年下王子の誘惑ウェディング

toshishita ouji no yuuwaku wedding

年下王子の誘惑ウェディング
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
33
評価数
11件
平均
3.2 / 5
神率
18.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784041039489

あらすじ

男前なウェディングプランナーの青山は、美形で軽薄な新人社員・御崎からセクハラまがいな求愛を受ける毎日。そんな折、二人の許に御崎の初恋の男が客として現れる。御崎の不器用で可愛い一面を知った青山は?

表題作年下王子の誘惑ウェディング

御崎愁成,新入社員,社長の息子,22歳
青山郁也,ウェディングプランナー,25歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

フランスサイズなんだ

ゲイと言うことを隠さないでも無理はなく、周り(仕事仲間)に恵まれてる青山。 その彼が勤める仕事場に社長の息子が入社してきた。その息子に告白される日々。 一見チャラそうに見えて実は一途な御崎が良いかも。 過去に凄く好きになった人を見ると、やっぱり人間中身よね!と思えてくる。 青山も凄くサッパリとした性格で御崎との掛け合いもテンポ良くて面白い。 最初は拒んでた青山もいつの間にか胃袋掴まれてるし。 ちょうど2人が勤める場所は結婚式場! 同僚から素敵な結婚プランを立ててもらえそうですね。 

1

年下のセクハラ王子

ウェディングプランナーの青山(受け)は、社長の息子である新入社員・御崎(攻め)から熱烈なアプローチを受けている。顔は好みだがセクハラ三昧な中身が好みでないため適当にあしらっていたが、その内面を知るうちに徐々に惹かれていく。そんな折、受けにトラウマを植えつけた元カレが現れたことで、攻めとのあいだに亀裂が生じ…。


受けは職場や家族にもカミングアウト済みのゲイで、攻めは隠れゲイです。カミングアウトしている受けの方が特殊で、攻めが隠していても何らおかしくはないのですが、BL本の攻めとしてはどうしても受けと比較して男らしくない気がしてしまう。攻めの父親が理解のあるタイプみたいだから余計に。
それでいて同類だと判明した受けに対してはセクハラ三昧、堂々とガンガン押してくるのが萌えなかったです。ていうか社長がかなり思わせぶりに何度も話題に出てきたのに、本人出てこなかったのが結構肩すかしでした。
受けは男前でなかなかよかった。攻めにビシバシ突っ込むとことか、攻めがアホなこと言ったらしばくのが笑えました。ツンデレで、割と豪快なんだけど恋愛方面にはおよび腰になっちゃうのも可愛かった。

1

年下王子と男前先輩の攻防戦が楽しい

あらすじ:
ウェディングプランナーの青山(受け)は、美形で軽薄な後輩・御崎(攻め)のことが苦手。
ある日、青山がゲイだと知った御崎は自分も同類だと打ち明け、青山に猛アプローチをかけてきて…

青山は、普段ツンだけどHでは可愛くなる年上受け。
御崎のことは顔は好みだけど性格が無理すぎて対象外…のはずが、意外と堅実で男前な御崎の一面を知るうち少しずつ彼に惹かれていきます。
御崎に悪態をつくシーンの数々は、年上受けならではのカッコよさでした。
Hシーンで攻めにハゲろ!と吐き捨てる受けには初めて出会ったかもw

御崎は社長子息で常に自信満々なイケメン。
しかし、学生時代はお世辞にも美形とは言えない先輩に片想いしていたり、
自分に非があれば潔く謝ったり、
意外と誠実で素直なところもある人物。
育ちがよく紳士的だけど、Hでは雄の部分ものぞくギャップに萌要素がありました。

こんな二人がウェディングプランナーの仕事をしつつ攻防戦を繰り広げ、少しずつ青山が御崎に身も心も懐柔されていくという展開。
後半、慎重な御崎に焦れて青山が自分から誘いをかけるシーンは、ベタだけど甘さ続きがあって良かったです。

仕事描写もHシーンも丁寧に描かれていて、良い意味で、BLらしいBL読んだな〜!と満足できる一冊でした☆

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ