耳の穴だけで腰砕けちゃうの?

落果

rakka

落果
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神34
  • 萌×223
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

35

レビュー数
8
得点
284
評価数
66
平均
4.3 / 5
神率
51.5%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
onBLUE comics
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784396784416

あらすじ

新人ホストのレオは、
罰ゲームで男性向け風俗店に連れて来られた。
現れた男は何だか逆らえない雰囲気。

腹部を水で満たされ放出させられる羞恥に
男をゲスと罵るレオ。
しかし、未通の穴を抉られる
快楽には抗えない…!
レオは一夜にして、ハメられて悦ぶ
はしたない身体にしこまれてしまった。

数年後、人気ホストに出世するも
犯された夜を忘れられないレオと因縁の男が再会してーー!?

表題作落果

大倉, ボーイのボディガード役従業員
りんご, No.1コールボーイ

同時収録作品落果 スピンオフ

名前不明, 元タチ専ボーイ 現風俗店長
レオ, ノンケのホスト

同時収録作品君のいる家

万才, バツイチアラフォーの在宅プログラマー
南千秋, 元鳶職人の家政夫

その他の収録作品

  • Bonus Track(「落果」後日談)

評価・レビューする

レビュー投稿数8

アクは強いけど読みやすい!

一作品目を読んだ瞬間、
あれ?表紙の彼いなくない?
と思いましたが、表紙の彼はスピンオフに登場します。
とにかくかわいいーーー!

個人的にヒットは、この相手役のタチ専のボーイ。
飄々として動じないように見えて、内心怒ってホストを快楽堕ちさせてしまうテクの持ち主…さすがBL!!

とまあ二作品目がめちゃくちゃヒットなのですが、他の作品の話も少々。

1作品目は堕ちたNo. 1ボーイと彼を崇拝する攻めの話。キラキラとか幸せとかからは少し外れた、人のどーーしよーもないところやかっこわるいところにズバッと切り込んでいます。

3作品目は、汚部屋ずみのプログラマー×家事代行サービスの青年。この青年がなんとも健気で一途でかわいい。プログラマーのおじさんも不器用でなーー。前の二作品と比べるとピュアでかわいい2人です。


この方の作品はアクが強めなのが魅力だと思いますが、読みやすさとアクが両立した良作だと思います!
初めてこの先生を読む方にも入りやすいのではないでしょうか。

0

いつの間にか落ちている

とにかく表紙の子であるレオが可愛かった。あらすじにある、レオが出るお話は、落果というお話のスピンオフでした。あらすじから予測していたほど、酷いお話ではありません。どのお話も、うっかりと落ちてしまって離れられなくなってしまった2人の話。

落果は売れっ子ウリ専ボーイのりんごが顔を傷つけられたところから始まるお話。ほの暗いけれど、愛のあるお話で良かったです。
落果スピンオフは、あらすじの通り。ホストが罰ゲームとしてタチ専のボーイにイジメられ、その快楽に屈してしまう。レオがぐずぐずになって、気持ち良さそうで可愛かったです。タチの方も、可愛いと思っているのがわかって、この先も読みたくなりました。
君がいる家は、それまでの話と違って、ほのぼのあたたかいお話です。家事代行サービスの男の子に、うっかりハマってしまったおじさんが良い。


受けの子達の気持ち良さそうな表情や仕草が本当に可愛いです。スピンオフの続編は出ないだろうか…。

0

優しい「共依存」

akabeko先生の「依存の楔」がホラー過ぎて怖かったので、躊躇したのですが、とても良かったです。まぁ違う描かれ方の(優しくて、甘い)「共依存」かなと言えなくも無いですが。
でも恋愛ってちょっと狂ってて、そういうものでしょ、ゆるしてあげて。と作者が言っているような優しい目線を感じます。

3つのオムニバス形式で、それぞれの物語の相互関係はありません。(2本目の落果スピンオフが舞台となっている店が同じ、というだけ。あらすじに書かれているホストのお話はこちらです。)

他の方のレビューにも有りますが、受の子たちの乱れっぷりが皆んな可愛いです♡気持ち良さそうなの!(そう言っちゃてるし。)

2

濃い表題作と、穏やかな同時収録作の対比が良い

 『落果』『落果 スピンオフ』と表題作が2CPありますが、スピンオフの方がとても引き込まれました。あらすじに書いてあるのもスピンオフのカップルのことですね。『落果』は綺麗な顔立ちだった人気のコールボーイが、客の恨みを買い顔を刃物で傷付けられてしまいすっかり人気が落ち込んでしまったところをボディガードだった攻めに押されて、すべてを受け入れてくれる彼に絆されてしまう話でした。受けの名前が源氏名ではあると思いますが「りんご」なので、まさに落果というわけですね。整った顔が傷付けられてでも自分の手の届くところに堕ちてきて欲しいと願った攻めは終始優しかったですし、正直ヤンデレというほどでもない気がしました。ちょっとくっつき方があっさりしていたようにも感じました。

 『落果 スピンオフ』はりんごが働いていた店の店長の昔の話です。タチ専の店でボーイをやっていた頃に、先輩ホストに無理矢理連れてこられた新人ホストのレオの相手をすることになるのですが、彼には関係ないことで苛立っていたこともあり彼がノンケであると知りつつも結構がっつり掘ってしまいます。その快楽が忘れられないレオは再び抱いて欲しいとせがむという、そう珍しい話でもない作品です。が、とにかく情事の描写が濃く、レオの乱れ方がかなりいやらしいのでとても印象に残る作品でした。もっと2人の関係性を追いたくなりますね。

 『君のいる家』は上記2作品とはまったく関わりのない作品です。離婚してから寂しさを抱えたバツイチの万才と、そんな彼の散らかりまくった家に家事代行サービスとしてやってきた若い南。ずけずけものを言う若者の南に世代間のギャップを感じつつも、万才は家に誰かがいるということの暖かさを心地良く思うようになります。南の方も掃除や料理をしてあげるうちに徐々に惹かれていたことに気付きます。車の中でのキスシーンには凄くきゅんとしました。情事のエロさでいうと『落果』シリーズには劣りますが、何でも思ったまま口にするような南が行為の最中はとても可愛らしくて最高でした。全体的な雰囲気も穏やかで好きですね。

3

とにかく気持ち良さそう!

3カップル出てきますが、読後の最初の感想は…とにかく気持ち良さそう!!
各々に抱えているもの、過去…あるのですが、今、こんなに気持ちいいなら幸せだろうな、と思える内容で、私的には最高でした。真っ白で綺麗な人生だけじゃないし、それぞれの今の自分を愛してくれる相手に巡りあえて良かったな、と老婆心ながら思いつつ、ふわっといい所で終わっていて、続きがあったら読みたくなりました。

皆様も書かれておられますが、あらすじに書かれているお話は二話目でした。知らずに読み始めて、ほんの少しだけ混乱しました。

3

ナンバー1ボーイによるどエロいフルコース

ダヨオさん特集目当てのonBLUE掲載で読んだ「落果スピンオフ前編」。うわぁその後どーなっちゃうの!?と続き読みたさに、このお話目当てで次号も入手したほど。
これ、スピンオフだったのか。

三つの作品が収録されてます。

ゲイ向け風俗店を舞台にした【落果】と【落果スピンオフ】
正直、スピンオフのほうが強烈です。

罰ゲームがわりに連れてこられたノンケホストを、タチ専ナンバー1ボーイが怒涛のどエロフルコースで失神するまで責めちゃいます。
ほんと、怒涛の責めですよ。シャワー洗浄もプレイの一貫にするやつって初めて読んだけど、すごいな。
責められて気持ちよすぎて脳みそ吹っ飛んで、べそべそとごめんなさい…しか言えなくなっちゃう姿とか、かわいそうで、かわいいです。

タチ専ナンバー1ボーイによる職人技的フルコースをどうぞご賞味あれ。

【落果】は美貌でナンバーワンコールボーイをやってたリンゴが客から恨みを買い、その顔をキズモノにされてしまい…というやつです。
ずっと側にいたボディーガード役のぬぼーっとした攻めが大型ワンコかと思いきや、実はヤンデレ風味。
傷物になればいいと思った…そうすれば自分が手に入れられると思ってしまったと泣く攻めのために、笑ってやりたいけど、傷のせいで顔が上手く動かないという一連のところが好き。

スピンオフのほうが強烈なのでちょっと霞みがちなのだけど、描き下ろし含めて読むと、攻めを受け入れるようになる受けの気持ちの変化がじんわりきて、これも好きです。

【君のいる家】
バツイチになったばかりの在宅プログラマーと家事代行サービスの男の子のお話で、前二つがウリ専のちょいダークめな話だったので、このお話の健全さがなんかいい塩梅で読んでてホッとします。

うん、どれも面白かったです。


3

「落果 スピンオフ」が最高です!「蝶と花の関係性」がハマった方是非!

毛色の違う2冊が先月同時刊行されたakabekoさん。
こちらは萌え特化+ナイスエロ充で読みやすい1冊でした!
デビューコミック「蝶と花の関係性」が好きな方なら買って損なしだと思います!
特に「落果 スピンオフ」が最高に萌え滾りました\(^o^)/ウルオッタ
レオくんかわいいよ〜〜萌萌萌

3カプ入っています。うち2カプが繋がりあり。

「落果」(全1話+描き下ろし後日談)
ややこしいんですが、こちらは表題作ではありません。
あとから出来たスピンオフの方が反響が大きくてリード作品が入れ替わっちゃったパターンでしょうね。
でもタイトルの「落果」はあくまでこの作品に付けられたもの。
落果とは、書いて字の通り、果実が成熟前に枝から落ちてしまうこと。またはその果実のこと。
綺麗な顔を売りにNo.1コールボーイの座にいた〔りんご〕が、顔をキズモノにされたことで呆気なく全て失ってしまうお話です。
攻めが若干ヤンデレ入っているので本編はダークトーンですが、描き下ろしで補完あり。
木から落ちて傷付いた果物は売り物にはならないけどそれで味まで落ちるわけじゃない、っていう浄化系のお話。
売り物は高価で手に入らないからキズモノになるのを待つ。
酷いけど、わからなくもない人間の矛盾の感情。巧いなと思う短編でした。
受けが結構がっつり顔を傷付けられるので、傷萌えの嗜好がある人にも良いのかな?私は萌えた。

「落果 スピンオフ」(前後編)
スピンオフですが、これがあらすじの作品(表題作)です。
これねー、掲載された本誌(はらださん号)をちょうど買ってたもんで、コミックになる前にもう何度読んだことか…!ってくらいに読み倒してました。
バリタチ凄テク持ちの攻めにノンケのかわい子ちゃんがぐっずぐずに開発されちゃうお話。
腸洗浄から始まって潮吹き、言葉責め、果ては結腸責めまで、好きな人にはたまらん萌えエロオンパレード!
そしてこの手のakabeko作品は攻め視点なのがさらに最高なのです!
ぎゅんかわいい雌イキ男子を愛でて萌えて滾りたい姐さま方に全身全霊でオススメ致します!
はぁぁぁぁ〜私も攻めになりたい。あんな風にぎゅう〜〜ってしがみつかれたら暴発必至だわ。
ちなみに蝶花の蝶野さんは女王様タイプの奉仕系Sでしたが、こちらの攻めはマスタータイプのちょい俺様系(でも奉仕系♡)なSです。
こちらのカプの後日談は、とらのあなの特典リーフレットに描き下ろされています♪(ホンネは皆が読めるコミックに入れて欲しかった…!)

「君のいる家」(前後編)
在宅ワークで人に会わないすさんだやもめ暮らしをしているアラフォー主人公が、友人に勧められて家事代行サービスを利用してみるとやって来たのは若い青年。
〔南〕が週2回掃除に来るようになったことで、「それだけで家に…随分…光が入るんだ」
そこには〔万才〕のせつな悲しい結婚時代のエピソードが潜んでいます。
元妻は近所の目を気にして万才に家事を手伝われることを嫌がった。労いの気持ちも届かない。
子供は出来なかった。体裁ばかりを気にする嫁からしたら死活問題だろうね。
そんな過去が万才にはあるのだけど、万才の願望はただ純粋に「自分のために誰かが何かしてくれるのが嬉しかった。そしてその相手を労いたかった。」この一点だったんだろうなと思いました。
恋愛の葛藤とはちょっと違うんだけど、そんな万才の葛藤が心の別の部分に刺さるというか、リアルな方に共感度の高い題材で描かれている印象のお話でした。
BLとしての濃度はややあっさりめですが、ほっこりする良作。

5

エロエロで悶えます

作者様の描かれる飄々としているように見えて色気たっぷりな攻め様が大好きです!
作品中ではスピンオフとなってるのですが、あらすじにも書かれている元タチ専店長×ノンケホストが、エロエロでとっても良かったです!
優しげに追い詰めていく言葉責め最強!!
女を抱けない身体にしてやるってよく言う台詞なのに何故こんなにキュンキュン来てしまうのか。。
身体先行で、まだ恋愛未満だったのでもっと続きが読みたくて堪らないです!!
まさに堕ちてくって感じで、しばらく忘れられなそうなくらいツボでした。
1話目のボーイ×元ウリ専は、ワンコなヤンデレ攻めでイタタタ。。な展開でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ