恋は思いがけず

koi wa omoigakezu

恋は思いがけず
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×27
  • 萌12
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
8
得点
91
評価数
27件
平均
3.5 / 5
神率
18.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784592877400

あらすじ

海外暮らしが長く日本の常識に疎い琥太郎が詐欺にカモられていたところ、遊び人と噂の同級生に助けられ……。

表題作恋は思いがけず

三都井宗佑,大学一のモテ男と噂される大学生,20歳
藤澤琥太郎,帰国子女の御曹司,20歳

その他の収録作品

  • まままならい恋でも
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

とにかくカワイイ

表題作と後日談的ショートの2作品が収録しています。

「恋は思いがけず」は、友達だったはずが恋人同士になってしまう大学生同士の話。「まままならい恋でも」は二人のバカップルぶりが可愛らしい話でした。

琥太郎(受け)が単に天然で箱入りというだけでなく、リビダアニア共和国からの帰国子女という設定が面白かったです。髪にキスは「エッチしたい」とか、あちこちで出てくる話が異文化交流のようで楽しかったですが、もっと宗佑(攻め)が仰天するような弾けたものがあっても良かったかもとは思いました。宗佑の恐ろしいメール攻めも冒頭でなりを潜めてしまったのですが、琥太郎とラヴになってからも発揮してみて欲しかったです。

作中の二人が交わすメールに絵文字が登場するのですが、作者様の絵だとあとがきで知ってビックリでした。蓮川先生の挿絵10枚を死守するために頑張ったとのことで、作者様に感謝です。エイの前でのキスシーンがなくなっていたら泣くところでしたし、連と信の般若も素敵でした!

とにかく可愛い話でした。擦れ違いもありますが、それも後の甘いバカップルへ続くスパイスなので、悲壮さはありません。宗佑には続きカケルと桃花、琥太郎には連と信という友人が登場するので、二人だけの閉塞感もなく楽しめます。

結婚にまっしぐらの大学生バカップル、カッコイイのに残念な攻め、世間知らずの天然受け、双子サブキャラがお好きな方にお勧めです。

1

恋になっていく・・・

純粋培養な受け様と、一見モテそうなのに実は男女交際に手馴れていない恋に恋する残念な攻め様のお話です。

そんな2人が徐々に関係を深めていく・・・友情から恋になっていく様を温かく見守る・・・そんなお話でした。
受け様も攻め様もピュアで、恋愛慣れしていなくて、そんな2人がなんとも可愛らしいです。
何気ないメールのやり取りが嬉しかったり・・・と恋する乙女のようなトキメキっぷり、胸キュンな雰囲気が甘くてくすぐったくて、こちらも思わずドキドキして、思わずベッドの上をころころ転がって身悶えたくなっちゃうような衝動に駆られました。

ピュアな受け様好きな私としては、受け様が海外(ヨーロッパの架空の国)育ち且つお金持ちの家庭で純粋培養されているが故の育ちの良さや礼儀正しさ真面目さが、とても好もしかったです。


0

恋はまままならい

大学生同士、女たらしだと誤解されているイケメン(中身は残念)大学生×帰国子女の天然御曹子。

川琴ゆい華さんは全冊読んでる大好きな作家さんなんですけど、今回はちょっとイマイチだったかな。住んでいた国の宗教観から丸いものをあがめてたり、友達の家に一泊するのにスーツケース持参だったり、「ままならない」を「まままならい」としか言えなかったり、そういう受けの面白い言動を楽しめるのは楽しめるんですけど、じきにマンネリ感をおぼえてしまいました。なんというか、レベルのそう高くない小林典雅or高将にぐん、というかんじで、もうちょっとドキドキかハラハラさせてほしかった。日常もののBLコメディは結構難しいです。
いろいろもったいない設定もありました。受けくんちのお手伝いさんが妙にキャラが立ってて面白かったし、信仰してるのが結婚するまでエッチはしない宗教だったり、受けくんの友達の双子だったり。それらがあまり活かされずサラッと流されてて、設定倒れみたいな印象でした。

1

琥太郎ちゃんの可愛さを堪能する本(笑)

蓮川愛さんの表紙がとっても可愛くハッピーだったのが目に止まり、思わず購入しちゃいました☆
改めて表紙を見てみたら、この2人既にペアルックなんですけど(笑)
いきなりラブラブだな、おい(笑)

このお話、琥太郎ちゃんの可愛さを堪能するためのお話ですよ!
何この天然、無理と思ってしまったら終わりかと(笑)

数年前まで鎖国だったリビダニア共和国からの帰国子女の琥太郎ちゃん。
過保護に純粋培養された琥太郎ちゃんは、人を疑うことを知らず詐欺メールのカモと化しています。
20歳でこのボケっぷり大丈夫?って思ってしまうレベルなんですが、そのボケっぷりがかなり可愛い☆
だって純粋にそう信じてるんだから、周りは何も言えないよね(笑)

そういう危なっかしい琥太郎ちゃんをほっとけなくなったのが残念イケメンの宗佑くん。
高身長のハイスペック男子なのに、恋に恋するかなりの恋愛下手。
2時間でメール40通、電話40回は誰でも引くでしょ(笑)

こんな2人がお互いの素敵な恋愛ライフのために、疑似お付き合いを始めるんですが、もう誰がどう見てもただのカップル(笑)
むしろ気持ちのす続きれ違いで切ない展開になる方が不思議なくらいで。。
ぶっちゃけ、ハラハラドキドキの展開は少ないので、物足りなさはあるかもしれません。
でも、琥太郎ちゃんのズレっぷりに、思わず吹き出してしまう場面もたくさんあって、私はこのお話好きです☆
友達の家に一泊するだけでスーツケースって…お持たせの品がミシュラン☆付の店のオードブルって…お坊ちゃまか!(お坊ちゃまです笑)

もふもふのバスローブにくるまれて私も眠りたいなー☆

7

最後のエチの追い上げがすごい(笑

お話自体が可愛いせいか、蓮川さんの表紙も挿絵も何やら可愛さ五割増しって感じです。
表紙パッと見では蓮川さんだと、ピンとこないくらい(や、ファンの方にはビビッときたでしょうが)。
攻めと受けの視点が章ごとに変わる三人称です。

**********************
攻めは20歳の大学生、宗佑。
付き合うと電話攻撃メール攻撃を繰り返すためすぐに振られてしまう、残念なイケメン。
モトクロスに青春を捧げていたために恋愛慣れしておらず、もはや振られることは恒例行事。

受けの琥太郎は宗佑と同じ学部の大学生で、近年まで鎖国状態だった国の帰国子女。
天井知らずの人の良さで、詐欺メールにカモられる始末。
しかもそれを自分では気づかないド天然さん。
**********************

読み始めてすぐ『これってば一目惚れ両片想いなのね』とわかります(笑
なんだか受けも攻めものんきなタイプなので、作品自体がほや〜っとした雰囲気です。
本当に川琴さんの作品?と思ってしまったくらい、受け攻め共にシャキッとしたキャラではありません(笑
『今夜、きみと星をつなご続きう』の受けも人の良い感じではありましたが、彼は普通の感覚持ってましたからねえ。
琥太郎は多分同年代から見たら、宇宙人のようでしょう。
食事の前には国教の祈りを捧げ、その国教で神が宿るとされる丸い物には敬意を示す。
遠巻きにされているのも頷けます。
侵略でなく、NASAに捕獲されちゃった可哀想な感じの宇宙人です。
ただそれは彼が純粋で真面目で真摯だから。
そんな琥太郎を微笑ましく思う宗佑も、充分人が良いです(苦笑
しかしそんな二人もえっちとなると、かなり飛ばしてました(笑
さすが大学生ですね!
最初、川琴さんにはつきものの『胡桃』が出てこなかったので、あれれ?スタイル変えられたのかな?と思ったのも束の間、健在でした。
ていうか宗佑は、食っちゃ捨て食っちゃ捨てしてると噂されていても仕方ないくらい慣れてませんか?そこだけが微妙に気になりましたー。
弟が急にオヤジになっちゃったみたいに。

しかし花丸文庫さんてこんなに字が小さかったかな?
川琴さんの前作も花丸だったけど…どうだったかなあ。
ページ上部の隙間はあんなに広くなくて良いから、もう少し字を大きくして欲しいです。切実に!

3

波乱が欲しい。。

可もなく不可もなく…
そんな言葉がぴったりな一冊でした。

ちるちるのあらすじは短めですが、実際の本の裏に書いてあるあらすじはもうちょっと長いです。
そして肝心の本の内容はといえば、そのあらすじを跳躍することもなく、まさしくあらすじのままの内容でした。
二人の性格、出会い…本の裏を見れば大体分かります(苦笑)
あらすじがあまりにも付き合う前提の内容だったので、てっきり付き合った後の話、または前半でさっさとくっついてその後かなぁと個人的には予想していたのですが……
まるまる一冊かけて付き合うまでのお話だったのです。
私自身、ネタバレ感想を多く書く人間なのですが、この作品に関してはそういった点もあってあまりネタバレをかけません…
あらすじに問題あるのか、内容に問題があるのか……あらすじにないような予想外の展開が、もう少しあってもいいのではないのかなという感じです。
あらかじめカップリングが分かっていても、二人の恋の行方は?!付き合うの?付き合わないの?二人のすれ違いがあああ!という駆け引きが好きな方には向いてない作品かもしれません。
私自身もどちらかといえばそういった続き内容が好きなので、双方の心理描写も丸わかりで、先の見える分かりやすいストーリーは後半だれますね。少し飽きてきます。
キャラクターは魅力的ですが、出てくるキャラ全てがいい人で、そこがまただれてきた要因なのかも。。
全体としてはとても甘〜い一冊となっておりますので、癒されたい方にはオススメかも…??

7

着信拒否されるとお客様のご都合じゃなくてご希望って言われるの?
それで、着信拒否だ……ってわかったらすごいショック……。

彼女に二時間で電話とメールとSNSだけで四十回は拒否られますね。

リビダニア共和国がどんな国かわからないけど、次から次と詐欺に引っかかるのにはなんか笑っちゃいます。
(検索しても出てこなかった……リビダニアって架空なのね)

三都井「藤澤が被害届をだして相手の口座が凍結されれば他の被害者が出なくてすむかもしれない」(簡潔に省略してます)
藤澤「えっ、そうなんですか?」
三都井「そうなんですよ!」
この三都井の返しが好きです。
三都井さんお疲れさまです。

三都井の家に一泊泊まりに行くだけでスーツケース。
なんか、可愛くて笑っちゃいます。

小説の中にメールのやり取りがあるのって苦手だったけどこれは可愛く思えてしまうな。(でも、苦手かな)

切なくて胸が痛むシーンもあるけど、それを乗り越えると甘すぎるほどの甘々です。

最初は面白いかなと思ってたけど途中で飽きちゃいました……。

藤澤の国の話とか藤澤の国の宗教の話と続きか前もって架空ですって書いておいてくれないと信じちゃうわ。

6

まままならい!(笑)

川琴先生は作家買いしています。発売を楽しみにしていました。

リビダニア共和国からの帰国子女である琥太郎はメールで色々な詐欺にあっていて、とんでも設定の詐欺メールをとことん信じています。(この詐欺メール、笑えます!)

詐欺師に返信したメールが、遊び人と噂の宗佑に誤受信されます。宗佑は同じ大学だった琥太郎に会い、これは詐欺だと教えますが、「余命3ヶ月男さんは余命3ヶ月じゃなかったんですね」と安心してしまう琥太郎のお花畑具合を宗佑は心配になります。

この出会いがきっかけでふたりは友達付き合い(?)を始めます。

遊び人と言われる宗佑はイケメンなのに、実は恋愛に夢を見過ぎていて、メールを送りすぎてウザがられたり、記念日が大好きなのにテンプレ過ぎて受け入れられず、すぐふられてしまう恋愛下手な男でした。

琥太郎は物心ついてから14年間鎖国状態のリビダニアで過ごし、リビダニア教を信仰しています。
その教えが面白いものもあるけど、深いものもあって、興味を惹かれます。琥太郎の純粋培養された無垢さはそんな教えによるものだったんですね。

恋愛スキルを上げるため、ふたりは模続き擬デートを重ね、自然に惹かれあいますが、二人ともなかなか自分の気持ちを自覚しないので、「こんなにあまあまなのに~」とこちらはやきもきさせられました。

宗佑は女の子を紹介され会うことになり、それからすれ違いが起こり、切ない展開に。
そして、夜の水族館で気持ちが通じ合った時はドキドキしました~。

リビダニアでは同性愛は禁止、婚前交渉はNG。さてどうなる?!

琥太郎はいろいろと言い間違いをするのですが、そのどれもこれもが本当に可愛いです。(レビュータイトルもまさにそれ!)
あと、食前のお祈りを捧げるのですが、それも笑っちゃいました。
宗佑は初めはそれにびっくりしてたものの、それを馬鹿にせず、受け入れるところが男前!
宗佑の良さを判ってあげられるのが琥太郎で良かったです。お似合いのカップルです。

宗佑や琥太郎の周りを固める友達、家族、家政婦さん、とても個性派揃いで魅力的でした。

あちらこちらでくぷぷと笑えます。とっても楽しくて、あっという間に読み終えてしまい、もっとふたりの物語を読みたいと名残惜しく本を閉じました。
ほのぼのラブがお好きな方にオススメです。

川琴先生のブログにてその後のふたりのSSが読めます。こちらもぜひ!

11

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ