混色メランコリック

konshoku melancholic

混色メランコリック
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×217
  • 萌15
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
8
得点
145
評価数
42件
平均
3.5 / 5
神率
14.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799712566

あらすじ

劣等感だらけの宮下に自信をくれたのは、陸上部のイケメン・西村。
グラウンドの西村を、暗い美術室で恋心を吐き出すようにキャンパスに描く。
気持ちはひた隠し。なのに、最悪のタイミングで、露呈してしまい…。
他に、潔癖男子に振り回される世話妬き大学生、優等生に逆襲される見栄っぱり(実は童貞)など、馬鹿で青くて、けれど愛くるしい男子達が勢揃い。

著者:ゆき林檎

(出版社より)

表題作混色メランコリック

西村,陸上部でイケてるグループの高校3年 
宮下,よく絵を描いているネガティブな高校3年

同時収録作品無菌ルームへようこそ act.1/act.2

孝広,大学1年,優の昔からの友人 
宮田優,同じ大学の1年,極度の潔癖症

同時収録作品その嘘は口ほどに真実を

五十川,真面目な俊介のクラスメイト
俊介,童貞を隠して悪ぶる高校生

同時収録作品もしも29歳草食系マスターがジャズバーを始めたら/ 〃 ~after~

ジャズバーのマスター
客 コウキ 20歳

同時収録作品日なたに愛を打ち鳴らせ/日かげに愛を照らし出せ

入江,アパートの隣に住むリーマン,もうすぐ30歳
真木,男の娘のバイトをしている,10代に見える

その他の収録作品

  • 色恋センチメンタル
  • 誤変換
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

2人のハッテンバー

ゆき林檎先生の作品を(借りてですが;)初めて読みました。初コミックスらしいです。
「混色メランコリック」
キラキライケてるグループの西村(陸上部) × ヒッソリさえないグループの宮下(美術系の大学志望)
この2人がくっつくまでの話(高校生)

「色恋センチメンタル」
西村と宮下がくっついた後の話(大学生)

「誤変換」
宮下の誕生日ケーキを2人で買いに行く話
とても短いおまけみたいなかんじの2ページでしたが
読んでいて声出して笑っちゃいました^^

「無菌ルームへようこそ」act.1とact.2
優の世話係みたいになってる友人の孝広(大学1年生) × 極度の潔癖で彼女いない歴18年の優(大学1年生)
友達以上恋人未満 ニアBL

「もしも29歳草食系マスターがジャズバーを始めたら」
「もしも29歳草食系マスターがジャズバーを始めたら〜after〜」
マスターに一目ボレした肉食系のコウキ(20)ゲイ? × 29歳草食系マスター(ノンケ?)
このお話面白かったです。キス止まりだったのでどちらが受けかわからなかったですが個人的にはマスターが受けだといい続きな^^

…他3話+あとがき 

乱文失礼いたしました!

0

ふわ〜っと短編

短編集がいくつか入ってます。
元々短編ものはさらーっと読めて、特に印象残らずタイプなので、
今回もさらーっと読めてって感じでした。
どれもこれから恋が始まるか、始まったばかりって感じのものでした。
なので全部ふわ〜っとした感じだった気がします。

表題のお話のカップルは好きでした。
男同士という事もあって、
好きな事はあまり口に出せず
嫌われたくないからせっかく書いた絵に傷をつけてしまう。
やられた方は勿論傷ついちゃうけど、
本当の事が解ってめでたしめでたし。
で、その後の2人の事も、
不器用ながらもお互いに気持ちを伝えていってって…
読んでて可愛いです。
優しい気持ちになれました。

1

これからどうなる系?

表題作をはじめ、『エロとろ』掲載作以外は、
「二人の間には恋が芽生えてるみたいなんだが」を描いた、コメディ寄りのふんわり作品。
エチまでは行き着かないけど、これは充分、立派にBL。
はたしてこれから二人はどうなるのかな?って、自分で妄想する余地があるのも楽しい。
作品の間に挟まっているちょっとしたオマケ絵が、また、味わい深い。
で、この本の中で唯一エチシーンがあるのは『エロとろ』掲載の『その嘘~』
掲載誌のしばりがあるとはいえ、いきなりなトイレエチって、、、
私の趣味としては、こういう、エロのためのエロ展開よりは、他の掲載作のようなエチなしでも恋の芽生えを描いたお話に萌えるなぁ。

1

きらきらしたボーイズラブ

風が吹いたら光がまたたいてきらめくんじゃないかと思うほどどのキャラクターも瑞々しい若さに溢れていました。美少年祭り!
短編集で、お話それぞれに違った色があります(ラブコメ傾向のものが2編あるのですが、切り口が面白いと感じました)。色んなBLを読みたい方向けです。
表紙からはややシリアスそうな感じが漂っていますが、甘く優しいお話たちでした。

【混色メランコリック・色恋センチメンタル】
宮下くんが西村くんに対する思いの深さを自覚するお話。それと後日談も。
いっぱい悩んで、いっぱい考えて、そうしてそれでも傍にいるのだから乗り越える好きの大きさがありますね。宮下くんがコンプレックスの塊だからこそ、好きの思いを自覚するのさえ怖がって、逃げてしまうのも自信のなさから…。
慕う心を口に出してきちんと伝えようとすることができる、っていうのは誰しもにある力ではないと思うんです。宮下くんの相手が、日のもとで人気を集める西村くんであれば尚のこと。これからたくさん感情をぶつけあって、さらけ出して、もっともっと混ざりあっていくんだろうなと思いました。キラキラしているんです。
西村くんがどうして続き宮下くんを好きなのかが分かりづらかったため、その点のウラ話も聞きたい! ベッドシーンでの宮下くんの腰のラインが綺麗!

【無菌ルームへようこそ】
優の自慰シーン、滑稽なはずなのにあの喘ぎ声まじりのイイ顔が素敵でゴム手袋とかそんなことはいいからそのまま続けてもらいたかったです孝広なぜ声を出した!!!
act.1の合コンの時点はまだ依存というか頼るだけに近いところでしたのに、確実なステップを踏んでいてさらにお手伝いからの抜きっこで個人的に素晴らしくストライクでした。
優のおばかな性格も可愛らしいので、このままぜひふたりは行くところまで行ってほしいです。さていつ関係もステップアップするのでしょう!

【その嘘は口ほどに真実を】
個室トイレで…というシチュエーションも大好きです。個人的にゆき先生の描かれるシチュエーションは往々にしてハマってます、そして優等生×ヤンチャもまたイイ…! このヤンチャくんが子猿みたいで可愛いのです。

【もしも~】
多彩で多才だと思いました。押し攻めというか押し受けというか!
ライオンと小鹿ちゃんのラブラブさがきっと、今のふたりなんだろうなぁ。

【日なた・日かげに愛を打ち鳴らせ・照らし出せ】
ここから始まる、話でした。
たしかに読み手のこちら側としてもやや不安になるような子だからこそ、気になるんですよね。お兄さんみたいな気持だったことが、さぁ果たしてどうなるんだろう。はやく危ない橋、渡っちゃっていいと思います!!

萌えはあるのですが、心の動きが分かりづらくいかんせんそこまで入り込めなかったため中立です。けれど、可愛くてとにかくきらきらの若さあふれる明るいBL集でした。
きっと、この一冊を読み終わる頃にひとりは、好きだなぁと思えるキャラクターが居ると思います。私は、無菌~…の優くん! あのおばかさがかわいい!!

1

人を好きになるがたくさん

作者さん初コミックなのですね。
一冊の中で絵が進化していくのが見えるのですが、何げに全体に(絵も展開も)ヤマシタトモコの匂いを感じさせるものがあるような気がします。
といっても、初期のシリアス路線ではなくてコメディが入りだした頃のものですが。
1本のみクロフネ掲載のものがありましたが、それでも十分にBLの範疇に入るほどのニヤリ感をかもしていました。
全体的に「好き」のきっかけを見せる話が多く、実はそれが萌えを呼ぶ要素なんじゃないかな?って
短編集なんですが、どれもいい感じで収まっていると思われます。
その後の彼等が見たいよね、なんてどれも思ってしまう話ばかり。却ってそれがいいのかもデスね♪

【表題】
目立たない地味な宮下の描く絵が綺麗だと褒めてくれたことがきっかけで友達になった西村。
西村は明るくてモテて、でもどうして告白してくる女子と付き合わないのかと聞いたら、裏表があるのが汚くて嫌だと。
密かに西村を想いその気持ちを絵に託していた宮下は自分が汚いと思い込んで西村を避けるように。

よく比較すると宮下と女子は違うってわかるはずなのに、隠された独占欲にヘタレ続きてしまう宮下が切ないだけど、なんかキュンとします。
それは男子だからこそですね~なんて純粋なんだろう♪
対して西村の男前なこと!
この二人の始まりがとてもとても好きです☆
そしてその後の【色恋センチメンタル】ではまだまだ先に進めない二人のもどかしさが敗れる様が、まだこの二人は初々しいな♪って
ここでは高校の時ヘタレていた宮下が恋によって一皮むけて自信を付けている成長した姿が見られて、これがまたいいのでした☆

【無菌ルームへようこそ】
これがクロフネ掲載だった作品ですね。
潔癖症の優が頼るのは親友の孝広。
合コンへ参加するために孝広の特訓(?)が始まるんだけど、大丈夫になったのは孝広だけ、孝広は優を甘やかしていた、という展開に
潔癖症ってその人限定ネタはよくありますが、優の一挙手一投足、発言が何かツボります!
果たして彼等はエッチするほどの仲になれるのかな?
このカプもしかして優が攻めだろうか(笑!)

【その嘘は口ほどに真実を】
エロとろ掲載だけあって、一番エッチがありました。
息巻いてウソついてるヤンチャくんが馬鹿にしている優等生の同級生。
実は・・・な腹黒下克上でした。
この腹黒優等生くんは、ドSで色々やりそうなキャラですねwww

【もしも29歳草食系マスターがジャズバーをはじめたら】
いや、もうジャズバーの設定は設定名目だけで、クローズアップは草食というかヘタレ君の年上マスターが、いっけん可愛い年下肉食くんに、狙われていてという実にわかりやすいものでした。

【日なたに愛を打ち鳴らせ】が引っ越してきた学生視点
【日かげに愛を照らしだせ】が隣人の社会人視点。
隣人を好きになってしまった学生と、安定安心を求める三十路前の社会人の接近する様のお話なのだが、
大学生は変化を求め、社会人は安定を求め、一見相反している二人の求めるものなのに、そこに愛情?情?がはさまると、見事にミックスする。
ふむー恋愛って需要と供給バランスなのね♪と思った作品。

萌え萌えにしたいかな?と思ったけどちょっと厳し目に、萌×2に近い萌です。

4

シリアスもコメディーも。

短編集は物足りなくてイマイチなことが多いけど、これはおもしろかったー。
続きが読みたい!これで一冊読みたい!と思える作品が多くて、描かれてない部分を妄想してしまう。

特に世話焼き×潔癖と、草食系マスター×押せ押せゲイ男子、リーマン×大学生が良かった。

潔癖モノは「クロフネ」掲載でニアBLだそうですが、手コキまでしてもニアなの?(笑)
もう潔癖男子の駄々っ子具合が笑える。ドアノブ回して、エレベーターのボタン押してって。一人のときどうすんだよ!と、攻めでなくても思うよね。あんだけ依存されるとウザかわいくなるのかも。いまはウザさ6割くらいな感じですが(笑)。

草食系マスターの話は、大ゴマの4コマ風。念願だったバーを開いたらいつの間にかゲイバーに。
マスターに惚れてるかわいいゲイの子が羊の皮をかぶったライオンな上に変態なのですが、これはマスターが攻めでいいんだよね・・・?
こんだけ流されてるんだから、いっそマスター受けでいいのに(笑)。

最後の話は大人しくて何にも興味がなかった大学生の子が、隣人が気になりだして・・・という話。
告白までなのですが、書き下ろしで続き若い子のかわいさにグラグラしてるリーマンがいいです。

初コミックスだそうですが、作品と作品の間のちょっとした落書きがすごく笑える。
この方、コメディー向いてると思う。
今後に期待大。
上の3作品は続き描いて欲しい!

6

魅力が詰まってる♪

とても初コミックとは思えないクオリティの1冊だと思いました。
全体の絵柄がキレイで見やすく、キャラの表情も多彩、ストーリーもとても自然。
そしてなにより、お話のバラエティさが目を引きました~


■表題作「混色メランコリック」「色恋センチメンタル」

「心がキレーなんでしょ、じゃなきゃ、こんだけキレイなもん描けんでしょ」
自分の描いた絵を見てそう言われ、劣等感の塊だった宮下は、ささやかな自信を持ちはじめる。
そしてそれはいつしか友情を超えた気持ちへの変わり、
「キレイ」と言ってくれた西村への恋心は、キャンバスを通して表れるようになった。
こんな歪んだ気持ち、知られたら嫌われる・・・、そう思いながら。
なのに、
バレたくないと消していた途中のキャンバスが、西村本人に見つかって・・・
カラーじゃないのに鮮やかな色が連想される、高校生らしい瑞々しい雰囲気がステキなお話。

■「無菌ルームへようこそ」

童顔イケメンでバッと見は人なつっこそう、なのに彼女いない歴18年の大学生。
そんな宮田くんは、極度の潔癖症♪
大学でも、高校と同じ様に周りから距離を置か続きれて友達ができないのはイヤ!と、
頑張って新歓コンパに行きたい、潔癖宮田くん。
他人に慣れるためにと、気心の知れた友人・孝広としばらく一緒に住むことに☆
もう~
この宮田くんの潔癖&天然具合が素晴らしすぎ!笑えますよ~~~
一番笑ったのは、中学の時の水泳授業の姿かな~
あ、ゴム手をはめてのヒトリエッチもなかなかでした~w
ちょっとウザめだけど憎めない潔癖くんを、ぜひ見て欲しい♪

■「その嘘は口ほどに真実を」

悪ぶってクラスメイトの誰が童貞か~なんて、教室でバカ話をしている高校生の俊介。
でも実は俊介こそが、まだ童貞。
現状を打破しないとマズイ!と、放課後に「初めてのH」なる本を立ち読みしていると、
なんと自分がバカにしていた、真面目なクラスメイトの五十川が隣に!
いつもと違って垢抜けた姿で、五十川の耳には自分が怖くてできないピアスまで!!
そんな五十川に、まだ「童貞」なのを言い当てられ、頭にきた俊介。
「言うからには経験あるんだろ? 色々教えてくれよ?」
そう言ってトイレの個室へ。
五十川をめちゃくちゃにしてやるつもりだったのだが、もちろん逆に・・・w
アリガチな展開ではあるのだけれど、短い話ながらキャラが立ってて、見せ方も好きでした。

あとは、
■携帯サイトに載っていた、
草食系のジャズバーのマスター(バンビちゃん)
  ×
見た目かわいい実はゲイの男の子(中身ライオン)
の、ほのぼの~なストーリー
ジャズバーがゲイバー化して笑えたし、バンビとライオンが可愛い~!
(でもホントは、もうちょっと関係が進展してくれると嬉しかったな~~)

■最後は、
10歳ほども年の離れたアパートのお隣さん同士の、これから・・・という恋の話。


多少もうちょっと・・・と思ったところもありますが、どのお話も好きでした。
共通しているのは、どこかあたたかで柔らかな雰囲気が感じられるところかな。
2ndコミックも、とても楽しみ♪

4

同性だから余計に悩むのです

高校生同士のちょっぴり切なく、誤解し合ってしまうけれど、恋してるから臆病になる
そんなお年頃の二人の微妙な心の揺れに萌えを刺激されるような作品でした。

キラキラ光るような華やか系の西村とちょっと地味系の宮下とのお話は、
ネガティブで、自身に劣等感を持っていた宮下は西村に絵を褒められ心が綺麗でだから
こんなきれいな絵を書けるのだと言われた一言から、西村に対して好感を持ち、
いつしか本人に言えない思いを抱くようになるが、秘めた思いを告げることも無く、
友人として付き合うが、ちょっとした事がキッカケで裏表のある人間にトラウマがある
なんて西村の言葉に、西村に言えない気持ちを持っていて、西村の絵を密かに書いてる
宮下は、慌てて嫌われる事を恐れ、西村の絵を消そうとするが、
その絵を見た西村に、自分の事が嫌いだからしたのかと言われ、好きな気持ちを
隠そうとした事を言えずに誤解されそうになってしまう。

そんな二人の恋が育っていくようなお話で、小さな誤解や擦れ違い、可愛い嫉妬
思わず青春だぁ~なんて思えるピュアで初々しい恋のお話でした。

無菌ルーム~は、潔癖症の大続き学生とその友人のお話で、友人以上恋人未満の関係を
コミカルに描いた作品で、潔癖症の友人に振り回されながらも気になって仕方ない。
その気持ちはなんなのか?なんて言うようなストーリー。
全体的にコミカルテイストに切なさとほのぼの感がある作品ばかりで楽しめます。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ