うちの殺し屋さんが可愛すぎる

uchi no koroshiyasan ga kawaisugiru

うちの殺し屋さんが可愛すぎる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×27
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
57
評価数
14
平均
4.1 / 5
神率
28.6%
著者
朝香りく 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
八千代ハル 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
レーベル
Splush文庫
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784781686066

あらすじ

ボディーガードをしている聡一郎は謎の青年・亜鳥を引き取ることに。ヤクザの組長の愛人だったというが、組が解散したことで行き場を失ったらしい。慣れているはずのキスひとつとっても初心な反応を見せる亜鳥。さらには「キスをしたから結婚したんだ! 」とまで言い出した。あまりに無垢すぎる亜鳥を訝しむが、聡一郎はその純粋さに愛しさを覚えていく。しかし、本当は暗殺術のみを仕込まれて育てられたのだと知って……。

表題作うちの殺し屋さんが可愛すぎる

瓜生聡一郎,フリーランスのボディガード
亜鳥,ヤクザ組長の元愛人と言われる青年18

その他の収録作品

  • うちの殺し屋さんとスイートホーム
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

ウブで健気な殺し屋受け

あらすじ:
フリーランスのボディガード・聡一郎(攻め)は、ヤクザ組長の元愛人だという青年・亜鳥(受け)を預かることに。
世間知らずで、性的なことにも全く不慣れな亜鳥の正体は…

タイトルから亜鳥の正体はモロバレですが、作中の亜鳥はとても殺し屋とは思えない天真爛漫な青年。
彼は本当に殺し屋なのか?どんな経緯で殺し屋になったのか?という謎は物語クライマックスまでお預けという構成です。

聡一郎は、亜鳥を好きにしていいという条件付で、彼を自宅で預かることに。
さっそく初日に手を出すも、あまりに初々しい亜鳥の反応に違和感を覚えます(それでもやることはやってしまうのですが)。

一方の亜鳥は、これで自分は聡一郎のお嫁さんになったのだと思い込み、慣れない料理や洗濯に精を出し…というほのぼの展開。
ぶっきらぼうな聡一郎ですが、ピュアで健気な亜鳥に次第に絆されていきます。

クライマックスで亜鳥の正体と生い立ちの秘密が明らかになり、聡一郎との別れの時が…という展開。
しかしすぐに聡一郎が駆け付け亜鳥を取り戻してしまうため、ちょっと盛り上がりに欠ける印象です。
亜鳥の殺し屋設定も、殺し屋の教育を受けたというだけで、実際に人殺しの経験があるわけではないので、タイトルのインパクトの割に中身は弱いかも。

絆された後の聡一郎が亜鳥を可愛がる姿や、雛鳥のように聡一郎に懐く亜鳥の姿に萌はあったものの、ストーリーとしてはコメディとしてもヤクザ物としてもパンチに欠け、やや物足りない印象です。

5

育て直しの親と賢いひな鳥

2017年刊。
過去のちるちるニュース『殺し屋BL』特集で見かけて取り寄せて置いたもの。

フリーランスでボディガードを請け負っている聡一郎の元に無理やり押し付けられた何やら訳ありのあどけない少年。
その少年・亜鳥は天然どころか、聡一郎に付いていった初日早々からネグレクトな生い立ちが判明して愕然とする。
が、この件に関しても読み続けていくと重苦しさは払拭されていくのでご安心を。

亜鳥が世間から隔離されて育った状況を悟った聡一郎は、持ち前の面倒見の良さを発揮して身の回りの家事から生活様式を教えていき、亜鳥はたちまちに様々な知識を吸収していく。
亜鳥は親のような聡一郎にひな鳥みたいに全力で懐くが、早く亜鳥を独り立ちさせないと、と感じ入る彼の気持ちもごもっともだ。
…その育てたひな鳥をガッツリと食べちゃっている(エッチしちゃっている)けれどね…
普段は年の差ものが大好きな自分だが、この話に関しては育て直しの親と賢いひな鳥のほのぼの家族愛的な雰囲気に脳内が侵食されてしまったせいか、惜しい事にエッチシーンを読んでもいまいち萌えなかった。

亜鳥が殺し屋として育てられたわりには血生臭さや残虐行為が皆無で、全体的に読み易い話だった。
あと、亜鳥は元から頭の良い子だってのがはっきり分かるので、”おばか受けっ子”を期待しないように。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ