神の落淫―黒豹国主と新たな神―

kami no rakuin

神の落淫―黒豹国主と新たな神―
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×211
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

75

レビュー数
7
得点
86
評価数
21
平均
4.1 / 5
神率
33.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
海王社
レーベル
ガッシュ文庫
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784796411813

あらすじ

商業国・ガラで神となるのは、美貌と技芸に優れた最上階女郎。
だが、神は数年で命を落とす。次の神に選ばれたのは東の楼閣の最上階女郎であるタキの姉だった。
報を受けて恋人と心中を図る姉を見たタキは、二人を逃がし身代わりとなる。
死を覚悟していたが、黒豹国主と呼ばれ恐れられている国主・リイドは、
男と知ってなおタキを神に仕立てようとした。
無垢な身体を拓かれ、タキは夜ごと快楽を植えつけられることになり…。

表題作神の落淫―黒豹国主と新たな神―

リイド=シュラハ、ガラ国国王
タキ、姉の身代わりに神候補となった青年、20歳

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数7

あとがきにあった通り

触手がいい仕事してます。このシリーズの陰の主役は触手なので。前作は美しい天上人が囚われて触手責め、今回は娼館の美しい姉の身代わりで神という名の生贄のような存在にされた弟が触手責め。

さて第3作はどんな国でどんな受けが触手責めに合うのか。イラストが毎回違うのも楽しみです。前回の座裏屋さんも良かったですが、今回のCielさんも美麗でお話に合ってました。エロい触手もばっちり描いて下さいました。

半透明の触手とか透明の着物とか、素敵なエロ設定を考えついた時、作家さんは「よっしゃー!」って感じで楽しくてたまらないんだと思います。それをまた美しい絵で具体化して下さる絵師様がいる。あー日本に生まれて良かった!と思う今日この頃です。

ほぼ触手の感想だけになってしまいすみません!

2

前作を読んでいなくても楽しめた

「神」に選ばれたタキの姉。神に選ばれたものは数年で命を落としてしまう。姉にそっくりなタキは、心中しようとする姉と姉の恋人を逃がすため、身代わりに...。国主リイドは、健気で一生懸命なタキに凍りついていた心を動かされ、リイドを拒絶していたタキも、リイドの内なる優しさに惹かれていく。そうして2人は気持ちを自覚し、お互いを想い合う仲に。リイドはタキのために国主を降りる・タキを神にしないことを決意。それをよく思わない従兄弟がリイド不在の際、タキを薬で誑かし神にしてしまう。神になったタキは壊れ、意思疎通が取れない状態に。悔やんだリイドは神制度廃止を決心し東奔西走した結果成功。目的を達成させ久方ぶりにタキに会うと、好きな本の一節をタキが虚ろに口にする。そしてなんとタキが正気を取り戻す!

話の進み方はリイド・タキ目線とコロコロと代わるので2人に感情移入しやすく楽しく読めました。タキが神の時はリイド目線で、私まで辛い気持ちになりましたが、その分タキが正気に戻った時の感動も凄かったです。うるうる来てリイドみたいに泣きそうでした。(笑)

目線が変わるという進み方でストーリーも私好みでした。1作目があるのを知らずに2作目のこちらから読みましたが何不自由なく楽しく読めました。お話に出てきた、神制度を最初に廃止した国が前作での国なのかな?1作目も読んでみようと思います(^^)

3

前作以上に触手ちゃんたち大活躍です。

前作の『神の飼育』がめちゃくちゃドはまりだったので期待過多だったのもあるのですが、ゲス好きの私にはメインカプがちょっとピュア過ぎて今一つのめり込めませんでした。

さらには『神制度』の維持のため今回の舞台となるガラでは最高の女郎を神にしつらえるのですが、その神を作り上げていく課程はなかなかエロくて読み応えがあるものの、そもそもこの神様がいることで何の役にたっているのかが私にはよくわかりませんでした。

『神』について『商品』という言われ方をしていたので、てっきり愛欲を知り尽くした淫靡な身体を使って不特定多数と神としての交わりをするとか、エっロエロの祭事をするとか、エロさを生かした最高級の金儲けの道具にでもされるのかと思いきや、民衆の前に透け透けの装束を着てお披露目するだけで終わりのようだったので、淫蕩な表情や仕草さえできれば精神まで破壊しなくてもいんじゃないのかなぁ…なんて思ってしまい、ちょっともやもや。

そして次の神に選ばれた姉の身代わりとなったタキはあまりにも純粋無垢で無知で幼いし、そんなタキの健気さに救われてしまうリイドはある意味単純で、甘酸っぱすぎる二人が私にはあまり萌えられませんでした。そんな中、世間擦れしていたメルヴィンの非道なゲスっぷりはなかなかよかったのですが、残念ながら当て馬として引っ掻きまわしてくれるなんてこともなく自爆。う〰️っ、もったいない。いいキャラだったのに。

しかしながら今回もいい働きをしてくれたのが触手ちゃんたち。ちょっとやり過ぎじゃないの?ってくらいに前作以上にくねくね、ぬちゃぬちゅ、ネチネチと執拗に責めまくって萌えさせてくれました(笑)次のノイエでは神様にどんな絡みを見せてくれるのか楽しみです!

3

2か国目

触手三部作と聞いているものの2作目。
緩やかな約束をしてくれる終わり方で、大変嬉しかった前作でしたが、当作は快楽主義を誇る商業国ガラ。そこの神様のお話でしたが、神様といっても人間たちの都合によって作り上げられた普通の人間の神でした。神と名の付く限り、どうしても何らかの力を・・・と思い、特に当作の神って何のためにいるの?と強く理不尽さを感じてしまって、萌が減っちゃいました。触手がもともと苦手なこともあって(じゃあ読むなよという話もあるが)、すいません、中立です。空気読まない評価で申し訳ない。お話は凄いんですよ、ただ中間だ!という気がして、この本だけだと終わった感がなくて少し気持ちが宙ぶらりんです。

お話はガラの神が死に鳥葬に付され、次の神としてタキの姉であるユキノが選ばれたところから始まります。この国では、全ての民を膝かせる「神」となるのは、究極に淫靡で艶やかである最高の女郎。来年には楼閣を出て恋人と一緒になるはずだったのに選ばれたため、絶望し、恋人と最上階の部屋から身投げしようとしている姉を見て、弟のタキは自分が姉のふりをして国主のもとに行くと告げ・・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
受け姉、姉の恋人、攻めの従兄(商業大臣)ぐらいかな。
少しだけ挿絵情報:姉のふりができるぐらい「そっくり」なタキについてCiel先生渾身の一枚が。輝土の衣装をまとって神のお披露目に出かける前のシーンなのですが、タキの衣装もリイドの衣装もとても素敵です。これをカラー口絵で見たかった・・・

****以下は内容に触れる感想

三か国で和平を結ぶために作った「神制度」。1国1人の神をたて、3人の神は平等、その神の下、人民を支配していくというものでガラはガラらしく女郎が「神」。あくまでシンボル、制度維持のためだけのもの。国主も世襲などではなく、一番金を持っているものが国主。

えーこんなんで国がよく成立してるなあと驚きでしかありません。
そんな中、訳あって国主になったリイドが、純朴なタキに会い、国主らしい考えのできる人で本当に良かったんですが、この国だけのお話だとなんだか落ち着かないです。

紆余曲折があってなんとか落ち着いた二人は良かったのですが、3か国目が非常に気になります。ノイエはどのように考え動いて、3か国はどのような将来に向かっていくのか。1か国目の神「桐羽」と敷島のその後も非常に気になるので、シリーズ3冊目でなんとかノイエの話と3か国すべての将来をなんとか決着つけていただけると凄く凄く嬉しいんだけどなあ・・・と壮大に夢見ています。国の攻防話に気が取られて、萌え上がる暇がなかったというのが正解かも。

3か国目のお話に、このシリーズのすべてを託して、楽しみにお待ちしたいと思います。

3

高潔!

前作『神の飼育―真白き神の恋―』が日本を思わせる軍人の国であったのに対して、今作はアラブ・ペルシア方面っぽい商売の国。
「あああっ!だからイラストレーターさんが変わるのかっ!」と気づいたのは、読み始めて「前の本より読みやすいような気がする」と思ったから。
前作を読み返して確かめた訳ではないけれど、文章(特にリズム)も変えているような気がしたんですよ。
つまり、三国(前作の輝土、この本で書かれるガラ、そして次作のノイエ。隣接しています)それぞれのイメージにぴったりの文章・イラストを提供してくださるという企画?
それって素晴らしい(歓喜)!

今作から読んでも「お話が解らない」ということにはなりませんが、この三作に共通して出てくる『神制度』については、前作の方が詳しく書いてありますのでそちらから読んだ方が解りやすいかと。まあ、順序はどうあれ三作全部読んで、それぞれの国のあり方や手触りを比べ、楽しむのが良いんじゃないかな、と思っています。

私が沙野さんのお話を読んでいつも思うのは『作者の高潔さ』なんですよ。
姉の身代わりとなって、神になるため自分を差し出タキは、楼閣で下働きをしていた子なんです。
リイドに、自分の価値を示せば命をつなげてやると言われて、タキが選んだことは『掃除』。
「胸を張って、きちんとできることは、やはりこれまでの人生で積み重ねてきたもののなかにしかない」
……こういう記述が飛び込んで来るんですね。
これだけで、タキが『ただ姉の身代わりになって、命を削る神になろうとしている可愛そうな青年』ではないということが解っちゃうんです。『不遇な出来事のせいで楼閣の下働きをやっていたことも、彼の人生の中では有用な出来事であったと捉えられる青年』なんです。
ね?高潔でしょ?
こういう描写の積み重ねがあるからこそ、リイドの心境の変化がすんなり理解できる。
私が沙野さんのお話を愛するのは、こういう処なんです。

また、この三部作のテーマには『知ること』や『考えること』そして『正義とはなにか』『平和とはなにか』という、結構重くて、考えることがしんどいものがあると思います(途中で「ハーバード白熱教室かい?」と思っちゃう部分があって、読書を止めて考え込んでしまったですよ)。
こういうことをお話の中に持ってくるのも「沙野さんって高潔な人だなぁ」と思ってしまう所以。
無知だから無垢なのではなく、世界の理を自分なりに理解した上で更に無垢であるという、そんな感慨をリイドに抱かせるタキだからこそ『自分の神』とまで言わせることが出来るんだろうなぁと、こちらも凄く納得。
それに対してタキはリイドを『太陽』って思っちゃっているんです。
この手の大げさな表現が上滑りしないっていうのは、前にも書きましたが丁寧な積み重ねの描写があってこそ。
読み応え、ありました。

沙野さんだもん、エロ方面のお話を。
前作にも出てきた『蔦触手』。
前作にも増していい仕事をしています(タキ、ごめん)。
ガラではこういう風に使われていたのね。

でも、私が今回「またしてもエロチャレンジャーだな」と思ったことは、お話の最後半に出てきます。
言わば『人間蔦触手』。
これは!(読んで楽しんでください)

6

めちゃくちゃ感動しました!

大変申し訳ない事に、当初は超エロエロを期待して読みました。
で、超エロエロなんですよ。まさに期待通り。

なのですが、実は予想もつかない方向に展開してゆくストーリーの方に心を奪われ、もう夢中で読み進めてしまいました。
二転三転するストーリーも最高な上に、この二人の純愛にめちゃくちゃ感動するのです。


内容ですが、「神の飼育―真白き神の恋―」のシリーズ作になります。
が、今作での舞台は商業国・ガラであり前作を読んでいなくても問題なく読めます。

で、序盤はあらすじ通り。
「神」に選ばれた姉の身代わりとして城に入るタキ。
そこで傲慢そのものの国主・リイドと対面するー。
何故か、男と分かってもタキを「神」に仕立てあげようとするリイド。
神になるための「仕上げ」とはー・・・と言った感じで。

この「神」を作るための儀式(?)と言うのが相当淫靡なんですよね。
神触手シリーズと言うことで、触手に嬲られまくる主人公。
また、人間を神に作り替える方法に則り、何も知らない無垢なタキの身体を徐々に拓かせと、のっけから超エロエロで読ませてくれます。

が、この作品の真髄はここから。
超傲慢でタキを「神」にするための道具としか見ていないリイド。
また、姉の恋人を密かに想いつつも、ずっと自分の為に辛い思いをしてきた姉の為に自身が身代わりとなり、神として死ぬ決意をするタキ。
と、最初はかなりリイドに腹が立つのです。
健気なタキが可哀相で仕方なくて。
それがですね~、途中からそんな傲慢そのものに見えたリイドの真実が語られる事が上手い。
実は彼の姉も過去に「神」にされていて・・・と。

で、タキの健気で真っ直ぐな気持ちに触れるにつれ、凍っていた心が溶け出すように「優しさ」を取り戻すリイド。
王を降り、タキと二人で生きていく決意を固めますがー・・・。
からの、怒濤の展開です。

何だろう・・・。
不憫な受けが報われて、「良かった! 本当に良かった・・・!!」からのどんでん返しです。
いやもう、ページをめくりながら気が気では無い・・・!!
すっかり油断させてからの、一転するストーリー。
しかしこのストーリー運びにより、お話に一気に引き込まれると申しましょうか。
あのまま終わってしまえば、面白くはあるけど正直そこまで強く心を動かされはしない。
しかし、この展開により、一気にお話に吸引力が増しと言った感じで。

前半はどちらかと言うと、タキの方に強く心を動かされながら読みました。こんな健気な子がと、切なくて切なくて。そしてリイドに対して怒り心頭。
しかし、後半からはそのリイドに心を動かされる・・・。
彼のタキを想う深い愛情に泣けて泣けて(´;ω;`)
あれ程イラついていた攻めに、ガラッと心証が変化すると言うのが凄いです。
なかなかこうは持って行けない。

あとですね、終盤の二人のシーンが凄く感動的でした。
本当に泣けます。イラストが相乗効果で更に感極まらせてくれます。
また、エピローグでのタキのモノローグがとてもいい。
凄く余韻が残るラストです。
二人で、これから幸せになるんだなぁと。
あと、私は不憫で健気な受けが報われる瞬間と言うのにカタルシスを得ますが、今作では二度も味わう事が出来ました。健気受けが報われる瞬間がお好きな方、ご期待下さい!!

最後になっちゃいましたが、こちら超エロエロです。
特に触手プレイがもう凄い事になっています。
個人的には(気の毒ながら)萌えてしまいましたが、受けがいたぶられるのが苦手な方はご注意下さい。

5

困難を乗り越える恋人たちに萌えます

作家買い。

作家買いですが、Cielさんの描かれた表紙が麗しい…!が、しかし、ドドーンとエロスも漂ってますのでリアル書店で買うのはちょっと勇気がいるかも(私はリアル書店で買いましたけども☆)。

沙野作品の『神の飼育―真白き神の恋―』のスピンオフ。『神の飼育~』は輝土国が舞台でしたが、今作品は神を擁する輝土・ノイエ・ガラの三か国の一つ、ガラが舞台。

神を擁する、という部分は同じですが、神になる存在や、成り立ち、立場は輝土とは若干異なります。前作が未読でも理解できるストーリー展開になっていましたが、でも、まず前作を読んでからこちらを読むと細かいところでリンクしていたりするので2作品ともにより面白く読めるかなと思います。

ネタバレ含んでいます。ご注意ください。







主人公はガラの娼館の一つで下働きとして働くタキ。
タキには美しい姉・ユキノがいて、彼女は娼館で娼婦として働いている。やっと年季が明け、来年には恋人と結婚できる、という今、時期神候補の一人として名指しされてしまう。

「神」になった者は長生きできず、5年も生きられないと聞く。その事実を知ったユキノは、恋人と二人で心中しようとするが、そんなユキノの身代わりをタキが買って出る。

時期神候補として国王のもとに召し上げられたタキは、そこで現国王のリイドと出会うが―。

というお話。

リイドは黒豹国主と呼ばれるほど冷徹で寡黙。
はじめはタキに厳しい言葉を投げかけたり辛辣な態度をとるものの、彼自身、何か内に秘めたものがあるようで、彼の心中を計りかねます。

一方のタキ。
姉の身代わりに自ら名乗りを上げ、そして男の身でありながら輿入れする。
王道設定ではあるのですが、でも、タキが身代わりを買って出た理由がきちんとあるために話が上滑りすることなくタキに感情移入してしまう。

姉の代わりに、そして他の人が神となり過酷な日々を送る日が少しでも短くなるように少しでも長く自分が「神」としてあり続けようと奮闘するタキが、めっちゃ健気で可愛いのです。

寡黙で人を信用しない国王・リイド。
自分の運命を受け入れ、少しでも理想の「神」となるべく奮闘するタキ。

その二人が少しずつ心を通わせ、想いを通じ合わせる二人。

めっちゃ定番。
めっちゃ王道。

なのですが。

ここで終わらないのが沙野さんならではか。

ストーリーの中盤には恋人と言って差し支えない関係になるリイド×タキで、え、ここでくっついちゃうの?と思うのですが、いやいや、ここからが怒涛の展開。

ネタバレになってしまうので詳しく書くことは差し控えますが、あっという間に暗闇の中に堕ちていくタキが不憫で泣けた。

けれど、きちんと救いはあります。

ユキノ、そしてユキノの夫となったカシム。
そしてもちろん、リイド。
彼らが、タキを救う。
最後まであきらめることなく、タキを求め、救い、そして愛し続ける。

作中では恋愛感情だけではなく、家族愛もきちんと盛り込まれていて、そこも非常に良かった。

ストーリー展開。
バックボーン。
キャラ設定。
まさに「王道」といったストーリーではあるのですが、要所要所できちんと萌えポイントが盛り込まれていてページをめくる手が止められませんでした。

「神を擁する国」というバックボーンは前作『神の飼育~』と同じであるものの全く異なる展開になっていて、さすが沙野さんといった感じでした。同じバックボーンを活かしつつ、ここまで違うテイストで描けるってすごいなと思います。

前作『神の飼育~』は座裏屋さんが挿絵を描かれていましたが、今作のCielさんもめっちゃ素敵でした。

そして忘れちゃいけない「触手」。
今作も大活躍です。
痛いベクトルに使われることもあって、もしかしたら好みが分かれるかなと思いますが、まあとにかくクッソエロいです。

あとがきで沙野さんが書かれたコメントに、思わず笑ってしまいました。

残るはノイエ国。
ノイエは神存続のために奮闘する国なので、次作がどう展開していくのか今から楽しみで仕方ないです。

そしてもちろん、レーターさんも。
誰が描かれるのかな。

早く読みたいです。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ