二重自我(ドッペルイッヒ) スタンレー・ホークの事件簿 3

二重自我(ドッペルイッヒ) スタンレー・ホークの事件簿 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
芳文社
シリーズ
花音ノベルス ~Hanaoto Novels ~ (小説・芳文社)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784832212374

あらすじ

バージルシティの刑事スタンレーは美貌の警視ロスフィールドと肉体関係にある。ロスフィールドにはジン・ミサオという愛人がいた。精神科医のジンは、死者の記憶を読むという特殊な能力に悩むロスフィールドを護る存在でもあるのだ。美しき男たちの危険な三角関係に進展はあるのか―?そして、市内で発生した連続猟奇殺人事件の犯人は何者なのか―。そして、市内で発生した連続猟奇殺人事件の犯人は何者なのか―?山藍紫姫子&本仁戻のロマン・サスペンス、描き下ろしコミック付きで再々登場。

表題作二重自我(ドッペルイッヒ) スタンレー・ホークの事件簿 3

スタンレー・ホーク 刑事 33歳
アリスター・ロスフィールド 警視

その他の収録作品

  • FILE6 『二重自我-ドッペルイッヒー-』
  • EXTRA FILE 『Special Edition』 byModoru Motoni

評価・レビューする

レビュー投稿数1

クライマックスへ向けて

かなり面白かったです。序盤は所々笑える部分もあって和やかな雰囲気なんですが中盤以降はシリアスな場面が続きグイグイ読ませます。これまでで一番事件性が高く、緊張感がありました。第1巻で尻切れになったロジャー・ブラウン事件の行方も判明したし、登場人物の背景もある程度解説し終わったところでいよいよクライマックスへ向けて勢いに乗ってきた感じがします。個人的な評価では限りなく≪神≫に近い≪萌≫といったところですね。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ