My sweet heart!『アルファの耽溺~パブリックスクールの恋~』番外編

my sweet heart

My sweet heart!『アルファの耽溺~パブリックスクールの恋~』番外編
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
27
評価数
6
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
ゆりの菜櫻 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレードパール文庫
発売日
価格
ISBN

あらすじ

声を殺さないで、由葵

シャレード文庫『アルファの耽溺~パブリックスクールの恋~』の後日談番外編集!

ボート小屋の逢い引き、開かずの間……パブリックスクールでの一コマの他、クリスマス休暇で逢瀬を重ねる由葵とアシュレイ、二人の愛に溢れた日常をお届け! 他、ねほりはほりなキャラクターインタビューや、ゆりの式パブリックスクール解説などお楽しみ企画も満載!

電子書籍限定配信!


《目 次》

■ My sweet heart!~愛しい人よ~
■ キャラクターインタビュー1~由葵編~
■ アルファの耽溺~開かずの間~
■ キャラクターインタビュー2~アシュレイ編~
■ クリスマスの耽溺
■ キャラクターインタビュー3~10年後・夫夫編~
■ 100倍面白くなる! ゆりの式パブリックスクールのススメ
あとがき

表題作My sweet heart!『アルファの耽溺~パブリックスクールの恋~』番外編

アシュレイ(α),名門アークランド伯爵家嫡男
御井所由葵(Ω),元華族で御井所家嫡男

その他の収録作品

  • キャラクターインタビュー1~由葵編~
  • アルファの耽溺~開かずの間~
  • キャラクターインタビュー2~アシュレイ編~
  • クリスマスの耽溺
  • キャラクターインタビュー3~10年後・夫夫編~
  • 100倍面白くなる! ゆりの式パブリックスクールのススメ
  • あとがき

レビュー投稿数2

遊び心と愛に溢れた番外編集ですよー!

電子限定で『アルファの耽溺~パブリックスクールの恋~』の番外編集です。

同人誌掲載作が1本、個人サイト掲載のSSが2本、他、書き下ろしでキャラクターインタビューが3本と、作者さんによる「パブリックスクールのススメ」になります。

ページ数自体は少なめと、あっという間に読み終わっちゃうんですけど、とにかく1本1本が楽しい!
キャラクターインタビューは遊び心が溢れてますし、短編は(特にアシュレイの)愛が溢れてる!!
もう、ケーキに大量の砂糖をぶっかけたくらい、甘い番外編集でしたよ。
お値段も300円とお得なので、本編がお好きなら買って損は無いと思います。

『My sweet heart!~愛しい人よ~』
由葵が寮長を務めるマンスフィールド寮で、起こった幽霊騒ぎ。
その真相はー?
と言うお話。同人誌掲載作です。

オカルトかと思いきや、お約束どおり由葵の元に忍び込んでくるアシュレイが、幽霊と勘違いされてたんですね。
で、楽しいのが、二人のイチャラブっぷりだったりします。

これ、しばらく来ないように言われたアシュレイですが、当然納得しない。
例の如く達者な口で、寮で会えないならボート小屋で会う約束を取り付けるのです。
で、ここから場面は切り替わり、ボート小屋で逢い引きする二人ー。

いや、うん。
強引なくせに、最終的には由葵に弱いアシュレイと言う、二人の関係性が如実にあらわれてます。
ついでに、由葵の色っぽさに暴走しちゃうアシュレイと言う図も楽しいです。
「ちょっ、休憩を・・っ」とか言ってる由葵が気の毒やら笑えるやら。
ちなみに、ちょっとした二段オチも、楽しませてくれました。

『アルファの耽溺~開かずの間~』
エドモンド校で、最近噂になっている空かずの間。
生徒総代の執務室であるキングの間の前に、総代補佐である生徒数名が立つようになり、そのものものしさから立った噂なんですね。
その真相はー?
と言うお話。個人サイト掲載のSSになります。

いやまぁ、これもお約束どおり、中でイチャつく二人に気を使った補佐達が見張り番をしてたと言うオチ。

いやもう、ここでもアシュレイの愛が暴走してます。
真面目に仕事をしているのに、変な噂(中でセックス三昧)が後を立たないと憤る由葵に対して、これまたひょうひょうと「余った時間で愛し合っても問題無い」と独自の理論を展開するアシュレイ。
それが、「ただでさえオメガなのだから、淫らな想像をされたくない」と言う、由葵の言葉で豹変。
「私の由葵の美しく妖艶な姿を想像するなど、言語道断。退学レベルだ」と、ブツブツと何やら画策し始める。
アシュレイ、どんどんアホになるなぁ。
どんだけ独占欲が強いのよ。

『クリスマスの耽溺』
ドイツの片田舎にある別荘で、クリスマスを過ごす二人。
と言うお話です。個人サイト掲載のSSになります。

近くのマーケットに買い物に行った帰りのお話ですが、クリスマスらしく愛に溢れた優しいSS。
早く家に帰ろうと語り合う二人に、ほっこりさせられました。

他、書き下ろしのキャラクターインタビューで、由葵編、アシュレイ編、十年後の二人編となります。
真面目にインタビューに答える由葵も可愛いのですが、何を聞いても由葵への愛やノロケに持っていくアシュレイにはニヤニヤと。
十年後の落ち着いた二人もまた、素敵でした。

最後に、作者さんによる「パブリックスクールのススメ」が書き下ろされてます。
エドモンド校の裏設定等が興味深いんじゃないでしょうか。

ところで、別カップルにはなるものの、「アルファの耽溺」の続編が決まっているそうです。
これは楽しみ!
今作の二人は5学年との事なので、彼等も登場して欲しいですねぇ。

5

番外編SSも良いけど、キャラへのインタビューが面白い!

詳しい内容はぴれーねさんが書いてくださってるので、単なる感想のみで。

とにかく甘くて、番外編とはこうあるべき!みたいな甘さでした。
自分の好きなカプが仲良くしてるか、幸せに暮らしてるかを見たいからわざわざ番外編を買い求めると思うんですね。
その期待に応えてくれる内容で、とにかく二人のラブが詰まってて仲の良さをこれでもかと見せつけられた感(笑)

由葵とは関係のないこと聞いてるのに、なんでも由葵に繋がってしまうアシュレイのインタビューとか笑えます。
特に10年後の二人へのインタビューで「10年前の(つまりパブリックスクール時代)自分にアドバイスするとしたら?」という問いに対するアシュレイの回答には声を出して笑ってしまいました。

2

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う