隷属志願

隷属志願
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×24
  • 萌9
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
66
評価数
21件
平均
3.3 / 5
神率
19%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫black(小説・白泉社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784592850533

あらすじ

取引先の医師にホテルに連れ込まれそうになった営業マン・直人は、高校時代の友人でヤクザの剣持に助けられる。劇的な再会に運命を感じる直人。しかしそれは、剣持が仕掛けた卑小で巧妙な罠で…!?

表題作隷属志願

人を従わせるカリスマ性 剣持
依存するものが必要な 直人

その他の収録作品

  • 道程

評価・レビューする

レビュー投稿数9

より病んでるのはどっち?

丸木さん作品、初読みです(*≧∀≦*)
めっちゃ病んでる。
…私、こういうの好きだ(´・ω・`)とか思った←バッドエンド苦手な癖に

あ、因みに受けは妻帯者です。
新婚さんです。
その割には夫婦仲が冷えてますが( ̄ー ̄)

攻めと受け…どっちが依存しているのか、されているのか…。
剣持→直人への執着はすごいけど…剣持の不安どおり、直人は依存出来たら剣持じゃなくても良いんだろうな。
自分を縛って道を示してくれる存在なら誰でも。
剣持よりも大きな存在が現れたら…剣持の手をするりと抜けてそっちに行くんじゃないかなぁ…って考えちゃう。
共依存だけど、そういった点を考えたら剣持の方が弱いかなぁ?

にしても奥さん…!Σ( ̄□ ̄;)
何というかその…なんも言えん。
でもなー…剣持が関与してこなかったら、普通の平穏な家庭を築けていたんじゃないかって考えたら不幸だわー。
結構勝手な物言いしているけど、相手がやる気を出した剣持だもんなぁ。
直人に奥さん繋ぎ止めろって言う方が無茶ぶりなわけで。
脅すだけで良かった気もするけど、誘導されたとはいえ自主的な裏切りによってど続きん底に突き落として掬い上げることで直人の自信喪失と自分に対しての依存を高めたかったのかな?とか思う。
何にしろ、剣持恐ろしいやつ。
でも本当に恐ろしいのは天然魔性の直人なのか?

とりあえず新井さん、無事でいて~!
何か一真ってば初対面から気にくわないって感じだから心配だ。
一夜過ごしたとはいえ紳士対応だろうに。

0

進化系→「mother」って感じ

過去作はどうしても新作と比べてしまいますね・・

丸木作品は好きで読んでますがこれの進化系が「mother」って感じました
関係はダークでも執着の中にちゃんと愛があるような感じが丸木作品では
好きだったのですが、これはどうしても攻めの剣持に感情移入できませんでした・・

受けの直人は既婚で、直人を手に入れる為に剣持が奥さんを寝取るんですが、
奥さんと関係を持ってた期間は半年以上だったんですよ(その間に直人とも再会して関係を持ってる)しかも奥さんをメロメロにするぐらいエッチしてます・・
直人を手に入れたいなら奥さんを脅すぐらいでよかったんじゃないかと
思ってしまいました・・ヤクザだし。

個人的に受け以外の相手と長く関係を持てちゃう攻めは苦手なんです
そういう人に後から好きだのなんだの言われても説得力ないんですよね・・
巻末の攻め視点もほぼ本編を攻め視点に置き換えてるだけなんで、やっぱり
最後まで攻めの心情は理解できませんでした・・

丸木作品好きですが、好みではなかったので中立です・・





1

徹底的

攻め:ヤクザ  剣持
受け:営業 直人

2人は高校時代の同級生で、親しくなった末にお互いの身体を触り合っていた。
卒業後、剣持に連絡が取れなくなり疎遠になった。
取引先の歯科医にホテルに連れ込まれそうになった直人は剣持に助けられる。
数年ぶりの再開に喜んだ直人。
その日から度々剣持に飲みに誘われるようになるが…

執着+依存攻めですね。
剣持が歯科医から直人を助けたのも、たまたま通りがかったわけではなく直人に監視をつけていた。
直人の奥さんを奪ったり、直人が離婚した直後に奥さんを消したり…
剣持の執着が恐ろしいのか、直人の魔性が凄いのか分かりません。
共依存の果てに2人とも堕ちる所まで堕ちてますね。

2

丸木ワールド全開!

他人の意見に流されやすく依存心の強い受・直人を、かつての同級生であり現ヤクザの攻・剣持があらゆる手を使って追い込み、自分のものにしようとするお話。
その追い込み方がただ事でなく、社会的に、肉体的に、精神的に、直人の世界を少しずつ狭めていき、結果的に自分しか残らないようにしていく手管が実に巧妙で、うすら怖かったです。
最後まで、直人に対し「どうしてそこまで…」と思わずにいられない執着心をみせる剣持。
「執着」を「LOVE」に置換できるかどうか、それによって、見方が変わる作品だと思いました。
丸木さんの作品にはそういう紙一重の攻キャラが多く登場しますが、私自身は執着攻が大好物なので、最後まで萌え萌えしながら読むことができました。
その言動のどこに愛があるのか、攻キャラの本心を読み取るのが楽しい。それが丸木作品の醍醐味と言えると思います。

受の直人は外見も性格も特に人より秀でるものを持たない“普通っ子”という名目の割には、親友だと思っていた男友達(剣持ではない)から惚れられたりするんですよね。
自覚がないだけで、実は人をひきつけてやまない何か、危うさのようなものがあるのか?続き
というか、直人がそのような性格になったのは、子どもの頃に経験した事件のせいという設定なんですが。
自分の記憶にあやふやな部分があって、それを自分自身で取り戻そうとするのではなくて、絶対的な存在の誰かに代わりに埋めてもらいたいというのも、何だか納得がいくような、いかないような?
その辺り、もう少し分かりやすい設定であればよかったですね。

自分に寄りかかるものを可愛がりたい攻と、誰かに依存したい受。これぞ割れ鍋に綴じ蓋。
主人公の直人がそもそも妻帯者だし、援交ギャルと寝るシーンもあるし、攻の剣持に至っては直人の周囲の女を寝取るといったこともするので、BLの登場人物が女と寝る描写が苦手な人は、要注意です。

4

平凡受。独占攻の素晴らしさよ!

丸木さんはゲーム時代から好きなんですが、攻がいいんですよねー攻めが!!(力説)
この作品もその例にもれず攻がもっそい良いです。

受はどちらかといえば平凡、しかしその受に何年も執着して独占しようとする攻が萌えツボに入りまくりです。
学生時代に後ろに突っ込まなかったのは快楽に弱い受がアナルの快楽を知ったら心配だから教えないでおくとか、細かい所がいちいち可愛いというか執着を感じさせて良いです。
平凡受に執着する独占欲攻はいいものなのだー。
ただまあ受の奥さんが気の毒といえば気の毒な気はしますが、それも攻の独占欲の愛故とあれば困った事に許せちゃうんですよね。
これも愛の形。

1

攻めが本気すぎる

丸木さんの作品は人一人殺しちゃうくらい、攻めが受けのこと好きすぎるのが

とっても いい!!

それが受けの奥さんだとしても!!
普通そこまでするとうわ~って引くレベルなのですが
奥さんと受けは見合い結婚だったり愛はなかったり
奥さんは浮気してたり(攻めとなんだけど)
もう奥さんいらないんじゃない?ちょっと邪魔よね!!って読者が思える(私の個人的な意見)のがすごいところだと思います

1

最高!

丸木さんの元々大ファンで読んだんですが、
私のストライクゾーン打ち抜いてました!!

あまりの剣持の直人好きさんには感服!!!!!!!!
直人の狙ってる人、物、を自分の物にして追い詰めていく!!!!!
最高の作品です!!

丸木さんは基本病んでる感じの作風ですが、
これも少しそのようでよかったです。

ただ、直人はそれでいいのか・・・・
と思うところは多々ありましたが、OKです;;
なんというか、新しい人種でしたね。
水のような奴。
見事にその新種を成り立たせていた気もするのですが、
やっぱり、受けの好みとしては苦手でした。
でも、その性格があったからこそこの作品が成り立ったと思います。

3

ヤンデレ

直人を手に入れるために、そこまでする!?
そこまで執着する剣持のヤンデレ具合に萌えました!
あれも、これも、それも、全てこのためだったのね!

丸木文華さんのことは、ネットサーフィンしていたときに、
たまたまたどり着いた丸木さんのHPで知り、そこから、某BL18禁ゲー、
某18禁乙女ゲーで、はまりましたw
丸木さんの書くヤンデレがツボです。
相手のことが好きすぎて、
行動がちょっとおかしくなってしまう感じ(たいがい攻め)と、
結局その強い思いに流されてしまう相手(たいがい受け)の関係が
ぐっときます。(そこまでして、好き?って感じが萌えツボなので)
しかも、攻めも受けもエロいんですよねー。
攻めの言葉責め、快楽を刻みつけようとするようなしつこさと、
受けのただただ快楽に素直で溺れていく弱さ。

丸木さんの作品に出てくるキャラクターって、
どこかいやな部分を持っていて、イラっとくることが多いですが、
そこがまたリアルで(話的にはかなり非現実的ですが)ほの暗い感じが、
淫猥というかなんというか…。

本作品の主人公直人も、イラっとくるところがあ続きって、
剣持は直人のどこがよいのか、そこまでして手に入れる必要があったのかと…
(それにはちゃんと背景があるので、最後には納得ですが。)

後々のことを考えると、この二人の未来も、ほの暗い…
ハッピーエンドなのに、バッドエンドのような。
(二人が良ければいいけどさ)

1

期待していたのとはちょっと違った・・・

隷属っていうので、SMなのかなって思い手に取ったのですが、“支配されたい”願望はあるものの、マゾって程ではありませんでした。
これって、所謂ヤンデレってヤツでしょうか?

自分自身を芯のない空虚な存在だと思っている直人と、高校時代の友人で今はヤクザになっている剣持とのお話です。
自分自身がどうありたいのかわからず、普段は道化の仮面を被り周囲に迎合しながらも、一人になったときにはより空虚な妄想にふけってしまう直人が、唯一仮面を被らず素の姿で付き合えたのが剣持です。
言葉巧みに誘われて、身体を許してしまったりと、なかなかハードな付き合いをしていた二人ですが、高卒後剣持が音信不通になり、10年近い間まるっきり関係ない生活を送っていたわけです。
しかし、ひょんなことで再会し再び関係が始まる二人。直人など、結婚までしているのに剣持に惹かれる気持ちは抑えきれずに・・・

高校時代、大学から再会するまで、再会してからを交錯させてお話は進みます。

芯が無いと言っている直人は“空虚”という揺るがないものを持っているわけですが、その部分を埋められるのは友人でも妻でもなく、剣持だったと続きいうことです。
しかし、お話が進むにつれてあの出来事もこの出来事も起きるべくして起こったということがわかります。
直人のブラックホールなみの空虚に引きずり込まれたのは、剣持なんだなとも思える展開でした。

本編は直人目線で語られていますが、「道程」は剣持目線で語られます。
本編では明かされなかった彼らの背景がもう少しはっきりすることにより、あとがきにもあるように「S極とN極のように」二人が引かれあうしかなかった理由もハッキリしてきました。

しかし、沙耶さん(直人の妻)やっちゃう必要はあったのでしょうか?

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ