たくらみの嘘

takurami no uso

たくらみの嘘
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
3件
平均
4 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784344832299

あらすじ

自分は必要ないのか――狙撃後も連絡を寄越さない櫻内に、高沢は煩悶していたが…。大人気ヤクザ×元刑事のセクシャルラブ、最新作!

表題作たくらみの嘘

櫻内玲二,菱沼組の組長,35歳
高沢裕之,櫻内の愛人でボディーガード 元刑事,29

その他の収録作品

  • 神戸にて
  • コミックバージョン
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

銃撃とライバルと遠恋と。。。

たくらみシリーズ6作目 第2部の2作目です。

今回もお約束通りエッチシーンからの幕開けです。
しかし これまでと違うのはそれが夢だったこと。
別居状態の二人ですから。

櫻内&風間のイチャイチャ継続中です。

風間のえげつない行為がひっかかる。
確かに風間はドSだと思う、きっと。
他人の命も心も弄んだり平気で傷つけられる人だろうし。
前巻がto be continuedで終わったので嫌な予感はしていましたが、話は一向に進まず面白みに欠けました。

言うなればカレシが、遠方から数年ぶりに戻った幼馴染とべったり親密な関係で嫉妬する今カレってところでしょうか。
そんな幼馴染とのベタベタ溺愛状態と幼馴染からの牽制と周りからの同情の目にいたたまれなさでジレジレぐるぐるを2冊かけてじっくりよませてもらったような気がします。

高沢の元同僚であり現在ボディーガードの同僚でもある峰の行動も練習場襲撃事件と櫻内狙撃の真相も未だ解明されず。
策士な風間が何やら企んでいるとは思うのですが、真っ黒な腹の中をいつ見せてくれるのか楽しみです。

『神戸にて』を読むと面食いの続き八木沼が実は風間を嫌っているんじゃないのかなと感じます。
美形を愛でる性質の八木沼が風間の腹黒さや策士ぶりをよく知っているせいで美形を楽しめないとでもいうのかな。
現在までのところこのあと未刊なので続きが気になります。

ところで、前巻の『罠』はなんとなくわかりますが、嘘がまだよくわかりません。
誰が誰に着いた嘘なんでしょね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ