• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作愛してないと云ってくれ

斑目幸司,ドヤ街の労働者
坂下春紀,ドヤ町の開業美人医師

同時収録作品根無し草狂詩曲

斑目幸司、ドヤ街の労働者、元外科医
坂下晴紀、ドヤ街の診療所医師

その他の収録作品

  • あとがき

あらすじ

そんなに恥らうな。
歯止めが利かなくなるだろうが。

日雇い労働者の集まる街で診療所を経営している青年医師・坂下。彼らのリーダー格の斑目は、屈強な男たち相手に一歩も譲らず日々奮闘している坂下を気に入り、なにかとちょっかいをかけていた。ある日、坂下と仲の良い日雇いのおっちゃんが肝硬変を患っていることが発覚。家族に知らせて手術を受けるよう説得してもらおうと考える坂下を、この街の現実を知る斑目は無駄だと一蹴する。坂下を諦めさせるため躰と情報を引き替えにならおっちゃんの住所を教えてもいいと条件を出す斑目。脅しのつもりだった斑目だが、自分の本気を示すために坂下はその条件をのんで抱かれることになりーーー
書き下ろしには斑目の腹違いの弟が登場。
坂下をかけて斑目兄弟が直接対決!

作品情報

作品名
愛してないと云ってくれ
著者
中原一也 
イラスト
奈良千春 
媒体
小説
出版社
二見書房
レーベル
シャレード文庫
シリーズ
愛してないと云ってくれ
発売日
ISBN
9784576060514
3.6

(67)

(17)

萌々

(13)

(33)

中立

(2)

趣味じゃない

(2)

レビュー数
20
得点
238
評価数
67
平均
3.6 / 5
神率
25.4%

レビュー投稿数20

フェロモン出過ぎ!

 世は、草食男子なんてものがあふれている時代。
 ほんわかした草食系のBLも大好きなのですが、この斑目を見ていると……「そうよ! 男はこうじゃなきゃ」と思います。
 なんでしょう、このフェロモンは。
 もっとやっちゃって~となるのですが。

 攻めの斑目がフェロモン垂れ流しですが、受けの医師坂下も魅力的な男です。はきだめに鶴、ならぬ軍鶏。ただ綺麗なだけではありません。お人よしだけど、芯の強い人です。

 ギャグあり、涙あり、でエロい。

 続編が出たばかりなので、オッサン好きな方は読んでみてはいかがでしょうか。

7

無精髭のオヤジに絆されたい。。。

日雇いのオッサンと貧乏医師がどうやって恋愛に発展するのか、正直疑心暗鬼で読み始め、途中まで。。。そう、あの事実が発覚するまでは、正直話の展開が読めず、これどうなんの〜と読むのやめようかとも思ったんですが。。。とんでもなかった。中盤からが本番です。今、シリーズの3巻目を読んでいますが、のめり込んでます。徹夜しちゃいそうです。奈良さんの挿絵も素敵です(特に2巻よかった〜)。

3

男臭い攻めが神

初めて中原一也の作品を読みました。
医師の世界に嫌気が差した受け。なぜだかドヤ街に開業。生活も医療環境もままならない中でも孤軍奮闘しながら生活しているんだけど、日雇の患者に「清潔に」とか「安静に」とか無理でしょー
甘ちゃんすぎ。世間知らず過ぎ。と萎えたものの、攻めの斑目がええ男。
正義感?から情報と引き換えに身体を差し出す展開はちょっとムリヤリ気味ですが、受けも最初からまんざらでもなかったんだろうね、多分。

作中で亡くなる人の良いおっちゃんの病気が判明したときに「俺も気付かなかった」と言うんですが、それが後に彼のバックボーンにつながると。
そうきたか。お金持ってない日雇風だけど実際のとこスパダリよね、この人。

読み進めるとなかなかおもしろくて王道の展開に安心して読める良作。
シリーズ物なので次作も続けて読んてみよう。

1

ドヤ街で、日雇い労働者と医師が恋をする。シリーズ1作目

私が勝手に「愛してる」シリーズ、と呼んでいる一連ものの、第1作目!
中原一也先生お得意の、男臭いオヤジ攻めです。
オヤジ、といっても年齢的には30代なんだけど、人生経験その他、酸いも甘いも知り尽くして清濁併せ呑む懐の深いオトコ、という人物像なのです。
舞台はドヤ街。
主人公は、利益度外視、人道的見地から診療所を営み、路上生活者や日雇い労働者の診察を続ける真面目な医師・坂下。
そんな坂下にいつもセクハラ発言を繰り返し、何かというと診療所や坂下の住まいに現れる、フェロモンむんむん日雇い労働者の斑目(まだらめ)。
斑目は今はドヤ街で日雇いの仕事をしていますが、実は過去は「伝説の外科医」で…
そんな斑目と坂下がバディのようになって、ドヤ街でのトラブルを乗り越えていく、という展開がここから始まります。
まず最初のHは何とレイプまがい。お互い意地を張ってそんな事になりましたが、元々斑目はいつも一生懸命な世間知らずの坂下が好きだったし、坂下は斑目のいつもからかってくるけどその奥底の優しさを感じていたし、2度目はもう身を委ねる感じになっています。
作品中には中原先生ならではのオヤジギャグというかエロセリフというか、そういうのも炸裂しているので、繊細で切ないBLとは真逆の「エンタメエロ」という感覚で面白い。
本作はシリーズ1作目、この先の斑目x坂下は段々「伴侶」的な存在となり、大きなうねりを持つ物語になっていきます。

5

自分の中の不動のNo.1オヤジ攻め!話も良いよ!

何度目かの再読です。なんで初めて読んだ時に神にしなかったのか!

やっぱりいい!最高!
私の中のオヤジ攻めNo.1は斑目です。
この作品でオヤジ攻めに出会い虜になりました。

器の大きさ、懐の深さ、男の色気、肉体美、包容力、無精髭、実は天才外科医だった過去、そして主人公をひっそり支えて助けて愛して。
たまりません。

対する受けの坂下は意地っ張りの世間知らずのお坊ちゃんですが、整った顔立ちや育ちの良さがにじみ出る姿で。どや街で金にもならない医者を始めて街に少しずつ溶け込んで。
斑目は危なっかしくて坂下をほっとけないのもわかります。

物語も盛りだくさんで。人情味が溢れてこれぞ中原作品といったところ。

おっちゃんや双葉もとてもいい味をだしていました。おっちゃんの所では思わずうるっときます。

斑目が何度も坂下を助けて守って。
おっちゃんの家族に会いに行くくだりでは、坂下を傷つけないようにハッタリをかましたのに坂下が引かず、体の関係が出来てからは坂下も斑目に対して自分の中に女性を感じるようになりましたね。
仕方ないよー、斑目相手だもん。

天才外科医なのに、男前のフェロモンムンムンなのに、稼ごうと思えばいくらでも稼げるし貢がせることも出来るのに、あえて日雇い労働者として生きているところもいいですね。

シリーズがやっと手元に揃ってきて、なんども3冊目くらいで読むのが止まってたのですが最後まで今度こそ読んでみようかな。双葉の過去編あたりで深刻そうで進めなかったんですよね。

3

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP