青空のローレライ

aozora no Lorelei

青空のローレライ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
70
評価数
14
平均
5 / 5
神率
100%
著者
尾上与一 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL小説
サークル
freezia<サークル>
ジャンル
オリジナル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

Holly Novels小説商業誌「蒼穹のローレライ」番外編。
塁と軍手の話、搭乗員覚え書き、WEB再録他、短編9本入。
ファンタジー要素の多い話がありますのでお気をつけください。

表題作青空のローレライ

三上徹雄・整備員・24歳
浅群塁・零戦搭乗員・21歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

瀕死の大号泣

蒼穹のローレライの番外編同人誌。
本編では書かれなかったラバウルでの三上と塁の日々、城戸や秋山から見た彼らの日常などなど、辛い戦争の中でも読んでいてほのぼのとする話で大半は構成されてます。

個人的に、三上が塁とじゃんけんで遊ぶお話がとても好きでした。
じゃんけんの強い三上に意地になって挑戦する塁が愛しくて可愛くて、ふたりの間だけの秘密の三日月型石を大事にする姿に熱いものがこみ上げてきます。
他にも秋山から見た恒、塁、千歳、斎藤、藤十郎を書いた「搭乗員覚え書き」は短い話ながらそれぞれの個性が良く出ていて吹き出すほど面白かったです。

そして後半は三上と塁の睦みごと。
一生懸命三上を誘おうとする塁が何だかもう健気でいじらしくて堪らなかった。
その気持ちに応える三上も包容力の塊で、優しくて男らしくて最高に格好良い。
ふたりのイチャイチャも存分に堪能できた上に、翌朝の塁の軍手くんくんはもう抱腹絶倒。可愛いすぎてもみくちゃにしたいくらいで、にやけ顔が元に戻らなくてしんどかったです。

そして表題作の「青空のローレライ」は、終戦後18年経った三上のひとりでの年越し話。
これは1番最初の「面影」にも少しリンクするようになってます。
塁のいない日々に否応無しに慣れてきた頃、雪の降る大晦日に昭和19年当時のままの塁が三上の家に猫を抱いてやってくるという展開。
うっすらね、うっすら期待しちゃったんです。「恥ずかしながら帰って参りました」とかいう展開になるんじゃないかって……。
まぁそんなご都合展開なんてあるわけもなかったし、三上自身もそれとわかっていて塁との僅かな邂逅を楽しみます。その姿に、ふたりの様子に、表情に、仕草に、その時間のあまりの無常さに読んでいて涙が噴き出しました。
感動の再会ではあるけど、ここで桃色シーンを挟まないのは最高に良かったです。
そしてふたりにとっても大事な懐中時計の別れのシーンで涙腺完全崩壊。

この同人誌を出して下さったことに心から感謝したい。
このお話を読んで、少し心の整理がつけられたような気がします。

2

とにかく涙

泣ける泣ける。とにかく泣ける。いくつかのお話が入っていますが お目当てはローレライの二人です。死にたくないと想いながらも散っていった塁が一人戦後を暮らす三上 の元を訪れる一夜のお話です。ファンタジーの括りになっていますが迎える三上の心がとにかく切なく思いやりに溢れています。本編が逢えないまま死に別れとなる二人なので このお話を読んで僅かながらでも救われた気がします。

1

待望の再販!感無量( ;∀;)

大好きな1945シリーズ。
その中でも契りはしたけれども、添い遂げられなかったお話なのでどうしても切なく哀しい思いと共に心に刻まれてる『蒼穹のローレライ』。
その番外編同人誌です。
長らく品切れで読めませんでしたが、この度再販頂けてやっと読むことができました。
その他の1945メンバーの短編もあります。
涙が止まりません。
今まで塁の存在に切なくなるけれども、残された三上の生涯を思うと胸が張り裂けてました。
でも、表題のお話はファンタジー要素ありのものですが、少し救われました。
ただ、これから純露見る度に涙しちゃいそうです( ;∀;)

同人誌は品切れると次手に入れるのが難しいと思うので、もしも迷っている方がいましたら絶対に入手お薦めです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ