「お前の方がサカってんじゃん」「は? ちげーし」

ミッドナイト・コンフリクト KGS

midnight conflict kgs

ミッドナイト・コンフリクト KGS
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神46
  • 萌×224
  • 萌13
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
14
得点
365
評価数
86
平均
4.3 / 5
神率
53.5%
著者
犬井ナオ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
ISBN
9784040655192

あらすじ

「イケよ――お前の好きなこと全部するからさ」ケンカップルラブコメ続編!

アパートの隣同士に住むコンビニ店員の比嘉恒介とリーマンの建村篤は犬猿の仲。
しかし、身体の相性が抜群に良く、ケンカしながらも毎週Hする関係に――。
そんなある日、比嘉はクソガキを家に保護する羽目になり!?

ケンカップルラブコメの新定番☆ 描きおろし後日談付き!!

表題作ミッドナイト・コンフリクト KGS

比嘉 恒介(24歳・コンビニバイト)
建村 篤(26歳・リーマン)

その他の収録作品

  • 比嘉酔っ払い ver.
  • あとがき
  • カバー下 遺伝子のふしぎ

レビュー投稿数14

ケンカップル健在~

1巻で想いが通じ合ったと思っていたら!!まだお互いに素直になれないままだった!

毎週えっちしてるのに!意識しまくって特別視はしてるのに!!素直じゃない態度やタイプとは違うと思っているのが引きずっているようで…読んでる方は、めっちゃ好きなくせに!って、それぞれの憤慨っぷり慌てっぷりにニヤニヤしちゃう。酔っぱらって気持ち爆発させて体ぶつけあうのなんて最高じゃないですか!!トラブルの元の真生には、最初はイラっとさせられるけど、ほっとかない比嘉と建村はいい人…そのおかげで、仲も深まって!!将来に向かって前向きに進めて、カラダ以外にも支え合う面が出てきたのも良かったです。

0

まさかのKGS

出〜た〜な〜新キャラ・真生。
BL続編で登場する新キャラは当て馬かおじゃま虫と相場は決まっておるのだよ(例外もあるよ)
真生はまさにおじゃま虫でしたね。当て馬的役割もしてたけど。

前作の最後でお互い好きと言ったけど、それは恋人のフリだとごまかしていたから、くっつくのはまだだった〜。

そこへ真生がやってくるから、また話がややこしくなりw
恒介と篤(そんな名前だったのか)が相変わらず勘違い、意地をはり、でもやることはやって…とドタバタなんだけども。

やっぱり相手への気持ちはあるから、恒介は篤のためにチョコケーキを作ったり、篤は恒介のために就職先を探したり…少しずつお互い気づいて、そこが萌えポインツでした。

真生が篤にあっさりなついて仲良くなるのは笑いました。

真生の叔父さんが大家さんなのも、またすんごい偶然だなとww(前作からウソのような偶然続き。おもしろいからいいけどw)

無事、真生が叔父さんのもとへ引き取られ、2人はようやくくっつき、やれやれめでたしめでたしでした。

副題のKGSは"クソガキ襲来"の意味だったとは、まさかのイニシャルでビックリですw

0

続編だった

けど、こちらだけでも楽しめました。

同じアパートの隣人でセフレな二人。
でも感じてるところは可愛くて。ケンカしながらも毎週土曜日の夜は…。

そんなところに謎の美少年が転がり込んできて。

美少年のせいでお互いギリギリヤイヤイモヤモヤ。
相手のことについてお互いにどんな存在か考えるきっかけになって。

BLだとセフレ設定が多いですが本当に成り立つのかなあ?本当は好きだったりエッチするうちに好きになったりするのかな?

頼まれてもないのにお互いに相手の好きなものを作ったり、仕事の求人を探したり。

謎の美少年がもうちょっと面白かったらなあ。ただの子供でした。

1

KGS

どこかのスパイ?というわけではなく、クソガキ襲来の略だそうです。KGS。
続編です。

ツンツンしてる素直じゃない同士がテレッテレっていうのを楽しむ作品。続編ではクソガキが恒介の家にやってきます。といっても、行き場のなさそうな美少年を拾っただけなのですが。
それで篤が大やきもち焼き大会になるっていうストーリーでした。

前作よりは幾分自覚が増して甘くなっています。
やっと素直になって、恋人になれたかな。

嫌な人が出てこず、さらっと楽しめるツンデレ同士の恋です。

1

ダブル赤面

◾︎比嘉恒介(コンビニバイト,実家は旅館)×建村篤(会社員)

これまたBLテンプレみたいな少年が出てきたぞ…もはや「絶対BLになる世界〜」でしかみないようなテンプレを。普通は人を知らない人を家に泊めません。まぁ最終的まだましな設定をつけてくれたので…うん。

相変わらずエッチのときだけ素直になる2人。建村が可愛くて、それに誘発されるように比嘉も可愛くなる。ダブル赤面可愛い。身体だけの関係っていうのもBLあるあるですが、付き合うのにここまで引っ張るのは割と珍しい!じれじれして、嫉妬したりされたりしている様を眺めているのは面白かったです!

0

甘々トロトロな2人が最高です!

ホント大好き!
一冊目でツボにはまり、今回一層好きになりました。
話のテンポも良く、普段とエッチの時の2人のギャップも良い!
なかなか素直になれないもどかしさが、この作品の良さですね。
今回、クソガキ襲来で、ひっかき回された2人ですが、なんやかんやで致してるし(笑)
前作よりエロエロになっていて、そこもウハウハしちゃいました。
恒介も篤もお酒が入ると、積極的だし。篤は記憶飛ばないので、我に返った時が可愛い!!

恒介の仕事のこととか、その後の2人も見たいので、切実にこのシリーズで続きが出るのを期待しています!

1

KGT

K(クソ)
G(ガキ)
T(thank you)
って感じです。もう、なんなんですか。この2人!本当にケンカップル!?!?ただのバカップルでしょ!って突っ込みたくなります笑
2人ともヤキモチがとにかくかわいい。口には出せないけどお互いのことを大切に思ってて料理練習したり、仕事探したりするところが以前の2人より前進?だと思いました。
×××のときに名前呼ぶとき自分が呼ばれた訳ではないのに叫びました。かわいいいい!
購入先は応援書店さんだったのですが、特典ペーパーも鼻血でるかと思いました(表現古いかな。。。)

1

やっと・・・

待ってたよ!素直になる二人をっ!!

見事なまでのケンカップル。
前作で丸々一冊使っても素直になれない二人にキュンキュンしつつもじれったさにも「んもぉぉ」ってなりましたからね。
今回はついにと期待して読んだら・・・なんじゃこのクソガキは(笑)
まさに襲来でしたね。

結果寂しがり屋の可愛いおこちゃまだったけど恒介より先に篤を名前呼びするという大罪をやってのけたね!まぁ、二人のきっかけとなったので功労賞はあげたいけど!(謎の上から目線)

1

甘さはやや控えめだったけど、確実に2人の心が近付いた1冊

さて、前作でラブラブカップルになったのかな?と思いきや、どうもまだはっきりとくっついてはいないような状態の2人。
この本でひたすらあまあまなふたりが楽しめるのかな~と思っていたのでちょっと残念。
やがて飲食業の道に進みたい比嘉の為にいろいろ調べてくれたり、無意識のうちに優しい建村。いいカップルだと思うんだけどな~。
さてさて、そんな穏やかなある日、面倒見のいい比嘉は、家の周りをうろつく怪しい少年に声をかけてみると、逆に「あんたん家泊めてよ」と捕まってしまいます。性格はかわいくない、まさにクソ・ガキ・襲来(KGS)。
何も聞いていない建村・激怒。
建村は比嘉の好みのタイプが「年下の美少年」だと知っているので、異常に腹を立てています。血管いくつも顔に浮かべながら、「戻してこい!」とおかんむり。

この状態ね、一般的には「嫉妬」って言うんですけど、「嫉妬であることにも気づかないところがまたこの2人らしくてねぇ(笑)。
でもクソガ…いや、真生という少年本当は、父子家庭で育って、寂しかっただけのまだ子供なんですよね。それを見抜いた、母子家庭だった建村と仲良くなってみたり。
始めは本当に「ふたりの邪魔しやがって~、クソガキ~!!」と思ったのですが(笑)、最終的には2人をたきつける小さなキューピッドみたいな役だったなぁ。

最後はお互い下の名前を呼びながらのH。
Hだけじゃなく、お互いの好きなモノや、考えていること、いろいろ知りたいって話しながら。
やっとここから本気の恋が始まるのかな?

この本ものすごく面白かったけれど、どうしても比嘉と建村のいちゃいちゃがまだ足りなかったので、もう1冊だけ、2人のケンカしつつもあまあまな作品が読みたいです。
なーんて、続編を密かに期待しつつ…。
(個人的には建村のかわいい顔がもっと見たいだけ♥)

神寄りの萌×評価でお願いします。

0

ケンカップルにあまさがプラス

素直じゃないケンカップル比嘉と建村の続編。
やったー!
冒頭から肌色100%で、お互い喧嘩腰は継続しつつも
毎週土曜の夜に比嘉のお部屋でえっちをする仲のふたり。
いざいたすと建村は甘えておねだりするし、
比嘉は優しく気遣うしで、普段とのギャップはやっぱり変わらず。

でも比嘉は建村の好きなチョコのスイーツを作ってみたり、
建村は比嘉の厨房の仕事が近場でないのか検索してみたり。
完全意識して想い合っております(にやにや)。

そんな中、ちょっとこじらせかまってちゃんのKG、真生登場。
こちらの真生、いい感じにふたりを振り回してくれました。
寂しがりなだけで根はいい子。
遺伝子の神秘を目の当たりにしました(笑)

そしてとうとう…
『お前』『あんた』と言い合っていたふたりが
想いを伝えるとともに名前を呼び合う時がー!
このあっまあまな雰囲気…!最高…!!
前は舌打ちしていた事後も甘さが続いていて…

素直になっても最後までわあわあするふたりは
とってもかわいかったです♡

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う