嘘つき溺愛ダーリン

usotsuki dekiai darlin'

嘘つき溺愛ダーリン
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神21
  • 萌×239
  • 萌17
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
16
得点
315
評価数
82
平均
3.9 / 5
神率
25.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
価格
¥660(税抜)  ¥713(税込)
ISBN
9784344833159

あらすじ

見合いを断るため、顔見知りの高遠に偽装恋人役をお願いした超引きこもりの雪穂。偽者だとばれないよう期間限定で同居を始めたが…。

表題作嘘つき溺愛ダーリン

高遠晴久 レストランでアルバイトする大学院生 
芳川雪穂 在宅で作業するプログラマー27歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数16

れんこん…だと…?

タイトルの蓮根は、重要アイテムとかではないです。
ただ印象に残ってしまいました…(笑)

私は関連した前作(お兄ちゃんのお嫁入り)を知らずにこちらから読んでしまいましたが、読まなくても全然大丈夫です。
ちょーっとだけ登場するくらいなんで。
間乃先生らしい甘〜いお話です。

受けの雪穂はピュアっピュアで可愛い系。
対して攻めの晴久はイケメンだわ優しいわ料理上手だわ…と出来すぎなくらいの高スペック。
タイトルが「嘘つき溺愛ダーリン」だから、晴久は実は何か秘密が…?と思いながら読んでたけど、そんな事ないただのスパダリでした(笑)

お話としては途中悲しい所ありましたが、ピュアな雪穂が晴久に愛され甘やかされる様子にほぼ終始ニヤニヤでした。
糖分補給にはオススメです(笑)

0

好青年?正真正銘の腹黒?な年下攻め×ぽやぽやびくびくヤマネ状態な受け

順番間違えていじわる偏愛を先に読んでしまいました。
間違えたけど、いじわるの方で、そうしたかったから、こっちでは
こうしてたのかーという読み方もできたので、
あんまり残念がらずに済みました。
発売順に読むなら いじわる→嘘つき。

本編まるっと340Pちょっと。短編なし。書き下ろし。
お兄ちゃんのお嫁入りの受けさんたちがちょっぴりゲスト出演。
ふつうの甘さかな と思いますが 
安心して読めるありがたい糖分補給シリーズなので敬意を表して萌2.

登場人物は以下のような方々。
受け:お金持ちの家の子。活動的じゃないという理由だけでほぼ引きこもり。
   母は小さいころに自殺。ぽややん系。
攻め:受けさんが打ち合わせで使用するレストランのバイト。
   穏やかイケメン。
睦美:受けさんの幼馴染。受けのことを面倒見倒している。超過保護。
風見:受けさんがプログラマーとして在籍している会社の社長。
   眼鏡クールイケメン。
   家事能力、生活能力0の受けさんを心配してのこと?だが、
   受けさんに対して超ブリザード対応。
竹井:風見の秘書(♀)。こわーい&優秀。
受けのおば:受けの母替わりで、心配のあまり、受けに見合いを言い出す。

どこからどこまで竹井、風見がしこんだのかわかりませんでしたが
攻めさんの知恵者?腹黒ぶり?が楽しかったです。
ぽやぽや受けさんも最後は頑張って自分の人生を選択したし
よかったよかった の1冊でした。

0

シリーズで楽しめる!

電子書籍版を購入。
丸ごと1つの話です。
あとがきあり、挿し絵なし。

シリーズ4作目の『たべごろ誘惑ハニー』を知らずに読み、遡って1作目から読み始めてます。
本作は、2作目。
糖分過多になるほど甘いと聞いて、少し不安になりながら読み始めました。
甘いのは嫌いじゃないけど、ひたすらイチャコラするだけのものは苦手。

さて、どうだろう……

山あり谷ありで、ちゃんと障害(?)も用意されてて、なかなかいい感じ。
全然気になることなく、かなり楽しめました。

前作の『お兄ちゃんのお嫁入り』とリンクしている所がわからなくて、パラパラと読み返して、やっと判明。
そうか、3人兄弟って、それか!

次作は、あのカップルが登場らしいので、今から読むのが楽しみ。
次作のカップルを知りながら本作を読んでいたので、二人の絡みがある度に、「あんたらの関係は知ってんで!」と、ニマニマ穿った見方をしちゃいました。

1

馬鹿っプルを目指して

偽造恋愛ものは王道設定の一つだと思っているため、真新しさはないのですが、受け攻めともに素直で感じがよくかわいらしい二人です。
まさにタイトルそのまんま、溺愛、いちゃラブな二人が延々楽しめる…そんな作風ですので、あまあま、イチャイチャが読みたい!という時にはよいと思います。

お見合いをすすめてくる叔母対策として年下の男性に偽の恋人になってもらうというストーリーですが、無理矢理ではなくある程度の興味や好意が互いにあるので、途中からは最早これは演技でなく本気で愛し合っているカップルにしか見えません。
お相手役のハルくんはとてもいい子で、こんなよく出来た彼氏がいるだろうかと感心してしまう。
嫌な感じや辛さのない甘い作品でした。

難を言うなら、どれだけ読んでも意外な展開…なんてものは待ち受けていませんので、抑揚のない当たり障りのない作品で終わっている感じはします。
それと、個人的な好みで言うと、主人公が所々で挿絵・仕種などが女の子に見えてしまうのが気になったかも。
ストーリー上、けして女の子でも通る話というわけではなく、きちんと男性同士だから成り立つお話ではあるのですが、仕種や雰囲気が女の子ぽい受けが好きでない方にはあまりカップリングとしては萌えないか?と思いました。

しかし毒々しい作品に対してひたすら癒し系・薬系と言える作品だと思います。
ほっこりしたい、癒されたい時におすすめの1冊だと思います。

2

期待通りに甘いお話でした…だけど。

甘い小説、ということでこちらのサイトで教えて頂き購入しました。
期待以上に甘々な展開、主人公や登場人物も良い人たちばかりで不満は無かったです……が。
主人公の雪穂が友達未満顔見知り程度の晴久に偽装恋人を頼むのがどうしても腑に落ちなかったです。
私自身があらすじを勝手に解釈して、顔見知りと言っても友達レベルなんだろう、と予想して読み始めてしまったのが問題なのですが、本当に顔見知り程度の相手にいきなり恋人役を頼むという展開にどうしても納得出来ませんでした。
相手に断る権利があるといえど一方的に呼び出して無茶なお願いなんて、しかも友人もそれを勧めるなんて…相手の迷惑とか考えないのかな?とそこだけは登場人物の性格に疑問を持ってしまいました。
そこに目を瞑れば、晴久の大らかな性格、雪穂の仕事にしっかり向き合っているところ、同性との恋愛に何の偏見や疑問もない祖母、雪穂の過去のくだり、全てがとても良かったです。特に母親のことを思い出しているシーンでは泣きそうになってしまいました。
それだけに、最初の話を持ちかける部分が残念でした。

0

甘かった~!

偽装恋人からのラブラブ、BL小説の定番!
文体が非常に読みやすく、あま~い小説を読みたいときにぴったりのお話でした。
特に攻めの晴久のキャラがきゅーん。
イケメンでスパダリ、生活能力のない受けをここまで甘やかしてくれるとはまさに理想の攻め様です。

特におばさまのキャラが時に姑っぽく、時に乙女っぽくふたりのカップル展開にいろんな刺激を与えていて可愛かったです♪
脇キャラがわいわいしているのでそこも楽しかった!

すごくよかったのですが受けが結構女の子っぽかったのと、ノンケである攻めが受けを好きになった理由があっさりしていたのがちょっと気になりました。
人間的な魅力が大きいのだと思いますが、ともあれいちゃいちゃバカップルにくっつけてよかったです!

0

女性キャラ二人が面倒臭いかな

シリーズ一冊目。
これレビューし辛いですね(苦笑
だって甘いしか感想が出ないので…
なんというか、話の内容よりも雰囲気を味わう作品でしょうか。

**********************
受けの雪穂は在宅のプログラマー、27歳。
お金は稼いでいるものの家事や日常生活の能力が欠如しており、良く言えばおっとりでマイペース、悪く言えば引きこもり一歩手前。

攻めは大学院生の晴久。
元々の世話焼きにプラスして以前から雪穂に惹かれていたために、雪穂の申し出を快く引き受け同居することに。
**********************

叔母からのしつこい見合い攻撃に辟易した雪穂が、友人(二作目の攻め)の助言に従い偽の恋人を持とうとするところから始まります。
この偽の恋人というのが、行きつけのレストランでバイトをするホール係の晴久。
滅多に外出しない雪穂の周囲で好感が持てる男性(同性の方が結婚攻撃から逃れやすいということで)は他におらず一大決心で依頼することにした雪穂でしたが、彼が自分に好意を持っていることを知り複雑な気持ちに。
それは雪穂が恋愛という意味で人を好きになるということがわからない、経験がない、これからもしないと感じているためで…

雪穂が恋愛をしないのも例え植物でも生き物を側に置かないのも、生きているものはいつかは死ぬ=自分が置いていかれるということに、子供のように怯えているからであろうと思います。
母親を亡くしたことが心に深く傷を残し、それを見ぬふりをし子供のまま大人になってしまった雪穂には、どっぷり甘やかしてくれる晴久はぴったりの相手と見えますが、なんだかそれじゃあ雪穂の成長はない気がしました。
最後の決断も女性二人にお尻を叩かれる形で、ちょっと残念。
特に雪穂の叔母は途中の偽装の時は良かったものの、語りに入るとちょっと面倒だなと。

この作品はとにかく甘さ、攻めの甘やかしを堪能するための一冊で、わたしは二作品目が読みたいがために順番通りいったのですが、やはりこちらから読んでおいた方が良さそうですよ。
次作のカップルもかなり登場しますので。

4

レンコンでニヤけました

丸ごと1冊表題作です。
プログラマーかつ引きこもりの雪穂(受け)の視点で進んで行きます。

雪穂は、伯母の見合い話から逃げるために、馴染みのレストランに勤める晴久(攻め)に「偽装恋人」を依頼します。この嘘の関係が本物になるのかと思いきや、晴久は最初から恋愛関係に持ち込みたいと告白するという予想外な展開でした。

晴久が溺愛して雪穂をおとすというシンプルな内容で、基本的には明るく甘く楽しい話なのですが、そこに雪穂の実母の死からくるトラウマが絡んできて切ない部分もありました。伯母が、今の雪穂は亡くなった母親と同じだと告げる場面には胸を突かれました。

何もできないのだけれど、してもらうことが「当たり前」ではなく申し訳なく思っている雪穂に好感が持てて、死別が怖くて晴久から逃げてしまう場面も、自然に受け入れられました。

そして何より雪穂の天然ぶりが面白かったです。
料理中にレンコンを皮むいているときに、太さや感触が晴久に似てる、と話して晴久がしゃがみこむ場面は笑いました。晴久の困ったイラストも可愛らしかったです。

雪穂の周囲にいるサブキャラも個性的で面白く、雪穂だけ浮いているという感じがしなかったのも良かったと思います。
竹井女史にビビる睦実が可愛く、ひょっとして二人の今後は…なんて想像していたので、続編「いじわる偏愛ダーリン」のあらすじを読んで、ビックリしました。この作品中の睦実と風見を見た限りではそんな風に思えなかったです。

周囲に祝福された関係、受けを甘やかす攻め、天然な社会人受けがお好きな方にお勧めです。

3

甘くて切ない

甘々のBLが好きで、ちるちるの検索から間之あまの先生の小説に至りました。

正直に言いますと、前半の予想以上の甘さ、そして雪穂の言動が個人的にイラッとしたことから途中「これはハズレかもしれない…」と、一度読むのを諦めようとしました。

しかし結果、
ハズレだと思っていた自分を殴りたい!!!!!!

…と、思っています。
次第にどんどんページが捲れていき、気づいたら最後まで読み終えていて…そして、ぼろぼろ泣いていました。
雪穂の想い、抱える過去、そして晴久、友人、秘書、伯母など、周囲の人々の温かさにもう…涙腺がやられました。

繊細で崩れない、素敵なイラストも大好きです!
この本に出会えて良かった…!

2

平和

今回のは雪穂なりの心の葛藤があって甘々でも素直に読めた。
雪穂ほど極端じゃないし、心の傷もないけど大切なものほど遠ざけたくなる気持ちは分かるな。
好きだからこそ怖いよね…

深い愛情をくれて雪穂の速度に合わせてくれる晴久、陰ながら見守ってくれる可愛い伯母、厳しい指摘をくれる友人、あっけらかーんとこれまた厳しい指摘をくれる友人の美人秘書、ただただ甘やかしてくれる幼なじみ。
それぞれの愛の形のバランスがとてもいい。

でもなんといっても晴久の強引さに萌えました。

ただ宗匡と理緒のことにも触れてほしかったな。
まあ、うまくいってるのは想像できるけどあえての…ね。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ