>
新着レビュー

小椋ムクさんのレビュー一覧

媒体
てんてんPREMIUM レビューアー 19/02/17/ 23:35

※このレビューはネタバレ有です

あこ、じいじんちの子になる

本品は『狼頭の魔法使いと折れ耳の花嫁』の
コミコミスタジオ限定特典小冊子です。

本編後、あこ視点で
あこが両親に怒って家出するお話です。

あこの父さまと母さまは
誰よりもキラキラしていて
世界で一等優しくて大好きですが

お仕事が忙しいのにかこつけて
ごくたまにだけどあこを
ぞんざいに扱うことがあって
2人の嫌がる事をしたくなります。

その日は朝からやたらと…

  • 0
てんてんPREMIUM レビューアー 19/02/17/ 22:21

※このレビューはネタバレ有です

じいじの粋なプレゼント!?

本品は『狼頭の魔法使いと折れ耳の花嫁』の
フェア書店限定特典ペーパーです。

本編後、あこ視点で
ある朝のびっくりなお話になります。

父・夜狼と母・淡雪から
あこと呼ばれる2人の愛息が
ある日目を覚ますと
目の前に自分が眠っていて
びっくりします。

でもよくよく見ると
眠っている子のてれんとした
真っ白な耳に触ってみます。

あこはいそいそと起き上がって
上…

  • 0
てんてんPREMIUM レビューアー 19/02/17/ 21:45

※このレビューはネタバレ有です

ご主人様も大変なのです

本品は『狼頭の魔法使いと折れ耳の花嫁』の
アマゾン限定特典ペーパーです。

本編後、
夜浪が使い魔達の扱いに悩むお話です。

夜浪には現在
火山近くに建造した城と
街の近くにある別荘という
2つの家があります。

妻も愛息も城よりも
家族だけで気兼ねなく過ごせる
別荘を好んでいます。

しかし夜浪は
別荘に置いている狼と火竜の子に
とある問題を抱えていたのです。…

  • 1
てんてんPREMIUM レビューアー 19/02/17/ 20:34

※このレビューはネタバレ有です

愛あればこそ♡

今回は辺境の森に住む狼頭の魔法使いと
森で保護した訳有り子供のお話です。

過去を隠して隠遁していた攻様が
受様のために本来の自分に戻るまで。

この世界には人間の他に
獣の耳としっぽをもつ亜人である
獣人が存在します。

攻様は末は賢者かと言われた逸材でしたが
今では辺境の森の翠公の別荘を
棲み処とする狼頭の魔法使いです。

獣人には獣と化す能力はありますが
己の意…

  • 2
あーちゃん2016エキスパートレビューアー2018 19/02/16/ 11:30

※このレビューはネタバレ有です

べろんべろん

本編後日談で夜狼さまがなんだか立派に思えたお話でした。(さま 付けちゃう)



夜狼さま、今日は町の近くにある別荘へご帰宅。転移魔法を編み上げて転移終わった瞬間に、庭の方から猛烈ダッシュ&飛びついてきたのは、火竜の子と狼ちゃん。もちろん夜狼さまは耐え切れず押し倒され(笑)火竜も狼ちゃんも夜狼さまが大好きなので、俺の方が先だ、お前生意気などと言ってモメモメ中。

そのうちべろべろ舐めら…

  • 1
あーちゃん2016エキスパートレビューアー2018 19/02/14/ 21:28

※このレビューはネタバレ有です

ちび好きに捧げる

成瀬先生買い。成瀬先生のちびっこ記載がこんなに素敵だったとは!!!!!!ちびうさ姿の受けに全面降伏いたします。ちびっこ好きな方には猛烈におススメしたい本編240P弱+あとがき。全頁の半分ぐらい、受けがラブリーちびです♡♡♡

酒場で飲んだくれた後、家に帰る途中で狼により木のくぼみに連れていかれた夜浪(イエラン)。そこには雌狼にくるまれた子狼と、くうくう眠る真っ白なうさ耳+長しっぽの子供。仕方な…

  • 2
ポッチエキスパートレビューアー2018 19/02/14/ 15:31

※このレビューはネタバレ有です

可愛すぎて悶絶しました

コミコミスタジオさんで購入するといただける、おなじみの特典小冊子。A5サイズ、12P。タイトルは「吾子の冒険」。

本誌を含めたネタバレ表現があります。本誌未読の方はご注意ください。







時系列は本編終了後。
視点は、夜狼×淡雪の子どもである吾子。

吾子視点で、ほのぼのと紡がれていくお話です。

吾子の年齢は書かれていませんが、2~3歳くらい、かな?
夜…

  • 2
フランクエキスパートレビューアー2018 19/02/12/ 11:46

※このレビューはネタバレ有です

過去を振り返るところが、ウルっとくる

「お好きなわんこだと思う」とオススメされたので飛びついて読みましたが、攻めのワンコっぷりもさることながら、私は過去の恋を振り返るところが琴線に触れまくりました。

10代の頃、恋人同士で一緒にいると、どこからが自分でどこからが相手なのかわからなくなる時があったという程ニコイチだった二人が、別離を経て10年ぶりに再会するという王道系で、大きな動きはないけれど切々とした心情が丁寧に綴られているので…

  • 4
ポッチエキスパートレビューアー2018 19/02/10/ 16:30

※このレビューはネタバレ有です

最後の最後まで、萌えが詰まってる

成瀬さんと言えばモフモフ、そしてファンタジー。そんなイメージが強いですが、今作品もそのイメージを損なうことのない非常に可愛らしく、そして優しいお話でした。





主人公は夜浪。
ケモ耳、どころか頭は完全な獣。そして昼間から飲んだくれるオヤジ。優秀な魔法使いだと彼は言うけれど、周囲の人たちはそれを笑ってスルーしている。

そんな夜浪は、ある日森にすむ狼から「森に子どもがいる」と…

  • 4
ぴれーねエキスパートレビューアー2018 19/02/09/ 00:45

※このレビューはネタバレ有です

このオヤジ、最高! そして最強!!

こちら、可愛くて甘くて痛快で、そしてとてもあたたかい・・・。
そんなモフモフファンタジーになります。

成瀬先生と言うと、ファンタジーで独自の世界観を作り上げる事に関して、確固たる地位を築いておられる作家さんだと思うんですけど。
今回、そんな成瀬先生の持ち味が大変生きた、素晴らしい作品でした。
最高に面白かったですよ~!!

いやもう、なんと言っても、主人公である狼頭の獣人・夜浪が最…

  • 8