人狼が妊娠、そして出産――!?

蜜情

mitsujo

蜜情
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×212
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
86
評価数
23
平均
3.8 / 5
神率
17.4%
作画
鳥海よう子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
岩本薫 
媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
シリーズ
発情
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784799738627

あらすじ

人狼の血を引きヤクザを生業にする神宮寺家。
長男の迅人は、敵の組の組長・賀門と禁断の恋に落ち、英国へ駆け落ちをする――。
そんな束の間のハネムーンを過ごす迅人を襲ったのは、英国にいた“人狼"で――?

同時収録は人狼×人間カップルv
攻人狼、受人狼、ダブルでもふもふに愛される、
獣充な本作、描き下ろしでは人狼の赤ちゃんが誕生!
また岩本 薫先生の書き下ろし小説では久しぶりの“夫婦だけの夜"を追いますv

表題作蜜情

神宮寺峻王、神宮寺家の次男、高校3年生
立花侑希、峻王の恋人で高校教師

同時収録作品蜜情

賀門士朗、元組長、迅人とイギリスに駆け落ち中
神宮寺迅人、神宮寺家の長男,士朗と駆け落ち中

その他の収録作品

  • オールハピネス
  • Lovey-Dovey
  • (鳥海よう子)あとがき
  • (岩本薫)あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

個人的に1話目がメインディッシュ。

小説原作のコミカライズ 第3弾。
発情→欲情と続いて、こちらの蜜情へと繋がります。

帯にも書かれているネタバレなのですが、
妊娠出産要素あり。
体が変化し女性に近づく設定です。
苦手な方はご注意下さい。
(※絵では表現されていないので外見は男性のままです)

原作既読。
小説のボリュームと比べると展開のアッサリ感は否めませんが、
漫画の良さを楽しむことが出来ました。
蜜情は欲情CPメインで進みつつ発情CPの様子もしっかり描かれています。
個人的に発情CPがめちゃめちゃ好きなので嬉しかったですヾ(*´∀`*)ノ

初っぱなから発情CPの甘々エロエロに(∩´///`∩)ヒェェェェなのですよー!
(現在リブレさんのTwitterで試し読みできるから是非♡)

正月前夜の荒々しく貪るエッチ!
かーらーのー、
翌朝の清楚な和服姿での挨拶。
なにこのギャップー!(∩´///`∩)堪らん。

1話目に2プレイ入ってるのですが、
2回目の和服エッチが素晴らしくエロいッ(^///^)
峻王の雄臭いガツガツした攻めも、必死に受け入れる先生のグズグズっぷりも、萌え滾る////

小説と比べると話の構成が違うのですが、
1話目に峻王と先生の間にある『問題』を持ってきててフラグになっています。

先生は”人間”の男。
どう頑張っても跡継ぎは産めない。
どれだけ望んでも峻王との子宝はナイ。
思い悩む先生をシッカリ受け止め抱きしめる峻王にジンワリきました。

そして、逃避行中の欲情CPへと話は移っていきます。

海外の片田舎で幸せそうに暮らしている賀門と迅人。
フェ○しながら耳と尻尾出しちゃう迅人の顔が可愛いのなんのって。
エッチしながらずーっとケモ耳攻めてる賀門がエロいw

そんな蜜月期を送る最中、
迅人の前に怪しい人物が現れ、狼が襲ってきます。

相手は、海外に生息していた人狼・ゴスフォード家。
跡継ぎが授かれず、このままでは血が絶えてしまうーーー。
焦っている彼らは男でも子が産める人狼【イブ】に望みをかけています。
そして、その【イブ】は迅人であると…。

狼の襲来、加えて迅人の体調不良。
このままでは迅人の身が危険だと日本に帰国することを決めた賀門。
主治医の水川に診察してもらうと、迅人は子を宿してると言われーーーと展開していきます。


帰国後は御三家が厳しい目を光らせ軟禁状態。
ゴスフォード家は日本まで追っかけてくる。
思わぬ妊娠で動揺してる迅人に余計なストレスをかけないで~;となるのですが、
傍で支えてる先生の頼もしさが…!
力強い言葉で励まし優しく笑いかける姿に温かな気分になる(;///;)

迅人を第一優先で動く先生をサポートする峻王もカッコイイです。
先生を傷つけられたときの怒りの牙にめっちゃ萌える(∩´///`∩)

で、賀門ですよ~。
迅人を守るときにみせた表情がもうね、ほんと胸鷲掴みされる。
親になる以上逃げてばかりじゃいられない。
迅人を、生まれてくる子供を、堂々と幸せに出来るように。
賀門の力強さが眼力から伝わってとても良かったです。

描き下ろしの後日談では
コロコロした赤ちゃんにメロメロの先生がw
そんな先生を見て赤ちゃんに嫉妬する峻王が可愛かったです♪

原作者さんの書下ろし小説では、
子供を産んだ後 長くセックスレスが続いてた2人の久々の♡♡♡
身体の変化につきまとう迅人の不安を払拭する求め合いが良かったです。

カバー下の未公開ショットは甘々ラブラブシーンばかりでニヤニヤ堪能しました♪

コミカライズ版には描かれていませんが、
原作後日談に書かれている月也と先生の会話が涙・涙なんです(;///;)
月也が先生を思いやるセリフがグッときますので、未読の方は是非。

8

Bella

Nice to see you agian!
It's such a joy to read your comments!You're so cute. n(*≧▽≦*)n
I like all the story lines about Takao and Yuki,too.But it's really a pity that they have no children.( >﹏<。)~
They only have each other. I hope they'll stay happy together forever! o(*////▽////*)q

オオカミはより生き生きと、艶っぽいシーンはより官能的に♪

岩本薫先生の発情シリーズのコミカライズ3冊目!
鳥海先生の絵が好きで読み始めたシリーズですが、冊数が増える度にさらに画力がアップしていき、オオカミの動きはより生き生きと、エロいシーンの艶っぽさは官能度も上がってたまりません♪
絵の素晴らしさは表紙を見るだけでわかりますよね。
人間、オオカミの迅人を抱こうとしてる士朗が鏡面のようになっている表紙が素敵すぎます!

シリーズ2作目『欲情』で士朗と迅人(人狼一族・神宮寺家の兄)が駆け落ちしたその後のお話。
迅人が出て行ってしまったので、弟の峻王が神宮寺家唯一の跡取りになってしまった。
でもシリーズ1作目『発情』で峻王は侑希という男の番(つがい)を見つけ、家族として迎え入れているものの、このままでは由緒正しい神宮寺家の人狼の家系が途絶えてしまう。
そこで侑希は、峻王に女性と子供を作ることを勧めるけれど、峻王には侑希しかいなくて…(女は子供を産む道具みたいな展開は大嫌いなので、そうならなくて良かった)
で、二人の熱い夜がやってきます^^
鳥海先生って裸体をとーっても艶っぽく美しく描く作家さんなんです!
体位を変えるヒネリとか、感じちゃってのけ反ってるラインが美しくて見とれます♪

駆け落ちした二人はというと、英国のド田舎・コッツウォルズで暮らしてます。
クリスマスに士朗が手作りのペアリングを迅人にプレゼントして、ただただ甘い二人♪
そのまま初夜に突入、感じてしまった迅人は耳と尻尾を出してしまっての甘い夜!
『欲情』で朝チュンの会話だけで済まされてしまったシーン、カバー下のそれらしいラフ画から想像で補完していたシーン、”迅人が士朗をの咥えただけで感じてしまうところ”が本作ではしっかり描かれてる~♪♪♪
ちっちゃいラフ画から一生懸命想像していたシーンが見れてとにかく嬉しい!

そんな幸せな二人だったけど、迅人が人狼に襲われ、体調も悪く、士朗は逃避行をやめて迅人を日本に連れ帰り、一族の医者に見せると迅人は妊娠していて…

それからは弟カップルの助けられつつ、甘い恋人から、家族になっていくお話。
ヤクザで家族を持つことを諦めていた士朗、士朗のために家族を一旦はすてた迅人と一族との和解、そんな二人の力になろうとする峻王と侑希、”家族”がキーワードになっているなと感じながら読んでました。
あとがきによると、鳥海先生もそこにポイントを置かれていたんですね。
兄カップルも、弟カップルも、甘いだけの関係から、その一歩先に進んだように思える3冊目でした。

「Lovey-Dovey」は岩本先生描き下ろしの小説。
迅人は出産前後、女性体らしくなっている自分の身体を士朗に見られたくなくて、夜の営みを拒否していたっていうのが、その不安も愛してるからこそでいじましいなって思いました。
迅人が男性体に戻って、士朗に求められて…な熱い夜。
このシーンも鳥海先生の画力で再現されて欲しいです。

そしてシリーズは、迅人が産んだ次世代に移るのですね。
岩本先生のあとがきによると瑞々しい高校生カップルの話になるとか。
親世代はとても艶っぽかったので、瑞々しいのが想像できませんが、鳥海先生による新たなコミカライズも決まり、どんな新しい一面を見せていただけるか楽しみにしています。

ただ、私は迅人と峻王の父、一族の統領である月也さんが大好きなんです。
激高することはなく物静かなのに、熱いなにかを秘めていそうな月也さん。
パレレルストーリーでも良いので、月也さんメインの話も読みたいです!

2

賀門の大きな愛情にしびれます

小説の蜜情が手に入らなかったのでコミックで読めて満足です。

あの二人が仲睦まじく英国でひっそりイチャイチャ暮らして幸せに過ごしていたんですね。

そんなところに英国のゴスフォード一族が迅人を狙って。迅人の体調もすぐれず賀門は日本に帰る決断を。

冒頭で先生が跡継ぎを残せないことを気に病んでましたが、なんと迅人が妊娠していて!
跡継ぎにと父から言われ反発しますが、神宮寺のみんなから守られ愛され賀門も受け入れられて無事に出産に到ります。

賀門の愛情深さにジーンと来ます。そして家族に縁がなかった自分に家族ができたと喜ぶ。良かったですね。

迅人は賀門が妊娠をどう思ってるのか、体が変わったり出産してもう性的に求めてくれないんじゃないかと心配してましたが、杞憂でしたね。
賀門の愛は大きくて揺らぎなくて。

双子が産まれた後の子育ても大変そうですが家族で過ごさせてもらっていて良かったです。

BLの妊娠出産は内容により好みが別れますが狼物は好きです。

これで続きの小説が読めます。

1

カバー下の未公開ショットも必見!

小説は読んでいるので内容は知っているのですが、漫画になるとまた違った面と、動いてる~って感じで楽しみました。

特にモフモフ!
迅人の狼耳と尻尾が出てのエッチシーンは悶絶です~。
思わずきゃーーーーってなりました(///m///)ごちそうさまです。

「オールハピネス!」はちびモフ堪能し放題でした♪
迅人のママ姿もですが、双子を慈しむ立花先生の母性丸出しな感じ、とっても可愛かったです。

岩本薫先生のSS「lovey-dovey」は意味知らなくてグーグル先生に教えて貰いましたよ~。
「ほれた、のぼせた、感傷的な、甘ったるい」だそうで、正にそんな一編でした!
そして、おまけの奥付ページの希月と峻仁の可愛い後ろ姿にもやられました~( *´艸`)

小説読んで無い方にはぜひ原作もお薦めです!

2

逃亡の末に…あの二人が帰って来ます‼︎

「欲情」のラスト、手に手を取り合い国外へ逃亡した賀門と迅人。英国はコツウォルズ(いかにも。狼の血族がいそうな地の一つです。)で静かに暮らしていた二人は。
没落した人狼一族の子孫繁栄の為、迅人はゴスフォード一族に狙われます‼︎な、なんと⁈迅人は男性型であるに関わらず、妊娠出来るという珍しいカラダで既に賀門との間の子供を宿していたのでした。オメガバースみたい‼︎体調を心配した賀門は迅人の弟、峻王を頼りに日本へと帰ります。折しも神宮寺家も男を番に持つ峻王では世継ぎが望めないと御三家が気を揉んでいました。
このままでは2人の間の子供を神宮寺家に取り上げられてしまうと危惧した迅人はまた逃亡を図ります。そんな時、ゴスフォードの一派が日本まで追いかけて来て…

事件あり。波乱あり。ですが、迅人、峻王の人狼兄弟の兄弟愛、賀門×迅人、峻王×先生のそれぞれの番の愛は揺るぎないので、安心して読めます!2組の睦みあいが読めるのも「蜜情」の凄いところ!超エロエロです♡そして、とうとう生まれる新しい命!産まれたては仔犬です。人要素ナッシングです!可愛い〜♡コロコロ〜♡よちよち〜♡
書き下ろしショートストーリー「Love dovey」もめちゃエロいです。折しも「ちるちる」のコラムに出ていた難読漢字例文みたいになってまして…ただただエロいです。

欲を言えば、事件がその重大さの割に意外とアッサリ終結しますので。そこがビックリしたかなぁ。でも幸せそうなみんなが見れて良かったです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ