吸血鬼と愉快な仲間たち(2)

kyuketsuki to yukai nanakamatachi

吸血鬼と愉快な仲間たち(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×24
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
76
評価数
16
平均
4.8 / 5
神率
75%
原作
 
作画
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
白泉社
レーベル
花とゆめCOMICS
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784592218623

あらすじ

木原音瀬の大人気小説コミック化、第2巻!!昼は人間・夜は蝙蝠という不完全な吸血鬼・アルと、無愛想なエンバーマー・暁との奇妙な共同生活が始まった。少しずつ近づく二人の距離…そこに連続殺人事件が──!?
2017年5月刊。

表題作吸血鬼と愉快な仲間たち(2)

その他の収録作品

  • 高塚暁 20years old
  • しらぬがほとけ
  • kawaii

評価・レビューする

レビュー投稿数3

可愛い吸血鬼のコミカライズ、2巻

原作の試し読みみたいな気持ちで1巻を手に取り、あまりに先が気になるところで終わっていたのでつい2巻も購入。
吸血鬼(受け攻め未定)と、吸血鬼を保護した怒りんぼのエンバーマー(遺体修復士)のお話です。

前巻のラストで迎えた危機を乗り越え、やれやれと思った途端にまたもイタタタ…な展開(肉体的に)になってしまいました。個人的にスプラッタと痛いのに弱いので、もし玉があったらヒュンとする気分でした。
相変わらず吸血鬼のアルは可愛く、蝙蝠姿はさらに可愛くて、他の脇キャラたちに可愛がられているのはとっても微笑ましい。何でよりにもよってアルは、唯一アルを可愛がってくれないキャラの元にいるのかな、と疑問に思ってしまいます。忽滑谷さんでいいじゃないか。(忽滑谷さん好きです)
1巻に比べたらほんのちょっとデレたかな、とは思うのですが、アル贔屓なので今のところはエンバーマーに悪い印象しかなく、今後はもうちょっとデレてほしいな、という気持ちでいっぱいです。

関係ないですが、「ぬかりや」って漢字が打てる自信がなかったから平仮名で打とうと思っていたのに、あっさり「忽滑谷」って変換できてびっくりしました。本当に関係ない話ですみません。

1

忽滑谷がカッコイイ

原作小説を既読しています。
駆け足で内容を詰め込んだという感じはせず、スーツ姿の暁とか、カッコつけてる柳川刑事とか、花冠をかぶった蝙蝠アルとか、挿し絵や原作にはない部分も楽かったです。

殺人犯に虐待されたアルの姿も、自分が怯えていたほど悲惨なものでなくてホッとしました。目玉は出ていますけれど。

個人的には、暁の友人である忽滑谷が、想像していたよりもずっとカッコイイ!と思いました。原作小説では「無精ひげ」「スタンドプレーが多い」等とさらりと書かれている部分が、コミカライズされたらこんなに素敵なんだとうっとりでした。柳川を圧する場面は特に好きです。

コミック2巻で小説1巻目が終了します。このコミックのエンドも原作に沿った内容ですが、謎だらけで後を引くものでないので、原作が未完であることに二の足を踏まれている方にもお勧めだと思います。

1

素晴らしいコミカライズ第二弾、原作の続きも期待!

コミカライズ、第二弾。
原作は、木原音瀬さんの傑作小説(未完ですが)。
自由に変態できずに昼は蝙蝠になってしまう出来損ない吸血鬼のアルと、
無愛想なエンバーマー暁との共同生活が続く中、
ある雨の夜、些細なケンカの後公園でアルは通り魔に刺されてしまう……

一巻を読んだ後、え?ここでお預けは無理っ!と
速攻で原作全5巻を一気読みしたので、この事件の顛末は分かっていた。
分かっていても、不器用な暁の優しさやアルの孤独や健気さに胸がキュッとし、
コミカルなシーンではゲラゲラ大笑いしてしまった。


今回エンバーミングシーンや、
身体がかなり酷い状態になる痛いシーンがあるのだけれど、
作画も適度なバランス感で読みやすいと思う。
もっと繊細な味わいの下村富美さんの挿絵も素晴らしいが、
マンガとして読む場合、これくらい明るくメリハリが付いている方が
楽しんで読めるのでは、と思う。
原作を先に読んだ方は、また違う感想かと思いますが。

オマケには、1巻に引き続きアルの毛筆タイトルの小さなマンガが二編と
「高塚暁 20years old」というSS(小説)がついています。
マンガは、忽滑谷の相棒柳川視点の「しらぬがほとけ」、
「kawaii」は、暁に蝙蝠姿のアルの写真を送って貰った忽滑谷の話。

原作読了の方はご存じのように、暁の過去話は切ないのだが
このSSは、ちょっと楽しくてクスッとするアメリカでの話です。


二度も死にかけた(と言っても死なないけれど)アル、
暁を愛おしく思う気持ちがこみ上げては来るものの、
二人のLOVEへの道はまだまだ遠い(原作上でさえ……)。
とりあえずこの二巻で一区切りが付くので、
一巻の時のように先が気になってじたばたしちゃうことはないが、
まだまだ読みたい!
ということで、原作の完結を熱望すると共に、この素晴らしいコミカライズが
中断せずに進んでいくことを応援したい。


ところで。
一巻は赤い薔薇だったが、今度は青い薔薇の表紙。
赤がアルで、青が暁なのね。
そして、口絵の冬の情景の暁が格好良すぎる!
必見です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ