うちの殺し屋さんが可愛すぎる

uchi no koroshiyasan ga kawaisugiru

うちの殺し屋さんが可愛すぎる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×26
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
40
評価数
10
平均
4 / 5
神率
20%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
Splush文庫(スプラッシュ文庫・イースト・プレス)
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784781686066

あらすじ

ボディーガードをしている聡一郎は謎の青年・亜鳥を引き取ることに。ヤクザの組長の愛人だったというが、組が解散したことで行き場を失ったらしい。慣れているはずのキスひとつとっても初心な反応を見せる亜鳥。さらには「キスをしたから結婚したんだ! 」とまで言い出した。あまりに無垢すぎる亜鳥を訝しむが、聡一郎はその純粋さに愛しさを覚えていく。しかし、本当は暗殺術のみを仕込まれて育てられたのだと知って……。

表題作うちの殺し屋さんが可愛すぎる

瓜生聡一郎,ボディガード
亜鳥,ヤクザ組長の元愛人?,18歳

その他の収録作品

  • うちの殺し屋さんとスイートホーム
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ウブで健気な殺し屋受け

あらすじ:
フリーランスのボディガード・聡一郎(攻め)は、ヤクザ組長の元愛人だという青年・亜鳥(受け)を預かることに。
世間知らずで、性的なことにも全く不慣れな亜鳥の正体は…

タイトルから亜鳥の正体はモロバレですが、作中の亜鳥はとても殺し屋とは思えない天真爛漫な青年。
彼は本当に殺し屋なのか?どんな経緯で殺し屋になったのか?という謎は物語クライマックスまでお預けという構成です。

聡一郎は、亜鳥を好きにしていいという条件付で、彼を自宅で預かることに。
さっそく初日に手を出すも、あまりに初々しい亜鳥の反応に違和感を覚えます(それでもやることはやってしまうのですが)。

一方の亜鳥は、これで自分は聡一郎のお嫁さんになったのだと思い込み、慣れない料理や洗濯に精を出し…というほのぼの展開。
ぶっきらぼうな聡一郎ですが、ピュアで健気な亜鳥に次第に絆されていきます。

クライマックスで亜鳥の正体と生い立ちの秘密が明らかになり、聡一郎との別れの時が…という展開。
しかしすぐに聡一郎が駆け付け亜鳥を取り戻してしまうため、ちょっと盛り上がりに欠ける印象です。
亜鳥の殺し屋続き設定も、殺し屋の教育を受けたというだけで、実際に人殺しの経験があるわけではないので、タイトルのインパクトの割に中身は弱いかも。

絆された後の聡一郎が亜鳥を可愛がる姿や、雛鳥のように聡一郎に懐く亜鳥の姿に萌はあったものの、ストーリーとしてはコメディとしてもヤクザ物としてもパンチに欠け、やや物足りない印象です。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ