きみの処方箋

kimi no shohousen

きみの処方箋
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784592870128

あらすじ

父を知らずに育った智朗は、たった一人の家族だった母を亡くして伯父の家に引き取られた。けれど頑固な伯父とは衝突してばかりのうえ、従兄の克巳からは屈託もなく言い寄られ、智朗は早くこの家を出て独り立ちしたいと思っていた。ところが、心臓の病にも負けずに明るく見えた克巳には、実は智朗が思いもよらぬような秘密があり…。
(「BOOK」データベースより)
愛することが生むやさしい痛みを描くヒーリング・ロマンス。

表題作きみの処方箋

九条智朗 高2
九条克巳 高3

その他の収録作品

  • cross my heart
  • ヰタ・セクスアリス

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ヒーリングロマンス

18年前の作品で、まさにヒーリングロマンスという雰囲気の優しい小説でした。なんでしょう、この透明感。ミニシアターで2000年頃の日本映画を観たような独特の読後感がありました。時代が変化したとは言え、最近のBL作品は高校生であってもキスもセックスも躊躇ない展開が普通なので(それも嫌いではないが)、新鮮でした。

主軸は二人の恋愛ではなく二人がともに暮らす家族の物語です。二人の少年らしい思考や行動、二人を取り巻く人々の飾らない言葉がとても心に沁みました。特に最後、智朗が克巳に言った言葉が本当に素敵で、名言だと思います。大人が言うと嘘くさく聞こえる内容ですが、智朗の本心なんだと思うとその優しさに胸が詰まりました。

2004年に出た新装版にはその後のお話も載っているようなので機会があれば読んでみたいです。

0

胸キュンしました

主人公の屈折の方向性が好きで、切なくて、キューンとなりながら読みました。
口の悪い暴言マンな主人公です。マイナス思考で不器用な部分は月村小説によくあるタイプですが、暴言マンなのは珍しい。内省するタイプより、こっちのほうが好きですw
良かったなァ。
月村さんの小説らしく、セックスしそうなのにしないという寸止めで物語が終わっちゃうんですが、その物足りなさも好きですw

攻めと受けは義理の兄弟です。
母子家庭だった攻めの母親が亡くなり、伯父の家に引き取られるのだ。
伯父の家には一歳年上の病弱な兄がいた。
主人公は、新しくできた家族になかなか心をひらけない。屈託なく明るく接してくる義理の兄や妹にも、どう対応していいか分からない。
ひとつの家族が再構築されていく物語です。過去の秘密がひとつひとつとぎほぐされていき、主人公の心もひらけていく。
いいお話でした。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ