恋のプールが満ちるとき

koi no pool ga michirutoki

恋のプールが満ちるとき
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×28
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

174

レビュー数
4
得点
55
評価数
16件
平均
3.5 / 5
神率
6.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784403524103

あらすじ

水泳のコーチをしている優希は、競泳日本代表選手の濱崎に憧れていた。
その濱崎が引退後に地元に戻り、ふたりが優希の職場で邂逅した時……?

表題作恋のプールが満ちるとき

濱崎駿介,元日本代表の水泳選手,30歳
西沢優希,スイミングクラブのコーチ,25歳

その他の収録作品

  • シーツの波間で恋をする
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

プールの王子様のギャップ

中編が2編。受け視点と攻め視点です。

「恋のプールが満ちるとき」優希視点

スイミングクラブコーチの優希(受け)は昔からファンだった競泳元日本代表選手の濱崎(攻め)と同じコーチとして同僚となることになって有頂天になりましす。優希は人見知りでなかなか人と笑顔で接することができない損な性格ですが、親しい人には素直で純粋なかわいい人です。

濱崎は競泳選手として成功していましたが、若手に押され引退し地元に戻ってきました。結構遊んでいて東京にはたくさんのセフレがいて、地元でちょうどいいセフレとして優希と遊ぼうと思っていたのですが、遊んでると思っていた優希の態度がただ緊張していただけだとわかってからは、ちゃんとした恋をしてこなかったため戸惑ってしまってぎくしゃくします。
ここはあとで濱崎の告白でわかりますが、この辺の葛藤してるところはもっと読みたかったです。優希の目線でわりとさらっと書かれていて、そんなに苦悩したり緊張したりしているエピソードがあまりなかったのでよくわからなかったです。ちゃんと告白したあとの絡みは酒に弱い優希が酔っ払ってすっかり甘えん坊
になって人格が変わってし続きまい、ちょっとびっくりしました。剃毛もその中でさらっと書かれていたので、そういえばあったなくらいでプレイという風ではなかったです。


「シーツの波間で恋をする」濱崎視点

将来有望な子供を集めた特別クラスを作って指導し、二人は恋に仕事に順調にしているところに、あて馬が二人やってきます。
一人は将来有望な水泳選手中学1年生翼君、もう一人は濱崎のゲイ友のジャーナリストの市川。
翼君は中学生らしく、まっすぐで純粋でとても好感が持てました。
対して市川は自分の立場も十分に利用して引っ掻き回している姿にむかつきました。本人は幸せそうな二人をからかいたかっただけみたいな言い方してましたが、最後をみると違ったみたいですね。全く意識もされてなかったのが少しかわいそうではありましたが、正々堂々としてないし、あんな風に引っ掻き回して二人がもし別れたとしても絶対に濱崎は許さないと思うんですが、何考えていたんだろう。
あとがきで、翼君は頑張って水泳続けて大人になったらまた口説きにかかると書いてありましたがどんな好青年になるか楽しみです。
翼君のような爽やか当て馬くんは気分悪くならないので、楽しかったのですが、市川のようなタイプは気分が悪い上、話の殆どが市川に割かれていたので、こちらの話はあまり萌えられませんでした。
名倉さんの話は甘々なのが好きなのですが、今回は最初は誤解していたし、あとはあて馬がうっとおしかったしであんまり甘く感じませんでした。もっと甘々してたらよかったな。

ちょっとSっ気のあるクラブを仕切っている栄太先輩がお話しを進めてくれていい味出してました。オーナーの息子なのにすっかり栄太の犬と化してる脳筋の康世との二人の関係がちょっと気にになりました。

0

憧れだけで終わらなかった恋

スイミングクラブでコーチをしている優希は、
美しい容貌ながらも人見知りで「王子」と周りに呼ばれています。
地元のスターとも言える競泳選手の濱崎にずっと憧れ続けていたところ、
信じられないことに濱崎が同じスイミングクラブでコーチを!?

名倉さんの作品はユーモアが魅力だと個人的には思っておりまして、
今回も期待を胸に読ませていただきました。が。
なんだか笑い所が……無いような……。
いつもいつもそんなコミカルな展開じゃないのでしょうけども
勝手に「…あれ??」って思ってしまって…すみません…。

優希が、人見知り設定でしたが
濱崎にはわりと素直に接していたので
もっとそっけない感じが続いても良かったなぁとか
濱崎の優希に対しての誤解は特に驚くようなこともなかったかも…とか
大変失礼ながらさらーっと読んでしまいました。
帯に「剃毛シーンあり♡」と記載されていて
私は特に剃毛シーンが死ぬほど萌える!!というわけではないのですが
恥ずかしいのに感じてしまう優希は可愛らしかったです。
でも特記するほど長く詳細にわたっているわけではないので
剃毛シーンをお目続き当ての方は…どうだろう。

優希の職場の事務員・栄太先輩がちょっとクセがあるようで理解者でもあるので
もう少し出番が欲しかったくらいです。

「シーツの波間で恋をする」は濱崎視点で
濱崎の知人である元アスリート・市川が登場します。
あと、将来有望なスイミングクラブの翼くんも
ちびっこながら当て馬としてスポットライトを浴びていましたが
二人ともあまり濱崎と優希をひっかきまわした印象が無くて
水面をちゃぷちゃぷさせたくらいかなぁ…そんなに波風立たなかったという意味で。
リアルではもう感じられないであろう恋の切なさや
幸せな気持ちのおすそ分けが欲しいので
今作は私としては多少物足りない気持ちになってしまいました。

でも、濱崎がわりと自信家で遊び人だったのに
優希に出逢って恋に落ちてしっかり清算した姿が誠実でしたし、
優希にどっぷり溺れている様子が良かったです!
ちょっとおまけの萌で……。

2

軽い攻めとギャップ受け

地元のスイミングスクールでコーチをしている受けと、元日本代表選手で受けの職場で共に働くことになった攻め、というスイマー同士のカップリングです。

受けは、昔から攻めに憧れていて、攻めが引退した今でもアイドルのように崇めています。
顔がクールビューティな上、緊張すると無表情になってしまうタイプの受け。憧れの攻めとの初対面で緊張のあまり固まってしまい、結果攻めに「遊び慣れたクールなゲイ」だと誤解されます。
都会ではセフレが複数いるヤリチンゲイの攻めは、これはいい遊び相手が見つかった、的な軽さで受けに絡んでくるようになります。

憧れの人とお近づきになれてテンパる(ただし顔はクール)受けと、その受けの態度を自分に対する性的アピールだと勘違いした攻めの、噛み合わないやり取りがおかしかったです。
でも最初の頃の攻めのろくでなしさ加減はちょっと受け付けなかったかな。あと遊び人だった攻めがその看板を下ろすほどには、受けにハマっているようには見えなかったので、本編は受けが騙されているような感じがしてしまった。

本編のあとに、くっついたあとの攻め視点の話がありました。
そちらは攻め続きの視点なこともあり、受けを可愛いと思っていることがよくわかるので、甘々で微笑ましかった。でも当て馬出現の展開はそれほど萌えられなかったな。

剃毛シーンがあるのですが、攻めに剃られちゃう受けの描写もいいけど個人的には攻めの「俺も剃ってる」発言に滾りました。
攻めの巨根が無毛地帯から生えてる描写はかなりのインパクトです。

4

剃毛あります☆

名倉さんらしいほのぼの&甘々な日常系ラブコメ。
攻めのキャラがちょっと俺様寄りですが、くっついた後はいつもの名倉作品のごとく溺愛攻めに変貌するため、糖度は高めです。
見どころは剃毛プレイ?帯にまで剃毛あります!と宣伝されているくらい、剃毛押しです(剃毛シーン自体は一度しか出てきませんが)。

あらすじ:
スイミングクラブのコーチ・優希(受け)は、端正なルックスから王子様と呼ばれていますが、本人は人見知りで控えめな性格。
ある日、憧れの元代表水泳選手・濱崎(攻め)がクラブにやって来て、同じコーチとして一緒に働くことに。
濱崎に彼への好意を見抜かれ、恋人として付き合うことになりますが…

優希は見た目はクールビューティーですが、中身は天然で純粋で脳筋で…というギャップ持ちのキャラ。
濱崎に憧れるあまり、彼に惚れられていることになかなか気づかなかったり、
幸せすぎてバチが当たりそう…という理由で濱崎との同居を渋っていたりと、
濱崎を振り回す天然ぶりが可愛いし面白かったです。

濱崎は、優希と出会うまでは相当遊んでいたらしいゲイで、自分に自信のあるタイプ。
最初は続き優希を地元でのセフレにするつもりだったらしいですが、優希が男と付き合ったことのない真面目な人物と知ってからは、真剣に付き合うように。
そして、いつしか優希にメロメロな溺愛攻めに…という、こちらも前半と後半でキャラにかなりギャップのある人物です。
後半の後日談(濱崎視点)では、優希の一挙一動に可愛い連呼しまくり。
「お前の陰毛は俺が剃る」
と(二回も)宣言する等、いい感じにアホな執着攻めになっており、そこここで笑わせてもらいました。

面白かったのですが、
遊び人の濱崎が急に優希一筋になるのは都合が良すぎないか?とか、
優希の普段大人しいのに偶に暴走する感じが既刊の受けと被るな〜とか、
ところどころ引っかかるところはありました。

しかしスイミングクラブや水泳の描写は面白く、水着の優希の色っぽさも伝わってきて満足。
栄太先輩ら脇キャラも良い味出してて楽しめました。

萌×2寄りです。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ