなりお話に入っていけて
それ以降も、全く違和感を感じていない自分にびっくりですよw

全体的にほのぼのした雰囲気続き
うっかりこれが木原さんの作品だと言う事を忘れてしまいがちですが
油断していると、ありえないほど残酷な場面に出くわして
あらためて木原作品だと言う事を思い出す事になりますのでご注意ください。

他の吸血鬼モノ(って言うのかな?)の作品を読んだ事がないので
認識が間違っているかもしれませんが
多分、普通のBL的な設定からはかなりかけ離れているであろうこの作品。
個人的には文句なしに『神』評価なんですが
BLという部分においては物足りなさを感じる人もいそうなので
『萌』評価にさせて頂きました。

2

思いがけず

一般小説を買って思いがけず萌えてしまった、そんな感じのお話です。
吸血鬼とかファンタジー苦手なはずだったのにやられたなぁ・・・

吸血鬼に咬まれたのに吸血鬼にはなり損ね、食事すればうっかり冷凍されて来日という
憎めない経歴どおり人懐っこくて愛らしいアル。
どっちかというとアナタが吸血鬼じゃないですかと言いたいオーラを持ち、
不器用だけど何だかんだ優しい暁。
一見優しそうなのに結構キツイ性格をしていそうな忽滑谷。

思いがけない縁でアルと暁は一緒に暮らし始めます。
いろいろと事件が起こる度にアルは暁の優しさに気付いて好きになっていきます。
アルがキュンキュンしてる様子にすごく萌えました。
ただ、好きといっても懐いている雰囲気でBLっぽくはないです。
ここからどうやって恋愛に持っていくのか興味津々です。
個人的にはこの距離感で十分満足してます。

1

あれ?これBL?(褒め言葉)

昼は蝙蝠、夜は人間の姿になる、「なり損ない吸血鬼」のアルベルト・アーヴィングは気がついたら見知らぬ場所にいた。
そこは精肉業者の女子トイレ。しかも自分は素っ裸。
ここがどこだかわからないうちに警察に連行された彼は、自分がなぜか故郷から遠く離れた日本に来ていることを知るが……
血を吸おうとして失敗し、凍ったまま牛肉と一緒に輸出されてしまったちょっと抜けてる吸血鬼とツンデレ?エンバーマーとその友達の刑事のちょっと?変わった生活が始まる!!

木原さんの新境地(だと勝手に認定)
コメディテイストというかなんというか。
というか未だかつて牛肉と一緒に輸出(しかも冷凍)された吸血鬼なんていたでしょうか。
そんなマヌケだけど一生懸命なアルがもう可愛くて仕方ないです。
色々あってアルを居候させることになったエンバーマーの暁。
一見怖い人かと思いきや実は優しくて(ツンデレ?)そんな彼もまたかわいい。
エンバーマーっていう職業も流行最先端な感じでよいと思います。

読み終わってからふと思ったんですが……
あれ?これBLだった??みたいな。
まだ恋は片鱗さえ出てきません。BL続き駄目な人にも勧められちゃうよ普通に。
後書き曰くこれから恋に発展してくれるみたいで。
わくわくしながら見守って行きたいと思います。

2

BL萌え以外に萌える

さんざん他の方達も書いていますが、Hはなし、まだ恋愛もなし。
なのになぜ萌える?っていうことなんですが。
だから好きな人は大好きだし、ナニこれ?と思った人は絶対に駄目でしょうね。

これって木原作品の総称なのかも知れないですけど。
だったらBLの意味は?と聞かれそうですが、これが男女なら萌える必要はなく男同士の基本があるから、展開を予想して萌えるというか、エロはどこまで可能?とか想像の幅が広がるんだと思います。

つまりBLなのに、BL展開をなかなか見せないところに萌えるという……読んでいる方側がMなのか?とツッコミを入れたくなるのがこの(木原)作品(笑)
吸血鬼なのになぜかドジ。怖くない吸血鬼。
人間なのに吸血鬼を苛める暁(サドです@たぶん(笑))
吸血鬼を養う人間(に萌え)
応援したくなるカップル。

続刊です、アルを応援しよう♪

2

まだまだこれから?

一番最初表紙を見た時、バックの黒髪の人が吸血鬼だとばかり思ってたのに、実は手前の金髪の人が吸血鬼でした。思い込み、よくない!

最初に言っちゃうと、エロなしです。いいんだ?それでBLとか言っちゃっても!ってちょっとびっくり。
でもいいんです。萌えどころはいっぱいありましたから。
頭が弱く、昼間はコウモリ、夜は人間になるでき損ない吸血鬼のアルは、アメリカから食肉とともに輸出されてしまいます。
そこからもう既に間抜け。
その後、夜になって裸の男になり、強制わいせつで警察に捕まった事から、刑事の怱滑谷経由でエンバーマーの暁の元にやってきました。コウモリとして。
吸血鬼で、さらに人間とコウモリに変わる事を、最初は信じてくれなかった二人も、目の前で変身を見せられて、ようやく信じて、なし崩し的に暁と同居する事になるアル。
暁はアルを甘やかさず、日本語を仕込んだり、お金で買い物が出来るように、生活できるように躾けて行きます。

容赦ない日本語特訓の中に、コウモリ状態でも勉強させるってのがあって、それがやたらにほほえましくてかわいかった!
このように、日常の何気ない所に色々と萌え続きが入ってて、だんだん暁に惹かれるアル、アルに少しづつ気を許していく暁のじれったさもいい感じです。

そんなほのぼのの中にも、めっちゃ痛いシーンがいくつか織り交ぜられるんですけどね・・・ええ、突然にね。
それを必死で看病して、何とか救おうとする暁の優しさが沁みます。
ものすごくわかりにくいけど、本当はとても優しい暁の行動にも萌えがあります。
結局この先どうなるの?って思う所で終わりましたけど、木原作品としては珍しく、かなり読後感がいいです。

4

BLじゃ勿体ない!

良い意味で。
BLに偏見ある人にも読んで頂きたい、そんな心温まる?作品。
Hが無くて反って良かったなんて思う話は初めてです。
これからLOVEに発展するのも勿論アリですが。
半人前吸血鬼の健気さに涙します。不器用な暁の優しさに胸打たれます。
そして、穏やかなんだかドSなんだか、ミステリアスな忽滑谷に萌えます。

2

エンバーマーって死体修復してキレイにする人よ☆

いや・・・・・私実際エンバーマーって職業、これ読むまで知りませんでしたもん。何かすごく珍しい、結構特殊な仕事のってのも割と重要な萌えポインツですよね♪

この作家のって、結構アンハッピーっぽい結末の多いんですよね。
アンハッピーでなくとも、なんかハッピーでなくて、受け攻めどっちかの心に遺恨が残る・・・とかなんとか。
ラブラブとまで発展しなくとも、そう言うの苦手な私にとって、この作者のは、殆どの場合、読みたくても読めない・・・まぁそんなカンジの存在ではありました。

この人うまいことはうまいのよ、それは知ってたんですが。
実際ファンとかも多いですからね・・・多分私以外にもそういう人いると思います、うん。 そう言うご同類さんに朗報です。(笑)

私吸血鬼好きだし、これについてはタイトルからして、もう大丈夫だろうと思いました。だから買ったんですよ。
実際すっごく面白かったです。キャラも楽しいし・・・吸血鬼がね、マジどんどんかわいくなってくるんですよ。
ケナゲで、かわいいワンコ系吸血鬼です♪ ワンコな吸血鬼ってすごくステキじゃないですか☆ 絵もタンビっぼくて内容にすごく良続きく合ってるってカンジしました。

コメディっぽいだけじゃなくて、色々、時にはシニカルでシュールでせつなくて・・・すごくイイです♪

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ