RULES(3)

RULES(3)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
61
評価数
15
平均
4.1 / 5
神率
53.3%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199603419

あらすじ

天鳥(あとり)への片想いに終止符をうち、ヒカルと真摯に向き合う決心をしたユキ。一方、天鳥はトオルへの想いが本物だと自覚したものの、過去の恋人に囚われるトオルに振り回されて…!?
いま、四人の青年たちの恋愛が、ひとつの結末を迎える──。一挙156P描き下ろし、宮本佳野が描く青春群像ロマン、五年の時を経てついに完結!! 

表題作RULES(3)

高校生・アトリ
大学生・トオル

その他の収録作品

  • SIGNS
  • Post Script

評価・レビューする

レビュー投稿数3

人の心の揺れ動きが繊細に丁寧に描かれていました

四人の登場人物、二組のカップルが登場しましたが、BL作品で良くある○○キャラ・例えばワンコ系、ツンデレ系のような簡単に分類できる登場人物が一人もいませんでした。
分かり易い○○キャラがいないので、必然的に各キャラクターの性格を読み掴むところから始める必要がありました。

現実世界でも早々わかりやすい人間はいないので、私たちは他人に対してあれこれ色々な事を推測しながら接して生きていると思いますが、この漫画の登場人物達も、現実世界にいる人間と同じようなアプローチが必要で、そこが作品の読み応え、面白さに通じておりリアリティを与えていました。
(誤解がないように申し上げますが、読んでも性格が掴めないというキャラはいません・トオルは解りづらいけど。)

そして一巻のレビューでも書きましたが、自分でも気持ちの整理がつかないモヤモヤとした葛藤、そういう言語化したいけどできない、形にならないものが丁寧に繊細に描かれていました。

また登場人物の心が揺れ動き、うまくいっていると思ったカップルですら微妙に、時には激しく揺れ動いて他の人の存在が侵食してきそうになる、ここの描きかたが人間臭くて続き秀逸だと思いました。
一歩踏み外したらこの人物は違う方向へ進んでしまいそう、そういうものを常に感じながらの全3巻でした。
そういうところが絵空事では終わらないこの作品の生命線だったと思います。

ようやく最後になって落ち着くところへ落ち着いて、ああ良かった〜とようやくホッとできました。
トオル、ようやく立ち直って良かったなぁ。


私がトピ立てした「ちるちるのランキング圏外だけど、心の琴線に触れた作品を教えてください」
http://www.chil-chil.net/answerList/question_id/4967/#IndexNews

で教えていただいたのがこちらの一冊。
さすが、何百冊という作品を読まれた方からの選りすぐりの一品だけあるな、と唸らせられました。
教えていただき本当にありがとうございました。


ーーーー
追記:その後、「ラバーズ、ソウルズ 完全版」を読みましたが、こちらを読んだ方が一層トオルへの理解がしやすく、またヒカリも時々登場するので「ラバーズ、ソウルズ 完全版」も読んだ方が良い事がわかりました。

2

ほっとする結末。

ゲイの高校生ユキと、その友達天鳥のお話。完結編。
ストーリーモノで読み応えがあり。
話としては特にこれという盛り上がりもないのだけど、
なにか心に残る物がありました。
淡々としているからこそのリアルって言うか。

3巻は主に、天鳥と2丁目で知り合ったトオルのお話。
恋愛感や価値観が人とズレてるトオルにどう接していいのか悩む天鳥。
天鳥が離れていったことをどう考えればいいのかわからないトオル。

ユキのことを受け止めた時と言い、トオルの過去をチラ見した時と言い
天鳥、いい子!!
すれ違う2人も無事落ち着くところに落ち着いて、よかったよかった。
トオルの過去「ラバーズ、ソウルス」から思うと本当に良かったなと思います。

1

ルールズ、最終巻

ハイドラ→ラバーズ・ソウルズ→ルールズと続いた長いシリーズも、一応これが最終巻
長いこと、絡み合ってきた糸も、それぞれの道へと広がっていく。
特に、「ラバーズ・ソウルズ」であんなことになっていたトオルが、アトリと前向きに生きていくラストににホッとする。
そして、ヒカルさんサイドからの、ユキとの出会い話でこの3冊分のお話の輪が閉じる。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ