続々重版★イケメン優等生☓ブサかわ問題児「木嶋」シリーズ第三弾!

木嶋くんのあぶない初デート♥︎

kijimakun no abunai hatsudate

木嶋くんのあぶない初デート♥︎
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×210
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
69
評価数
19件
平均
3.7 / 5
神率
10.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832289093

あらすじ

優等生だけどめっちゃヘンタイの立花は、 邪悪顔と恐れられる木嶋が大好物★

いじらしくて健気な木嶋との記念すべき初映画館デートであぶない欲望を自粛しよう! と決心したものの、当然そんなことデキるわけ無かったのです★★★

話題のイケメン優等生×ブサかわ問題児「木嶋」シリーズ第三弾!
ヘタレ生徒会長×腹黒美少年のキュンキュン恋も注目!

表題作木嶋くんのあぶない初デート♥︎

立花壮祐、イケメン優等生、高校2年生
木嶋昴、凶悪顔男子、高校1年生

同時収録作品ボクは可愛い鬼島くん

その他の収録作品

  • 木嶋くんのホワイトDAY
  • ひどいよ!立花くん

評価・レビューする

レビュー投稿数4

チビキャラ度が

ただでさえ可愛い「木嶋」くんなのにチビキャラ度が増していて可愛さ倍増!!! 今回はお外でデート編。 そうだよそうだよ、こんなに可愛い「木嶋」くんに我慢なんてできるわけがない(笑) 楽しそうで良かったよ。 でもやっぱり顔に対して「木嶋」くんが悲しむ場面は胸が痛くなるからいらなーい 相手がどんなに小さな子供でも嫌だなぁ。 おっ、やはり「鬼島」と生徒会長ですか? 「木嶋」くんの事を考えながらもジワジワと生徒会長が浸透してきてますね。 すんなりとっくっつきそうではないけど、カップリングは決定だね! 

0

2巻を読み飛ばしての3巻です。
1巻は存外面白かったきがしたんですが、今回さほどでも
なかったかな~・・・と。
最近不細工とか怖いとかもろもろありますが
木嶋くんのディフォルメがさほどでもないんだよな~と達観して
見てしまったのが原因なのやもしれません。
とはいえ、コワモテでブサな木嶋くんにメロメロなイケメンは
本日も健在で面白いかったです。

個人的には後半の鬼島くんの話のほうが好きだったかな。
柔和で優しい人物に見えた幼馴染くんの裏の顔(´・艸・`;)ぁぁぁ
好きな子には甘甘にしたいと言う姿は思わず胸キュンでした。
ガッツリくっつくところままで見たかったかな。

1

映画よりも魅力的な木嶋くん

『木嶋くんシリーズ』の3巻です。今回は、2人のデート編と、立花のライバルのオニ島のお話になります。

◎2人のデート編
私服姿の木嶋くんが可愛いです。でも、自分の顔は人を怖がらせて立花に恥をかかせると、マスクとサングラスで顔を隠してるのが切ないです。そんな木嶋くんに、可愛いから隠すなと外させた立花が素敵です。そんな立花だから、木嶋くんの可愛さに辛抱たまらず、映画もそっちのけでトイレで木嶋くんを襲うのも納得です。健全交際を目指してたのに、あっさり無理だと諦める立花がおかしくて、バカップルぶりにキュンキュンします。

◎オニ島×修哉
木嶋くんラブだったオニ島の、新しい恋の予感にキュンとなります。恋は意外と近くにあったという…。ただ、オニ島は意地っ張りだから、相手の修哉は苦労しそうです(笑)

3

絶品の怖可愛さ!

もう3冊目なんですね。納得です。
今回はどうにもこうにも学内でのエロしかやって無かった、顔が怖いことに定評がある木嶋くんとデートだからってトレードマークと思われたメガネを外して来た立花くんの初デートです。
今回もお約束として木嶋くんはしっかり子供を泣かせ、立花くんと一緒にいていいのかモジモジし、触れ合うのを恥ずかしがり、結局そのいちいちの可愛らしさにハメられた立花はエロ方向に(; ̄O ̄)
でしょうねぇ。しょうがないよね。木嶋くん可愛いからさあ。

そして相変わらず世間からみても可愛い鬼島くんは腹黒く、性格がよろしくありません。はたから木嶋&立花に別れろオーラ放ってるのも相変わらず。
でも、ずっと好きといい続けてる音無くんを突き放せない。むしろ生徒会室に来ちゃってる。もう落ちてるようなもんですが、いつ決定打がでるか。いやこれは連載終わる時かも?
さらに音無君にふたりのキシマくんがぴよぴよしてるのも可愛いと思ってて焦りがないこと、それに立花君がやきもきしてる関係も分かってさらに広がった感じです。

4巻も出たら買いますとも、ええ。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ