風待ち休暇

kazemachikyuka

風待ち休暇
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×210
  • 萌14
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
150
評価数
40
平均
3.8 / 5
神率
32.5%
著者
里つばめ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス・リンクスコレクション
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784344836747

あらすじ

現在無職の山岡誠二(32)は二週間限定で離島をエンジョイすることに。でもその島で出会った案内人のアキラが気に入らなくて…?
「風待ち休暇」「加賀英明の少し特殊な日常」「春を待たずに」「壁越しに住む人」を収録した短編集

表題作風待ち休暇

後藤アキラ 25歳 島で祖父と暮らしている
山岡誠二 32歳 リストラにあって無職

同時収録作品加賀英明の少し特殊な日常 前後編

宮坂晴(大学生)※攻め受け設定ナシ※
加賀英明(リーマン・33歳)※攻め受け設定ナシ※

同時収録作品春を待たずに

同時収録作品壁越しに住む人

その他の収録作品

  • 晴れた休み明けに(表題作描き下ろし)
  • カバー下あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

どれも良い里つばめ男子

短編集。
どれも良かった〜。
里つばめさんといえばGAPSシリーズが超人気ですけど、こちらは派手な展開は無いけどしみじみと「里つばめさんイイわ〜」という感じ。

お互いが恋愛対象になるまでを描いているのは最初の2作。
あとの2作は片思いだったり、友達になるまでだったりしますが…これからこの2人どうなるんだろう(ワクワク)っていう期待はバッチリ持てる終わり方でたまらんかったです!

私がとくにキュンときたのは前後編の
「加賀英明の少し特殊な日常」でした。
この加賀さんが、髪型は七三でメガネ、きっちりした性格で何事も予習は欠かさず、休日には掃除と読書…という真面目人間なのです。
でもただの堅物とはちょっと違って…。自分ルールの中で折り目正しく生きているのだけど、決してそれを押し付けたり頑なに他者を排除したりせず良いものは認め取り入れようとするんですね。素直でピュアでなんだかとっても可愛らしいのです。

作中ではお見合いデートをする女性にその生真面目さがことごとく引かれちゃってますけど、いやいや見る目ないだろう、と。確かに予定詰め込み過ぎだけども笑、一度のデートのまずさであんな可愛い男性を逃してしまってもったいなーい。

でもそのおかげで加賀さんの良さを最初から分かっていてベタ惚れな可愛い年下男子と出会えましたからね!BLの神様(タイプの合わない女性を紹介し続けた先輩?)ありがとう^ ^

0

続きが気になる短編集

やっぱり面白い作品を書く方は短編集も面白いですね!
4編からなる短編集です。
スタートラインに立ったようなカップル達のお話なので、
Hなことはほぼないです。
それでもストーリーだけで飽きずに読ませてしまう力があります。

表題作ももちろん面白かったのですが、
私は2作目の「加賀英明の少し特殊な日常」が好きでした。
もちろん加賀英明が主人公なのですが、
潔癖真面目な天然で憎めないキャラなんです。
電車の中で恋愛の指南本を読んでしまうような(笑)

とにかく、全ての 登場人物のキャラが好きでした。
ちょっと癒されて萌える…そんな作品集です。

0

ピュアなお話ばっかりで癒やされました★

どのお話もとても面白く内容もしっかりしていて読み応えもあり、一番重要な主人公達が全員好感を持てるなんて、本当に素敵な1冊だと思います。
カバー下のプロフィールを見て改めて読み直すと、また違った視点で読めるので更に好きになる本でした。
どのお話も、攻めさんは皆受けさん大好きな感じが凄く伝わって、受けさんも戸惑いながらもじわじわ好きになっていくあたりが、こちらも読んでいてドキドキしてました。

風待ち休暇
表題作で、一番最後に描き下ろしの続編があります。
都会での生活に嫌気が差した受けさんの山岡さんは急に思い立って海が見える島に行くとこから始まるのですが、最後の最後まで攻めさんのアキラとくっつくのか、ハラハラさせられました。
なんだかんだ言って島を発つ時に山岡さんはアキラを好きなんだと気付いて涙を流すのですが、その描写がすごく綺麗です惹きこまれました。
アキラはちゃっかり引っ越しの手伝いをしに着いて来てたけど笑。
本編はここで終わるのでハッキリくっついた感がなかったのですが、描き下ろしで2人の貴重ないちゃいちゃが見れて満足です。
出来たら島で生活したその後の2人の様子が読みたいです!

加賀英明の〜
これ、何気にこの本の中で一番好きなお話かもしれません。
マニュアル通りに物事すすめる几帳面すぎる受けさんの加賀さん。
あるごたごたで攻めさんの晴君と出会い、そこから友人付き合いが始まるのですが、晴君は最初から加賀さん大好きオーラ出てて可愛かった‥!
待ち合わせ30分前に来た晴君が「今日を楽しみにしてたから」と言ったのに対して、『そんなに映画が楽しみなんだな‥』と恋愛経験ゼロなのもあってか天然炸裂な加賀さんも、見た目がきっちり堅そうなだけに可愛かった‥!
ピュアな2人の関係がじわじわゆっくり進んでいくのを楽しんで読めました。

春を待たずに
就活がうまくいかず採用されたら長年片思いしてた先輩に告白する!というお話なんですが、最後がはっきりしないまま終わったので少しもやっと感があります。
先輩は何を思って後輩君と仲良くしてるのか、魂胆なしに飲み会の後後輩君の家を訪ねたのか、採用通知が来たらしい(最後の感じからして)けど後輩君はちゃんと告白して付き合えたのか‥1番疑問点が残って消化しきれてないのですが、お話自体は好きです。

壁越しに住む人
これはびっくりさせられたお話でした。
今から読む方には何も知らないまま読んで欲しいので、あえて内容は伏せます。

どのお話も知らず知らず相思相愛のお似合いなカップルさんばっかりで、疲れた時に癒やされるとても素敵な1冊でした。
欲を言えば、それぞれのその後がぜひ読みたいです(*>_<*)!

5

ステキな短編集でした

表題作を含め全部で4つのお話が収録されています。
4カップルと書きたかったのですが、どれもカップルになるまでの...「なりそう!もうなるか!?明日なるか!?いまなるか!?一時間後になるのか!?」みたいな感じなんです。先のレビューでみんみさんも書かれていますがまさに "寸止め" 祭りです(笑)。でもそこがすごくよかった~!私はとても堪能できました。オール年下攻めかな?と思いながら読み進めましたがあれはどうなるのかな?どっちなのかな…と考えるのもまた楽し。

一番のお気に入りはなんといってもコレ↓
■「加賀英明の少し特殊な日常(前後編)」70頁
前編・後編合わせると、収録されている中では一番長い作品です。まずはこの加賀英明。ルックスはビシッとスーツにメガネ、黒髪をサイドに流してしっかりセットしています。背は171cm(カバー下より)。掃除と読書が趣味というか日課で、何事もマニュアルや下調べなしでは生きられない33歳。…けれど、きっと生きられないわけではないんでしょうね。ここが面白いところでした。この人はただ「誰か」に出逢っていないだけ知らないだけで、飛び出したら冒険家、どんどん吸収しちゃう、そんなタイプの人でした。先輩に相手を紹介してもらって婚活中だが、将来家庭を持つためのもので、恋愛経験とは違う。「好き」という気持ちをもったことはないのです。

そこへ衝動の目覚めを運んでくるような子(年下ワンコ)が現れる。出逢いからもうなんか楽しくって。加賀さんは"気づいていない"んだけど、こちらはワクワクがとまりませんでした。あたりまえのようでこれはなかなか難しいですが、一緒にいて自分が気持ちよくいられるかどうかって大事ですよね。相手の食べ方、これは大きい。話し方は、別に敬語じゃなくたって構わない(加賀さんが気にしていない、と読んでいて思うから)。そして、加賀さんからすれば「本能のおもむくまま」に行動しているように見える青年も、ちゃんと考えているんですよね。なんだかいろいろと可愛かったです。

どの作品もカップルの相性というか、バランスが面白く堪能できましたよ。とってもテンポがよくて、周りの音が聴こえないぐらい気づいたら集中しちゃってました。そしてなによりこの絵、やはり好きだなぁ。表紙にも癒され、ステキな一冊が読めてよかったと思っています。

4

里先生の短編は良い。

里つばめ先生は短編もお上手ですね。

どの話も素晴らしかった…。

私は里つばめ先生の作品をほとんどコンプしたと思いますが、里先生の描く世界には最初からゲイって人が少ない(いない?)のでは…と記憶しています。
(GAPSの片桐はバイと言ってますが初めて好きになった男が長谷川さんでは?と予想しています。)

ただの男がたまたま巡り合わせた男と恋に落ちる。

腐女子の見果てぬ夢です。

一体いつ好きになったんだろう…性的にも!?とびっくりしますが
里先生の描きだす世界の男達(特に攻)は、たまたま好きになった人がたまたま男であっても
性の壁の前でウジウジと悩んだり立ち尽くしたりしない潔さを持っていて、すごく爽やかです。

私が特に好みだったのは、『加賀英明の少し特殊な日常』前後編です。
細部まで緻密に作り上げられた加賀さんの世界は清く正しく
読んでいて心が落ち着きます。
村上春樹の本に出てくる規則正しい主人公のルーティンワークのように、加賀さんの日常は計画的で愚直なほど。
加賀さんはともすれば面白みのない人物になりそうなのに、人が良くてどこかずれていて大胆なくらいの素直さを持っていてキュート。宮坂君が加賀さんを好きになっていく様子が読んでいるこちらにも伝わってくるところが上手いなぁとつくづく思います。

宮坂くんから告白されてキスされてパニックになった加賀さんが、職場の上司に相談するシーンは、彼の真骨頂というか…。女性を紹介してくれた上司に同性の恋愛について悩んでいる。なんて言えませんよ普通…。素直に言う加賀さんもすごいし、上司?の方のアドバイスがフェアですごく素敵でした。

恋愛はマニュアル通りにはならないことを思い知る加賀さん。
ラストシーンは大変ロマンチックでドキドキしました。

続きが読みたいです…!同人誌でも良い…!

繰り返しますが、短編全てがとても良いので、全力でおススメします。



0

恋愛度は低め

里つばめ先生初の短編集。
短編だからしょーがないといえばしょーがないのですが、ほとんどが「ここで終わるの⁈」ってとこで終わってます。
前コミックス『GAPS』の「ここで終わるの⁈度」が99%だとしたら、今作は70%くらいでしょうか。(自分比)
でも、どれもいいお話だったと思います。里先生の年下攻めは、こうじわじわくるものがあってたまらんですね。

♦︎風待ち休暇♦︎
会社にリストラされた山岡が気分転換で訪れた海と自然が美しい離島で、滞在先の世話係アキラとどうにかなっちゃうお話ですね。
アキラは最初から山岡に好意的だったのですが、絶賛ニート中の自分と違い、イケメンリア充のアキラに最初は苛立つ山岡。
でもアキラの唯一の家族である祖父が倒れたのをきっかけにふたりの距離はぐんと縮まります。

年下イケメンがぐいぐい攻めていって、オッサンがいつのまにかほだされていくパターン。
友人以上?恋人未満で本編は終了してますが、描き下ろしでちょこっとだけエロ的なものあり。
でも挿れてるのか、兜合わせなのか、ぶっちゃけハッキリわかりません。
たぶん、山岡(暫定受)が上に乗っかってるのだと思うのですが…

♦︎加賀英明の少し特殊な日常♦︎
タイトル通りですw
この加賀という男、几帳面で綺麗好きでマニュアル通りに生きてきた変わり者です。
偶然駅で困っていた宮坂という大学生を助けたのをきっかけに、ふたりは仲良くなっていきます。

マニュアルで固められた加賀にとっておおらかな宮坂との付き合いは新鮮。
そして、神経質というより天然でピュアが入ってる加賀は宮坂の癒しになり、宮坂は加賀のことが好きになる。
しかし恋愛未経験の加賀は、宮坂の気持ちにどう対処すれば良いかわからず…

このお話がいちばん面白かった。
超真面目な天然リーマンが、年下大学生からのアタックに頭を悩ますやつです。
最後は加賀が自分の気持ちに気付いて晴れてカップル成立ですが、残念ながらキス止まりです。

宮坂が一生懸命で可愛いくてとっても好印象なワンコでした。
萌えたのは「ご褒美ちょーだい?」からのベロチュー!これは加賀には刺激が強い!
あぁ…この何もかもが初体験のカタブツ(暫定受)が戸惑いながらも乱れるエロが見たかった。

♦︎春を待たずに♦︎
就活に苦しむ後輩と、社会人の先輩の恋愛未満のお話。
後輩は先輩にずっと片思いなのですが、先輩がどう思っているのかは本人のみぞ知る…といった感じでした。
後輩が、採用が決まったら先輩に告白しようとヤキモキする内容です。
告白する前に終わってしまいましたが…orz

♦︎壁越しに住む人♦︎
アパートのお隣さん同士のお話。
今まで上辺だけでしか他人と付き合ってこなかった主人公の浪人生が、簡単に懐に入り込んでくる隣人との距離感に悩みながら、最終的には恋愛感情に気付くという内容。
BがLするというより、人と関わらなかった人間が、ある男との出会いによって世界が広がった…的なお話でしたね。


というわけで、4カプ中半分が、恋愛関係に発展しないという、良く言えば里先生らしい、悪く言えば物足りない短編集でした。
でも、里先生にエロは期待しないことにしているので、そこまで不満はありません。
(本心を言えば『Evergreen Days』のときのようなちょいエロが見たい)

しかし里先生の描く、年下攻(暫定)に押されて、受(暫定)がいつのまにかほだされちゃってる流れはなんとも絶妙なので、つい作家買いはしてしまいます。
年下攻スキーで、恋愛には発展しない寸止めに耐性のある方にはオススメ…かな?

5

恋の始まり・・・

里先生の作品を読むのは三作目です。

今作は短編集でした。
どの作品の登場人物も読んでいて好感の持てる青年たちで、お話も良くて素敵な一冊です。
ちなみにカバーを外すと、それぞれの登場人物たちのプロフィールが見れます。そのプロフィールを把握してから読むのも楽しいです。

表題作の「風待ち休暇」は、会社をリストラされてパチンコ三昧になってしまっていたニートさんが、気晴らしに訪れた島(日本)の宿泊施設をしている男の子と出会って・・・というお話。その後の描き下ろしも巻末に収録されています。心優しいお話です。

次に、「加賀英明の少し特殊な日常」は、前後編。
潔癖症で真面目で融通も利かなくて、コミュニケーション下手で、天然・・・な加賀さんが、初めて恋を知る・・・というお話。
加賀さんの性格が個人的にはツボで・・・
だからこそ、もう少しその後のこの2人を見てみたかった・・・
これも優しくて楽しいお話でした。

次は「春を待たずに」
この登場人物2人とも私は好きです。
絶対両想いなのに、このもどかしさ(笑)
このお話ももう少しこの先の展開を見てみたかった~!!!
主人公2人が好きなだけに尚更そう感じました。

最後は、「壁越しに住む人」
隣人同士がこの先恋人になっていくかも・・・という感じで終わるのですが、この2人もこれまた魅力的で好感が持てました。
共に一人っ子の主人公達。1人は親に対して心の中ではうっとおしい・・・と思いながらも反抗もできず、かといって親孝行ができている訳でもなく・・・という状況に悶々とする、人付き合いも苦手な予備校生。
もう1人は家業をつがずに役者を目指す、人懐っこいフリーター。
それぞれ、一人っ子ならではの悩みや、親への葛藤・・・みたいのもポイントになっていて、その様子や考え方がすごく身近に感じられて共感度が高かったです。
他人事のように思えない、親近感を感じ、一番思い入れが深いキャラクターになりました。

3

里つばめ先生らしい短編集

なかなかうまく進まない就活生のお話があるので、就職活動中の方はお気をつけください。

どれも里つばめ先生らしいな〜と思う短編集です。
作品の終わり方がどれも終わりらしい終わりではないので、もどかしさがあります。里つばめ先生の作品は往々にしてそういうところがあるのですが、免疫のない方は「えっ?ここで終わり?!」ってなるかも。

それと、里つばめ先生の作品とは倫理観の違いというか、社会一般常識の感覚の違いというか、そういうのを感じることが多いのですが、今作もそうだった。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ