中がこんなに熟れて…。

花嫁は真珠に秘められる

花嫁は真珠に秘められる
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
イースト・プレス
シリーズ
アズ・ノベルズ(小説・イーストプレス)
発売日
価格
¥850(税抜)  ¥918(税込)
ISBN
9784781602066

あらすじ

香港を拠点に世界中にその名を轟かせる塔眞一族。元骨董商の凌は、劉人と呼ばれる一族に繁栄をもたらす力を秘めていたがゆえに、紆余曲折を経て本家の三男、貴砺の伴侶となった。そして今、伝説の地図が見出された。凌は貴砺とともにその謎を解くべく一路中国へと向かうが…。しきたりの重圧の中でもがく凌。そんな凌を貴砺は力強い愛で支え…。暴かれる秘密と弾ける絶愛凄艶ウェディングミステリー
出版社より

表題作花嫁は真珠に秘められる

香港を拠点とする資産家塔眞一族の三男/塔眞貴砺
塔眞家お抱えの骨董商で劉人の花嫁/深山陵

評価・レビューする

レビュー投稿数1

劉人の謎が今明かされる

シリーズものだけど、意外にいつもは1冊で内容が解る展開になっていて
案外読みやすい作品なのですが、今回は前作の「漆黒」とこの真珠2冊で
初めて謎解きが完了する流れになっています。
そして1番の読みどころはこの作品で劉人の秘密が花嫁である陵によって
全て明らかにされるところでしょう。

極端な話、これが最終和でも違和感の無い流れになっているのですが、
この謎解きのおかげで新たな劉人が誕生することになるので、
更に話が大きく膨らみますよね。
塔眞一族の発祥的なものも描かれているし、かなり壮大なスケールかも
旧家に伝わる「しきたり」現代人でもあり、塔眞一族のしきたりに
戸惑いや反感を覚えていたりもした陵が今回は新たなしきたりを作るなんて
内容で、すっかり陵自身が塔眞一族の劉人の花嫁として大きな役割を担う。
貴砺との関係もベタベタ過ぎるくらい甘くて出会った時の貴砺とは
まるっきり違う人物になってしまったくらいの変化。
二人の絆もますます深まった今作も良かったです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ