• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作蜜果 3

貴宏,元タチ専ボーイで現風俗店長,34歳
レオ(希雄),ホスト,24歳

あらすじ

タチ専門ナンバーワンボーイの流星☆は
罰ゲームで店に連れてこられたノンケホストのレオを
半ば八つ当たりのように開発し、女を抱けない体につくり変えてしまう。

二度と会うことはないと思っていたが、
他の男では満足できず「もう一度抱いて欲しい」と
再び現れたレオの専用コールボーイとなることに。

ノンケなんて、所詮飽きるまでのお遊び。

体の相性が良いだけの手頃なセフレにも関わらず、
セックス以上の深い関係に踏み込もうとするレオが
面倒くさい反面、どんどん可愛く見えてきてしまって――…。

『蜜果』待望の第3巻
10歳差夜職カップル 馴れ初め編!

作品情報

作品名
蜜果 3
著者
akabeko 
媒体
漫画(コミック)
出版社
シュークリーム
レーベル
from RED
シリーズ
蜜果
発売日
電子発売日
ISBN
9784910526287
4.6

(328)

(242)

萌々

(69)

(13)

中立

(0)

趣味じゃない

(4)

レビュー数
33
得点
1525
評価数
328
平均
4.6 / 5
神率
73.8%

レビュー投稿数33

店長の心の揺れ動きが最高(レオくんは天使)

akabeko先生だから成立するこの心理戦、素晴らしい…
めんどくさく繊細な店長の心の揺れを軸にレオくんへの恋を自覚するまでをじっくり描いていて最高。もちろんプロのセックステクニックを余すことなく見せつけてくる貴宏さんにうっとり。駅弁をここまで違和感なく大迫力で見せてくれて感無量でした。

3巻は店長がどういう人なのかが深く知れて新たなストーリーを読んでいるような気分になれました。1、2巻がまた新たな意味を持ってくる感じがします。完全無欠のようだった店長の新たな面を知れて本当に描いてくれてありがとうという気持ちです。

レオくん…もう人間業と思えない天然天使ぶり。こんなホストがいたら大変な気がします。計算なしで店長に近づきたいぶりを見せてきて店長じゃなくてももうやめてくれ…って気になりました。赤面グズグズがこんなに似合う子がおりましょうか?可愛い。愛しい。愛したい。(店長目線になる)

ノンケにトラウマを持つ店長を変えたレオくん、レオくんに完敗の店長。溺れているのはレオくんだと思っていたけど心までズブズブに溺れているのは店長だったのかと思い知らされました。

最高。

18

やっぱり店レオ最高

蜜果の3巻が出るだと⁉︎とびっくりしましたが、続編というか、馴れ初め編?店長の気持ちを詳しく描いた裏側のお話でした。

蜜果1、2をおさらいするような感覚に加えて、店長ったらあの時そんなこと考えてたんだ…という新しい発見や感動があって、良かった。
店長ってノンケ嫌いだよね〜くらいにしか思ってなかったので、店長の元カレとの別れとかそれが結構なトラウマになってたこと、店長が恋愛に興味がないんじゃなくて実は臆病になってたんだなぁって、店長のこと理解できたような気持ちです。

レオは結構早い段階で店長との恋愛に前向きになってたんだなぁ、ってことも改めて気づきました。
健気なアプローチが可愛かった。

気がつけば一日中レオの事考えちゃってた店長が可愛い。
レオからの連絡に秒で出ちゃう店長可愛い。
レオに飽きられる不安を面倒くせぇで紛らわせてるの可愛い。
可愛い店長だらけでどうしましょう、って感じです。
レオは言うまでもなく可愛いので、可愛い2人で満たされました。

9

店長目線

大好きなシリーズ、気になっていた空白部分が読めるとあって楽しみにしていました。

ずっとずっと探し続けていた「あの夜の男」とやっと再会できた、もう一度抱いてもらえた、そんなレオのまっすぐな愛情がただただ愛おしい。

店長目線だけあってクールでシラけたモノローグに何度も笑わせられた序盤。
それが自覚せぬままレオにハマっていく様子にニヤニヤが止まりませんでした。

過去のトラウマをすっかり忘れていたくだり、店長の脳内を占領する存在になっていたレオの笑顔がこの上なく尊い。

なんとかして店長と一歩踏み込んだ繋がりが欲しいレオの努力や言動がいじらしくて、最後に店長があの台詞を発してくれた時、本当によかったね〜と思いました。

はあずっとずっと見ていたい二人です。

9

貴宏さんのカッコよさにKO。

「蜜果」の3巻目。
あらすじに、

10歳差夜職カップル 馴れ初め編!

と書かれていますが、その通り、二人のなれそめを描いた巻でした。
馴れ初め、というか、貴宏さんの心情を丁寧に綴った、と言った方が正解か。今までで描かれていた流星☆さん、もとい貴宏さんは鎧を纏ったような、というか。素の自分を隠そうとする人物でした。

「自分」を見せないその理由、その鎧を脱ぐに至った彼の心情、そういったものがきちんと描かれていて、ちょっぴり切ない気持ちにも。このストーリー展開がakabekoさんならではか。突き抜けた感のあるエロと、彼らの想いが交差していることでエロいのにエロ過ぎないというミラクルを魅せる。

2巻の表紙の貴宏さんもエロかったですが、今巻もエロい…。
男の色香ダダ洩れです。
素晴らしいです。
もっとおかわりください。

過去の哀しい恋を経験し、そこからやさぐれた日々を送ってきた流星☆が店長さんを経て「貴宏さん」になった、その成長物語でもある。

今巻も最高。
まだまだこの二人の話を読んでみたいです。

8

祝3巻発売!!!

蜜果①②の衝撃が凄すぎて沼堕ちした者です。
とにかく話も素晴らしいし、登場人物がこれまた魅力的。
続編はてっきりレオの就職後の話かと思っていたのに、まさかのプレーバックセフレ編。落果から蜜果への同棲エピソードをもっと知りたいという声があるのは知っていましたが、まさかの展開。私の想像など毎回遥かに超えて行かれる、さすがakabeko先生。

これまで単話追いなどしたことなかったのに、蜜果の単話を読むことが人生の生きる糧となりました。
発売日が近づくと「あと○日、絶対に生きる」と健康と無事故と平和を祈り節制に努め、配信されると「生きてて良かった」と喜びで泣きながら読む。毎回感情が凄くてそんな自分に自分でビックリです。

13話から18話まで各話100回は読んだ。
14話と16話は200回読んだ。
蜜果、恐ろしいほどの中毒性です。悪魔の実です。
店レオが最高すぎてとにかくやみつきになります。やめられません。
③が発売されて何が嬉しいって、皆さんにこの素晴らしさをやっとでお届けできるからです!!!(※ただの読者です)
単行本派の皆様〜〜ぜひぜひ読んでくださいね!!!
続編も今から楽しみです。

8

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP