刺激的な色恋、オール書き下ろし!!

一途な夜

ichizu na yoru

一途な夜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×214
  • 萌18
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
12
得点
167
評価数
47件
平均
3.6 / 5
神率
23.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784048682077

あらすじ

コンドーム開発のためにエッチをしてこいと命じられた研究員の泰斗。純情で根暗な泰斗は恐る恐る入った出会い系バーで、将吾と名乗るモデルのようにセクシーな紳士に一目惚れしてしまう! ところが優しい将吾はベッドに入るや一変、傲慢で鬼畜な荒々しい雄に! 一晩四回の激しい突き上げと濃厚すぎる愛撫に、泰斗の無垢な身体はすべて暴かれ泣くまで喘がされてしまい!? さらに、将吾は泰斗の研究を脅かす危険な存在で──!?
(出版社より)

表題作一途な夜

受様のH相手になるセクシーな紳士・赤羽根将吾
新製品の為難題を抱えるゴム製品開発研究員・夏目泰斗

評価・レビューする

レビュー投稿数12

楽しい王道

個人的に大好きな砂床あい作品。
王道だけどコミカル仕立てで楽しめました。

コンドーム開発者のオタクな受けと、ライバル会社のスパダリ社長のカップル。
開発モニターのために、意を決してハッテンバーに赴いた夏目。声をかけられますが、OK条件が”一晩に4回出来るなら”で吹きました。余裕で名乗りを挙げた(かに見えた)イケメンにメロメロにされてしまふ夏目さん。

体の関係、と割り切れなくなって苦しみますが、実は、な展開。

しかし、今回はお仕事ものとしても読み応えがありました。こういう裏打ちのある小説は読んでいて面白いし、気持ちがいいですね。
シリーズなので続編も直ちに戦闘準備です。

1

気になっていたもの

前々から気になっていた本をやっと手に取れました!
こういうパターンの時ってだいたい、面白い物だったりするんですよね…

面白かったです つД`)
早く手に取れよ!自分!

攻め様に振り回される受け様設定がきっと好きなんですね私(;^ω^)

話は、コンドームの開発をしている受け様が試作品を試してレポートを提出となっていますが
奥手で地味でと自分に卑屈な感じの受け様w
童貞で初っ端から出会い系バーへ・・・
そこで攻め様とであってお試しに・・・となるわけですが
受け様はもちろん攻め様にひとめぼれですが
上手く自分の気持ちが言えずじまい
そして攻め様もなんだかんだと言っても、受け様の事が好きみたいで・・・

結局のところ凄い攻め様が受け様を溺愛していたのと
攻め様が恋に対して凄い重い人だということですw
ハードボイルドな攻め様ではありませんでした(見た目)
そこがこの話のいいところなんですが

受け様は純情な、攻め様大好き人間だし
攻め様は見た目に似合わず束縛彼氏でしたw

4

この本が出会い

近々、「一途な夜」のスピンオフが出るということなので記念レビュー。
これが砂床先生ファンとなった本です。
といっても最初は完璧に亜樹良先生買いだったのでドキドキして(イラスト買いで失敗するパターンってわりとある…)でもこの本に関してはここから砂床先生ファンになるという新しい道が開けていました。

いやもう、出版社のあらすじがこの本の7割くらいを書いてしまっているんですが…
もう何年も前の本なので内容には触れません。
コンドーム製作にまつわる苦労なんかはもちろんなのですが、とにかくキャラクターの生かしかたがすごくいいのです。
正体不明のイケメン将吾と、生真面目で天然な泰斗。
こうやって書いてしまうとBL的ありきたりキャラクターなんですけど、将吾がちらちら見せる嫉妬のような行動や、自分に自信がもてない泰斗という表現の仕方が見事!なのです。
そして最終的にはヘタレ扱いの将吾。「不埒な夜」のほうにも書いたのですが、この人かなりおいしい攻めだわ。

あとエロシーンがエロい。これは外せない(笑)

ほんとに最初がああいう出会いだと素直にもなれないよね…と泰斗に同情しながら続き読んでました。いやぁ、ネコのゲイには辛い仕事だね。

スピンオフは将吾のお兄さんの陽生が主人公。
存在自体はこの本でも、本人は「Sweet Heart」に登場済み。とっても楽しみです♪

5

素直に面白かった!

何が1番良かったかというと攻様の性格ですね。なんか亜樹良先生のイラストの影響もありますがこの凛々しい紳士のヘタレっぷりといったらwww
それがすっごく可愛いというか意地らしいというか、思わずほくそ笑んでしまう感じでよかったです。職業こそ変わった設定ですが基本はよくありそうな話なのにキャラが際立っているいるせいなのか凄く楽しめました。攻様・赤羽根社長が嫉妬のあまり受様・泰斗のあそこの毛を・・・・!?
なんか大型わんこにしか見えないこの社長がほんとツボでした。
独占欲が強い攻様っていうのがやっぱり好きですね~
それでいて甘いという。続編の『不埒な夜』が読みたくて早速購入。お薦めです~

1

コンドームの、コンドームによる、コンドームのための…。

なかなかトンチキ?な設定でした。
コンドーム会社の社員がコンドーム開発のために試作品を試すために寝る。
コンドームの、コンドームによる、コンドームのためのセックス(違)
全ては研究開発のためであるようであって、実は最初から惹かれる部分があって。
だからこそ、空気を読んで、その事情を言わず事を進めていくんですが。
いや、ソレ言ったら引かれるって気持ちはよくわかります。
でも、事後、結構いろいろ聞いてるような…。
基本的には扱ってるものはトンチキっぽいけど、それ故にあるせつなさとかも充分あって。
初めてなのに強がったりとか。
相手の恋に対するスタンスみたいなのを読み違えて(読み違えさせようと読者にしてるんだろうけど)自分だけが本気みたいでせつなくなっていく様とか。
なかなかステキでした。
それにしても…相手もコンドーム会社かよ!
コンドームで始まりコンドームで終わったようでした(違)
っていうか、全部を会社で話してしまうのもスゴイな。

1

可愛くてキュンとするお話でした

絵師さんが好きで読んだのですが、なんだか受けが可愛くて意地らしくて、キュンとするお話でした。
設定は結構ありがちと言えばありがちで、こんなことないだろ~と思うような所もあるのですが、この作家さんの特徴なんでしょうか、軽くて一気に読めてしまいました(笑)。
受け視点で書かれた作品なんですが、同性愛者だということにコンプレックスを感じていて、自分に自信がないのに、攻めに対しては世慣れたように振舞わなくてはならず、かなり無理をしているのですが、それが可笑しかったり、意地らしかったりと、私にはとても可愛い受けに感じられました。
攻めも受けがとっても好きだというのが態度に出てるのに、無理にそっけなくしたりして、お互いすれ違いの恋。結果は分かってるんだけど、そういう片思いの切なさがいいんです(笑)。

亜樹良さんの描く将吾が、ちょっとタレ目気味で甘いマスクで素敵でした~^^

4

コンドーム業界

確かにコンビニでも手軽に買えてこれだけ世の中に普及しているコンドームですから、それを作っている会社もある訳で。
泰斗〔受〕はそんなコンドーム開発に所属する社員で、4種類のコンドームの体感レポートを出さないといけないんですが、生憎泰斗はゲイでしかもまだ男を知らないときてます。
レポート提出までぎりぎりとなった泰斗は、ついにゲイバーへと出向き男に声をかけられるんですが、その時に泰斗の出した条件が「4回セックスをしてくれる事」
結局その声をかけた男は呆れて離れて行くんですが、その後店へと現れた将吾〔攻〕がその話に乗り、泰斗ときっちり4回セックスしてくれます。
何もかもが始めてなのに、そう見せないと頑張る泰斗がちょっとおもろ可愛いです。
その成果あって、無事に泰斗は会社にレポートを提出。

業界初の0.01ミリのコンドームを開発するというお仕事面でも楽しめました。
最後がちょっと都合良過ぎた気もしないでもないですが面白かったです。

1

軽くて楽しかった

自分の研究開発したコンドームの試用データを集めるため、にセックスの相手を探す必要に迫られたゲイの自覚のある研究オタ君が、決死の覚悟で入った二丁目のバーで出会ったのは、とんでもなくカッコイイ、フェロモン満載の男で…
という、
もう「BL」としか言いようのない、軽いラブコメディ。

最初から、色んな伏線はわかりやすくちらばしてあるので、迷うことなく、サクサクと楽しく読める。
キャラクターはみんな好感もてるし、展開もわかりやすくて、オマケにコンドームの製造過程なんて言うミニ知識も手に入って、エチシーンも割と濃厚、であま~~~い。

手軽に読める、かわいらしい本でした。


1

私にはかなりおバカ本に映りましたよ。

コンドームの研究員が、新作のコンドームと
自分のゲイ傾向を試すために二丁目にデビューして
コンドームと自分自身の性癖を試してしまうというwww

ほんとにはちゃめちゃな設定だよw
いたって受けが真面目で、攻めもなんか真面目で
ちゃんと恋しちゃってるのがすごいよねw
ばかばかしい設定に登場人物が真剣に悩んだり涙しちゃったりしてさ
亜樹良のりかずさんのイラストもシリアスで笑いを誘うw

私にはかなりおバカ本に映りましたよ。
なかなかに楽しかったです。

1

薄さへの挑戦が運んできた恋?w

ご縁があって読ませていただいた作品、part2ですw
ってことで、この砂床あいさんも初めて知った作家さんですw
(無知でスイマセン!)

大手化成メーカーのコンドーム開発研究をしている泰斗(ゲイ)が
コンドームの試作品の使用感をレポートする為に
2丁目で、4種類のコンドームを一晩で試せる男を探していた時に
完璧な美貌とオーラの持ち主・将吾と出会い
約束どおり一晩で4回のエッチをしちゃって
その後も「セフレ」として付き合うふりをして試作品を試すうちに
どんどん将吾に惹かれていくけど。。。という
すれ違いラブの王道な感じのお話です。

泰斗の方は、社内機密を守るため
将吾の方は、泰斗が自分の事を「セフレ」としてしか見ていない、と思ってるため
お互いのことは下の名前位しか知らないわけで
それが、中盤から後半のストーリーを上手く隠してて
読み手側も楽しませてもらえた気がします。
と言っても、充分想定内の設定ではあったんですが。。。

ラストが、あまりにも想像通り過ぎてちょっと残念でしたが
お話のメインが「コンドームの試用」なだけに
エッチシーンは結構続き充実してたかな?
あと、男性がいかにコンドームの薄さにこだわるのか、ってのが
なんかリアルで、ニヤニヤしちゃいましたw

3

軽く楽しむエロと、コンドームができるまで

コンドーム会社の研究員・泰斗はゲイ(さらに未経験)なので、試作品のモニタリングのためにしなくてはならないセックスの相手を、二丁目のバーで探していました。
一晩で四回イカせてくれることを条件に・・・
そこに現れたのが将吾という、大変好みな外見をした男で、泰斗の希望を叶えてくれるのでした。

このお話の面白いところは、極薄コンドームの商品開発という一種独特な研究バカの世界と重なっているところでしょうか。
実際のところ、開発者が試作品をモニタリングするシステムがとられているのなら、コンドーム会社は社員全員が絶倫じゃなくっちゃダメだなぁって思っちゃいましたが、どこまでが本当なんだろう?

で、この主人公二人が絶倫だし、商品のモニタリングは繰り返されるしなので、お互いの素性を隠したまま逢瀬を続けるわけです。
そこに商品情報漏洩というスキャンダルが巻き起こったのでさあ大変・・・

将吾の正体も明らかになり、どうなることやらという展開に。
しかし、最後までサービス精神旺盛で、将吾の執務室でのオフィスエッチまでやらかしてくれて、めでたしめでたし、おなかいっぱいでした。

お話続きの展開はご都合主義的な部分も無きにしも非ずでしたが、商品開発というお仕事を堪能できたのと、泰斗が遠慮なくエロかったのと、将吾が終始一貫していい人だったのと、脇キャラもいい味出していたのとで、大変楽しめました。

ちなみに、口絵はとんでもなくエロいので、購入時カバーをつけてもらうのなら、覚悟がいります。

3

身体を張ったコンドームの研究開発です

舞台は化成製品の研究開発部、製品のモニタリングは社員が自らするのって、きっと本当なんだろうな~
それにしても、4回なんて大変だヨー!
という業界話も入った、モノがコンドームだけにエロくなってしまいましたが、でも読み応えのある面白いお話でした。

ゲイの夏目は、奥手で研究一筋でナノ分子に人の名前を付けて可愛がるくらいの、逆に言うと人恋しい人だったのですね。
それが、0.01ミリの薄さの新製品開発のモニタリングをしなくては、と二丁目で出会ったのが将吾という、かなりカッコイイ男性。
初めてなのに、モニタリングということを隠さなくてはいけないから、慣れてる振りをして、夏目くん大変よく頑張りました!
でも、いきなり”条件は4回すること”なんて、勘違いされちゃいますよ。
夏目は好きという気持ちがすでに芽生えているので、気持ちいいのに後ろめたい気持ちもあったのです。
そして、関係が続いて半年、ある晩開発が終わった打ち上げ後上司といるところを将吾に見られて、付き合っている男と勘違いした将吾に無理矢理拉致されて、剃毛されちゃう夏目!!
将吾のヤキモチがものすごく現れた瞬間でした。
続きもう終わりだと思ったその翌日、ライバル社に開発中の0.01ミリコンドームの発表を先に越されたニュースが!
夏目は将吾の正体を知り、産業スパイがあったのかと将吾の会社へ駆け込んで・・・

夏目の好きな人に好きだと言いたい気持ち。
でも、製品の開発があるから、正体が明かせないから少し後ろ向きで引き気味な態度。何だか健気なんですが、業界の人々は本当にこんな苦労しているのかな?と実は興味深々だったりも。
酒の席で子供が欲しいのに、作れないー!と愚痴る姿があって、真実なの?と思いました。

将吾の気持ちの綴りがないので、最後の気持ちを通わせるところでやっとわかるというのは、小説にはお決まりのパターンですね。
行為の最中はとても情熱的で、高級ホテルを必ずエッチの場所に使ったり、気を使っている風はあるのです。
でも終わると、彼がシャワーを浴びている隙に一人で帰ったりと、気持ちが掴めなくて・・・
最後に秘書が「社長は恋愛体質で、夏目にとても執着している」と語るのですが、彼は自分の正体がバレたら関係が続けられなくなると思って気を使っていたのでした。

だから結果は最終的にオーライで、丸く収まるのです。
なんだ~最初から一目ぼれ同士だったんだね。
ゴムの会社の裏話も取り込んで、うまくゲイの登場人物を絡めて、不器用で研究ヲタな夏目がそれによく似合っていて、好感が持てます。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ