あの素晴らしい愛をもういちど

ano subarashii ai wo mouichido

あの素晴らしい愛をもういちど
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×223
  • 萌17
  • 中立8
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
18
得点
186
評価数
61
平均
3.3 / 5
神率
11.5%
著者
恋煩シビト 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
発売日
ISBN
9784801962453

あらすじ

恋愛なんてピンとこない。
友達と遊ぶ方が楽しいし、
ネットのエッチ動画で充分満足。
そんなイマドキの大学生・恵は
友達に連れられて行ったゲイバーで
バーテンの幸彦にひと目惚れしてしまう。
初めて芽生えた感情、しかも相手は男性!
自分の気持ちに戸惑いながらも
必死で想いを伝える恵だったが、
なぜか、幸彦の目に涙がーーー…!?

表題作あの素晴らしい愛をもういちど

梅田恵,恋愛をした事がない大学生
柳原幸彦,人を好きになれないバーテンダー

同時収録作品あの素晴らしい愛をもういちど

尊,社会人
柳原幸彦,学生

その他の収録作品

  • epilogue(描き下ろし)
  • カバー下:あとがき

レビュー投稿数18

シビト先生には珍しい作品

シビト先生の作品の中では珍しく未来に希望が持てるような最後だったと思います。

攻めが単純で表情豊かだったのに比べて、受けが無表情でいつも悲しげな表情だったのが印象的でした。

学生時代の初めての恋人に借金を負わされ逃げられた過去を持つ受けでしたが、体当たりで自分を大切に扱おうとする攻めに惹かれて行くのは必然だったと思います。

2人が結ばれた途端に元恋人が現れて受けに言い寄って来ましたが、薄っぺらい態度に気がついて攻めの元に戻って来たのが良かったです。

学生でまだお金は無いけど攻めはきっと良い男に成長すると思いました。

2

王道かつ、超良質ワンコ物語

新刊の発売予定一覧で目に入った「あの素晴らしい愛をもういちど」というど直球なタイトルがすごく印象的で購入を決めてました。
ただシビトさんなので要注意というか「素晴らしい愛」というのが、本人たちにとっては素晴らしい愛かもしれないけど、周りから見たら歪な愛を描いているんだろうなぁ…と思ってたんだけど、この表紙見て驚いた。

すっごく綺麗ーーー!!!そしてなにこの初々しくキスを交わす二人。
ただただ美しくピュアなんですけど…。
2019年アワードで表紙部門に推したい。

この表紙見ただけで今までのシビトさんとは違う作品なのでは??と思ったら、本当にその通りというか、王道正統派のラブストーリーでした。

しかも私の好きな年下ワンコ攻め!しかも駄犬ではなく純情(DT)かつ誠実な超良質ワンコ。

一度も恋したことがなく恋する自分というものも想像できない攻めが受けと出会ったことにより、恋に夢中になってまっしぐらワンコに変身。
対する受けは、初めての男に愛を囁かれ信じたせいで借金を背負うことになった過去を背負う薄幸美人さん。
いわゆる良質ワンコが過去の傷を抱えた美人さんの心を包み込んでまるっと救うという王道ワンコ物語で特に目新しさはないんだけど、これをシビトさんが描いている!ということが私はすっごく新鮮でした。

私は表紙にもなった水族館デートのシーンがとても好き。
会話はないんだけど、ワンコが受けを見て「綺麗だな…」「好きだな…」「触ってみたいな…」「キスしてみたいな…」と思ってる様子が、目で、指先で、全身で表現された末のキスシーン。萌える。

途中、過去に受けを騙した元カレが登場するんです。
美形だけど目の奥が笑っていない男で、こいつが登場すると、ものすごーーーく不穏な空気が漂うあたりがさすが。
そして、受けがワンコを捨ててこの男の元に戻ってしまうのではないか…ダークサイド堕ちするんじゃなかろうか…とかなりハラハラしました。
健全な菓子屋の男ではなく、ダークな背景を持つ元カレと元サヤに収まってしまった「シュガーダーク」の例もあるので、最後の最後、読み終えるまでどこかで落とし穴があるんじゃないか…と半信半疑で読み進めていったのだけど、本当に何もなく、奇をてらうこともなく真正面から愛を描いていました。

超王道と書いたけど、水族館シーンのようなピュアでキラッキラしたものと、過去の男の、あの暗い靄が噴出されてるようなダークさとの対比が見事だと思うし、やつが登場するだけで緊張感を漂わせることが出来るのはやっぱりシビトさんの絵だからだと思うんです。
そして、あの黒さがあるからこそ、キラッキラが一層尊く輝きを放つんだと思う。

でも何でかなぁ、何度繰り返し読んでも、どっぷりと安心して読むことができないのは…。
シビトさんということで何か勝手に心が過剰反応して、ビクビクしながら読んじゃう自分がいます。

あとがきで、デビューして10年、倒錯的で痛い愛をなにかと描きがちだったけど、昔のトレンディドラマのような感じ、温かい気持ちになるようなものを描きたくなったとあって、なるほどー!と。
次回作もこういう路線になるのかなぁ。それとも一冊描いたら気が済んだ…と元の路線に戻るのかなぁ。

どっちにしても、シビトさん、次も買いますので楽しみにしてます。どっちでも私は好きです。

12

王道のストーリーだけれど

作家買い。

表紙がとにかく綺麗。色遣いもいいし、しっとりした絵柄になんとも萌えがたぎります。そして、この本、袋に入ってるんですね。一枚破くのが手間だなあ…、と思いつつ袋から出したのですが、この外装にバーコードがついてるんです。カバーにバーコードがついてないんですね。

なんという神カバーか…!

とちょっと感動しました。バーコードがついていないので綺麗な絵柄が堪能できてちょっと得した気分。版元さん、ありがとうございます。

と、カバーだけに萌えているわけにいかないので感想を。





主人公は大学生の恵。
恋人はいらない、恋愛なんてくだらない、と思っていた彼ですが、友人に連れていかれたゲイバーで、そこで働くバーテン・ユキに一目ぼれ。素気無くされても振られても一途に想いを伝える恵ですが、ユキは過去のトラウマから恋ができなくて…。

というお話。

一途に受けを想う攻めに、その愛情によってトラウマを昇華していく受け。

という、ある意味王道なストーリー。さらに言うと、突っ込みどころも満載。

恵が、なぜそこまでユキに惚れちゃったのか、とか。
ユキはなぜ、薬剤師(薬学部だったという過去がある)ではなくバーテンとして働いているのか、とか。
ユキが恵におちるのが早いなあ、とか。

べたな、と言ってしまっていいのか。
カバー下でシビトさん自身あとがきとして書かれていますが、「昔のトレンディードラマのよう」な作品。

けれど、シビトさんのちょっと退廃的な雰囲気を纏う絵柄がこのストーリーをドラマティックな作品に仕上げているように思います。可愛い絵柄では、この作中に漂うダークな色香は表現できなかったんじゃないかな、と思うのです。

一途に受けを想う、年下わんこ攻め。
非常においしい設定で萌えまくりでした。

ユキの元カレは最低な男ですが、基本的に嫌な登場人物は出てこないので、そこもよかった。ゲイバーのママ(マスターだろうか)が、めっちゃツボでした。

本編通してずっとシリアス寄りな展開ですが、その分描き下ろしの甘々な二人に思わずクスリと笑ってしまいます。

マーキング。

良いよね!
ごちそうさまでした。

10

愛することって素晴らしい

シビト先生の描く美しい男が好きです。
本作も、主人公の一途なワンコ・恵ちゃん、影のあるゲイバーのバーテン・ユキ、ユキを見守るゲイバーの店長・愛、ユキの初めての男・尊(たける)…みんなそれぞれ魅力的です。

そして、シビト先生の描く少し歪んだ愛の形が好きです。
執着だったり、破滅的だったり、そんな痛みを感じさせるようなシビトワールド。

さて、本作はそんな今までのシビトワールドとは少し作風が異なります。
カバー下のあとがきにて『温かい気持ちになるようなものを描きたくなってきた』と心境の変化を語っておられます。
本作では、美しいユキが過去に色恋絡みで借金の保証人になってしまった事から人間不信になっている様、というのは以前からのシビト作品に漂っていた空気感を感じますね。不穏で、痛くて。それでも優しくて一途な年下男性からアタックされて心がほどけていく様は希望があり、ユキは蛇のような男から無事に逃げ出せるんです。
このキレイなハッピーエンディングが「新生恋煩シビト」、なのかな…

以前からの暗い淵に引きずり込まれそうな危うさと、新たに獲得した温かみのある透明感。
シビトワールドの転換期に立ち会えている、そんなことを感じました。

5

傷ついた受けを癒すのは

純情で誠意溢れるDT君でした。過去に悪い男に弄ばれ裏切られた美人泣き虫バーテンダー、ユキさんが色っぽかったです。酷い目にあったので人間不信の根は深かったけど、心優しい攻めの直球攻めで落とされていく様が良かったです。

悪い過去の男は再登場しますが、どうしてあんなことをしておいて許されると思ったんだろう。本当にダサい男。ユキさんに振られる場面はざまあみろ!とスッキリしました。やはり学生なのに薔薇一輪じゃなくて花束でくれて「あなたに似合う」なんて言われてユキさんもキュンときたんだろうな。

表紙の水族館の絵も涼しげでとっても素敵でした。

4

初めての恋、2度目の恋

恋煩シビトさん、人の心の綺麗な部分だけじゃなくて汚い部分も全部さらけ出して見せて、「それでも好きって言える?」と言うような挑発的な作風が好きです。
心を抉られて、読むのも一苦労な作品が多いのですが、それだけに胸に深く残る。
美しい表紙にどきどきしつつ、今度はどんな風に人間を暴いていくんだろうと心の準備も万全に読み始めました。

恋なんてしなくても楽しい。
そう思っていた大学生の恵が出会った幸彦。
一目で心を奪われた恵は、初めての気持ちに戸惑いつつも…。

「恋なんてー」と思う時期って、思春期辺りから恋愛に何の抵抗もなく飛び込めた人以外はわりと感じたことがある感情じゃないかと思います。
恋をして、ひとりのひとに夢中になるより、友達と遊んだり映画を観たり気になるイベントに行ったり、自分の時間を全部自分のために使う充実感が楽しい時期。
でも一度恋を知ってしまったら…、知らなかった頃を思い出せないくらい、何をしても何を見ても、その「たったひとり」に結びついてしまう。
世界が文字通りひっくり返るような感覚。
恋をしているだけで嬉しくてくすぐったくて、でも同時に苦しくて寂しくて。
その懐かしい感覚を、恵の目を通して瑞々しく感じることができます。

初めての恋に全力でぶつかりに行く恵とは対照的に、幸彦の方は過去の裏切りから誰も信じられません。信じないけど表面上の付き合いはする。適当に遊ぶ。でも心の中は誰にも見せない。そんなガードの強い、恋愛初心者には手強すぎる相手です。

展開的には「やっぱりそのタイミングでそうなるんだよね」という予想通り。
ただこの作品の醍醐味は、恋の連鎖かな、と。
初めての恋は誰でも勝手も加減も分からなくて、自分の中に湧き上がった強い感情を相手にぶつけるだけで精一杯になってしまうもの。
相手が悪ければすべて委ねた先に不幸しかなくて、相手を信じて、すべて預けて、恋をした自分さえも否定したいという結果になる。
そんな初恋を経験した幸彦が、あのときの自分のように真っ直ぐで健全な思いを寄せられて、トラウマを払拭するまでが素晴らしいし、恋が甘くてふわふわしているだけじゃなくて、苦くて辛いと恵に分からせるところも良かったです。

ただ一個だけ。
尊は本当に幸彦を利用しただけだったのか、どうかという疑問が残ります。
あのひともあのひとなりに、幸彦を愛していたのか、ただ支配したかっただけなのか。
尊がバーのマスターに見せた紙切れから、もしかしてこの人も不器用なだけだったのかもと思えて、切なくなりました。

またまた長くなってしまいましたが、シビトさんの作品の中ではそこまで抉ることなく、しあわせ要素の多かった本作。
「シビトさん、読んでみたいけど重いのはちょっと…」という方におすすめです。

2

変わるもの、変わらないもの

好きな作家様なので、この作品についてはちょっとフェティッシュな萌えを吐きたいと思います。萌えを吐くって、、美しくない表現ですみません。

これは恋愛に全く興味がなく、むしろ理解できずに軽蔑していた主人公が、性別を超えて初めて人を好きになり、みっともなくジタバタするお話です。

シュールかつ痛くて鬱な展開を色々描いてきた作家様のベタ王道ということで、そこが一番新鮮でした。

まず、ユキの美しいお顔は少年の頃の美輪さまのように妖艶。少しずつ進化している耽美な絵柄や、やっぱりどこか不穏な緊張感を漂わせた雰囲気は変わらずです。不思議だけど先生にしか出せないものだし、先生の作品でしか感じられない独特な空気で大好きです。

そして、キャラの着衣姿から漏れる色気。先生の絡みシーンは二人とも全裸が多いですが、その時だけに晒される細身で均整のとれた受け攻めの肉体が、普段はなんとなくゆるっとした衣服に隠されていると読者の妄想が掻き立てられます。先生はデブやマッチョを描きません。耽美なデブやマッチョ…それはそれで壮絶にエロスかもしれないけど、B Lじゃなくなりそうなので横に置いといて、わたしがここで訴えたいのは濡場よりも逆に服を着ているコマの方がエロいというシビトマジックです。エロスの予感が一番エロい。妄想力!

最後に、緊張感がある中で突然笑わせにかかる外しのセンス。明石家さんちゃんがよくいう「笑いは緊張と緩和」セオリーに則り、落ち込んでいた恵が女友達に連れられてカラオケに行き、酔っ払って新宿の街に放置される一連のシーンはクスッというレベル以上に笑わせてもらいました。ユーモアのセンスって一番人柄が出るような気がします。

電子書き下ろしには、ユキがバイトしているバーの店長、愛さんのエピソードが描かれていますが、これスピンオフ宣告と受けとめてよいのでしょうか?『バラ色の時代』みたいにまた名作が生まれるといいなぁ。やたらにバーの看板が強調されていると思ったら…バーの名前を反対から読むと笑えますよね。

この作品きっかけで先生の過去作品を遡ったら、自分はどう感じたんだろうかとふと思いました。先生も後書きで触れていらっしゃいますが、時系列で追ってきた読者の中には、この作品を読むと「先生、変わったよね」と思う方が多いのでしょうか。前の作風の方が好きだったという人、今の、よりラブな感じの方が好きだという人、どっちもシビト先生だから変わらずに好きだという人もいるかと思います。

いつも同じって安心をくれるけど、変化が無い=成長していない?ともわたしは思います。先生の一ファンとしてはこれからも作品の中に表れる微妙な変化を楽しめたら、それはわたし自身もちょっとは変化しているんだな、と喜ぶべきことなのかもしれません。

でもでもシビト先生の美意識だけは変わらないでいて欲しいな…

1

ちゃんと報われることに救われる

恋煩シビトさんの長編のなかで一番好きです。
表紙イラスト(とっても素敵‼︎)にある水族館でキスをして照れる二人など、特に恋愛している時の幸せハッピーな瞬間やデートの瑞々しさは随一かと思います。
一目惚れのキスは唐突でしたが、惠の素直で真っ直ぐクセのない性格良かったです。こんな愚直な主人公がちゃんと救われるハッピーエンドは気持ち良いです。バラの花束ってかわいい。
ドロドロは少ないのですが、恋煩シビトさんの描く登場人物の何とも言えない怪しげな登場の仕方がいつも好きで、それがないと物足りないので、今回とても満足しました。

0

純情年下ワンコ

作者さんの作品は仄暗い物や、バドエンのイメージがあって(全てちるちる内の情報からですが)、手を出さずにいたのですが、こちらは大丈夫そう?と読んでみました。
なんと言ってもこの表紙は素通り出来なかった。美し過ぎます。

お話は恋をしたことがない大学生の恵が、ゲイバーのバーテンユキに一目惚れをするところから始まります。
自分が男に恋するなんてと戸惑いながらも、ユキの事を知りたい一心で待ち伏せたり、話がしたいと詰め寄ったりと可愛いワンコです。
ユキにデートしてもらえたり、付き合うとなった時の表情がホントに幸せそうで、犬耳と尻尾がブンブンとなってるのが見えちゃうほどでした。

一方ユキは過去の恋愛のトラウマから、相手を信じられず好きになれなくなっているんですが、恵の一途さや可愛らしさに絆されて一歩を踏み出そうとした矢先に元カレが現れて…。
どのツラ下げて戻ってきた?って2、3発ブン殴りたい気分でした。ユキにはそのくらいの権利あったはずなのに。
元カレと元鞘展開になったらどうしようかと思いましたー。

作者さんがあとがきで書かれているように、トレンディドラマ感溢れるお話でしたねー。
一途な攻めが、陰のある美しい受けに真っ直ぐ気持ちをぶつける。
最低で魅力的な当て馬が現れる。
本当の愛に気づく受け…みたいな。
こう書いてると、王道のBLってトレンディドラマ風なのかな。

2人が、人を好きになるって素晴らしいって事に気づけて良かったです。

0

シビトさんがトレンディードラマですと??

このタイトルとこの書影で、しかし作者はシビトさん。
一体どんなお話なんだろうか?と想像つかずにおりましたが、やー意外でした!
これまでのシビト作品のような黒さが1ミリもない!
これはもしかしたら他のシビト作品を知らない方のほうが先入観なくするっと読めるかもしれません。
ただ電子特典の内容・・・こっちでそうきたか、と思いました。安定の黒シビトトーンです。
こっちの2人でスピンオフあったりするのかな?

雑誌もテレビも恋愛至上主義で、恋愛していないと人生損してるみたいに言われちゃう世の中で、彼女いない歴=年齢の主人公〔恵〕は「そうかな?」と思いながらそれなりに充実した毎日を過ごしている。
恵のこの感覚は私も「あー解るなー」って感じなんだけど、恋愛至上主義をバカにしているわけでもくだらないと思っているわけでもなく、作中で恵が言っているように、ただ“ピンとこない”。
そんな主人公が電撃の恋に落ちたら・・・?!というお話です。

やー、トレンディードラマでしたね!
例えるなら路上で人目を気にせず愛を叫ぶような。
一途に全身全霊で愛を叫ぶワンコと化する恵が可愛いです!
お相手の〔ユキ〕がいかにもシビトキャラっぽい薄幸ダメンズウォーカーなんですが、こちらも全然フラフラしたりしません。
途中で元カレが出てきた時は多少の波乱も覚悟したのに…!
安心して読める王道ラブストーリーでした♪

ただ、何故でしょう……。
普段の私なら「理想的な2人( ´ ▽ ` )」ってなってそうなのに、なんだか得体の知れない不穏さをストーリーとは関係のないところで感じずにはいられない・・・素直に読めないのです。
あとがきを読めば、普通に素直に読めばいいお話だってこともちゃんと分かるのに。
すでに取り返しのつかないところまでシビトさんの黒い世界に浸かってしまっているのかもしれません。

タイトルと内容が微妙に噛み合っていないモヤモヤ感も残ります。
なんでこのタイトルなんだろう?
シビト先生……このお話はこのまま素直に受け止めて良いのですか??


冒頭で触れた電子特典の内容は、ユキが働くバーのママとオーナーのかなり不健全さを匂わせる関係な2人のショートです。
ド王道な本編の落ち着かなさとは対照的に、なぜか妙な安心感がありますw

【電子】レンタ版:修正△(元々描かれていないのか白抜きっぽいコマも)、カバー下○、裏表紙○、電子限定特典(4p)付き

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う