狐の婿取り-神様、お別れするの巻-

kitsuneno mukotori kamisama owakare suruno maki

狐の婿取り-神様、お別れするの巻-
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
17
評価数
4
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
松幸かほ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
みずかねりょう 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
レーベル
クロスノベルス
発売日
電子発売日
ISBN
9784773063608

あらすじ

大人気・狐の婿取りシリーズ18弾! チビ狐の陽が直面する神様としての選択、そして新展開を迎える本編+にぎやかな短編も同時収録

表題作狐の婿取り-神様、お別れするの巻-

香坂涼聖,診療所の医師
琥珀,陽を育てている狐神

レビュー投稿数1

誰とお別れするの

タイトルでもう半泣きになっていたのですが、なんとか読み終われました。陽ちゃん、ちょっと大人に近づいたお話、本編180P+佐々木と孝太のお話30Pほど+成沢さんのお話20P弱+恒例、みずかね先生の次号予告+あとがき。

大好きなおばあちゃん園部さんの寿命を感じ取った陽ちゃん。激凹みなんだけど、いよいよ園部のおばあちゃんは眠っている時間が長くなってきて・・と続きます。

新しい登場人物は うーんいなかった気がする。橡さんたちは今回ご出演なし。秋の波ちゃんも伝聞だけ。白狐さまはご出演、ちょっと凛々しいシーンあり。

++

もしや陽ちゃんが琥珀様とお別れするのかと早とちりしてしまったのですが、ちがった大事なおばあちゃんとのお別れでした。人の寿命は短く、痛がる様子もなく大往生だったおばあちゃん、私にしてみればなんて素敵なと思う人生の幕引きでしたが、ちっこい陽ちゃんにはなかなか納得いかないものですもんね・・・

いずれ迎える様々な別れを経験して、まっすぐ大きくなってねとただ願う本編でした。琥珀様も思うところあったみたいで、ちょっぴり寂しさ残る後味です。その分、短編の成沢さん話なんかで和ませてもらえるのですが。同担の成沢さん月草さん話はめっちゃ楽しい。

次こそ、怪しげな方々のアジトとかたくらみ全容とか、出てきますかね?!みずかね先生の次号予告はまったく参考にならない内容(伽羅さん美人!ほめてます)ですが2023年には出るみたいです!楽しみにお待ちしています!

あ、一つ書き忘れた。当巻の表紙は神×100クラスだと思います!!!!!

1

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う