いじわる偏愛ダーリン

ijiwaru henai darlin'

いじわる偏愛ダーリン
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神31
  • 萌×235
  • 萌21
  • 中立6
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
20
得点
364
評価数
93
平均
4 / 5
神率
33.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784344834477

あらすじ

高校の同級生・風見と、セフレで親友という関係を10年も続けてきた睦実。いつまでも続けるわけにはいかないと「もうこんな関係やめよう」と伝えるが、風見は「いつ入籍する?」とわけのわからない答えを返してきて!?以来、なぜか結婚を前提としたお付き合いをすることになった二人だが、恋人になった風見は、睦実が逃げ出したくなるほど甘くて…。

表題作いじわる偏愛ダーリン

風見慶邦, 会社社長 27歳
秋山睦実, 有機栽培農家 27歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数20

とにかく良い

だいぶ前に読みましたが、どう振り返っても自分にとって一番好きな作品であり、私がこの世界を改めて好きになれた小説でした。

ストーリーはあっさりしています。受けの睦実がぐるぐると悩むシーンは多いですがそれを攻めの風見が上手く対処していきます。
間之先生の知識や考え方の素晴らしさも分かる作品だと思います。私が少女漫画好きの友達をこの世界に引き込んだのもこの作品を読ませたのがきっかけです。

うまく文章で書き表せないので読み辛くなりましたが、迷っている方は是非前作と一緒に読んでいただければと思います。

2

忍耐力あるスパダリ

「嘘つき溺愛ダーリン」スピンオフも、甘っ甘でございました。

前作主人公・雪穂の幼馴染且つお世話係りの睦実と、雪穂友人且つ仕事仲間の風見の恋。
10年間セフレだった2人が恋人にシフトチェンジする話なんですが、風見の出来た男っぷりったら!!
前作の攻め・晴久もスパダリでしたが、風見も結構なスパダリ。
クールで策士で、でも睦実を何より思ってる風見が素敵すぎでした。

睦実は生い立ち故、風見が大好きながら同性の恋人となる事にぐ〜るぐると悩むんですが、風見の態度は最初から最後まで変わりません。
何度睦実に対して「いい加減風見の懐に飛び込んじゃいな!」と思った事か(笑)
風見の愛情って大きいです…!

Hシーンは割とある方かな?
受け溺愛系がお好みの方にオススメです☆

0

秋の夜長のホットココア!

あまの先生も大好きですが花小蒔先生が大好き。このペア、割とツボです。
他のお姉さまの忠告を しかと してしまって(涙)
この作品を先に読んでしまった・・・

この作品だけでは S? と思いましたが
前作では鬼畜のようなSだったのでしょうか?

Sというより10年計画ものの 偉大な策士という印象です。
受けさん手に入れるためとはいえ、遠大すぎてびっくり(笑)

中盤までにある程度いってしまうので、そこからは
ひたすら受けさんがぐるぐるしてます。
なんか事件でも起こるのかと思ったのですが。むーん。

野菜はおいしそうで、読んでるだけで健康になりそうな気がするし(笑)
受けさん可愛いいし、攻めさんカッコいいから いいや!
きらきら外国ものではない あまあま話を読みたい時にはgood!だと思いました~
ただぐるぐるが長い気がしたので萌で。
疲れた時のホットココアみたいな 推奨アイテムです!

1

いじわるスパダリ×ツンデレお似合いのふたり

嘘つき溺愛ダーリンのスピンオフ。
お話は個人的にこっちのほうがすきでした!

生きてきた境遇から自信の持てない睦実に対し、風見のようなすべてを理解して導きあたたかく抱擁してくれるような攻め様に出会えて本当に良かったね…と心から思います。
養父母を大切にしている睦実が本当に優しくてかわいい。

あらすじを読んだとき10年もセフレ!?
前作ではぜんぜんそんな爛れた感じじゃなかったのに!
と衝撃を受けていましたが、読んでいくとその真相が見えてくるのでえっと思った方はぜひ♪
最後のラブラブオチにはにやにや必至ですよ。

1

タイトルで受けた印象通り

「嘘つき溺愛ダーリン」のスピンオフ作品です。前作では二人の実は…の関係がまったく分からなかったので、こちらを読んでからもう一度前作を読み返しました。でもやっぱり分からなかったです(笑)

タイトルから受けた印象通り、睦実(受け)が風見(攻め)に甘やかされまくる話でした。最初から最後まで安定して甘いです。これほど一切の不安展開がない作品はめったにない気がします。風見の隙のなさは見事の一言でした!

「意地悪」といっても、睦実が赤くなったり慌てる姿が可愛いくてつい…というもので、愛されている感が漂っています。エロも充実していたお腹いっぱいでした。

自信のない受けが愛されまくる話、ちょっと意地悪なメガネ攻めがお好きな方にお勧めだと思います!ただ、私は虫が苦手なので、コシャリの箇所は想像してうげっとなってしまいました。

1

カプがネタバレ並みの衝撃でしたよ。笑

前作の晴久×雪穂カプの甘々っぷりにはニマニマさせられっぱなしで。笑
今回はそのスピンオフでクールなSキャラ風見のお話らしい、と。
あの風見のお相手はどんな子かな~なんて、その相手についてはさっぱり
知らなかったわけで。

で。

いそいそと表紙をめくったら口絵が桃色のSっ気たっぷりのエチシーンで
お出迎えされまして。(//∇//)キャーvv
風見が嬉しそうに相手の口に指突っ込んで相手は涙目なんですよ…。
あぁ期待を裏切らないSっぷり。(嬉)
この口絵大好きだーーーーーーーーーーっvvv

表紙や口絵を見ても気づかなくって。
数ページ読んでも気づかなくって。
雪穂の世話をずっとしている幼馴染…とまで読んでやーっと気づきました。
↑おせぇよ

「 え!? 風見のお相手ってあのむーくんなの!!? 」
「 えぇぇっ!? しかも10年以上セフレ関係っとなっ?? 」

と、そもそもカプ自体に衝撃を覚えてやまないのでした。笑
(迂闊にも最初の2Pを読み流すとこんなことになります。(゚ー゚;A)

お話自体は他の姐様方がおっしゃるように風見の腹黒執念粘着一人勝ちで
10年かけて(恐らく)一目惚れした(であろう)むーくんを手に入れるまでのお話でした。笑

いやはや。雪穂が好き!と言った睦実の発言を冷静に分析し、
セフレ、という選択肢をとれば睦実に逃げられず、身体だけは手に入れ
最終的に心を手に入れる最短ルートであると瞬時に計算した頭脳は恐るべし。
っつーか、気ぃ長すぎだ。笑

睦実に想いを伝えた後はこれまた雪穂カプも真っ青の甘々っぷりで。
あちらはまだまだ青い未熟な恋愛ですが、こちらは熟年夫婦のようでいて
フレッシュなカプのようでいて、萌え度が転がりまくりでしたよ。
睦実かわいすぎだーーーーっヾ(≧▽≦)ノ
雪穂の影に隠れすぎだから。爆
きちんと良いものを見極めている目利きな風見に脱帽ですよ。笑
っつーか、雪穂の相手に晴久をあてがうあたり、ホント策士で敵に回したくない攻めNo1かもしれない。笑

肝心な風見は睦実をじわじわと攻略した後はラブが決壊したかごとく
あまあまあまあまの垂れ流しで。
Sっ気はエチ限定のようですな。(笑)

これはこれでイイ!! Σd(ゝ∀・)イイ!!

とにかくこのシリーズは糖度高めでしか終われないようです。笑

睦実のぐるぐると悩み続けるトコは、まぁ、確かに長いなぁとは
思うのですが、風見の男前度をを引き立てる演出ってことで読み流せました。(゚∀゚ )アハ

これでこのシリーズは終わりかなーなんて思ってたら
なんと、続編(っていうのかな?)出てたんですね。うっかり。
早速購入せねばですっ(≧∀≦)ノ
ただただ、ひたすら甘い世界に浸りたいときにはうってつけですよ♪

4

珍しい作品だなと…

『嘘つき溺愛ダーリン』のスピンオフで、前作の受けの親友二人のお話です。
個人的にはこちらの方が読みたかったのですが、前作から読みました。
かなり前作に二人は登場しているので、順番通り読まれる方が良いですよ。

**********************
受けの睦実は、生まれてすぐに実母に捨てられた施設育ち。
現在は農業をしていた養父母の跡を継ぎ野菜作りに精を出す、27歳。

攻めは睦実の高校の同級生の風見。
大学在学中にIT企業を立ち上げ、今ではすっかり業界での成功者。
**********************

十年間セフレとしての関係を続けつつ、表向きには親友として過ごしてきた二人。
風見の方は、最初からいつか睦実の心も体も手に入れるつもりで、セフレというポジションに甘んじながらも下地を整えていた腹黒頭脳派。
一方睦実はというと高校時代から風見に恋をしながらも、風見の将来やいつか自分が必要とされなくなることを恐れて自分から関係を解消しようとするのですが、そんなことは風見にはお見通しで…

良く小説では両想いだとわかったり付き合い出したりっていうのは結構後の方だったりするのですが、こちらのシリーズ甘さが売りのせいでしょうか、今作も両想いであり付き合うということになるのはけっこうはやめに書かれています。
そこから、誤解がすれ違いに〜なんてこともないのがものすごく珍しい作品ですね。
本当に甘さだけを目的に書かれていました。
とにかく風見はまったくブレませんし、攻め側がそういうスタンスなので、いくら睦実がネガティヴスパイラルに陥っても、お話に山や谷は存在しません。
こういう作品読んだのは、初めてかもしれません。
両想いであっても後半のトラブルやすれ違いは、もはやお約束ですから。
実際、いつすれ違いが起きるのかと思っているうちに読み終えてしまいました(苦笑
たまにはこういう甘さだけっていうのも良いなあとも思うのですが、繰り返し読むかと考えるとキャラに魅力はあるものの迷うところなので萌に致しましたが、萌×2よりです。

4

家族になろう(よ)

あまあまでHも濃厚でした。王道ストーリーが好きな私は結構楽しめました。
それに、前作「嘘つき溺愛〜」のときもそうでしたが、メインカップル以外のキャラクターが魅力的です。とくに、竹井姐さんには惚れそうです。

今回の主人公は、本当の両親からは愛情どころか名前すらもらえなかった睦実。のちに養母となる富久美から「うちの子にならない?」と訊かれてまだ幼い睦実が「おれでいいの?」答えるシーンに、ぶわぁ…。゜・(/Д`)・゜ですよ。
愛されるべき子供時代に、優しさを差し伸べてくれる手に不安を覚えるって…どれだけ孤独な幼少期を過ごしてきたんだろう。グレることなくまっすぐ育ってくれたのは秋山夫妻と皐月さん、弥生さん他修道院の皆さんたちが慈しみ見守ってくれたからなんですよね。
ラブな面で一番萌えたのは最後ごろのHシーンで、睦実が「すき」という言葉にしたあと慶邦の顔が未だかつてないくらい、優しい表情になったところ。
私としては、2人の高校時代をもっとみたかったです。

1

男前☆ダーリン❤︎

風見の用意周到なとこ大好きです!
種をまいて、10年以上育ててあげて。
甲斐甲斐しいし、睦美の性格を全て理解してあげてるし、
本当男前☆
こんな人が現実にいたらいいなーって思える作品でした。
男前は選択肢は3つもあるんですね!
優しすぎるわ。

1

あまあま

IT企業社長×農家、高校の同級生。
出会って12年、セフレ歴10年、という2人ですが、受けがいつまでもこんな関係を続けていてはいけない、と攻めに言ったら「わかった、じゃあ籍はいつ入れる?」と返事が返ってきた、という話。

孤児の自分を引き取ってくれた養父に顔向けが、だの何だのネガティブスパイラルに陥ってる受けに対して、早よ落ちろよ、と少々イライラしてしまいましたが、基本甘々な話でほのぼのでした。
受けが台風でケガをするんじゃないかとか、攻めが事故起こすんじゃないかとか、めっちゃ疑いながら読んだけど事件は全然起こらなくて逆に拍子抜けでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ