永遠のボーイフレンド

永遠のボーイフレンド
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×28
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
15
得点
126
評価数
33件
平均
3.9 / 5
神率
42.4%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人セレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784812472279

あらすじ

繁華街で小さな花屋を営む、顔はゴツいけど、心はオトメなみちる姉さん。惚れっぽくて、世話焼きな彼女(?)を慕って今日もたくさんの人々が店を訪れる。店のバイトくんの先輩・克彦もその一人で、毎日店に顔を出しては、みちるに憎まれ口をたたいて帰って行く。克彦を見ているとなぜか懐かしい気持ちになる、みちるだったが…!?
みちる姉さんの切ない恋を描いた表題作他、麗人本誌で大好評を博した心優しきオカマのみちるさんシリーズが遂にコミックス化。ツンデレ塾講師と大学生のぎこちない恋愛シリーズ作品と描き下ろしを収録した最新コミックス!!

表題作永遠のボーイフレンド

山本先生/裕太/ケンちゃん/大学生・郷野
比呂樹/ひっくん/オカマ・みちる/元教師・井上

その他の収録作品

  • 変態花屋の息子
  • チェリーにくちづけ
  • 24のひとみ
  • タックル返しでほほえんで
  • あとがき
  • オリンピックでほほえんで

評価・レビューする

レビュー投稿数15

みちるさ〜ん!

ずっと前から知ってた本なのに、表紙に惹かれず読んでなかった…でも思いたって読んでみて……感動。中年以降の方に大おすすめです!
これは、「オカマの深情け」のお話し。
本物の女なんてモノは「情け」なんて持ち合わせてない。現実的でもっと即物的な生き物。オカマはもっとロマンを求めてるのよね。言ってみれば「愛」を。オカマの方が女よりもずっとずっと情け深い。
天国に入れるのはこういうみちるさんみたいな人!
若い頃は笑われてナンボのお笑い担当キャラで、教会の前に捨てられた子供を育て、若い子の恋を応援し。
自分の恋は後回し。
というより、ゴツくて暑苦しいブスオカマには、自分の恋なんて存在しない…
ただ一回だけ。若き日の小説家志望のケンちゃんとの思い出、ただそれだけで今までやってきた…
この辺の機微は若いコにはわからんかもしれんが、この年になると沁みて沁みて。みちるさんの心中を想うと涙が滲んじゃう。
克彦っていう高校生がみちるさんになびいてる。でもさ、これ絶対CPにはなんないのよ。みちるさんが手出すと思う?
みちるさん、みちるさ〜ん!天国なんて入れなくてもいいじゃん!生身の人間として続きの幸せ、求めてもいいじゃん!切ないっ!

「24のひとみ」「タックル返しでほほえんで」
気に入った子にはフラれ、腹立ち紛れに寝た大学生とはカラダの相性が良くて。なんか身もフタもない話。でもこうゆうところから情も生まれてくるってワケで。(井上先生は攻めも受けもできるんですよお)

1

たまらなく悲しい気持ちになった事がある人へ。

 何の予備知識もなく、ほのぼのした漫画でも読んでちょっと休憩しようかな、程度の気持ちで読みました。ものすごい休憩になりました。大人になるって諦めの連続じゃない、愛することの連続。そう思うとこれまで我慢したり辛かったと思っていたことがすでに報われているような気がしてきて、我慢しなくていいんだよ、もっとBL読んでていいんだよ(アレ方向変わった)、と思える素敵な物語でした。

 決して綺麗な絵ではないですが、そんな絵柄だからこそ純粋に感情が伝わってくるような気がします。拙く見える表紙は子どもの頃大事にしていた宝物を見ているような気分にさせられますし、Hシーンは綺麗なだけではない生々しい情熱を感じて胸が熱くなります。

◆花屋のオカマ、みちる編
 あら、どうしたの。泣きそうな顔しちゃって。
…いいのよ、何も言わなくても。
代わりにアタシの話を聞いてちょうだい。
20年間、実の子と思って育てて来た比呂樹の話、
うちにやってきた元気な押し掛けバイト、裕太クンの話、
そして、ケンちゃんの話…。
えっ、克彦くん? そんなつまらない話はしないわよッ。

◆その他同時収録作品
続き 『24のひとみ』『タックル返しでほほえんで』
 あとは流れに身を任せて読んでください。

3

人生捨てたもんじゃないと思わせてくれる、寅さん映画みたいな漫画です。

私は普段、王道のかっこいい攻とかわいい受が大好きなので、オカマに萌えられる自信など全くなく、皆さんのおすすめレビューがなければ読むことはありませんでした。

実は、雑誌で読んだ吉池先生の読み切りが面白かったので、先生の本を一冊買ってみようと思ったのが、半年くらい前でした。

普段こういう時は、こちらでの評価が一番高い本をまず買ってみるのですが、この本に関しては「なんぼなんでも萌えはなかろう」と、すぐに買う気になれなかったのです。

それでも、レビューを何度も読み返し、「読まないと損」との言葉に動かされ、ついにこのたび読んでみたところ、大層な傑作でした。

私のように、表紙やあらすじで食わず嫌いをしていても、読めばきっと多くの人が「読んでよかった」と思える漫画です。

最後になりましたが、おすすめレビューを書いて下さった皆さん、ありがとうございます。

4

茶鬼

こんにちは、むぼちさん

この本一瞬ひるんでしまうけど、すごくすごくよかったですよね☆
自分もいまだにこの本は読みかえすたびにホロリとさせられてしまいます。
本当によんでみなけりゃわからない!
マスコ作品はアホエロだったりするのもあるけど、最近のは人情が入ってとても深みがある気がします。
こうしてお気に入りが見つかると、また新しい扉を開いた感じでとても嬉しくなりますよね♪
自分がレビューしたとき評価に「萌×2」がなかったので、「萌」なのが本当に悔しいです。
また引っ張り出して読みたくなります

うわぁ~~~~~~~~~~ん(泣)

ちょっと!!
これは泣くわよ!!
涙が止まんないわよ!!
みちる姉さん わかるわあ。
もう私 気持ちわかりすぎて本を読みながら何度もうなずいたわ。
自分が一生懸命育てた子が恋人と暮らすって辛いわね。
でも みちる姉さんはえらいのよ!
ちゃんと二人を応援してるじゃない。
立派にあんなにいい子に育てたじゃないの。
自信を持ってね!! 苦労がむくわれたのよ。
これからは息子の恋人がアナタの宝物を守ってくれるわ。

若い時の恋愛ってにがいものよ。
好きで好きでたまらなかったのに 別れを選択するしかなかったもの。
身を切られるわよね。
ごめんなさい・・・。涙 とまらない・・・・。
みちる姉さん かっこよかった。
アナタのいいトコロ きっと彼もわかっていたわ。
彼も本気だったのよ。
最後に彼の息子がアナタを救ってくれてよかった。
みちる姉さん 幸せを祈っているわ!!







2

ゴッツゴツの体に宿るど純情

主人公はおかまのごっついおっさん、花屋のみちるさんですが、そのみちるさんがらみの恋愛は結局「To be continue」どまり。
むしろ息子代わりに育ててた比呂樹やその後に来たほんわかかわいい(体は結構たっぱある)バイトの裕太に振り回される方が分量多いのです。

そしてぶっさいくなオカマのみちるさんがあははぁと愛想ふりまいてたり、涙流してたり、同志に向かって怒鳴りつけてたりするのがかわいいのです。
でもみちるさんが思うより比呂樹や裕太は簡単にくっついて、うまいことやっていくわけです。
そのみちるさんは裕太の先輩の克彦に過去の男、ケンちゃんを見出したと思ったら、実は関係が!という過去の甘酸っぱい恋の掘り起しという話が。
克彦、親に似て非常に口が悪いけどうまくいくといいねぇ。みちるさんみたいなガチでやさしい人はなんかすごく幸せになってほしい感じです。

併設の24のひとみもおかまではないけど非常にごつい体に乙女チックな動きを兼ね備えた郷野が出てきます。
圭吾を口説いてるのに郷野が好きだと言われて井上が逆恨みするところから関係スタートするのに、実は郷野は井上が物凄く好き。続きSまがいな襲い受けされしても涙流しながら喜ぶのです。好きと叫びながら号泣するし。
そんな郷野に滅茶苦茶ほだされちゃうわけですね、性格的に。ベースが攻めだったはずなのに体の相性もいいし。
そしてちゃっかり別の人が好きになりましたーなんて言ってる圭吾。見た目にそぐわない雑なご性格で・・・(苦笑

エロがすごくモロなので人は選びそうだけど、筋肉乙女を見たいという人にはもってこいですな。でも絶対こういう人はBLには少なくてもゲイには結構いるよ、マジで。

筋肉質でも心の中身が乙女で何が悪いか!てことで。

3

めずらしい本だと思いました。

みちるさんが主人公ではあるんだけど、みちるさんのお話が中心なわけじゃないんですね。
心優しいゴリラ顔のオカマちゃんみちるさんをとりまく、心優しい人たちの、心温まる恋模様が描かれていて、とても優しいお話でした。

ただ…、誰が誰やら私にはさっぱり…;
みんな目がカタカナの「エ」みたいなんだもん。
髪型で識別しようと試みたんですが、「黒髪」と「白い髪」と「坊主」が限界でした;
無念!!

とっても評価が難しい作品でした。
見分けつかないのを埋めておつりが来るくらい、お話はとってもハートフルでよかったんですが……。
どうしても駄目だったのが、「エロが汚い!」
下手とか雑とかじゃなくて、「汚い」って思っちゃったんですよね、何故か。
好き嫌いもあるだろうし、お話がイイんだからスルー出来ると良いんだけど、BL読者ですから、そこには萌えたいんですよね。

けど、お話はホントに素敵でした。

0

ゴリラ顔でも心は乙女

こちらのレビューを参考に購入しました。
そして納得、みちるさんかわいい-!!

お話はゴリラ顔のオカマみちるさんが中心で進みます。

みちるさんいい人!
そしてみちるさんの周りの同業者のおネエ達もいい人!
悪態吐きあういい仲間って感じが読んでて暖かい気持ちになりました。

個人的にみちるさん本人の話がもっと読みたかった。
ケンちゃんの息子とはどうなってくの…!と悶々としてしまう

他のBL本と違って綺麗じゃない、ぶっさいく丸出しだけどそこが魅力的な面白い作品です。
そして思っていた以上にエロがすごかったです(笑)

2

物語の力

吉池さんの絵は、耽美とは反対で、ちっとも、きれいでも、かっこよくもない。
それでも、他のコミックスだと、登場キャラ達は、それなりに、かわいかったり、かっこよかったりもする。
でも、この本は、そんな外見の、きれいや、かっこいいを、すっ飛ばして、主人公のみちるさんは、ゴリ顔の、いかつい、中年のオネエだ。
泣けば、涙だけじゃなく、鼻水や、よだれで、顔面決壊しちゃって、見られたもんじゃない。

それでも、このみちるねえさんが、すっっっごく、いいの。

息子の比呂樹との話も泣かせるけど、みちるさんの若かりし日の恋を描いた、表題作「永遠のボーイフレンド」が、実に、

これが、物語の力の強さだよって、
強くお薦めしたいです。

3

泣くわよ!

マスコさんでオカマでゴツ受で、そんな彼の一生に一度の本気の恋って泣くわよ、そりゃ泣くわよ!!
もう泣いて当然じゃないって位に泣くわよ!!
口絵カラーでネギ持った苺柄の買い物バッグ持ってピンクのイニシャル入りセーター着てちょっと内股で「あらーげんきー?」なんて言われたら泣くしかないじゃないの!

美人でもない男そのまんまのオカマのみちる姉さんが赤ん坊を拾って育てるのよ!その息子は大きくなったら家出て男と同棲しちゃうのよ!悲しいわよ!でも結局はさ、手料理持っててあげちゃうのよ!
もう馬鹿よね、でも心は父で母なのよ!
複雑なオカマ親心なのよ。
そんなみちる姉さんにも若い頃、本気の恋をしたのよ。
そしてねそれは凄く凄く素敵な、でも馬鹿な恋なのよ。
ああもう、泣けるわよ!お化粧が台無しじゃない、あらもう私ったら酷い顔じゃない、どうしてくれるのよ!
そこの貴方も読む前はお化粧落としておくの忘れちゃ駄目よ!特にマスカラに注意よ!目元ぐちゃぐちゃになったらみっともないんだから!

4

まさかの

げっ
まさかの涙がぽろりと落ちました><。。
しかも、泣き場が2箇所ありました!!
うわさをきーて、絵が…でしたが、マスコさん初読み☆
よぃお話でした^^
てか、この絵なのに、えrがなかなかすごかったです(◎o☆)

1

みちる姉さん最高です!!

すんごくよかった!!
ここのレビュー見てほしくなったんですが、絵が…と思っていて買うのすごく迷ってたんだけど、どこにも売ってなかったのに偶然みつけてこれは買うしかないと購入しました。
買ってとてもよかったですね。

みちる姉さん素敵すぎです!!
おかま口調だし、女の子みたいな感じだけど、容姿と一緒で男前なとこもあって最高でした。
比呂樹の話もすごくよかったけど、やっぱりみちる姉さんの過去の恋の話がすごく感動しました。
好きだからこそ、自分が悪者になったみちる姉さんがかっこよくて、でも痛々しくて…。
なんかもっと読みたかったよ~(泣)
みちる姉さんが幸せになるところが見たかったです。
克彦ともどうなったのかすごく気になる!!
みちる姉さんには絶対幸せになってもらいたいですね!!
ちょっぴり切なく感動でき、でも、読み終わったあととても心があたたかくなる作品でした^^

5

みちる姉さん、大好きだ~

捨て子を育てた花屋のみちる姉さん(おかま)。
その子供・比呂樹には彼氏ができるは、その後ムリヤリバイトに入った裕太の恋の架け橋になっちゃうは、いちいち姉さんの情の厚さにジーンときちゃうし可哀想にもなっちゃう展開だったのですが、シリーズ3話目が表題作で、とうとう姉さん自身の恋のお話。
やっぱりこれが一番泣けましたね。
心はオトメなのに、行動はオトコマエなんだもの。
このお話の終わり方だと、姉さんと克彦が付き合っちゃうのかな?とも取れますが、もうとにかく姉さんに幸せになってもらいたいのです。
だって、すんごくいい人なんだもん。

ちなみに、好きなシーンは「どーせ汚いわよ!ブサイクよ!でも…でも…ケンちゃんが好きなのよ…!」ってみちるさんが泣くシーンと、2話目の裕太がひっくんのおでこにキスするシーンです。

もう1作、ツンデレ塾講師×レスリング部の大学生のお話も、純情だったり、即物的だったり、想う人には想われずといった三角関係があったりとなかなか面白いですが、やっぱりみちる姉さんが好きだ。

実は、この本の購入を迷っていたのですが、買ってよかったと思った次第です。
続ききたい時は引っ張り出そうと思います。

3

好きなんだから仕方ない

吉池さんの新刊w今か今かと待ち遠しかっただけに、読めて幸せです。
期待を裏切らないクオリティ乙ヽ(愛´∀`愛)ノ
ゲイで乙女でオネエな花屋のみちるチャン。ゴツイ身体にあいまったそのキャラクターがどうにも可愛くてしかたなかった。
前半、メインで来るのかと思いきや、サブのカップルがどんどん盛り上がっていく!え?ちょ・・だけに、後半のお話は感動的でした。
結局は結ばれなかった恋ではあるものの、ホロ甘い気持ちを残してくれた気がします。
■変態花屋の息子
捨てられていた赤ん坊を拾って育てている、みちるチャン。
その男の子が、なんと先生とデキている!?
親の心子知らず・・じゃなかった。父親・母親として育ててきたわが子が~なお話なのですが、どうとも複雑な心境になってしまいました。
目に入れても痛くないと可愛がってきた息子へのみちるチャン視点。
そこからの、息子の痴態!
見てはいけないものを見たという心境に胸が鳴ってしまうというか・・w
空想の中ではありますが、先生受バージョン。そして息子受バージョン。
2パターンともエロかったw
のに・・・最後のオチwwちょっ・・・・・
続き
■チェリーに口づけ
いとこ同士カップル。
こういうさぁ、昔からしっている相手とのカップルが出来上がっていく様子っていうのはなにやらモエですw
リアルで私は体験したいとおもいませんが・・・。
■永遠のボーイフレンド
悪口をたたくのだけれど、その真意は「かわいい」と思ってるとか・・・このいじめっ子なスタンス嫌いじゃない!!
イジメすぎて嫌われてショックを受ければ良い!←ぇ
ここからが、本題ですね。みちるチャンのもう少し若かりしころ~なお話。
かなわぬ片想い。
かなわぬとわかっていた恋。
最初からあきらめていた想いと裏腹の~な部分。
どんなにされてもカッコイイあの人と・・なお話なわけで、ちょっぴり切なくなってしまう。
最後の最後。
このままじゃダメと相手を追い出してしまうわけですが、相手の本当は・・が語られた瞬間。思わず涙してしまいました。
ダメなんだよこういう(´A`。)グスン
帽子とか、昔話とか。本当はとか。
息子くん・・・ぜひとも・・みちるチャンを落としてね!
■24のひとみ
俺のタイプは小さくて可愛い子。
それなのに、ふとしたとき再会し、くどかれ一度だけ重ねたからだが忘れられないなんて・・・?!?
ゴツくて目つきも悪い・・タイプとは正反対の男。
おれってばどうしちゃったのーーーーー!?
めがねでインテリで意地悪そうで、どうみても可愛くないのに、犬みたいなゴツイ攻に攻められてる瞬間が恐ろしく可愛く見えてしまうのはナゼだろう。

5

みちるさんと一緒に泣きました!

表紙を見て、ゲゲッと引いてしまった方、読まないと損します!!
と言いたくなるほどホロリとさせる人情なストーリーです。
オカマのみちるさん、ゴリだけど、とってもとっても優しくて、お母さんで、誰よりもかわいいヒトなんですよ。
オカマと聞いて、某ピーチパイのママを連想したら、それはちょっと違います。昔のみちるさんは被り物?コスプレでしたから~

表題含め3編が、オカマのみちるさん経営する花屋さんを舞台に、彼と彼の周りの人間模様を描いたお話。
捨て子で育てた比呂樹が会って欲しい人が、と連れてきたのが、みちるさんがいいな~と思っていた大竹先生。
猛反対するけど・・・息子と同じ人を好きだったという、そんな悲しさもあるけれど、娘を嫁に出す父親の心境、そして見守ってやりたい母親の心境。
そんな二つを同時に見せるみちるさんが、健気で。
そして、比呂樹の抜けた後バイトに入る高校生の祐太に少しホの字になるみちるさん。
ここでみちるさんは、祐太の恋を見守りつ、何気に後押し。
そして表題で語られる、みちるさんの甘酸っぱく切ない昔の恋の話。
お互いが不器用だった為に、悲しい結末を迎えてしま続きったけど・・・
この不器用がもう胸を掴んでキュンキュンと鳴らせるのです!
気分はもう自分までみちるさん・・・ブス好き・デブ専・ゴリ専・枯れ専の高校生、うまくいくといいな♪幸せになってほしいなと願わずにいられません。

『24のひとみ』『タックル返しでほほえんで』はレスリング選手・郷野と中学時代の恩師・井上のお話・・・またまたゴリマッチョですが、かわいいのです~~~!!
井上先生は今は会社員なんですね。それで可愛い子が好きみたいです。
だから再会した郷野(昔は坊主頭でメチャ可愛い!)がゴリマッチョになっていて、門前払いなんですが、井上の好きな圭吾君が実は郷野を好きと聞いて、郷野をいぢめようと。
遊びでいいんだな、って言い放って強姦受けな感じで・・・
郷野の一途さ、(ちょっとストーカー気質あり)健気さ、ほだされる部分は沢山あるけれど、井上には何より身体の相性がバッチリだったみたい♪
自分の気持ちが報われなくて、忘れようとするけど忘れられない郷野に涙を誘われてしまいました。
圭吾の天然KYのおかげで、、、めでたし?

エロくて、面白くて、ホロっとさせて、こんなに沢山萌え要素を含んでいるこの本は贅沢な一冊でした。

6

むぼち

茶鬼さん、コメントありがとうございます。

私も、すっかりみちるさんのファンになってしまいました。

明るくて哀しくて、滑稽で真剣で、何よりも人の幸せを見守ることができる、優しくて強いみちるさんが大好きです。

ちんこも、良い物が揃っていてとても気に入りました。

ちんこに一家言をお持ちの茶鬼さん(名問答「ちんこについて」は私のバイブルです)の評も伺ってみたいです。

ちょっとしんみり、でもほっと温まるエロい本

萌萌。(MAX:萌萌萌:神に近い)
この作者さんのエロとギャグの合わせ技が好きで購入したんですが、今回は更に、切なくてしんみりする話と心あったまる話が同居してて、意外(エロギャクの人だと思っていたので)と懐の深い作風の方なのだなあと目から鱗でした。

花屋を経営するオカマのみちるを中心に据えて、周囲の人々の恋愛を綴った連作形式。
涙もろくて、情の深いみちるさんの視線がとっても優しい、でも楽しい1冊でした。もちろんエロいし。笑

「変態花屋の息子」
花屋を営むオカマのみちるには、血の繋がらない息子がいる。捨て子だった比呂樹を育てて20年、大人になった息子に恋人を紹介したいと言われ…。
元教師×息子の比呂樹の恋愛と、みちると比呂樹の親子関係。
みちるさんのぐっちゃぐちゃのゴツい泣き顔にじーんときます。
父性と母性のどっちも持っているようなみちるさんの、包み込むようなキャラクターがとても素敵。
親目線から描かれた恋愛作品はどこかほろ苦くていいですね。

「チェリーにくちづけ」
花屋のバイトの高校生×ツンデレ従兄弟
冷たい態度の従兄弟に尻尾を振って求愛し続ける、バ続きイトの少年。
上手くいかない二人の様子に、ついついおせっかいを焼いてしまうみちるさんはやっぱり優しいなあ。

「永遠のボーイフレンド」
口も態度も悪いバーテンダー×みちる、+常連の高校生
みちるさんのちょっと切ない過去の恋のお話。
自分の幸せよりも相手の幸せを優先してしまうみちるさんの悲しい情の深さに泣いてしまいました。
十何年後に思わぬ形で振り返ることになる、本気の恋。
辛い涙も、時間がたてば人生を彩る甘酸っぱい思い出になるっていう着地がいいですね。
すごく切ないのに、泣きながら笑ってしまう話にまとめてしまうマスコ節がとても好きです。

「24のひとみ」&「タックル返しでほほえんで」
筋肉モリモリ童貞大学生×元担任クール遊び人ゲイ(タチ)
ずっと好きで一度でもいいから、遊びでいいから寝て下さい!←攻め君の立場。
脳味噌まで筋肉でできてそうな体当たりで、元担任に泣き落し。遊び人な受けがじんわり絆されてゆくのにニヤリとできます。
上に乗っかってガンガン攻めちゃう受けを、更に押し倒しちゃう大学生の強気なのか弱気なのか分からないところが可愛い。
ワンコはしゅんとしてその後暴走しちゃう、って図が美味しいですね。

麗人マンガはやっぱり良いな~。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ