ひとりじめマイヒーロー

hitorijime my hero

ひとりじめマイヒーロー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

278

レビュー数
2
得点
55
評価数
13件
平均
4.3 / 5
神率
53.8%
著者
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
マリン・エンタテインメント
収録時間
70 分
枚数
1 枚
ふろく
メーカー通販初回特典:キャストトークCD(予定)
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

ヘタレヤンキーの勢多川は、不良高校教師のコースケさんの生徒であり舎弟だったりする…。憧れのコースケさんの言葉に、態度に、容赦なく振り回される勢多川。絶対に想ってはいけない24時!…だけど気付けば四六時中…
ガマンすればするほど欲しくなる、マイヒーロー。このキモチどうしよう? 笑ってはしゃいで、ちょっぴり涙する…教師×生徒の恋のお話、できました!

表題作 ひとりじめマイヒーロー

大柴康介 → 前野智昭

勢多川正広 → 増田俊樹

その他キャラ
支倉麻也[立花慎之介]/ 大柴健介[松岡禎丞]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

強いて言えば増田ファン向け?

ゆるふわな話だけど、イジメや母の喘ぎ声がある。
不良観が古い。

「ヤられたいって顔してる」と勘違いされるけど、これってかなり屈辱的なのでは…。
しかし受けは「言霊みたいに効いてしまう」と心配し、
攻めは「強がりもほどほどにしとけよ」「(その気はないが)寝られないことはない」というトンチキ。

90年代学園BLのようだけど、登場人物が多く、スピンオフに当たる前作も聴いたが話が全く入ってこない。

絡みは一度あるが、途中から途中まで。短い。

どこで満足度を得るか難しい。
モノローグが増田さん担当なので強いて言えば増田ファン向け?

1

結構シリアスチックでした

トラックが8まであって、えっ、と驚いたら、6から8はおまけの短編でした。「支倉さんのやたらとイラついた一日」「三文ゴシップ」「嫉妬心」いずれも書き下ろしでなくコミックに収録されているものだと思います。

本編は1から4で、5は甘いエッチでした。原作コミックがふんわりした印象なので気がつきませんでしたが、声だけのドラマCDは結構シリアスに感じました。勢多川が真面目な性格ですし、康介にフラれますし、兄貴分に脅されたりもしますし、格闘場面もありますし。支倉の「とっとと何とかしてやれば」とか、その辺りの真剣な部分は、おおっ、と思いました。

その分、二人がくっついてからは甘くて、康介がちゅーちゅーするのに悶えました。続編CD化、希望です!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ