恋する臆病者

koisuru chicken

恋する臆病者
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×219
  • 萌25
  • 中立7
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
11
得点
223
評価数
67
平均
3.5 / 5
神率
19.4%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
新書館
レーベル
ディアプラス文庫
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784403523663

あらすじ

年下王子攻×真面目受けの恋?

出版社営業の玲は、俳優・椎名貴博の大ファン。その椎名がエッセイ集を出し、サイン会の仕事に玲も立ち会った。テンパるばかりの玲を椎名がなぜか気に入り、「付き合ってほしい」と夢のような言葉を告げられる。けれど、嬉しさよりも当惑が勝る玲。というのも、過去に付き合った相手から玲は『淫乱』と罵られていた。それがバレたら、きっと椎名にも嫌われる!玲は椎名好みのタイプを目指すべく、一人奮闘するが…?

表題作恋する臆病者

椎名貴博,俳優,25歳
五十嵐玲,出版社営業,27歳

その他の収録作品

  • 恋する臆病者たち(書き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数11

典型的な月村テンプレ

月村本の積ん読消化中。
これは、まさに典型的な月村テンプレ、月村節炸裂、あきれるほどいつもの月村作品。
人気芸能人攻め、後ろ向きネガティブ受け、トラウマ持ち、過去男からの粘着、どれもこれも一度や二度、出てきた設定ではないし、組み合わせ自体も初めてではないような? それでも書くところが月村作品、そしてあきれているくせに、そこそこ楽しく読んでしまう月村オタの自分・・・・・・この月村節が読みたくて、作家買いをしているといっても過言ではないのかもしれませんが、さすがに同じテンプレで何度でも読ませるのは、これも才能だと思えてきました。ナチュラル月村ハイw 萌えはなかったけど、そこそこ楽しく最後まで読めました。

小椋さんの絵は合っていたけど、ずいぶんタッチが変わって、こぎれいになったけど、おもしろみのない絵柄になってしまったような? あくが抜けたら無個性に? うまい方なのに、もったいないような?

0

さらさら~っと…ハッピーエンド

あらすじ以上のことは起こらない、ハッピーエンドになるべくしてハッピーエンドになる展開のお話でした。悪い点は特に見当たらない代わりに、萌え滾るシーンも思い出せない…という感じです。ああ、月村奎さんの優しい作風が詰まっているなぁと思いました。

悪人が出てこないので、ドラマの深みという点ではあと一歩かなー。芸能人×一介のサラリーマンという大胆な設定の割にさらさら~っと物語が進んでしまったのも物足りないといえば物足りない…かも。

椎名も玲も好青年で、書き下ろしの玲がなかなか男前で良かったので評価は「萌」です。

1

派手な設定の地味な人

編集者が人気俳優と出会い、ほぼ一目惚れされちゃって、でも編集者は元カレに「淫乱」って言われたトラウマから人と付き合うのがこわくて、という話。

雲の上の人がなぜだか地味な受けに猛アタックなんて、シンデレラストーリーすぎてありえなさすぎでしょ、と思いながら読んでました。
でも、読みすすめてみたら、けっこう攻めも地味でした。
地味というか、小さいことに思い悩んだり、自分に自信がなかったり、そういう人間らしい人たちでした。

「かまびすしいなくん」に笑いました。攻めもたぶん、こんな突拍子もない受けの性格を面白く思ったり、かわいく思ったりするタイプの人だったんだろうな。
そして割と本気で攻めはかまびすしいかも。

受けの元カレがキモくてウザくてたいへんでした。
このままキモキャラ道を突っ走るのかと思ったのに失速した。
今そんなに大事な人がいるのになんで受けとよりを戻そうとするの?ってちょっと理解できなかった。

1

やらしいなくん

表題作と続編の2作品収録されています。
どちらも玲(受け)の目線でストーリーは進んでいきます。

「恋する臆病者」は、玲が憧れのスター椎名と恋人同士になって、「淫乱」の誤解を解く話。「恋する臆病者たち」は嫉妬の話です。

全体的に甘いです。
一度失敗したことから恋愛に臆病で信じられない玲を、椎名が大丈夫だよと信じさせてくれる展開に、ほんわかしました。しかし、この包容力も、続編ではちょっと低下してしまうのですけれど。二人の、お互いに好意を持つ理由も自然ですんなり納得できました。テンパる玲に共感もしました。

イラストが可愛いです!作品の雰囲気にぴったりでした。椎名のストラップのキャラクターが描かれた続編の扉絵はお気に入りです。「やらしいなくん」には笑いました。

芸能人との甘いラブ、優しい攻め、ネガティブで真面目な受け、がお好きな方にお勧めします。

1

芸能人と恋愛

芸能人×サラリーマンのカップルです。
出版社勤務の玲が、大好きで部屋にポスターまで貼っているタレントの椎名に告白されるという、そんな偶然あるの?みたいなちょっとあり得ないような幸せな出だしです。

しかし玲は元彼の性的DVのせいで感じること=悪いことだと思い込んでおり、その思考そのものがDV被害者特有のものだと分かってはいるけれど、椎名と寝ることが怖くて正面から向き合えず、欲情しないよう、椎名とデートする前は一人で何度も抜いていくという、ちょっと病みの入った健気さです。
この「寝ることが怖い」というトラウマ持ちの受けという設定は割りとよく見かける気がしますが、よくあるからこそ結構鉄板的に萌えました。
玲の「自分は淫乱だから、ばれたら嫌われる」というネガティブ思考はかなり卑屈が過ぎてちょっと自分を騙し過ぎている気がしなくもなかったのですが…。

玲は健気で控えめな性格ですが、発想が飛んでいて、臆病者と言うよりは面白いキャラクターです。
そこが面白かったのですが、一方の椎名は好青年を売るタレントさん。
優しく温厚で紳士的で同じく健気。「好青年」というキャラクター全開で、少しお話を引っ張るキャラクターとしては物足りない気がしました。
元彼が登場して引っかきまわさなければ、健気同士あまりストーリーとしては揺れ幅がなかったんじゃないかなぁと思います。

後半に入っていた短編の方が面白く感じました。
玲も椎名も相手に嫌われる事を恐れる「臆病者」。そんなの全員そうじゃないかと思いますが、思考が一足飛びなのは玲だけでなく椎名もそうなんだと判明。意外と似たもの同士でこの先も上手くやっていけるカップルでないかと思いました。

2

羨ましいな

出版社に勤める地味サラリーマンが、憧れのスターから求愛されるというなんとも夢あふれるお話でした。
受けも攻めも性格が優しいのでほのぼのしています。
もどかしいじれじれもなく、すれ違いも痴話げんかにしか見えませんでした。
読み終わった感想は、幸せなバカップルを見た。という感じです。
「信頼と愛情で結ばれた相手と愛し合うのは、なんて幸福なことなのだろう」とありましたが、まさにそんな感じのお話です。

ほんわか幸せな話を求めていた私にはドンピシャな作品でした。
小説のほのぼのあまあま系な作品は、読んでいて退屈に感じることもあったので作家さんとの相性も良かったのかもしれません。
月村作品は初めて読みましたが、歯切れの良いタイトルも好きですし、言葉選びが楽しいと感じることも多かったです。
しいなくんマスコットシリーズに妙に魅かれました。
”たのしいなくん”ください。
真面目で地味なリーマンという設定も好きなのですぐに入り込むことができました。
でも五十嵐は何気にモテててる気がする。

サラリーマンと芸能人なので時間的なすれ違いでこじれることも多そうだなと思いましたが、細かいことは気にせず夢を見るような感じで読むことが楽しめる読み方なのかもしれません。

1

あまあま

元カレに「淫乱」と言われたことで自分は淫乱だと思い込んでしまう。
それがなんだかどうも・・・
たしかに元カレからは、かなり辛く悲しい思いしかしてこなかったけど
言われた言葉を「そうだ、自分は淫乱」と決めつけちゃうのが
月村先生っぽい感じでしょうか。
健気な受けが、自分ばかりを攻めちゃうケース。
大好きな人と偶然会えて天にも昇る気持ち・・・よくわかります。
部屋にポスターを貼ったり、その人との妄想で抜いたり・・
一見おとなしそうに見えても、恋に萌える気持ちは人一倍。
そして、愛する人を想う気持ちも人一倍。
攻めの方も、大好きな人を大切に愛おしく思う気持ちは負けてない。
いろんなことに翻弄しながらも、お互いを信じていくことが大切だと知る。

それにしても元カレ腹立たしい。
そして何も知らないにしても、余計なことなかりしたり言ったりする
山田、マジやめてくれって思っちゃいました。
有名芸能人とリーマンというのもお忍びと言う感じで萌えますね。
そして、マネージャーの中野さん
肝が据わっていてスカッとします。
ああいう人じゃないとアイドルのマネージャーは務まんないんでしょうね。

2

月村さんワールドへようこそ

素敵な攻めにネガティブ受けという月村さんらしいお話でした。

う~ん、月村さんの書かれるネガティブ受けって好きなんですけどね、この作品の受けくんはちょっと…、って思ってしまいました。
確かに初めての恋人に「淫乱」と言われ続けたことで「自分は淫乱だ」と刷り込まれてしまうのは分からなくはない。ましてやその恋人は自分の鬱憤を晴らすかのようにそのセリフを言っていたわけで、玲に非があるわけでもなく、玲が可哀想な気もする。
ひそかに憧れていた芸能人に「付き合ってほしい」と言われてもすんなり信じることができないのもよく分かる。
ただそのネガティブ加減がちょっとくどかった、というか。

その割に周囲の人たちから二人の仲を祝福する雰囲気が漂っているのもなんだかなあ、と思ってしまった。ゲイ云々の前にまだ若い、ましてや人気絶頂のタレントに恋人がいるってあまり受け入れられないんじゃないの?とかね、いろいろ思ってしまった。

対して攻めの椎名くん。彼もめっちゃ良い子なんです。でも玲に惹かれた理由というか過程が分かりづらかったのが残念でした。
一目ぼれ、っていうのは分からなくはない。椎名くんの書いた本を玲が褒めてくれたので好感度アップ、というのも理解できる。でも芸能人と一般人でしょ?ないない、と思ってしまうのは私がスレたオバサンだからでしょうか…。

小椋さんの挿絵はとてもかわいらしかった。月村さんにはこういうほんわかした絵柄がよく合うなと思いました。

それと当て馬の玲の元カレの栗原さん。彼のイ○ポが治って、幸せな恋をしてほしいなとか思いつつ。

月村さんらしく、全体にほのぼのとした空気もありつつ、受けのコンプレックスを攻めが解消するっていう流れも良かったですが、いかんせん受けのぐるぐる加減とネガティブぶりがちょいくどかったのと、ちょっとご都合主義的な流れに萌えきれなかったのが残念でした。

3

いつも美味しいカルピス、でもちょっと薄味

……という感じです。
安心の月村クオリティ、テンポよくサクサク読了です。
ネガティブぐるぐる受けも健在。
「淫乱」と言われてもそれはいつもの月村流だし、
新鮮みや深く心に残る物はないけれど、心地よく読む事ができる。


出版社勤務のゲイ・玲が、サイン会の応援で出会った
かねて憧れの人気芸能人・椎名に付き合おうと言われて……

前半の焦って挙動不信になる玲が可愛い。
人気者なんだけれど、普通に嫉妬したり照れたりのいいやつ椎名も可愛い。
クスクスしながらキュンとして、読みました。

朝チュンの月村と言われていましたが、
最近は結構Hシーンも多い。
この作品も、それなりに普通にH場面あり。

病み系の元カレのせいで、自分は淫乱だと思い込み
グルグルしている様は、可笑しいんだけれど
個人的にはバカだなぁと愛おしくはあっても切なくはなかったし、
ちょっと引っぱり過ぎだったかもしれない。……

マネージャーの中村さんがいい味です。
女性なのでスピンオフはないのが残念だ……(笑)

挿絵のムクさんは正直あまり得意ではないのだが、
ちびキャラのしいなくんストラップの絵は可愛かったです。
ちゃんと7体あるところも、クスッ。

評価は萌かな、萌×2かな……と迷ったのですが、
薄くてもやっぱりカルピスは好き、という感じでオマケで萌×2です。



7

ムズムズする可愛さ♡

イラストの可愛さとお話の可愛さが引き立て合って
可愛すぎてムズムズしちゃいました////

後ろ向きでウジウジした社会人の受けと
ポジティブな芸能人の攻めのお話
ポジティブっていうけど一人でマイナス妄想して
暴走しちゃいますwww
受けは攻めをすごいカッコいいって思ってるけど
行動だけ見たら攻め自身が言ってるように子供っぽいw
でもそんな所が可愛かったです(´>▽<`)

小さな揉め事はあるけど大きな山や谷があるわけでもなく
ずぅっとイチャイチャラブラブしてる印象でしたw
可愛かったです♪

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ