友達に求愛されてます

tomodachi ni kyuaisareteimasu

友達に求愛されてます
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
42
評価数
15件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784403523670

あらすじ

彼女に振られたばかりの涼真は、十年ぶりに札幌に戻ってきた友人の迅に「ずっと好きだった」といきなり迫られ……? 再会から始まる恋?

表題作友達に求愛されてます

伊勢崎迅、美容師、28才
土佐涼真、居酒屋の息子、28才

評価・レビューする

レビュー投稿数4

十年ぶり

流行りの(?)「○○に○○されています」系タイトルから勝手にエロ濃い目のコメディを想像していましたが、実際は幼馴染の穏やかな再会モノでした。

迅はイケメンで賢く、強かさがありつつも涼真に対しては一途なキャラクターで好きでした。一方の涼真は、どうも流されやすいというかあまり芯のない青年で、それが後半の(恋愛以外の)物語で変化して行く展開ではあるのですが、うまく感情移入できませんでした。迅が固執するほどの魅力は汲み取れず。

一番のクライマックスはどこかというと…うーん? 十年の想いがもう少し情熱的に報われる展開も見たかったなと思います。

0

恋が商店街を救うエネルギーに!

幼馴染み、同級生、一途、執着、高スペック攻め、ノンケ受け、ご当地もの・・・
好きな要素が一杯な設定で、最後まで一気に読んでしまいました。

攻め様にセフレがいたというエピソードも、攻め様がとても受け様を好きで好きでどうしていいかわからないぐらい好きで気持ちは一途だという点と、受け様に打ち明ける時の様子から許せてしまいます。
萎えポイントにはなりませんでした。

2人の恋愛模様、そして2人をさりげなく取り持ったりフォローしたりしてくれる親友の存在もとても好ましいです。

見た目も格好良くて、美容師としての腕も良くて、家もちょっとしたお金持ちで・・・という高スペックな攻め様が、受け様が好きで好きでもうあれこれ悩んだり、一生懸命アプローチしたり、初めて受け様の体に触れる時に凄く嬉しくて幸せそうだったり・・・という様子がいじらしくて、健気でかわいく思えてきます。
攻め様の気持ちが読んでいてとても良く伝わってくるし、なんだか気持ちがリンクしていくようで不思議でした。

札幌郊外の寂れる一方の街&商店街が舞台になっているので、その商店街の行く末の問題も絡んできて、でも、2人の続き恋愛が結果的には商店街の行く末を明るくし、後ろ向きでやる気のなかった(受け様も親友も含め)人達が前向きに生き生きと歩いていくというとても気持ちの良いラストになっています。

もちろん商店街の問題で一時は別れてしまう2人なのですが、前向きな方向になった商店街とともに、こちらのカップルもちゃんと元さやにおさまります。攻め様が受け様の背後から両肩を包むように手を置くシーンとか、攻め様本当に良かったね!!!!とじ~ときますし、そんな2人の姿になんだかとってもドキドキします。

2人で今後末永く幸せに生きていくんだろうな・・・という、カップルも2人を取り巻く背景もとても爽やかなラストになっていて、読後感もとても良かったです。

爽やかなラストですが、2人のHシーンはとても萌えます!!!

0

10年越しの一途な想い

イケメン拍子の迅と親の居酒屋を手伝う涼真。
高校生のころから涼真のことが好きだった迅。
その気持ちに踏ん切りをつけたくて、札幌を離れ東京で美容師になっていた。
札幌の美容院に移動になって二人は再会。
そこから、二人のラブストーリーは始まります。

ストーリーはとてもいいのです。
高校生の叶わぬ恋、長い間こじらせ続け10年も経った今火がついて。
涼真を想い続ける迅の一途な思いとか
そんな迅をもともと好きだったけど、likeからLoveに変わっていく涼真。
二人のことを黙ってずぅっと見守ってくれた親友。
すごくあったかくて、きゅんとするお話なのですが・・・

商店街の復興のために奮闘する涼真。
わかるんです。たしかに迅が大好きな商店街。
迅の大好きなおばあちゃんの美容院があった商店街。
大事なものを無くさない為に、努力を惜しまない涼真には
たしかに共感したのですが・・・
そこに力を入れるなら、再建した商店街のおばあちゃんの美容院で
自分の美容院を始めた迅とそこからの二人をもう少し見ていたかった。
苦労して手に入れた幸せを、もっと見たかった。
こつこ続きつと努力を重ね自分の夢を実現させた迅と
その迅に恥ずかしくない自分になろうと頑張った涼真の幸せなところ
迅が同じアパートに引っ越してきたこととか、涼真の居酒屋から
徒歩2分のところに迅の新しい美容院があるとか
すべてがいい方向に向かっていて、みんなが幸せになって・・・
オールハッピーエンドな終わり方。
かなり、あっさりした感じで書かれている気がしました。

1

表紙と前半は結構萌えたが……

書店に新刊を買いに出かけ、ハイジさんの表紙に惹かれて購入。

舞台は札幌郊外の寂れた商店街。
そこで育って家業の居酒屋で働く涼真、
東京から美容師になった迅が札幌に戻ってきて……

ついに10年越しの片思いを告げた、クールでカッコいい迅。
彼の断ち切れなかった想いは、すごく好みで
結構キュンキュンしながら読んでいたのだが、
後半商店街の活性化の話と、それに絡んでの喧嘩別れの辺りから
話が安易な感じがして、気分が盛り下がってしまった。

設定や話のまとまりも悪くないし、攻めのキャラは好き。
しっかりまとまってからのHより、
涼真が気持ちをはっきりさせないままの
触れ合いも(スマタあり)ちょっといいし、
友達同士の気安い感じの会話の一方での
衒いなく甘い感じも好きなんだけれど
ちょっと残念でした。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ