どんな時も、一緒に生きていこう

狐の婿取り-神様、決断するの巻-

kitsune no yometori

狐の婿取り-神様、決断するの巻-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×26
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
44
評価数
10
平均
4.4 / 5
神率
40%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
シリーズ
クロスノベルス(小説・笠倉出版社)
発売日
価格
¥889(税抜)  
ISBN
9784773088410

あらすじ

狐神の琥珀は、チビ狐・陽と本宮から戻り、医師の涼聖と三人で平穏な暮らしを再開……と思いきや、空から手負いの黒狐が降ってきた!?
その正体は、伽羅の師匠・黒曜だった。黒曜は各地で野狐化している稲荷の調査に出ていたという。
そして、琥珀の旧友も同じく野狐となっていた。
彼を助けるために、再び琥珀達が立ち上がることに。
命懸けの任務に、琥珀と涼聖は別離も覚悟し――。
緊張の本編&萌え全開な短編2本を収録♪

表題作狐の婿取り-神様、決断するの巻-

香坂涼聖,診療所の医師
琥珀,狐神

その他の収録作品

  • 烏天狗の恋は遠い
  • 陽ちゃんの夢みる闇鍋
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

黒曜様 登場の本編 + 最後の短編が強烈!

神様まだまだ増殖中の第6弾。
当巻で 伽羅の師匠、黒曜さんが登場しました。
カラー口絵はその黒曜さんと 木馬に嬉しそうに跨る陽ちゃん+シロ。
黒曜さん、かっこいいですが、眼光するどい刑事さんみたいです。
当巻のメインはどシリアスなんですが、メインより後ろについてる短編が
とっても好きなので萌2でお願いします。

メインは、涼聖さんと琥珀様のご活躍で
第7弾「イケメン稲荷」で主役はる、秋の波ちゃんの救出作戦決行!
というものです。
既にレビューをお書きいただいていると思うので割愛。

後ろの短編。
烏天狗の恋は遠い 25Pほど。
大好きな 烏天狗 橡さんと倉橋さんのエピソード。
ぎゃん泣き淡雪ちゃんと一緒に涼聖さん家に一時睡眠しに来た橡さんが
立ち寄った倉橋さんに会って、(2.5で登場)なんか心臓変だオレ なんで?
的な記述まで(笑)くっつくと思ってるんだけど、このカプ。楽しみ。。。

もう一つが強烈。「陽ちゃんの夢みる闇鍋」20Pほど。
大学時代に友達の下宿でやったことある人が何人かいるであろう「闇鍋」。
あれを陽ちゃんがやりたい と言い出し、続きやらかしてしまったお話(爆)
龍神様の入れたものが、最悪、フォローしきれず。。。
伽羅、無念のリバース(笑)。
(琥珀様は可愛い~油揚げ♡ 1枚そのまま ですが。)
そこのシーンをみずかね先生描いてくださって、もう笑いが止まらない~
当シリーズ内のコメディエピソード №1だと思いますっ
みずかね先生がお遊びタッチで描いておられるのって、
あんまり見かけた記憶がないので、とても嬉しいです。
あと、第7弾の予告ページは 伽羅、龍神様、陽、橡、
多分涼聖さんのバンド姿! でした!
この予告ページも毎回楽しみです。
先生方、出版社の方々、有難うございます!
イケメン稲荷の次も 楽しみにしてます!

0

陽は最強だと思う

今回も癒されました。
ちょっとシリアスな展開もありましたが、涼聖と琥珀はあいも変わらずラブラブです。
琥珀は友人である秋の波を助ける際、少しだけピンチを迎えますが最後は意外とあっさり涼聖に助けられます。『神様危機一髪』の方が深刻だった様な・・・。
そして、新キャラの黒曜がまた超絶イケメンで萌えました。黒曜は今後も登場しそうな気がします。伽羅と黒曜ってアリですよね!私としてはもう既にほんのり匂ってる気がするのです。橡と倉橋もそうだけど、今の段階ではそもそも恋愛感情と自覚すらしてないのでなかなか発展しないかなぁ。

それと、みずかねりょうさんのイラストが美しくて毎回楽しみです。本編ラスト、黒曜の絶対に笑ってはいけないシーンはぜひともイラストを、しかもカラーで見たかったです。アレをカラーで見れるなら甘んじてケツバットされるよ、私。(はなから笑う気満々)
みずかねりょうさんの絵、大好きなのですが琥珀と伽羅は時々見分けがつかなくなるので髪型なんかを少し変えてくださると大変ありがたく思います。

2

今回はシリアス展開…!

『狐の婿取り』第六弾です。首を長くして発売を待ってました!!

甘々&ほのぼのに定評があるこのシリーズですが、今回はシリアス展開。かなり切ない部分もありますが、改めて二人の絆の深さを確認して、感動の涙が…。。゜(゜´Д`゜)゜。切ないんだけど、ホントキュンキュン来るのです! もう、二人は絶対ゆらがない…!と。一応シリアス展開と言えど、このシリーズなので痛い感じは無く、肝心の決戦自体はアッサリと片が付きます。注目なのは、その決戦前の二人の絆と言う事で。
本編はシリアス気味ですが、短編が二本付いていて、こちらでしっかりほのぼの成分は補充出来ました!

前回に引き続き、野狐化(穢つ神化)してしまった琥珀(受け)の知己である秋の波を救う、という事がメインの一冊です。穢れが酷く、本宮の結界で抑えられている秋の波に、琥珀が魂を同調させて助ける…という展開です。

今回の新メンバーが、伽羅の師匠である黒曜。クールで威圧感のある神様です。そして美形! このシリーズの神様は、それぞれ趣は違えど皆さん大変な美形揃いですが、黒曜も大変な美しさです。それを、みずかね先生の美しいイラストで!! 伽続き羅にとっては威圧感がありすぎて苦手な師匠ですが、そんな師匠にも陽ちゃんは屈託なくなつきます。戸惑いながら陽ちゃんの相手をしているのを見ると、実はこの人(神様)不器用なだけなんじゃ…と思えます。この師匠が手傷を負って、伽羅の結界内に飛び込んで来た事から事件が勃発。実は、師匠は野狐化した神様の調査をしていて、琥珀にその手伝いを頼むのですね。

野狐化した秋の波に同調する事に失敗すれば、もう琥珀は戻れないかも…という事で、琥珀も涼聖もぞれぞれ悩みます。琥珀は自分にしか出来ない事だけど、涼聖と離れるのは嫌だ。そして涼聖は、行かせたくないけど、琥珀を後から悔やませたくない…と。ここで二人の出した結論に、もう涙、涙で。散々影が薄いと文句を言って来ましたが、涼聖が格好良すぎる…! 出発前夜の二人のエッチは、もう本当に萌えます!!

しかし、決戦はアッサリ目。これだけ盛り上がったのに!!という感想を持たれる方もおられるでしょうが、もうこのシリーズはこれで好しにしときましょうよ、と私は熱く訴えたい…! 一応、この決戦でも涼聖は大活躍でした。

ほのぼの成分補充が出来る短編2編ですが、橡と倉橋がほんのちょっぴり進展する『烏天狗の恋は遠い』と、陽ちゃんに萌え転がる『陽ちゃんの夢見る闇鍋』です。闇鍋編は爆笑もの。しっかり癒されました!

次作も17年度に発売決定との事ですが、ちょっと趣を変えて本宮でのお話になるそうです。今回はシリーズ集大成と言ってもいいのではないでしょうか。シリーズファンの方は必見の一冊だと思います!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ