ひかりのにおい

hikari no nioi

ひかりのにおい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

11

レビュー数
1
得点
30
評価数
7件
平均
4.4 / 5
神率
85.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説(同人)
サークル
MICHI HOUSE〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
36ページ
版型
A5

あらすじ

「ふったらどしゃぶり」「ナイトガーデン」番外編

「snowing」一顕と整
二度目のお正月、帰らないとダメだと整に言われて実家に帰った一顕は
些細なことから母親と喧嘩になり……

「ひかりのにおい」和章と柊
都会で暮らし始めた柊。
ある日和章に誘われて彼の仕事がらみのパーティに出かけ……

表題作ひかりのにおい

藤澤和章、プロダクトデザイナー、28歳
石蕗柊、カフェ店員、21歳

同時収録作品snowing

萩原一顕,電器メーカー営業部勤務、28歳
半井整,総務部の同期、28歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

クリームシチューで仲直り

「ふったらどしゃぶり」と「ナイトガーデン」の番外編。
「ナイトガーデン」はまだ読んでいなかったので、両方読んでからにすればもっと楽しめたかな~と思います。

一顕と整のお話は、お正月に一顕が帰省するというお話。
整と一緒にお正月を過ごしたいから乗り気でない一顕と、帰省を進める整。
しぶしぶ帰省した一顕でしたが、母親とけんかになり整の元へトンボ帰り!

家族を大事にしてほしいっていう整の想い。
整の優しさはわかるけど、俺にも言い分があるという一顕の想い。
ご両親を亡くしてる整に、言いたいこと言えないという一顕の本音が切なかったです。

ん~どっちも悪くない!!!
お互いを思う気持ちがあるからこそぶつかっちゃうことありますよね。
お正月から危機?!とハラハラさせられましたが、ちゃんと仲直りできてよかった。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ