新しい恋などいらない。この恋だけでいい

椿の下で

椿の下で
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
16
評価数
8件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ムービック
シリーズ
LUNA NOVELS(小説・ムービック)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784896017625

あらすじ

『幼なじみ』で、『弟のよう』。彼にとって自分はそんな存在であると知りながらも、密かに克巳を想い続けていた光美。だが、彼には心に秘めた大切な人がいるらしいと聞き……。始まりも終わりもないこの切ない恋の行方は──。
(出版社より)

表題作椿の下で

両親の死で祖母の経営していたホテルを相続・奥野克巳
攻様のホテルの隣の生花店の息子・青島光美

評価・レビューする

レビュー投稿数7

健気受けです

1冊丸ごと表題作です。光美の目線でストーリーは進んでいきます。

主な登場人物は、主人公の光美、年上の幼馴染である勝男、克己の三人です。光美には兄が二人もいるのですが、そちらの影は薄いです。

祖母のホテル「待宵」を、両親はラブホテルにし、それを売ろうとした克己を勝男は止め、光美をバイトに雇ってホテルを経営します。

光美は克己が好きなのですが、克己には弟のようだと受け入れてもらえません。それでも傍にいたい、抱いて欲しいと願って…健気でした。

克己の言動は光美を思ってのことなのですが、探していた「女」のこともあり、誤解と擦れ違いで終盤まで伝わらず、ようやく素直に気持ちを言えたと思ったらエッチに突入という王道なパターンです。

光美と勝男がホテルの営業のために、あれこれ策を考えるのが読んでいて面白かったです。二人の恋愛模様だけに終始していたら逆につまらなかったと思いました。

佐々木先生のイラストが秀逸でした。表紙の散らばった椿もですが、裏表紙にもなったカラー挿し絵の階段でキスする二人がエロくて素敵でした!

0

萌と中立の半々位、新書版なのでこっちで

萌と中立の半々位かなー。
文庫版だったら萌だけど、新書版なので中立で(自分はどうしてもお値段を評価に含めてしまうのですよ)

最後にババーッと後出し感がありました。
設定は悪くないと思うんだけどなあ、なんかですねー、伏線なんだけど伏線ってより、単にわざとらしく感じてしまった。

でもまあ自分的に火崎さん作品って神も滅多にないけど趣味じゃないのも滅多にないというある意味安全パイな作家さんの一人で、どの作品もそれなりに読ませはするんですが。

年齢差のある幼馴染モノで、舞台はラブホテル、といっても元々は普通のホテルだったんだけれど立地条件もあって経営困難から、今はレトロ感があるラブホテルとして経営しています。
そのオーナーが克巳〔攻〕と、彼の年下の幼馴染でそのラブホテルで働いている光美〔受〕。
光美はずっと克巳の事が好きなんだけれど、克巳はどうやらある女の人を想い続けているらしい。
途中いかにもそれっぽい描写が出てきて、でも光美は克巳の事だけが好きで。
酔っ払いに絡まれて犯されそうになった光美を助けてくれた克巳に、好きだと告白したのだけれど誤解されたまま抱かれてしま続きう。
ただ1人の女性を追い求めているらしい克巳と、それでもまだ彼を好きな光美。
最後にその女性の謎が解けるのですが、そこがなんか自分的には後出し感に感じてしまったのですなー。何でだろう。あれかなあ、克巳が光美を好きって雰囲気が全く無かったからかなあ、え、好きだったの!みたいな。

あとがきでよく火崎さんは彼はこんなでこんなだったんですよーみたいな事を書かれるんですが、今回もそうで、ここで書くよりそれを作品内で書いてくれんか……とちょっと思っちゃいました。

0

舞台設定はおもしろいのですが

絵師さん買い。
火崎さんは好きだったりそうでもなかったりと個人的に浮き沈みが激しい作家さんなのですが、残念ながら今回は後者でした。

ラブホの受付が舞台という変わった設定で期待して読み始めたけれど、それはそんなに重要じゃなかった。
雄弁ではないけれど優しくて少し過保護な年上の幼馴染みに片思いしている主人公。だけど、彼にはずっと忘れられない女性がいるらしい……そんな主人公の葛藤がメイン。なんだけど……
なによりも主人公の性格および語り(一人称なので)が女々しいというか、自己犠牲大好きなヒロインちっくで苦手で、何度か読むのを諦めそうになりました。
対する攻もクールかと思いきやただのヘタレというかなんというか、あれだけ主人公をつっぱねといて最後に手のひらを返したように思えるし……
お前は一体なんだったんだ!!

正直うーんという感じです。

男同士であることに対する葛藤もあるんだかないんだかでびみょーな感じだったしなあ。

0

勝男がんばれ!

こうゆうのが、年の差物って言うのかな、
「幼なじみ」で「弟のよう」
そんな呪いの言葉に、敢然と立ち向かう、年下の光美と、
駄々をこねる子どものように逃げ続ける、年上の克巳。
ありがちな設定ではある。
王道パターンの一つだ。
メインストーリーである、この二人のお話は、正直言って、克巳のせいで、痛いばっかり。つらいばっかり。
最後はちゃんとハッピーエンドになるけどね、

この作品、メインのストーリーより、舞台が、昔は贅を尽くした旅館で、今はラブホテルの『待宵』を、何とかホテルとして蘇らせたいと頑張っている、勝男のおかげで、ずいぶん点数を稼いでいると思う。

0

超ヘタレ・・・

今回はとっても珍しく壊滅的?と言うか、我が侭?ともちょっと違うけど、自分の気持ちを優先する感じかな?これもちょっと違う?でも火崎さんには珍しい受けの光美とヘタレで、排他的な攻めの克巳のお話でした。


好きか嫌いかで言うと嫌いな部類に入るお話のはずなのですが、このお話は結構、引き込まれて、途中、というか何度も切なさにグッと来てしまいましたね~・・

なんかいつもの火崎さんとは違った作風だったような、気がするんですが、結構私にははまりました。

好きな相手に結構きつい?というか辛い言葉を投げられてましたね~・・頭ん中では諦めなければという気持ちと、相手を求めてしまう気持ちとのせめぎ合いの中どうしても、心が勝ってしまって、結構身勝手な事をしてます・・
でも、とっても嫌な感じはしないです。

攻めはかなりのヘタレなんですが、心の中ではいろいろあったのだろうとは理解出来ますね。

最後のHは結構切なかったかな~・・「好きになってごめん」みたいな光美の気持ちがとてもなんか切実で、今までの身勝手だった自分を後悔しているかのように・・とても心に響きました・・
続き
そして、今回も恒例の妄想あとがきですが・・今回のあとがきはとっても気に入った妄想でしたね~・・
思わず想像して、それはいい!って思うくらい・・・良かったですね~
毎度毎度の事なので、続きは是非なんて思わない事にします!これも本編だと思って、自分で想像して納得行くという形に持って行こうと・・前向きに考えました!!

0

ある女性の面影を追って

今回は祖母のホテルを相続した現ラブホオーナーと
ホテルの隣の生花店の息子でラブホ従業員のお話です。

ホテルを残した祖母の過去を絡めて
往生際が悪い攻様が受様を受け入れるまで。

受様は東京都下の
昔ながらの商店街の生花店の三男坊。

生花店は兄夫婦が切り盛りしている為、
受様は大学卒業を機に
幼馴染が営っている隣家のラブホテルに
雑用係として就職します。

ラブホと言っても受様の子供の頃は
小柄で上品なおばあちゃんが
一人で経営していた普通のホテルで、
幼い頃の受様は両親が働く日中は
ホテルの庭で遊んで過ごしていました。

同じく預けられていた攻様の同級生と
彼女の孫息子は受様より二つ上でしたが、
彼らが一緒に遊んでくれるホテルは
受様にとっても大切な場所となります。

しかし、彼女が亡くなり、
ホテルは息子夫婦へと引継がれますが、
その頃には暗黙の了解でその手の客も多く、
苦しい経営と相まって名実共にラブホとして
営業するようになっていました。

その息子夫婦が亡くなり、
ホテルは孫息子に引き継がれます。
この孫息子続きこそ今回の攻様になります♪

継いだ当初の攻様は、
洋風建築のホテルにゾッコン惚れこむ
同級生の幼馴染と協力して真面目に
ホテルを経営をしていましたが、

ある日突然、
なぜかやる気を無くしてたびたび
ホテルの営業をサボった挙句、
ホテルをつぶしてしまうと言い出します。

攻様の言動に怒った同級生の幼馴染は
攻様に代ってホテルを盛り立てると宣言します。

攻様に密かに片思いしていた受様は
大好きなホテルと攻様との接点を保ちつつ
もう一人の幼馴染を助けるべく、
ラブホの従業員となったのです。

毎日の仕事は順調だったのですが、
受様が酔客に絡まれて襲われた事をきっかけに
攻様への恋心を暴露してしまい?!

二つ違いの隣家の幼馴染同士の恋物語に
攻様がホテル経営に身を入れなくなった事情が
絡んで進みます。

受様視点で書かれていますが
端々で攻様も受様を大切にしている事が
窺える描写が散見するのに
攻様がある出来事でヘタレていて
かなりヤキモキな展開です。

火崎作品の受様は攻様より
よっぽど男前な人が多いのですが、
今回も攻様がヘタレてなければ
二人はもっと早くに両想いでしたね(笑)
最後まで楽しく読めました♪

本作はメイトさんと通販書店のコミコミさんでは
購入特典として番外編収録のペーパー付き。
受様視点と攻様視点で別バージョンで、
どちらもお互いへの惚気が入った後日談でした。

今回はヘタレな攻様で一作、
海渡奈穂さんで『さらってよ』はいかがでしょう?

0

思わせぶりが沢山で苦労しますわな

最初にこの本をパラパラっとしてすぐに気が付いたこと。
イラストが少なっ!冒頭2ページと最後1ページのみ。
ページ都合だったんでしょうか?
今回も火崎さん特有の謎解きな展開を含ませて、俺様でヘタレな攻めさまが受けちゃんを翻弄いたしました。

光美は年上で幼馴染の克己がオーナーである、今はラブホになっている「宵月」というホテルで、同じく年上で幼馴染の勝男と働いています。
克己の祖母が切り盛りしていた、このレトロな建築と幼いころの思い出が詰まったこの建物を二人とも大好きだからです。
しかし、光美がここで働く訳の本当の理由は克己が大好きだから、離れたくないからだったのです。
しかし克己は光美とすれ違いが多く、更に、克己がある女性を探し続けていると知り、光美はとうとう耐えきれずに気持ちを告白するのですが。

もうね、本当に克己がツンデレヘタレの俺様!
実は光美が中学生の時に、それとなく粉かけてるんですが、子供の光美にはそれがわからなくて、答えた返事に、光美を見守ろうと決めたとか・・・
そりゃ、あなた!早すぎデスし、諦めよさすぎ!!
もうここがボタンのかけ違いだったんです続きよね~
それに、克己が追いかけている女性というのも読みながら実はアレじゃないかな?とうっすらとは読者には見えてきてるんですが、それに関する会話が意味深すぎますよ。
こっそり聞いてしまった光美が勘違いするのも仕様がないけど、火崎さん、気を持たせすぎの会話ですww

光美は外見が細くて小さくてかわいい系の青年のようですが、当初耐えて忍んで克己が見られれば、声が聞ければいい、くらいの謙虚な一途さだったのですが、タガがはずれた途端捨て身の特攻攻撃に出るあたり、人が変わったかと思いました。
ま、それも克己が悪いんですね。
しかし、ラストへの持って行きかたは怒涛の急展開で、祖母の事情故に光美を思いやってという慎重すぎる部分がわかってよかったのですが、それにしてもヘタレすぎでした。

作者さんが後書きでも描かれていますが、その後の彼らを想像すると楽しいキャラクターがそろったように思います。
きっと光美は皆に愛されて、克己は嫉妬丸出しの人になるだろうし。
最後二人がくっつくきっかけになった津田という男性もきになるし、コンビニの青年も。
結構そんな部分で、決して明るい話ではなかったですが、読後感がよかった作品でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ