太陽の標 星の剣 ~コルセーア外伝~

taiyou no shirube hoshi no tsurugi

太陽の標 星の剣 ~コルセーア外伝~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×25
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
40
評価数
9
平均
4.4 / 5
神率
44.4%
著者
水壬楓子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
御園えりい 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
リンクスロマンス
シリーズ
コルセーア
発売日
価格
¥870(税抜)  
ISBN
9784344833074

あらすじ

ピサール帝国の若き宰相・ヤーニが戦いに赴いているころ、司法長官・セサームの後継者が決まりつつあり…。グランドロマン再登場!

表題作太陽の標 星の剣 ~コルセーア外伝~

ヤーニ・イブラヒム、ピサール帝国宰相、30代
セサーム・ザイヤーン、ピサール帝国司法長官、30代

同時収録作品ウィンター・プレジャー

アヤース・マリス、海賊、20代半ば
カナーレ・デクレア 海賊の参謀、20代半ば

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

ピサール組万歳!!

待ってました!!のコルセーアの新刊。
今回は、ピサール組のお話。

名作BLはあまたあれど、物語として魅力的で、
攻めも受けもツボ真ん中に的中で、カップルとしても好き、
という作品は、誰にとってもそう多くないのでは?と思う。
このピサール組は私にとってそんなカップルの一組。
(そこに文章自体の好みを加えると、さらに稀少になる……)


シャルク殲滅の為に出兵してから半年、
ようやく凱旋したヤーニを迎えるセサームは例によってつれない調子で
まだ怒っているのか……と心痛めるヤーニ(笑)
ところが彼の横には見慣れぬ秘書官ナナミがおり、ヤーニに対して挑発的、
怪しい匂いに、彼の調査を命じると……。


うわぁ、やはり面白くて好きなこのシリーズ。
ワクワクしながら読んだのだが、惜しむらくは
終盤がちょっと説明調で急ぎ足だったこと。

最後の種明かしは切なく、セサーム様にもヤーニにもナナミにも
キュンとするのだけれど、もうちょっと長く書き込んで、
その切なさをもっとじっくり味あわせてもらえたら
文句なしに神で、さらに嬉しかったのになぁ!
(最後にセサーム様がナナミに告げたセリフは、悶えまくりでしたが♥
ヤーニくんに聞かせてあげたいっ!)


コルラダン陥落後、二人の関係が変わった下りを描いた「盈月」は
小説だとわりと短い話だったが(コルセーア下巻の巻末に納められている)
コミカライズ版では大分エピソードが加えられて膨らまされている。
そのコミカライズ版での人物やセリフが出てきて、なかなか楽しい。
コミックを読んでいない人は、彼らの少年時代からエピソードを垣間見られ
読んでいる人は、それを思い出してニヤッとする。
特にヤーニが出仕して最初の師であったガリド様のキャラが
非常に個性的で魅力的なのだが、その彼も登場してご活躍。

大帝国を動かす実力者のヤーニとセサーム様が、
こと互いのことになると、いい年して少年みたいなところがもうツボ!

歴史に残る大宰相のヤーニくんだが、
セサーム様のことになると相変わらずヘタレもいいところだし、
今回はセサーム様の想いの深まりも読むことができて、幸せだった。


今回登場の新キャラ達もなかなかに気になる存在なので
これはスピンオフありかもしれない。
さらなるピサールでの話は、大歓迎なので是非!


もう一編の短編は、カナーレ達。
海賊のオフシーズンの冬、シェルシェルの屋敷での一コマ。
出張(笑)から帰ってきたアヤースがカナーレの部屋に行くと
そこにはアウラやアーガイルや子犬たちが……
まぁ、おきまりの甘い展開です。

4

ヤー二くんモッテモテの巻

コルセーアの新作はなんと大人のカップル編ということで表紙の絵からテンション上がりました。二人とも百合か?ってくらい綺麗だもの。三十路なのに(笑)ツンデレ・セサーム様のデレが終盤ではかなりたくさん見られたので嬉しかったです。美人のセサーム様には受けの方が似合ってると思います。

ヤー二くんは今回どうした?ってくらいモテまくってます。本人に自覚ないけど。さすが作者様からもへタレ扱いされてるだけのことはある(笑)ピサール帝国は僧侶が役人になるから役人は全員ゲイなんですね。なんだその素敵設定。過去にヤー二の師だった人も登場し、まさかのおネエキャラでした。師匠はネコ希望だったのでヤー二君のバックは守られてたみたいですが、おネエ受けよりおネエ攻めの方が断然好きなのでそこだけがちょっと不満でした。ヤー二君、攻められちゃえばよかったのに。

新キャラのナナミちゃんもクール美人タイプでいいキャラしてました。これからが楽しみな子です。アヤース・カナーレ組も最後にチラッと出てきますが、いつも通りのバカップルぶりでなごみました。

2

snowblack

甘食さま、リコメントをありがとうございます。
(気がつくのが遅くて申し訳ありませんでした……;)

僧院での話は、見落としていらっしゃるのではなく
小説版には書かれていない部分、コミカライズを読むと分かります。
ガリドさまも小説では、今回の新刊で初登場ですよね。

こうやって、同人誌やペーパーや何もかにも読みたくなる仕掛けに
まんまと乗せられるのは悔しいのですが……(笑)
過去も現在も未来も、もっと色々なエピソードが読みたいですね。

甘食

snowblackさん、こんばんは。
以前も作品についての情報をありがとうございました!

いつも勢いで読んでしまって色々見落としてて恥ずかしいです(汗)
今回も重大な情報をありがとうございます!ヤー二くんは攻めですがへタレで可愛いですよね。今作のガリド様とのシーンのイラストも可愛かったのでちょっと受けっぽいなんて思ってました。僧院でのスタートは受けだったとは!以前の巻を読み直してみますね。でも「事故だと思ってすませてしまおう」なんてもったいない!もっとちゃんと味わってあげて(?)ほしかったです。

嬉しいコメントありがとうございました!

snowblack

甘食さま、こんばんは。

コルセーアシリーズ、テンション上がりますよね!
新キャラのナナミちゃんもこの先が楽しみです。

ところでヤーニくんのバックですが、ガリドさまとの間では攻めでしたが
バーグ・ジブリールでの師受では受けだったのでは?と思います。
セサームのムサ・メイナさまはお歳でいらしたようですが、
ヤーニくんの師匠は壮年な感じで、
「少しばかりユニークだからといって優秀な人間を埋もれさせるのは
国にとって損失だろう?
お互いこれは事故だと思って早く済ませてしまおう」とか言ってました。
僧院の生徒たちにとって、抱かれるのが当たり前の感じだったので
ヤーニくんも出発は受け!だと思います。



この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ