優しいプライド

yasashii pride

優しいプライド
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×217
  • 萌10
  • 中立5
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
5
得点
173
評価数
50件
平均
3.6 / 5
神率
28%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344829282

あらすじ

右腕を怪我した志上は、幼馴染みで今は研修医の保高と再会、彼の家で暮らすことに。保高に反発する志上だったが。待望の文庫化。

表題作優しいプライド

元同級生の研修医 保高慎二 25歳
高校中退のホスト 志上里利

その他の収録作品

  • 眠れる場所
  • 愛しいプライド
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

ラストの仕掛けに思わず息を呑みました…

無骨包容力攻め×薄幸性悪受けという今までもいくつか通ったツボ傾向カプだったのですが、書き出しの雰囲気に若干の違和感を感じていたら、2002年の未文庫化作品だったのか…と最後に合点がいきました。

主人公がクズ寄りの受けの場合で自らの自業自得で行ってしまうクズな行動って、たとえその後の改心があっても一度一人称で醜い感情を目の当たりにしてしまうので消化不良になりがちなことが多いのですが、この作品はクズな発言を回収する際の思わぬ境遇のネタ晴らしが最後にあって、「そういうことか…!」と思わずうめいてしまいました…
不幸な境遇受け、とても好きなのですが、この作品は途中までそれがとてもデコラティブに感じて昇天MIX不幸盛り…みたいな所からの、一つ一つの不幸と攻めとのエピソードを絡めて、堅い堅い結び目を少しずつほどいていくような構成がよかったです。

ラスト前のピンチの作り方、それが去った後、結ばれる本当に直前に一瞬読んでいてクラッとなってしまうような、読み手を勘違いさせる発言の仕掛けとかもすごくうまくて惹き込まれてしまいました。
読んでいる最中は非常に辛かったのですが、その分ラストはと続きてもカタルシスがあったので、印象に残っている作品です。

あと、大好きな攻め視点小話がきちんと入ってたのが嬉しかったです。
性格悪いって自覚してる受けはなんだかんだでやっぱりかわいいな~と思います。

最後に、童貞攻めの初Hの際の表現っていろいろあると思うのですが、本作品では一生懸命な一点責め…というのに萌えてしまいました。乳首が腫れあがるまで一生懸命な攻め…不器用でかわいかったです。

3

おきた

ココナッツさま

ココナッツさま、初めまして!
受け視点の方が売れる…というのは初耳だったので、なるほど!と思いました。
やはり女性向けの作品ということで、受け視点の方が読み手の皆様が移入しやすいんですかね…><
受け視点中心でも、しっかり攻め視点も読ませて頂けると「あの時こんなこと考えてたんだ!」とキュンとしたりニヤニヤできたり、攻めの視点ってやっぱりときめきますよね!
自分もBL小説を買うとまずもくじで小話が入っているか見てしまうくらい攻め視点が好きなので、ココナッツさまと同じく増えて欲しい派です…!
コメントありがとうございました^^

ココナッツ

おきたさま

初めまして、おきたさま(*^^*)
ココナッツと申します。突然のコメント失礼致します。

この作品を読んで一年以上経ってしまったのですが、レビューを拝見して読んだ時の気持ちを思い出しました。
BLではどうしても受け視点が多く攻め視点大好きなわたしには残念なのですが、同じような方がいらして嬉しく思わずコメントさせて頂いてしまいました(*^^*)
攻めはあの時どう思っていたのかなとか、この作品も攻め視点なら面白かったのになあとか思うことが多く、これから少しずつでも増えてくれると嬉しいですね。
ただ、やはり受け視点の方が売り上げ良いらしいですね(^^;;

保高があまりに良い男

うーん、やっぱり砂原さんの作品は面白い!
コミカル作品はもちろんですが、このようなシリアス風な作品も。


受けの志上は、線の細い小作りな整った顔立ちの25歳。
ホストで、女性は皆、金蔓。

攻めは研修医の保高。
真面目で、学生時代は委員長などを任せられるようなタイプです。


中学生時代のクラスメートだったふたり。
イジメの対象だった志上をかばったことで、志上自身のプライドを傷つけてしまった保高。
『自分がイジメられているなんて認めたくない』と目隠ししておきたかった事実を目の前に突きつけられたことへの憎しみで、その後、疎遠となってしまいます。

ふたりの再会は交通事故。
保高が志上を撥ね、不自由な右手で苦労する志上を自宅に住まわせ献身的に世話を焼きます。
そんな保高に戸惑いながらも、憎まれ口ばかり叩く志上。

志上は最初の方はかなーり嫌な奴です。
保高への態度も最悪。
人を傷つける言葉を良く理解しているという感じ。
反面、一貫して保高は誠実です。
志上の暴言にもくじけません。
もちろんその度に傷ついていたのでしょうが、中学時代の自分に後続き悔していたからかもしれません。
あの時、何かが間違ってしまったと。

志上は産まれた瞬間から不幸を背負っていましたし、なかなかヘビーでBLでは初めて読んだ設定でした。
そんな志上に初めて手を差し伸べ、握手を求めた保高は、志上の光で自分を裏切らない相手だということと同時に、同情されたことへのショックがそんな相手だっただけに大きかったのかな。
交差して、反対方向へ離れてしまった縁が、また交差することが出来て本当に良かったなあなんてしみじみ思いました。

本編とSSの一本は志上目線。
最後のSSは保高目線です。
保高目線のお話が可愛いです。
保高は本当に志上が大事で仕方ないんだなあと感じますね。
しかし、ハッピーエンドで良かった…
保高があまりにも躾けられた大型犬のように、信頼できる攻めさんで素敵過ぎたので『萌×2』です。

4

ネガティブ受けに振り回される

作品の全体の印象としては暗め、受けの志上は身の上的にもネガティブに
なるしかないだろうと思える不幸を生まれた時から背負っている。
実の両親が兄妹で、その二人の間に出来た不義の子であり、志上が生まれたことで
実の両親は無理心中で存在していない。
更にまるで罪の子の証でもあるように一般的には無い第6の指が生まれつきあり、
自身ではどうしようも無い不幸の背景と異質な指のせいで中学時代から
周りに疎外されると言ういじめを受け続けてきた志上。

そんな志上は指の形成手術をし、持って生まれた容貌でホストとして暮らし、
女に貢がせるような生活を続けているが、人肌が苦手などこか心が歪んでいる感じ。
そんな中で事故に遭い、その加害者が中学時代に嫌っていた相手の保高。
研修医で、中学時代志上のプライドを粉々に砕いた相手との皮肉な再開。

第三者的に見れば疎外され苛められているけれど、本人が自分から離れている、
誰も寄せ付けないようにしているだけだと思うプライドを保高が善意で放った一言で
苛め認定されてしまうと言う結果になってしまう展開はリアルにありそうで痛い。
誰もが距離を続き置き、身内にすら甘えられない志上にとってはぞの善意は受け入れがたい。
そんな相手との予期せぬ再会で本当に得たかったものを手に入れることになるのです。

愛を知らない、打算な関係や腹黒い繋がりしか手に入れる事が無かった志上の
不器用な欲しいものを手に入れたいと足掻く姿は切なく憐れ。
相手が正真正銘の正義感を持ち合わせた男だから歪んでる志上にとっては未知の相手。
もっとも保高にとっても、かなり解りづらい相手ではあるのですが、
そんな二人が少しずつ距離が縮まる様子も危なっかしい感じではあるのですが、
幸せを願わずにはいられないような志上のヒネタ可愛さもありました。

4

究極の不幸設定?

砂原さんお得意のどシリアス。
10年以上前に書かれているお話で、今回手直しされてるとはいっても文章に少し読みにくいところがありました。しかし、題材などはやはり昔っから砂原さんは砂原さんなんだぁなと感じます。
『夜明けには好きと言って』『真夜中に降る光』という、CD化までされた砂原さんのホストものを彷彿としました。テーマもなんだか似ている。「優しいプライド」の方が先に書かれたものなので、その時うまくいかなかったものを『夜明け~』『真夜中~』に書かれたのかな、という印象を受けました。

女と適当に遊んでお金を巻き上げながらホストをしている志上と、真面目で正義感の塊みたいな医者の攻・保高。二人が再会して、志上が恋を知るまでのストーリー。
まとめれば単純ですが、毎度のことながら砂原さんはそんな一筋縄のラブストーリーで終わらせてくれません。

BLでは本当によく出会う「不幸な受」。天涯孤独だったり、いじめられてたり。
でもこの志上は今まで読んだどんな本の受よりも、生まれながらの不幸設定でした。
不幸受は結構読んでいたのですが、この設定には衝撃を受けました。砂原さん、はんぱない。続き

更には、ストーリーが進むにつれて怒涛の不幸。
やりすぎじゃないかと思うくらい、志上からたくさんのものを奪っていきます。
序盤はこの志上の性格の悪さになんとなく読み進まないページが、不幸度が加速するごとにどんどんページを捲る手を早くなってくる。笑
今までの悪事の「因果応報」とでもいうような不運な出来事の数々を受け入れるように淡々と生活していく志上の姿に、「どうか幸せになって」と願わずにはいられなくなりました。
中盤から終わりまでは一気に、泣きながら読みました。
本編の終わりは映画や舞台のようで珍しいなと思いながら、でもよく考えたらとても切なく、非常に優しくて素敵な終わり方でした。
初期の砂原さんは、最近書かれる本よりも痛い。尖っているというのか、胸の抉られ方が酷かった。「アヒルの赤いリボン」や、オー・ヘンリーの「賢者の贈り物」のお話が出てくるあたり、なんだか優しく可愛らしい感じがするのに、こうも痛いギャップが砂原さんらしいと感じます。
ただその分、本編の終わりもそのあとに収録のSS2本も優しいのでご安心ください。

この本の裏テーマは「因果応報」そして、「嘘、偽り」でもあるのかな。
なるべくネタバレなしでレビューするというのがモットーなので深く語りたくないのですが、『夜明けには好きと言って』と似ている部分もあり、自分自身への偽りを承認するまでの過程も描かれています。
恋愛だけを描くのではなく、砂原さんは人間の醜いところを描くのが本当に上手で、毎回胸が痛くなります。

砂原さんお得意の「性悪で意地っ張りなんだけど、落ちるとぐずぐずにとけちゃう受」と、「おカタそうなんだけど、意外とがっつく攻」は今回も健在です。
今回の攻に関しては25にして童貞設定なのですが、医者という設定もあってか、思ってたより上手そうです。笑

今回の書下ろし「愛しいプライド」で、攻めについての設定描写が多数足され、ちょっと不思議な変わり者だった保高が少し理解できて良かったです。
「愛しいプライド」自体とても素敵で萌えられる話だったので、アイスノベルスを持っている方も購入する価値があると思います。

この本には、ホストという職業柄、女子もたくさん出てきます。もちろん深く描写されてませんが複数の女子との絡みシーンもあります。特に保高の彼女はストーリーにかなり深くかかわってきます。(この女子が、実際こんな子いそうだよな、と感じてしまうリアル感があり、私は嫌いにはなりきれませんでした。)
とはいえ、BLに女子が出てくるのは嫌という人にはお勧めできません。

設定や主人公の性格の悪さに賛否両論でそうかな?と思いつつも、砂原さんの良さをぎゅっと詰め込んだような今回の文庫本。
もし迷われてたらぜひ読んでみてください。

4

彼の欲しいもの

02年アイスノベルスの新装文庫版
「愛しいプライド」が新たに加えられた短編です。

その生まれから疎まれ仲間外れにされてきて、そこから逃げ出しホストになった志上。
彼が車と事故を起こし、その運転者が元同級生で現在病院の研修医となっている保高との再会となる。
右手首の骨折のため、生活に不自由な志上を保高は自分の家に住まわせ共同生活を始める。

健気に尽くす保高に志上がほだされたという簡単なモノではありませんでした。
そこにある、過去の出来事。
志上の女性関係がもたらす享楽的な生き方のツケと、保高との比較があるからでしょう。
この作品の中で志上は、女を金づるとしか思っておらず金の切れ目が縁の切れ目。
しかし、すがって執着してくる女は自分が愛されていると思い妊娠を切りだして引きとめようとする。
保高が付き合っていた女性も、志上が医者だと嘘をついたら人当たりのよい、調子のよい志上にすっかりのぼせあがりやはり妊娠を持ちだす。
彼女の場合は、志上が医者だと知った金と名誉目当てであったのだが、
かといって、女性のあさましさ浅はかさを男性との恋愛との比較にしたわけではなくて続き、そこに志上が本当に欲しいものとの落差を表現しているのではないかと思った。
見返りを求めない愛
愛されたかったし、愛したかった。
まさに保高はその存在だったのです。

ちょっぴり暗い雰囲気の、痛い話ではあるのですが、彼等の光がハッキリと見えた話しだと思います。

【眠れる場所】
エッチの時に保高が激しくしてしまって志上を傷つけてから、少しぎくしゃくしている二人の関係。
それから保高は志上にプレゼントをよくするようになった。
きっと不安なのだろう。
本当はそんな事で愛情をあらわしてほしくないのに、どうやら志上のちょっとツンとした素直になれない気質と優しすぎる保高のすれ違いになっているのでしょう。
でも、志上が素直になることで蜜月~更に本当の恋人へまた一歩進んだようです。

【愛しいプライド】
保高の過去が少し描かれています。
大好きな叔父がいて、彼に川に落ちた所を救ってもらった記憶があるのですが、その叔父はその後、また子供を救って帰らぬ人となってしまったという。
二人で待ち合わせて一緒に帰る時川に落ちた子供を志上が救おうと川に入ったことでその記憶がフラッシュバックして不安になる。
そんな話と、志上が保高にキスマークを残したがる話しとが結びついて
どうやら二人は一緒に暮らすことになるのだろうか?

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ