ダメ博士とそばかすくん

dame hakase to sobakasukun

ダメ博士とそばかすくん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×211
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

61

レビュー数
8
得点
88
評価数
22
平均
4 / 5
神率
31.8%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784344841147

あらすじ

自分をかばって怪我してしまった千堂を、住み込みで世話することになった実里。天才肌の准教授・千堂は、美形なのに自分の外見に構わず、身の回りのことも、自分の感情にすら無頓着だったが……!?


※発売日が変更となりました。 11/15(水) → 11/30(木)

表題作ダメ博士とそばかすくん

千堂慧士、天才と名高い天文物理研究室准教授
米原実里、千堂の教え子ではない経済学部の大学生

その他の収録作品

  • 私の星空くん
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

甘いものが欲しい時におすすめの1冊

甘々でほのぼのしたものが読みたいときに
いつもお世話になっている間之先生。

花小蒔先生とのタッグで
ルチル文庫さんから出しているご本は、
人物やお店、場所等が既刊とリンクしているのも
ファンとしてはとてもうれしいです。

前作「おとなりの野獣さん」で
受け・朋が働くパン屋さんの
バイトであり店長の孫でもある米原くんが
今作の受けなので、発売を楽しみにしていました。

前作の激甘ぶりと比べると、
今作は糖度低めで軽い口当たりという風に
間之先生がおっしゃっていたので
少し寂しいな...と思っていましたが、
読んでみるとちゃーんと甘々で大満足です(*´ω`*)

博士の台詞がとっても甘いんです!
しかもロマンティックなことを言おうとしている
わけではなくて、素で甘々。
本人はいたって真面目。
恥ずかしがる米原くんに、
「ポエムはやめて!」と言われても
「詩作はしていない」と答える有り様です(笑)

読者はもちろん、米原くんも、
米原くんのおじいちゃんでパン屋「麦」の店長も、
「どうみても博士は米原くんのこと好きだよね」と
思うのですが、
博士は恋愛感情を理解しておらず、
自分の気持ちに気付かないので、
途中、拗れます。
この辺りは読んでいてすごく辛くて
胸が痛かったです(´;ω;`)

でも、「好き」を理解し自覚してからの博士は
やっぱりとっても甘くて胸がいっぱいになりました。
一度抱き締めてしまったら、
好きすぎて体が離れられなくなっちゃう博士が
最高です。

間之先生の作品は飯テロの一面もありますが、
今作もおいしそうなパンやスープ、
フランス式のフレンチ・トースト等々登場し
とってもおなかがすきます。

1

大型な子ども(千堂)の成長記

まさしくダメ博士。笑って癒されました!
博士としては優秀な千堂ですが、研究以外は無関心でまったくのダメダメ。そんな彼の利き手を怪我させてしまった実里は、彼のお手伝いをすることに。

実里のできる子具合がすごい!そして、千堂を少しずつ人間らしく(笑)教育していく姿は流石です。間之先生作品では珍しい、普通の若者(男子大学生)な実里が新鮮でした。ただ、千堂が完全な無自覚、そしてあまりにも感情的に成長していない人なので、私としては萌ひとつかなー。

前作おとなりの野獣さんの2人がイラスト付きで出てきたのは嬉しい!相変わらずラブラブです…!

0

萌えた!

この先生のお話は、毎回ハッピーエンドで甘々な展開が多いので癒やされたい時に読むのにピッタリです(*´ω`*)
わんこ攻め大好きな私には大好物な作品でした!

1

後半に萌えた…!

「お兄ちゃんのお嫁入り」シリーズの一つにはなるのですが、今作は今まで皆勤賞(?)だった八束三兄弟は出てきません。
「おとなりの野獣さん」CPがチラリと出るだけだからシリーズものだと身構えなくて大丈夫です^ ^

受けの「そばかす君」こと実里視点で、研究以外無頓着で人の感情にも無関心だった攻めのダメ博士が恋を自覚するまで、というのがざっくりとした内容。
とにかく博士が生活能力が無いのだけど、実里の言う事をちゃんと聞ける素直さがあるから可愛くて(笑)
博士を好きになり付き合う事になったが、博士の言葉に傷付いた実里が博士から離れます。
そして気付く、博士にとっての実里の重要性。
もうね…このあたりの博士の行動が愛おしくて仕方ないです。
実里は博士からの「好き」を待っているだけなのに、どうしたら実里に戻って貰えるか、何が足りないのか全く分かってないのが博士らしいんだけど、もどかしいったらありゃしない!
結局実里のアシストもあり自分の実里への想いが「恋」だと分かるのですが、自覚した後の博士に萌えまくりました(//∇//)

博士のダメっぷりは可愛いし実里の合理的な感じも嫌いではないです。
でも正直なところ、気持ちがすれ違うまでは萌えるまでないかな…?と思ってました。
それが、博士が実里に会いに「麦」に来た辺りからキュンキュンで!
最後に博士視点の短編もあるのですが、そちらでも萌えました…(*´Д`*)
恋を知った博士の破壊力たるや…な一冊です(笑)

2

ダメ博士のダメ人間ぶりが笑える


「おとなりの野獣さん」のスピンオフ。
「お兄ちゃんのお嫁入」から続くシリーズ6冊目。とはいえ、お話自体はこれ単体で十分読めます。
「おとなりの野獣さん」のカップルが少し登場するので、後からでも読むと楽しいと思います。

大学生の実里(受け)は図らずも事故に巻き込んでしまい利き腕を捻挫してしまった同じ大学の准教授で天文物理学者・千堂(攻め)を手伝うため千堂の家に泊まり込みでヘルパーをすることになります。
研究以外一切興味のない千堂なので、世話をする実里に対してもデリカシーがないのですが、実里は大型わんこだと割り切り世話を始めます。実際、恥ずかしがりもせず風呂に入れてもらう図は大型犬を風呂に入れているような感じでした。

前作「となりの野獣さん」に出てきた、パン屋の店長の孫・米原君が今回の受け様です。
顔と頭は極上なのに人間としてはダメ人間千堂と現実主義な実里の掛け合いが面白かったです。千堂の相手は実利以外ではつとまらないと思われます。


実里の性格の合理主義なところがとても好きです。
ドキドキするのでさえ、恋愛不適合者の千堂に対しては時間の無駄だと言い切る実里はいっそ清々しいです。
そんな実里のお相手、千堂は研究のことしか興味がなく、自分にも他人にも興味がない研究バカ。
利き手を怪我した後、残った手の動きが悪いから面倒だと言って食事もとらず、およそ生物がしなければならない最低限のことさえさぼって研究をしようとする態度には敬服します。
自分が責任の一端を担っているからといってボランティアでヘルプにきた実里に対しての態度もデリカシーの欠片もないダメ人間ぶりを披露します。
利き手がだめで食べにくいからと空腹が解消されたら「面倒になった」の一言で食事を残そうとするし、残りを食べさせてもらっておきながら、礼を言うわけではなく「これは便利だ」とのたまう。ダメすぎて笑えます。
言葉のチョイスも独特で、実里のそばかすを星空と評し、瞳はシリウス、顔を赤らめたときはオーロラだの朝焼けだのとポエムとしか言えないような表現は口説き文句にしか聞こえません。本人は真面目に話しているのですが。

そんな千堂に対して実里はそれが千堂だからと諦めて受け入れ、でも人間としてダメなところはがんがんダメ出ししていきます。
研究以外に関心がないだけで根が素直な千堂は実里に言われた手伝いをし、相手の行動に対すて言うべき言葉を指導され実践していきます。実里の努力の結果、千堂は少しずつ人間らしい行動ができるようになります。

それでも、自分に興味がないのは変わらずで、嫌いなものを食べていても、嫌いだと気が付かずに顔をしかめて食べていたり、他人に指摘されて初めて気が付くというポンコツぶりです。
恋をホルモン異常状態と言い切り、今までの恋人の数も名前も顔も覚えていない。相手に告白されて付き合い、相手が自分が愛されていないことに腹を立てて出ていくまでがセットの恋愛事情を繰り返しています。
珍しく実里に関しては執着や独占欲のようなものを持っているのですが、それがなぜなのかということを自覚できません。

こんな二人がどうなることかと思いましたが、千堂を好きだと認めることにした実里の告白によりおつきあいが始まります。
初めてのエッチもこの二人で雰囲気出るんだろうかと思ったけど、時々真面目に次どうするかを話し合いながらのエッチはムードが乱れますが、この二人らしくて楽しかったです。体位をどうしようと相談し始めたときはもう笑えました。

人間の感情というのをお腹の中に忘れてきたような人だったのできっとこれがのちのち障害になるだろうと思っていたのですが、やはりこれがネックになりました。
千堂の数少ない友人のカイルが様子見に来たことにより露呈するのです。

カイルは凄く気の利く友人でした。千堂が恋愛には向いていないと恋人になった実里のことも心配し相談相手になってくれます。千堂のことをよく理解しているカイルの存在により実里は次の一手に進みます。

そして、実里の祖父でバイト先のパン屋の店長は相変わらずでした。
前作と同じく二人の漫才のような会話も楽しかったし、祖父母の仲睦まじい息の合った会話も楽しかった。
そして、実里の悩みを聞き、実里が悲しい想いをしなくていいようほだされそうになる実里を支える、のほほんとした雰囲気の中にゆるぎないものを持った凄く頼りになる人でした。

どうみても実里が好きだという態度なのにそれを全然自覚できない千堂にはちょっとイラっとしましたが、初めて自分から動いた千堂も自分なりに頑張ったし実里も頑張った。最後はうまくかみ合って本当に良かったです。

イラストも相変わらず素敵でした。
自分に構わないためぼさぼさなのにかっこいい千堂もそばかすの似合うちょっと気が強そうなかわいい実里もとてもよかったです。
最後にやっと美容院に行って、正統派美形になった千堂はもとてもとても素敵でした。

切ないところもありますが、実利のキャラクターならおかげで明るく楽しい話だったと思います。

2

書名通りの「ダメ博士」

書名にも「ダメ博士」とあるように攻めの千堂が本当にダメ人間すぎる!そのダメ人間に対して、決して相手をバカにする訳でも無く諭すように育て上げていく実里は好印象です。はっきりとした物言いが、相手の為になる事なので不快になる事もないです。

千堂も最初は実里に対して「便利」など機械に対しての扱いのような言葉を発していたけど、一緒にいるうちに感謝の言葉を言うようになるし、実里に自分の手伝いのせいで徹夜をさせてしまったから負担にならないよう研究室の人に頼むなど、きちんと理解していき徐々に人並みになっていきます。言われればきちんと行動できるので、ただのダメ人間では無いです。
実里に対してかなり好意を持っているのだなというのも分かるのでほんわかしつつ、それなのに何故上手くそれを伝えられないのかというのもモヤモヤします。天才故の障害なのかもしれないです。
実里の傍にいるのか心地良いからと、後を付いて回るのは可愛かったです。前の方の言うように犬っぽいなと思います。

距離を置くという決断をした後の研究室の人に対しての発言もスッキリしました。これでほだされてはいけないぞ、と実里を少し応援してしまうくらいハッキリとした物言いでした。
自分から実里に会いに行くという行動を起こしただけでもすごく成長したと読みながら思ってしまうくらい、前の千堂が酷かったんだと思いました。
そばかすだけを気に入っていたという訳でないのは分かってはいたものの、きちんとそれを言葉にして伝えてくれたのもきちんと実里を好きだという事が分かった良かったです。

『おとなりの野獣さん』との繋がりが大きいので、少しの登場でも2人が今でも幸せにいるんだなと思うと嬉しい気持ちになります。間之先生は作品をリンクさせてちょこちょこと出演させてくれるので、その後の生活が見られるので嬉しいです。

千堂視点の短編の挿絵がとても素晴らしいです…さすが花小蒔先生、表紙でもやられましたが、挿絵も素晴らしいので是非紙の本での購入をオススメします。

相手に好意を持っているという事を自覚していないという点では、他作品である『片恋ロマンティック』と同じではありますが、違うテイストで攻めてくるので、同著者にも関わらず完全に違うものとして読めます。

今年最後の読む甘味もとても楽しかったです。アイスを乗せたフレンチトーストも美味しそうでした。

2

間之先生のお話で一番笑った

表紙で「これは わんこだ」と思いましたが案の定わんこでした。
受けさんは、野獣さんに登場してお爺ちゃんと漫才してましたが
今回は攻め受けの掛け合いで、とても面白かったです。
今まで読んだ間之先生のお話の中で一番笑いました。
なんだけど、途中で読み疲れてしまって、後半はやや失速。
前半神+後半萌 で萌2という印象です。
本編300Pほど+攻め視点のショート11Pほど
(ショートに花小蒔先生の挿絵1Pあり!)でした。
地雷は思い付きません。

ちょっと頭の回転速度が速すぎて、どこかにぶっ飛んでいる
ヒト型大型わんこがお好きな方や、超実利主義であっけらかんとした
ポジティブ大学生がお好きな方にはよいのでしょうか。
そう、当シリーズ?の今までの受けとはまったくタイプが異なっていて
新鮮でした。しゃべり口がリアル男子大学生みたいで、
「いやーありえないっすよ、博士」といった感じです。

攻め受け以外の登場人物は
受け爺ちゃん(パン屋)、野獣さんの攻め受け、攻めのゼミの学生、
攻めの友人(カナダ人)です。ユーゴーさんにまた会えて嬉しかった♡


*********以下はより内容に触れる感想

受けさんが本当にへこたれないです。悲壮感なく、通常運転でポジティブで
初めての色っぽいシーンになっても、えいやと割り切ってしまう(笑)し
自分から告白するし、へこむだろう と思う仕打ちをうけても、
計画的に打開しようと色々試行する。
ああ、偉いわー今どきの大学生って感じがするー 
とめちゃくちゃ面白かったです。

かたやぶっとびヒト型わんこは、受けさんの指導により
だんだん人間化していきますが、受けさんを気に入っている理由に
なかなか気づかないです。そこが苛々しちゃったのかもしれない。
本当に頭いい人って、日本語のキャッチボールできない人が
いると思うんですがこの攻めは、そういう人です(笑)
無駄に格好いいだけに、惚れた方が負けだよなーと思うのですが
そこは受けさん、強かったです。頑張りました。

ちょっと長いかなーと思いましたが、少し違ったテイストの受けが
新鮮で楽しい1冊でした。

4

バラ売り不可‼

甘さに定評のある間之先生ですが、今回もめちゃくちゃ甘かったです。ただし、今回はカラッとした明るい甘さ。いつもが洋菓子系の濃厚な甘さなら、今回はフルーツのような爽やかで太陽の匂いがしそうな感じでしょうか。なんと言うか、元気の出るビタミンBL?
駄目だ。上手い事言おうと思ったのに、全然上手くいかず・・・(;^_^A
とにかく、すごくすごく良かったです。個人的に、間之作品の中で1、2位を争う程好みでした。なんと言っても、ストーリーもいいし、甘さとエロ、そして切なさのバランスもいい、更にキャラクターがとってもいいと、もうパーフェクトな作品。特にキャラクターなのですが、単品でも大変よろしいのですが、この二人がセットでいい・・・!!なんと言うか、二人のやりとりがめちゃくちゃ萌えるんですよー!!バラ売り不可です。


内容です。
自分を庇って利き手を怪我してしまった准教授・千堂のため、住み込みで世話をする事になった大学生・実里。生活能力皆無で、研究以外は何もかも無頓着な千堂の世話を焼くうちに、彼の実は素直な所や、妙に可愛げのある所に惹かれてしまい-・・・というものです。

こちらの作品、「おとなりの野獣さん」のスピンオフで、『atelier麦』の店長の孫・実里が主役になります。店長は結構出演しますし、「おとなり~」カップルもちょっとだけ出てきます。結構美味しい感じで。

この実里ですが、サバサバしてとにかく前向き。なんと言うか、一本筋が通った子なんですよね。そして千堂ですが、研究バカ。ベクトルが全て研究に向かっていて、人の感情の機微とか、自分自身の事まで、全て無頓着と言うか無関心です。
この二人の同居生活がですねー、とにかく萌えるのですよ。

実里が利き手を怪我して不便な千堂の世話を焼くワケですが、なんと言うかビシバシ叱り付けるのですね。何かしてもらったらお礼を言うと言う、人間として基本的な事すら出来ない千堂なのですが、その都度ダメ出しして教え込んでいく。このやりとりがボケとツッコミて感じで、大変笑えます。
また、最初は傍若無人だと思っていた千堂が、素直に言う事に従ってるのが可愛いんですよね。大型犬よろしく実里の後を付いて回り、「私はそばかすくんの隣が好きなようだ」と、直球で告げる。彼の思考はスケールがデカすぎて理解不能な部分が多いのですが、世渡りとは無縁な分、何もかもストレートで正直なんです。こんなのに懐かれたら、実里も絆されるよな~。

と、基本は笑えてその上甘々。朴念仁な千堂のせいですれ違いはありますが、それも行動力がある実里なので、うじうじとしたしめっぽい感じとは無縁です。私は読んでいて、爽快感すら覚えました。

あとエロですが、この時までいかにも二人らしいやりとりに笑えます。「体位についてだが、正常位でいいだろうか」みたいな。
個人的に、二人が初めて触れ合う事になる、お風呂のシーンが死ぬほど萌えました。濡れたタンクトップがいい仕事をしてくれるのです!(//∇//)

最後に千堂視点の短編が収録されていて、そこで彼の摩訶不思議な思考がちょっとだけ理解できます。多分。

興奮してレビュー長くなりすぎました。長々と、失礼しました。

12

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ