吸血鬼と愉快な仲間たち

kyuuketsuki to yukai na nakamatachi

吸血鬼と愉快な仲間たち
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神53
  • 萌×212
  • 萌12
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
20
得点
349
評価数
77
平均
4.5 / 5
神率
68.8%
著者
木原音瀬 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
下村富美 
媒体
小説
出版社
蒼竜社
レーベル
Holly Novels
シリーズ
吸血鬼と愉快な仲間たち
発売日
価格
¥857(税抜)  
ISBN
9784883863105

あらすじ

ある夜、警察は真夜中に全裸で徘徊していた外国人の若い男を強制わいせつ罪で捕えた。入国した気配もない男は「強盗にあい、身ぐるみはがれた」というが、日本国内でそんな事件の前例はない。不審に思った警察は、男を一晩拘置所に入れることに。しかし、翌朝、男の姿はきれいに消えていた......。 待望の100%書き下ろし最新長編ノベルス。

表題作吸血鬼と愉快な仲間たち

半端な吸血鬼アルベルト・アーヴィング(受攻未確定)
エンバーマー 高塚暁 (受攻未確定)

レビュー投稿数20

アルがとにかく可愛い!


読む前から漠然と面白いんだろうな~な予感はしていましたが、正にその通りで一気に読んでしまいました。

吸血鬼…と聞いてミステリアスでちょっぴりダークな雰囲気をイメージしていましたが、初っ端からの冷凍状態。
人間の姿になったと思えば女子トイレでの全裸騒ぎ(大事なところはモップで隠す)とお茶目度高くて一気にのめり込みました。

警察にお世話になりすぎなのも笑いました。


日本語は分からず勉強中なのでお子ちゃまのようなたどたどしさも可愛い。
日中はコウモリの姿になりギャッと鳴くことしかできなくなるのも新鮮で非日常な物語にうっとりしました。
早く続きが読みたいな―。

ただアルが傷付けられる描写はなかなかに痛くてヒエーってなりました。
さすが先生です…!!

0

暁の過去編に引き込まれました。既刊5冊通してのレビュー

前から気になっていたこのシリーズ。まとめ買いして一気読みしました。

blとはいえ、1巻はアルと暁の間に恋愛的なものはないに等しく、題名の通り、人懐っこくて純粋なところが可愛いアルと彼を取り巻く愉快な仲間たちのお話という感じです。(ホラー要素はないですが、木原先生のお話なので愉快とはいっても全巻に多少の痛いシーンはあります。)2巻の終盤から3巻にかけて、アルは段々と暁に対して明確な恋愛感情を抱くようになり、暁にとっても、話が進むにつれてアルという存在がただの居候ではない大きな存在になっていきます。4巻で初めて恋愛面で大きな進展がありますが、心身ともに完全に結ばれたわけではなく、終盤かなり切ないシーンもあります。5巻では、アルと暁の絡みは恋愛面だけでなく会話すらまったくないですが、アルは身体的にも精神的にも大きく成長し、自分の暁に対する愛のあり方の考えも変わっていきます。その5巻に番外編として収録されているのが、暁の過去編です。

正直この過去編を読むまで、恋愛面での展開はかなり遅めなこともあってblに萌えるというよりも、可愛いアルに癒されたり、でもたまにその後先考えない行動にイライラしたりハラハラしたりしながら、アルの成長日記を母親のような目線で読んでいる感じでした。この過去編は、話自体も木原先生らしい現実的な辛さがひしひしと感じられて読み応えがありましたし、どうしてこういう人格になったのかをいまいちつかみきれていなかった暁という人物のバックボーンとそのときどきの心情が詳しく書かれていて、今の彼の考え方が前よりずっとわかりやすくなりました。同時に、成長したアルがどんなふうに暁の心をとかしていくのかをすごく見てみたくなり、今作に対しては今までそれほど求めていなかった恋愛面での萌え展開に大いに期待が高まりました。

5巻のあとがきで木原先生も、次で2人に決着をつけてあげたいというようなことを書かれていたので、大きな進展を期待しつつ、6巻の発売を気長に待とうと思います。

今からシリーズを読み始める方は、5巻後半の暁の過去編から読むのもおすすめです。暁が蝙蝠好きになったきっかけもわかります。

それにしても、過去編に出てきた諫早と海斗の間に何があったのかが非常に気になります。

2

これからの展開が楽しみ

昼間は蝙蝠、夜は人間の半端な吸血鬼・アル。蝙蝠の姿のまま冷凍食肉と一緒に日本に送られてしまいますが、良き出会いに恵まれ、それまでの寂しく惨めだった人生が変わっていきます。

前半は、アルが吸血鬼になった経緯、暁や忽滑谷と知り合う過程が描かれ、ゆっくりしたペースで話が進みます。アルが可哀そう…と思いながらも、全一巻の作品に慣れていた身には少し退屈で(すみません)。でも、アルが殺人鬼に刺されて大けがをするところからは、どんどん物語に引き込まれてしまいました。

特に、暁の厳しさの中に隠れた優しさがいいなと思いました。
口は悪いし厳しいですが、アルが大けがを負ったときは自分の血を飲ませてくれて。日本語をスパルタで勉強させたのも、アルが自立して暮らせるようになったほうがいいという思いやりからだし、勉強に付き合うのも手間暇がかかることです。暁は本当は情が深いのに、表に出さないのはなぜだろう…。暁の過去がとても気になります。

暁が、アルから「はなすたいせつ。(話さないと)きもちみえない」と注意されて、同僚の津野ときちんと話して赤面してしまう描写に、すごく萌えてしまいました。アルは半端な吸血鬼ゆえに社会からはじかれて、何年も人と話さない生活をしていたので、余計に人と話す大切さが身に染みているのでしょうね。アルと一緒にいると、暁の頑固さが少しずつほぐれていくようで、二人のやり取りが微笑ましいです。
アルはもうかなり暁を好きになっていますが、暁もいつかアルを好きになるのでしょうね。すごく時間はかかりそうですが(笑)。

忽滑谷や暁の同僚たちとも仲良くなって、アルの生活がどんどんにぎやかになっていく描写に、温かい気持ちになります。
これからの展開がとても楽しみです。

2

ドジっ子アメリカンのヴァンパイア登場!

答姐でおすすめをいただき、手に取りました。
まず、表紙と口絵がとっても素敵!失礼ながら下村富美先生の事、存じ上げなかったのです。でも、タッチといい色使いといい、「良いなあ!素敵だなあ!」と一目惚れしました。
読み始めたら、思っていたよりコメディタッチなのですね。
アメリカ人吸血鬼アルが「冷凍蝙蝠」として牛肉の貨物にくっついて日本に輸入?されて、夜素っ裸で警察に捕まって。日本語も全く解らないまま朝になったらコウモリになって留置所から逃げ出して。そこに現れる刑事の忽滑谷。「蝙蝠好きの知人がいるから」と言って連れて行かれた先が、その知人高塚暁。
その暁がアメリカの葬儀大学で勉強をしたエンバーマーだったという、その流れるような展開。
暁と忽滑谷がアルの蝙蝠から人間に変化する瞬間を見て、アルの言う事を信じて暁の部屋に居候を許可してから、ググッと面白さが増して一気に読んでしまいました。
この巻ではラブ展開は無しで、暁とアルのBL物語であろう事は予想できますが、正直攻め受けも曖昧。暁はキッツい性格で心根はともかく口は悪いし。アルは日本語がまだまだだし、ヘタレ系ですし。(でも何にでも一生懸命)
また、アルは怪我をしても死なない、という設定のため、非常に痛〜いシーンが出てきます。もしや各巻にこんなシーンがあったら……と思うとちょっと怖い。

4

異色吸血鬼もの

~と愉快な仲間達、ってフレーズは割と良く聞く系なんですが、この作品ほどそのままピッタリなのもそうそうないな、と思いました。
表紙イラストから色々と期待しちゃいますが、桃色展開はありません。

アホで可愛い冷凍蝙蝠で日本にやってきた、米国産のアルと、人間嫌いな無口で無愛想、おまけに口は悪いけど情深いエンバーマーの暁を中心に、暁の数少ない友人で刑事の忽滑谷、葬祭センターの同僚や部下たちの、どたばたコメディ……いや、サスペンス?
いやいや、ちょっとホラーでスプラッタまじりもの……?
でもないな。そう思わせたシリアスストーリー……………。
兎に角、ふざけたタイトルに尻込みせずに読んで欲しいです。

BL未満な匂いの展開がひたすら続きますが、気になりません。
蝙蝠姿のアルが可愛くって可愛くって、にやにやします。
昼間は『ギャッ、ギャッ』としか鳴けないのに、心理描写が巧みです。
いやぁ…これは本当に良い話。
可笑しくてぷっと吹き出してたのに、次の瞬間にはせつなくなって、胸がきゅうきゅうして、気がつけばアルの心情を思ってホロリと涙してしまったり。
緩急が絶妙で、一気読み間違いなしです。

2

吸血鬼だってありなのよ!

はい、これ来たね。
世界観と説得力が凄い!

そんなバナナな世界を見事に描かれて
しかも出てくるキャラクターがみんな可愛いんだよちくしょー!
早よ続き読ませろやと
本当に待ってる作品です。

長い作品なので
物凄い浸れると思いますし、まだ続いてますので
波にも乗れると思います。

今ならまだ。

2

蝙蝠の可愛らしさがなんとも言えない

高評価だったので電子コミックで購入してみてみました。
この巻ではBLぽさは全然なく、タイトル通りの吸血鬼と愉快な仲間たちと言った感じでした。
蝙蝠の可愛らしさに癒されるとも言えます。
それにしてもアルは散々な目にあいますね。


1

コウモリに萌えます

私が初めてBLを読んだのがこの作品です。
生涯忘れられない感動の1冊となりました。
強引に「これなら初心者にお勧め!絶対読めるから」と
ドヤ顔の妻にこの作品を進められ 小説を手に取り 恐る恐る読んで見ると

どっぷり浸かりました。

私のBL人生 記念すべき最初の一歩。
まさか!コウモリに心を奪われてしまうとは・・・。思ってもみませんでした。
木原先生は登場人物の喜怒哀楽の感情表現がとても素晴らしいです。
BL初心者の中年親父をも引き付けてしまうとは完敗いたしました。
主人公のコウモリが我が子のように愛おしくなります。
コウモリの無邪気な姿にすごく癒されました。
この作品は本当に面白かったです。
「BL萌えについて」時間が有る限り私に語る妻の気持ちがイタイほど分かりました。






13

むぼち

jimmyさん、はじめまして。

私はむぼちと申します。
私が投稿を始めたのはここ数ヶ月のことで、jimmyさんとのやりとりは今回が初めてですが、jimmyさんの投稿はいつも楽しく拝読していました。

jimmyさんのお人柄や、暖いご家庭の様子がうかがわれるレビューやコメントのファンでしたから、一度退会されたあと、おっさんとして戻ってこられたときはとても嬉しく思いました。


「吸血鬼と愉快な仲間たち」は、jimmyさんのレビューがきっかけで読みはじめました。
だから、この本を見るたび、jimmyさんのコウモリ萌えを思い出します。

今夜は、もういちどこの本を読んでみたくなりました。

面白くて一気読み!!

改めて作品データベースを読み返せば、何故始めに手に取って読み始めたかわからないくらいいつもの自分の好みとは合わない作品でした。ファンタジー系、擬人化とか興味なかったし、エロなしだし、絵もそこまで好みじゃないし、、、でもその全てを吹き飛ばして夢中になれる作品でした。ほんとに面白い!!何度も読み返してしまいます!

1巻では、木原先生特有の元気な時にしか読めない「痛さ」というのはありません。なので、読了後も爽快感の溢れる作品でした。私の場合1巻〜4巻まで電子書籍で一気に読み終えてから次の日に書店に5巻を買いにすっ飛んでいくほどハマってしまいました。
キャラクターも攻め受け両方とても魅力的な作品です。

好みじゃないかもと思って迷っている方、是非とも手に取っ読んでみて下さい!!

3

エンバーミングってすごいです

実際の所、この本で読むまで、エンバーミングってお仕事のことはほとんど知らなかったのですが、現代の日本で吸血鬼の生存を可能にするための装置としてエンバーマーを相手に配する着眼点が、まず、すごい。
そして、エンバーミングって、実際に体験してみると、なかなか感動的でした。
日本では、ご遺体は火葬前提なので、エンバーミングといっても、火葬を待つ間ご遺体をきれいなままで置くための意味合いが大きいですが、この、きれいな姿のまま最後のお別れが出来るって、残された者の心情としてよかったです。

このシリーズは、死んでいるのに生きていて死ねないことで痛みに苦しむ中途半端な吸血鬼と、生きているのに心のどこかが死んでいて死者を生かす仕事に誇りを持っているエンバーマーがであって、「人として生きる」とは悩みながら成長していく物語。
所謂BL的なラブシーンは全く出てきませんが、この愛の物語のためには同性であることが不可欠と思えるので、やはりこれは立派なBL小説です。
かなり長いシリーズになりそうですが、木原初心者さんにもお勧めなので、是非最初から読んでいただきたいな。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う