スレイヴァーズ ラヴァ

スレイヴァーズ ラヴァ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344804906

あらすじ

類い稀な美貌と高潔な心をもつ倉橋柊一は、使用人だった冴木に父の会社を奪われ、奴隷になることを強いられた。
肉欲的凌虐に心は傷つき、冴木に憎しみを抱く柊一だったが、彼が時折見せる優しさに戸惑う。
そしてある事件を機に冴木に歩み寄ろうと決意した柊一は、冴木の仕事に対する情熱と辣腕ぶりに信頼を高めていった。
しかし、偶然見てしまった出来事に、その信頼も打ち砕かれ―!?休日の二人を描いた、書き下ろしショートストーリーも収録。

表題作スレイヴァーズ ラヴァ

冴木鷹成,元使用人で会社を継いだ現社長
倉橋柊一,類い稀な美貌と高潔な心をもつ社長令息

評価・レビューする

レビュー投稿数1

二人の距離

 倉橋物産社長令息の柊一は、父が使用人の冴木に会社を譲ったことで、家族を守ることを条件に、冴木の奴隷にされ、屈辱の日々を送っていた。しかし、冴木が狙われた柊一を命がけで守ったことから二人の関係はまた、少しずつ変わり始める。
 冴木の退院後、柊一は父が亡くなる前と同じように、再び営業に配属してもらうべく、冴木に願った。それは亡き父が自分に命じた職務であり、柊一は自身のプライドにかけてその職務を成し遂げたいと考えていた。
 そして、その想いが冴木に通じたのか、海外開発本部に配属され、重要な企画を任せられた柊一。
 幼いころから比べられ、追いつけなかった冴木に、少しでも近付くため、一心不乱に仕事をする柊一だったが、その美貌の柊一を狙って、また新たな魔の手が襲いかかってくる。

 冴木も照れ隠しなのと、意地っ張りなのと、どうしても抜けない罪悪感から、柊一に全部は喋らない、本当の事は言わないし、で。
 やっぱりすれ違ってばっかりだ。
 柊一はできた人間なんだから、最初から直球で想いを伝えた方が素直でいいのに……と、思わない事もないけれど、でも、柊一は出来過ぎるほどできた人間だから、続き冴木はきっとそれを壊したいんだよね、一回。
 表面だけの愛なんていらなくて、柊一の奥底にある強い感情をひとり占めしたいんだ。そんな佐伯は、本当はかなり強欲なのかも知れない。

 そんな話でした。
 でも、二度も冴木から守られた柊一はさすがに徐々に冴木にほだされてきたようで、二人の距離は確実に縮まり始めている。
 けど、始まりが始まりなので、結局根本的な溝は埋まってないんだよなー……

 冴木は「どうせ好きになってもらえない」って諦めてるから卑屈なんだ。そして、他のことは完璧なのに、そういうところでヘタレになって暴走してしま様な男は、僕が大好きです。
 やっぱりこの本は、切なさが微妙な配分でミックスされていて、面白い! と、思います。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ