あの子が欲しいんだろ<? br> 閉じ込めてきみだけのものにしなよ

さんかく窓の外側は夜 (9)

sankakumado no sotogawa wa yoru

さんかく窓の外側は夜 (9)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×24
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
89
評価数
21
平均
4.3 / 5
神率
57.1%
著者
ヤマシタトモコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
クロフネコミックス
シリーズ
さんかく窓の外側は夜
発売日
電子発売日
価格
¥610(税抜)  
ISBN
9784799749210

あらすじ

失望と怒りで三角を呪いの池へ突き飛ばした冷川は、
先生に取引を持ち掛けられていた。
一方、三角は行方をくらました冷川の居所を探していた。
冷川を迎えに行き、今度こそは受け止めてやりたいと決意し、
迎、英莉可、逆木とともに冷川救出に向かう。
もう戻ってこれないかもしれない身に、
母から譲られた父の形見をつけて。
覚悟を決めた三角を待ち受けていたのは――
20年以上の時を経て、父と子、宿命の対峙。

表題作さんかく窓の外側は夜 (9)

レビュー投稿数7

「愛情」と、「信じる気持ち」と

『さんかく窓の外側は夜』も早いもので9巻目。

さて。
9巻に突入して佳境に突入した感が半端ないです。
前巻で冷川さんと喧嘩別れのような形で離れてしまった三角くん。そのまま冷川さんが帰ってこなくなってしまい―。

というところから9巻はスタートします。

冷川さんを取り戻すため。
そして「先生」との決着をつけるため。

三角くんたちは行動を開始する。

一方の冷川さんは、先生と対峙していた。

二人の共通点。
彼らの過去。
そして彼らが望むもの。

冷川さんは、先生の側に行ってしまうのかー。

なんて言うんでしょうね。
霊ものを取り扱っている作品だからなのか、すごく象徴的に描かれてる、というのか。読み手にゆだねる形で描かれている部分が多い。

それを理解しづらい、と思うか、あるいは自分なりの解釈でいい、と思うか、それは読者次第な部分があるような気がします。

個人的には、今シリーズは一貫して「愛情」と「信じる気持ち」を描いていると思って読んでいます。

人が人として生きていくうえで一番大切なもの。

それを、三角くんは生まれながらに母親から注がれて育ったし、三角くんとは対照的に、与えられず、搾取だけされてきた冷川さんとの描写を挟むことで描いているのだと。

9巻もオカルト的な描写はありますが、怖さはほぼなし。
それよりも、哀れな感じがしました。
愛すること、そして愛されることを手放した人の、その果ての姿を見させられた気分です。

あと残すは先生。
三角くんがピアスにして身に着けた「父親の形見」。
それがどう作用するのか…。

先生が作った「トンネル」を壊す三角くん。
「先生」の行動に詳しい英莉可ちゃんと、その英莉可ちゃんを守るために自分の命を賭す逆木さん。
口は悪く、冷川さんと対立しながらも、冷川さんを助けたいと願う迎くん。
彼らのすべてを信じ、「霊」の存在を信じない半澤さん。
そして何より、三角くん。

彼らの誰が欠けても、先生を倒し、そして冷川さんを救うことはできない。

今シリーズは6巻から表紙の絵柄がガラッと変わりました。
6巻では隣に立っていた彼らが、8巻では背中を突き合せた絵柄になり、今巻ではすれ違おうとしている。

どうかこのまま離れ離れになることなく、また隣で、あるいは向き合って笑っている絵柄に戻ってほしいと願ってやみません。

子どもの姿になってしまった冷川さん。
またあの不遜で飄々とした彼に戻ってほしいです。
彼には彼を信じ、待ってくれている仲間がいる。だから、大丈夫。

そう信じています。

3

ボコボコにされたらいいよ

冷川さんが幼いころに置いてきた憎しみ。その憎しみを手に入れた先生。

憎しみを奪い返そうとして、冷川は先生と縛られて身動きが取れなくなってしまいました。
その間三門くんは、英莉可、迎くん、逆木さんと一緒に先生の貯金箱を壊しまくっています、が!冷川さん!冷川さんが割と大ピンチ!っていうか大分残酷なことするね先生!これはひどい!

いざ先生の家に乗り込んで、さっそくばらける4人。男二人がまったく英莉可の話聞かない笑
先生と三門くん、冷川さんと迎くんでそれぞれ対峙するのですが、迎くんが言うように、彼が冷川さんのとこにいるのは時間稼ぎ。手遅れになる前に、三門くんが間に合うように、迎くんが何とかして冷川さんを繋ぎとめようとしています。でも顔崩れてるからほんと無理しないで迎くん…。
ヒトに優先順位をつけて見捨てると言った迎くんが、冷川さんのとこにいるって、本当に大きなことというか、冷川さんが理解できなかった人生は二択じゃない、の答えにも繋がっている気がする。
ゼロか百は選べない、生きることはそれの繰り返しと迎くんが言った通りだよ。

冷川さんを救うのは三門くんですが、その前に先生と一悶着起こすようですね。正直、先生にも救われてほしい。
だってほんと、ずっと自分を呪い続けて、こんな苦しい生き方ある?と思ってしまう…。三門くんのこと『あの子』って呼ぶのもさ、なんか、色々考えてしまう…。

父親の形見だったストラップをアクセサリーに作り替えて、三門くん本人もお守りとして身に着けるようになったのですが、これが何か大きな局面に関わってきそうで今から楽しみです。
それにしても三門くん、ちゃんと力強いんですね。先生でもどういう力かわかんないって逆に凄いね?

2

冷川が得た出会いは幸運だった

 冷川も三角もそれぞれ先生に対峙する流れが最高でした。憎しみを糧に生きている者同士、それを共通のアイテムにして絡み合ってしまうというのはなんとも皮肉ですね。一瞬でも気を抜いた方が搦め捕られてしまう憎しみの強さ、とても緊張感がありました。ところで、先生と冷川の違いはどこにあるのでしょうか。先生はまず自分に呪いをかけて、その後、他人を呪うようになった。今は徹底して悪人に描かれていますが、離れたくなかった家族を捨てて、自分に縄をかけるところから彼の第2の人生は始まっている。

 一方、冷川は当時子供だったこともあり、当然自己犠牲の観点など持ち合わせているわけもなく、手当たり次第周りに呪いをぶつけるところから始まっています。その後も彼は、自分に都合のいいようにやってきた。だけど、憎しみで生きている人間が、他人を呪っておきながら自分だけ無傷でいられるなんて、そんな都合のいいことはないのかもしれない。先生と対峙したことで、そのツケが回ってきたんじゃないか。再びあの部屋に閉じ込められた冷川を見て、私はそんな風に思いました。

 冷川以外の面々は、冷川をあまり好意的に思っていなかった迎も、オカルトを一切信じていない半澤も、振り回されてばかりの逆木も、皆協力的で、改めて考えれば不思議な繋がりのチームなのにすごく安定感がありますよね。根本に思いやりのある人が集まっている。この偶然の幸運さに、冷川がいつか気付く時が来るのでしょうか。三角が前巻で霊の憑いた女性と話すことで、冷川の視点を理解するきっかけを得たのと同じように、今回はまず迎が冷川を諭すことで、冷川に凍りついた心を溶かすきっかけを与えた。第三者の客観的な言葉って、すっと入ってきやすいですよね。2人だけだとどうしても感情的になってしまうから。物理的な距離は離れていても、2人の心の距離は少しは縮まったのではないかと思っています。

0

佳境ですね

人気俳優での実写映画化決定おめでとうございます。

BL要素は無いけど妄想が掻き立てるられる作品で、バディ物として読めば最高のBL作品だと思います。

今回は消えた冷川を先生が取り込もうと必死でしたが、1人では無い仲間を連れた三角に勝てるとは思えませんでした。相対時した三角に父親と教える事によってダメージを与えるつもりのようですが、そもそも呪うという概念の無い人間を地獄に堕とす事なんて出来るのでしょうか?

系多、英莉可、逆木が冷川の元に到着する三角を信じている限り息子が勝つことでしょう。

先生がどうすれば罰せられるのかが次巻の最大の楽しみです。

0

萌えより恐怖を楽しみたいのだが。(どちらも半端だ)

もうずっとBL目線捨ててホラー目当てで読んでる私ですが。
今回、ちょっと新たなる転換点。
というのも、
今回、三角攻めx冷川受け的な読み方がしっくりくる。
三角が王子で冷川は姫、とも言えるかも。
だっておれが冷川を置いてきてしまった、おれが助けなきゃ、って。
その冷川は先生と一緒にがんじがらめになってるらしい。
この辺非常〜〜に観念的で、読者さん自分で怖がってね、みたいな作者の丸投げを感じてしまった。
もっと「何」が怖いのか、「何」が描かれてるのか、はっきり描いて欲しいんだけど。ただなんとなくキモチワルイを感じさせようとしてる感じですよ。背景も白いし。
ここが雰囲気ホラーになってるから残念だと感じる。
もはや先生との直接対決への流れなんだから、本作でずっと描かれる「下水管」の掃除とか、家に入ってからの迷路とか、そういうのはもう枝葉というか。
三角、及びプラス英莉可・逆木・迎が連合になってるからね。
それに、新しい死人はいない。先生は劣勢だよ。

さて、先生は三角が自分の子供だってことはわかってるみたいね。
8巻のレビューで書いた通り、「名前」が関わってる。
先生には「ミカド」という音が聞こえないらしい。そしてその事がこの先のポイントになるのかな…自分でかけた自分への呪い。子供を殺さないように…(ここでもう先生の勝ち目はない…と思われる)
三角と先生の対決はそれとして、冷川が迎と対峙する意味はあるのかな〜?ここ、2人のルックス似てるし、よっぽど「わかる」展開にしてくれないと、って思ってる。
冷川は三角が助けるべきだから。

1

いよいよ終盤

いよいよ先生登場。
以下盛大にネタバレしていますのでご注意下さい。



ここへきて、先生も大きなトラウマを抱え、それをただひたすら悪事に利用している人間だと分かる。空恐ろしい人外ではなく、小さく卑劣な人間だったというわけです。
で、三角くんと顔が似ていたり、彼が何故能力があるのか親子関係にあると匂わされます。
三角くんは、この物語の中で、絶対的な善、希望という存在として先生と対比になっています。

そして、ようやく、lこれは冷川のカタルシス物語だということが見えてきます。先生の闇に囚われた冷川を、絶対に取り戻すと正面から乗り込む三角。クライマックスというところで次巻へ。

ずっと、え、付き合ってないの?それで?と言われてきた二人ですが、冷川が前巻から三角をずっと一緒にいたい運命、と強調してきたのに対し、三角が冷川を絶対に取り戻すと決意するところに至って、これは愛だなと分かります。

作者さんはBLだと思って描いているとのことですが、確かに二人の愛がテーマだとこの巻ぐらいから思いました。それまではBLというよりオカルトだったかな。
ラストが見えてきました。

0

「がんばってついてきて…」←耳元で聞こえる気がするわ

試されてるのは冷川ではなく
三角でも迎でも英莉可でもない あたしなんだッ!

死霊・生霊・呪い・思念・情念

いろんなもんぶっ込まれてれるけど 見失っちゃいけないところは
『誰かが誰かを助けたい』ってとこ

他人を受け入れ 理解し 支え 救い 共存する


お話は三角をめぐる先生と冷川の対峙
三角を消したい先生と三角を自分のものにしたい冷川

三角に拒まれたと思い込む冷川と置き去りにしたと思い詰める三角



なんか 巻をおうごとにめんどくさくなって読むのが辛いの ←心の声

ここまで来たらファンサ的なBL要素なんていっそなくていい 読み返すのも億劫なんだから ←心の声

てか これって【ノラガミ】の討伐隊の時と同じで何回読んでも理解できないヤツがきちゃった状態と同じ感じッ? ←心の声


ここ越えたら楽になるのかな? ←本音



こうなったらあたしの心の支えは逆木だけッ!
とりあえず もうちょっとガンバろ 。゚(゚´Д`゚)゚。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う