ヤマシタトモコさんのレビュー一覧

非BL作品

さんかく窓の外側は夜 (7) 非BL コミック

ヤマシタトモコ 

詛い

ヤマシタさんの作品で一番好きな作品です、三角君が真っ当で明るいけどどこかで達観してる。冷川さんは冷徹で有能だけどどこか子どもっぽい、そして守銭奴。

他の作家に真似出来ないアンバランスなキャラがこの作者さんの真骨頂だと思いますが、その魅力が最大限に発揮されています。一番気になるのは他人の命令で沢山の命を奪ってきた絵莉可。

巻の最後でお目付け役のヤクザがかなりヤバい状況になりますが、二人で…

0

それでいて、可愛いひと 小説

櫛野ゆい  ヤマシタトモコ 

目つきの悪いツンデレ

表紙絵がヤマシタトモコ画伯の『デビュー当時の絵』なんですよ!(初出が2008年12月の小説b-Boy)
ここに描かれる杜谷の目つきの悪さにたまらなく惹かれてしまって購入。
嬉しいことに、表紙絵の他イラストが5点も入っていた!今の絵も美麗ですが、私、この頃のヤマシタさんの絵が好きで好きで。ほくほく。

お話もね、好きです。
私、ツンデレ趣味はなかったはずなんですけれども。
この杜谷のツン…

1
非BL作品

さんかく窓の外側は夜 (7) 非BL コミック

ヤマシタトモコ 

「先生」にもまたある種の呪いがかかってそうな・・・

はや7巻目。
まだ終わりませんが、やー面白い!
最初こそ擬似BL目当てに読み始めた本作ですが、5巻あたりからのどんどん呪いの概念的なお話になってきているのが面白くて仕方ないです。
ヤマシタさんが何を頭に描いてこのセリフをこのキャラに喋らせているのだろう?と、ありとあらゆるセリフを深読みしながら読んでいます。

迎くんとエリカちゃんの次の会話なんかはね、かなり引っ掛かりますね。
「(宗教…

1

それでいて、可愛いひと 小説

櫛野ゆい  ヤマシタトモコ 

惚れたら負け

先生買い。hon〇oさんで購入。小説b-Boyに2008年掲載された作品とのことで、表紙以外に挿絵が5枚付いていました。年下リーマンさんとめちゃ人当り悪い喫茶店店長さんのお話です。ワンコ好きだし短いながらもきちんと王道お話なのですが、短くって萌えきれなかったかなと思うので萌にしました。

2年前から朝ごはんをいただくようになった喫茶店。そこの店長さん、すっごく不愛想なんだけど、自分の体調に合わ…

1
非BL作品

さんかく窓の外側は夜 (7) 非BL コミック

ヤマシタトモコ 

ページを捲る手が止まらない

 6巻では皆が一致団結して物語が急激に明るい方向へ進んでいきそうな雰囲気を感じましたが、ここに来て、いつもの気味悪さが戻ってきましたね。私はそういう雰囲気が大好きで、もういっそ永遠にずるずると人間の狂気を描いて欲しいくらいなので、テンションが上がりました(笑)。

 序盤で呪いに関する新たな依頼があり、呪いを解く際に三角が「暴力的な善意」とやらで冷川を喰うシーンがあります。まさに博愛主義者のよ…

1

「さんかく窓の外側は夜(7)」アニメイト特典イラストカード グッズ

バディ感

「さんかく窓の外側は夜(7)」の、アニメイト特典イラストカードとなります。
大きさはハガキ大。硬めの紙質のポストカード仕様。

↓↓↓↓


くすんだ黄緑色がベースのマーブルっぽい背景で、細かい黒のドットで三角形が描かれている。
人物はモノクロ。

上側に、左向きで座った形の冷川。(椅子はありません)
背を丸めた体勢で、膝の上で指を組んでいる。
黒いシャツにストライプのパンツ…

1
非BL作品

さんかく窓の外側は夜 (7) 非BL コミック

ヤマシタトモコ 

人にとって不可欠なものは何か。

待ちに待った『さんかく窓の外側は夜』の7巻目。

巻を追うごとに見えてくる、登場人物たちの過去やトラウマ、家庭環境。
さすがヤマシタさん、というべきか、怒涛の展開に目が離せない。

7巻の大きなキモは、

先生の正体が判明すること。

です。

いやー、そうなんじゃないかなと思ってましたが、やっぱりそうきたか。
切ないなー。


霊的なものが怖いのに見えてしまう三角く…

2
非BL作品

さんかく窓の外側は夜 (7) 非BL コミック

ヤマシタトモコ 

オカルト風味強め

薄気味悪さが戻ってきた7巻。
私は怖い話が好きなので面白かったけど…
それに三角と冷川のつながりで思わせぶりなショットもあって、微妙な「匂い系」としての空気感も良かった。
話としては、
①三角冷川コンビでの呪いの解除、
②迎の実は大きくて善良な能力と、英莉可が初めて力を友人を助けるために使う話、
③三角、冷川、迎、英莉可、逆木の4人で協力し、三角冷川コンビが「霊的に」先生宅に浸入する話…

2

新装版 イルミナシオン コミック

ヤマシタトモコ 

不完全燃焼

表題作イルミナシオンは巻末の短編を読むまでは救いがないというか、だれも幸せになれなくて読後が悪かったです。
26年片想いしてたのにいざ相手もこちらを向いてくれたら好きじゃないとか。セフレも可哀想です、本気で好きになってくれたのに。通い妻してくれてるのに。
どうしてこうなっちゃったんでしょうね?
一人にしてくれ!って。モテ期到来ですね。
親友は女好きなのに主人公とどうなりたいんでしょうか。取…

0

恋の話がしたい コミック

ヤマシタトモコ 

1つひとつが印象深い恋の短編集

◆恋の話がしたい(表題作)
 雰囲気とモノローグと、2人のやり取りがとっても素敵な作品でした。自分が恋愛には向いてないと思い込んでいる美成。まさかの展開で好きになった年下の真川と両想いだったことが分かり、付き合うことになるのだけど、いろんな場面でついネガティブ思考を発揮してしまいます。その思考のせいで居酒屋に置き去りにされたりもした真川ですが、美成の行動は全部自分を好きだから、嫌われたくないから…

0
PAGE TOP